お金の参考書

ビットコインとは?初心者向けに詳しく解説!

2017年はビットコインを始めとする「仮想通貨」という言葉が一般的に広まった年になりました。

2017年始めには、1ビットコインの相場が約10万円の価格でしたが、年末には1ビットコイン約200万円を突破しました。

現在、投機目的で老若男女問わず注目されているビットコインですが、そもそもビットコインとはどのようなものなのか、
これからビットコインを始めてみたいけどそもそもビットコインとは何?といった方々のために、仮想通貨であるビットコインについて分かりやすく解説していきます。

ビットコインとは何か

ビットコインとはインターネット上で使用することが出来る「仮想通貨」と呼ばれる投資商品の一つです。
ビットコインを始めとする仮想通貨を語る際によく比較されるのが、電子マネーです。

ビットコインを日本円等で購入し、その購入したビットコインは、スマホ等のウォレットというものの中に保管しておきます。
「円でビットコインを購入してスマホ等に保管しておける」システムが電子マネーに似ていると言われている理由です。

しかしビットコインと電子マネー、二つには明確な違いがあります。

まず、電子マネーは既存の法定通貨(日本円)をチャージして使用するものであるのに対し、
ビットコインは円やドル、ユーロと違い特定の国に属さない独立している通貨であることです。

電子マネーは、SuicaであればJR東日本等、特定の発行元がありますが、ビットコインはそもそもカードに円をチャージするシステムではないので、発行元が存在しません。

ビットコインで何が出来るのか

ビットコインは、現物は存在せずインターネット上のみに存在する通貨のため、通常の通貨にはない強みもあります。

まずインターネット上にあるということは、インターネットが通じている場所なら例え他国であっても容易に送金や入金が可能である点です。

これは円やドル等、既存通貨の常識を覆す画期的なものであり、ビットコインがここまで大きくなった要因の一つでしょう。

また、ビットコインは通貨としての価値があるため、ビットコインを使って買い物や旅行をすることができます。

ビットコイン決済が出来る企業は日本でも徐々に増えてきており、今後さらに増えることが予想されます。

ビットコインの仕組み

そもそもビットコインとはどのような仕組みで成り立っているのでしょうか。

私達が普段使用している紙幣や貨幣は、銀行や国といった発行、管理媒体が存在しますが、
ビットコインには通貨を管理する存在である「中央銀行」や「国」がありません。

では誰が管理しているのかというと、実はビットコインを利用している全ての人が管理しているのです。

どう管理しているかというと、ビットコインにはブロックチェーンというシステムがあり、そのブロックチェーンが重要な役割を担っています。
ブロックチェーンとは言わば銀行でいうところの取引台帳に当たる存在で、過去から現在までの全てのビットコインの売買取引が記録されています。

ブロックチェーンには、10分ごとに取引の記録が区切られたブロックが存在し、そのブロック一つ一つをチェーンで繋いでいるようなシステムになっています。

このブロックチェーンで管理されている取引情報は、ネットワーク上に分散して保存することにより、何らかの不正が起きて一つのブロックが破壊されたとしても運用に大きな影響を及ぼさないようになっています。

さらにこのブロックチェーンの記録はビットコインを利用している人すべてが見ることが可能になっているため、通貨の偽造や二重払いを未然に防ぐことが出来るのです。

ブロックチェーンについて詳しく知りたい方はこちらの記事も是非読んでみて下さい。

ビットコインのハードフォークとは

実はビットコインは一枚岩ではなく、何度も分裂を繰り返し、ビットコインの名を冠する通貨は複数存在しているのです。

何故このようなことが起きているかというと、ビットコインは頻繁にハードフォークを行うからです。

ハードフォークとはブロックチェーンの中で、ある期間のブロックで区切り、その後は元のブロックと新しいブロックで区切り、新しいブロックから始まる取引を始めることです。

ハードフォークを行う原因としては仕様の変更などが挙げられますが、新規に盛り込まれた機能は実感できるものが少なく、投機目的で運用している人にとってはこのままビットコインを保有しているほうがいいと考える人も多いです。

ビットコインのメリットとデメリット

ここまでビットコインについて説明していきましたが、ビットコインを持つことによるメリットやデメリットはどのようなものなのか解説していきたいと思います。

ビットコインのメリット

1.直接相手に送金でき、なおかつ手数料が安い

ビットコインは銀行などを介せずに直接相手に送金することが出来ます。

円やドルなど通常の通貨では、銀行を介しての送金のためタイムラグが発生したり、基本的には手数料も発生したりしますが、ビットコインの場合は直接相手に送金することでタイムラグがほとんどなく、手数料も無料の場合がほとんどです。

そのため、送金したい時に即送金することが出来るという通常の通貨にはない利点があるのです。

2.世界中どこでも使える

通貨というのは国が変わればその度に通貨を両替する必要があります。(例えばアメリカに行きたいので円をドルに両替するなどの事です。)

しかしビットコインは世界中どこでも使える共通通貨のため、両替の必要がなく、どこの国でも使用することが出来ます。

もちろん、ビットコインの支払いを認めている店という限定的なものになっていきますが、現在世界でビットコイン決済を認めているお店が増えてきていますので、今後も使える場所は増えていくでしょう。

3.投機目的で運用できる

おそらく、ビットコインを運用している多くの人は、投機目的でビットコインを購入しているかと思います。

2017年で20倍以上の値上がりを記録し、ビットコインで利益を得た人、得ようとした人が急増しました。

FXや株などと比較しても高い将来性があり、これからさらに注目を浴びていくであろうビットコインは今後さらに伸びていく可能性があります。

ビットコインのデメリット

ビットコインのメリットに触れていきましたが、今度はデメリットについても解説していきましょう。

1.価格変動が非常に大きい

ビットコイン最大のデメリットが価格変動の大きさでしょう。

例えばドル円などはどんなに大きく動いても全体の1~3%程度の値動きになりますが、ビットコインの場合、値動きが激しい時には20~30%程にもなります。

一日で50万円ほど価格が下がった日もあり、価格が安定しません。

この不安定さは、仮想通貨という存在がまだ生まれたばかりであり、信頼性が少ないこと、投機目的で運用している人が多いことなどが原因です。

少しでも悪いニュースが流れると保有者が一斉にビットコインを売ってしまう、いいニュースが流れると一気に買うなどすることで大きく価格が変動してしまうのです。

2017年の年末には240万円近い価格を付けたこともありましたが、2018年に入って一か月足らずで100万円を切るなど変動の大きさを物語っています。

2.ビットコインで得た利益に関しては税金が発生する

ビットコインを運用して利益を得たとしても、その利益分に税金が課せられます。

特にビットコインは投機目的での面が強いため、雑所得の扱いとなり、利益が20万円を超えた場合に確定申告をしなければなりません。

得た利益の額によっては45%もの税率が課されるため、税金を支払わないと脱税となり罰せられてしまうので注意しましょう。

ビットコインはこれから始めても遅くない

ビットコインをこれから始めようとしている方は、2017年の年末から2018年の1月にかけての暴落を知っている人もいるでしょう。

ビットコインは非常に乱高下の激しい通貨です。

2018年2月現在、世界各国でビットコインを規制する流れが出ており、さらに日本において、大手取引所の一つに数えられたコインチェックが、580億円相当の仮想通貨の不正出金されたことにより仮想通貨を取り締まる取引所全体の信頼性がさらに薄くなり、全ての仮想通貨が暴落しています。

少しの間、ビットコインは乱高下を続ける形になるかもしれませんが、プラスになる材料も存在するため、また上がる可能性も十分あります。

ビットコイン自体、少し価格が暴落してもすぐに上がるという特徴があります。

例えば、一気に30万円暴落した翌日にすぐ値が戻ることも珍しくなく、暴落がある種の狙い目でもあるため、下がり続けている今がチャンスであると考えることもできます。

ビットコインの入手方法

ビットコインを購入するには、取引所から購入する方法と販売所から購入する方法があります。

販売所

・販売元から直接ビットコインを購入できます。

・ボタン一つで簡単に、なおかつ迅速購入できる。

・価格に販売元の手数料も上乗せされるため、価格が高い。

取引所

・ユーザー間でビットコインの売買取引ができます。

・売買情報が掲載されている掲示板から、自分が購入したい価格を選んで購入することが可能。

・販売所に比べ、手数料が安いところがほとんど。

・購入したい価格が無い場合やその価格帯で売っているユーザーが少ない場合などは取引までに時間がかかる。

販売所と取引所の違いについて並べてみましたが、すぐビットコインを購入するなら販売所、時間がかかることを覚悟で安く購入したいなら取引所を利用しましょう。

ビットコインATM

ほとんどの人は見たことないかもしれませんが、ビットコインにもATMが存在します。

自分の保有しているビットコインを売却し、現金化することが出来ます。現在は東京を中心に全国20台程のビットコインATMが存在します。

通常のATMでは現金の引き出しや振り込みなどができますが、ビットコインATMの場合は勝手が違います。

ビットコインATMはビットコインを売買するためのATMであり、引き出したり振り込んだりすることができません。

しかし売却時や購入時に非常に高い手数料が発生するため、現在ではほとんどのビットコインATMは稼働停止しているのが現状です。

今後手数料の問題が解決しない限り、再稼働は難しいでしょう。

マイニング

ビットコイン入手の一つとして「マイニング」という方法が存在します。

自分のパソコンなどにマイニングツールと呼ばれるものをダウンロードし、自分がPCを使用していない際に、ビットコインの計算処理のために膨大な計算処理のお手伝いをPCにさせて、その報酬に応じたビットコインを入手することができます。

これを採掘(マイニング)と呼びます。

ビットコインはインターネット上に存在するため、取引などの計算処理は全てパソコンなどのコンピューターで行われます。

世界中のビットコインの取引を処理するとなると、スーパーコンピューターが何台あっても足りません。

そのため、ビットコインでは世界中の有志から力を借りて計算処理をしているのです。

余程スペックの高いコンピューターでもない限りはマイニングで得られるビットコインは雀の涙程度の微々たるものになってしまいます。

本気でマイニングで稼ぐのであれば相当スペックの高いマシンが要求されます。

ビットコインの総発行量は2100万ビットコインと有限であり、2018年現在で既に約1700万ビットコインが発行されています。

2033年には全体の99%のコインを発行する計画になっているため、年々採掘できるビットコインが少なくなっていくのです。

そのため、マイニングで稼ぐというのは将来を考えると難しいかと思われます。

ビットコインの保管や使用方法

ビットコインは通貨のため、保管をするウォレット(財布)が必要になります。

このウォレットには暗証番号の役割を持つ秘密鍵口座番号の役割を持つ公開鍵預金通帳の役割を持つビットコインアドレスを保管することができます。

そしてウォレットは「ホットウォレット」「コールドウォレット」に分けられます。

ホットウォレットとは直接インターネットに接続できるウォレットのことで、スマホやパソコンなどのアプリタイプのウォレット、インターネット上に作るウォレットが挙げられます。

コールドウォレットはインターネットに接続されていない媒体に保存されているウォレットのことで、USBや紙に印字するペーパーウォレットなどがあります。

この二つのウォレットのメリットとデメリットは

ホットウォレット

メリット:すぐインターネットに接続して送金が可能。

デメリット:インターネットから不正アクセスをされる可能性がある。パソコンやスマホが壊れたら修復不可能になる可能性がある。

コールドウォレット

メリット:不正アクセスの可能性を極限まで減らす事が出来る。

デメリット:使用する都度インターネットに接続する手間が必要。媒体自体を無くしてしまうとどうにもならない。

ウォレットを守ることを優先するならコールドウォレット送金の速度を考えるならホットウォレット

自分が何を優先するかを考えて選ぶようにしましょう。

ビットコインをモノやサービスに使用

ウォレットを作り、実際にビットコインを使って買い物に使用したくても、どこでビットコインが使えるか分からない人も多いかと思います。

そこで、実際にビットコインが使えるお店の一部を並べてみました。

旅行

・HIS

買い物

・東京に点在するビックカメラ(池袋店、新宿東店等)

・マルイ(新宿店)

・ソフマップ(ソフマップAKIBA)

・メガネスーパー

・ビットコインモール(ビットコイン決済専用の通販サイト)

基本的にビットコイン決済を実店舗で導入しているのは東京都の店舗が中心で、それ以外の地域では極々一部でしか決済を行っていません。

これからも増えていくと思いますので、今後に期待しましょう。

ビットコインの現金化

ビットコインを現金にするにはどこを利用したらいいのかまとめてみました。

取引所で現金化

ビットコインを現金化する際に最も多く使われているのは取引所でしょう。

取引所は販売所に比べ、購入価格と売却価格の差が小さく、「販売所よりも安く買えて高く売れる」設定になっています。

自分の売りたい量のビットコインの売り注文を出して、売買取引が成立したら日本円に換金されます。

しかし暴騰や暴落中だった場合の現金化には注意が必要です。

チャートが激しく動くとサーバーにはいつも以上の人が取引をし始め、その結果、売り注文が正常に通らず予想していなかった額で注文が勝手に通ってしまうこともあるのです。

そのため、チャートが激しく動いている際は注文を控えるようにしましょう。

ビットコインATMで現金化

現金化には、ビットコインATMを使って換金する方法もあります。

この場合はウォレットのQRコードが必要になるので、あらかじめ準備をしておきましょう。

ATMにQRコードを読み込ませ、換金したいビットコインを送金すれば完了です。

この際に手数料がかかるのですが、ATMによって手数料が大きく変わっていきますので、事前に調べておいたほうがいいでしょう。

ビットコインを直接欲しい人に売って現金化

ビットコインを、直接欲しいという人に売る方法も存在します。

東京ビットコイン会議と呼ばれるミートアップなどに参加し、お互いのスマートフォン間の送受信でビットコインを受け渡すことが可能です。

対面での取引なので安全性が高いという利点があります。

即時換金サービスで現金化

ここまで紹介した換金方法は、ビットコインATMを除いて換金までに多少のタイムラグが生じます。

そこで、最後にビットコインをその場で現金化できる方法をお教えします。

東京都と神奈川県に店舗を持つ「ハイスピード エクスチェンジ」という店舗では実店舗に行ってビットコインを換金することができます。

即現金化出来たり、その場で振り込まれたりするので、急用でお金が必要になったという人には非常に便利でしょう。

レートは96.5%と満額ではないですが、いざという時のために覚えておくのもいいかもしれません。

まとめ

ビットコインを始めとする仮想通貨は複雑であり、今回解説したものも全てではありませんが、この記事でビットコインのことが少しでも分かってもらえたら幸いです。

もしビットコインを購入しようと考えている人は、この記事を参考に、是非仮想通貨の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

仮想通貨とは

仮想通貨の種類

仮想通貨取引所

仮想通貨のニュース

仮想通貨の取引方法

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション