お金の参考書

ビットコインの使い方、支払や金券や商品の交換が可能!

連日の高騰報道からその投機性に注目が生きがちだが、ビットコインはもともと中央銀行などの発行機関を持たない全く新しい利便性の高い通貨として開発されました。
将来的には通常の通貨のように普及して世界中どこでも簡単に決済ができるようになることが期待されています。

現在でもビットコインでの支払いに対応しているサービスも存在し、ショッピングやその他個人間の決済など柔軟に活用されています。仮想通貨ということからわかるように実体が存在しないので、イメージしにくいですが、その仕組みは意外とシンプル。今回は、ビットコインの便利な使い方を解説します。

ビットコインを使うには?

ビットコインは便利な通貨と紹介しましたが、それを利用するためにはまずウォレットと呼ばれるものが必要です。取引口座を開設して取引を開始すると、そこにビットコインを保有するようになりますが、そのままでは通貨としては使えません。

そこで登場するのがウォレットという機能です。

ちょうど銀行口座と財布の中の現金をイメージしてもらえばわかりやすいと思います。銀行口座のお金はそのままでは使えませんが、ATMや窓口から現金を引き出して初めて使えるようになるのと同じ構造です。取引口座からビットコインをウォレットに移すことによって初めていろいろな用途に使えるようになるのです。

ウォレットには2つの役割があるとされています。ひとつは柔軟で便利な支払い、決済の機能を提供することです。小売店での売買や個人間の送金など利便性の高い取引を実行します。

2つ目は仮想通貨の取引所の破綻リスクを回避するという役割です。2014年に日本国内で初めて仮想通貨を取り扱い始めた「マウントゴックス」という取引所が、当時顧客が保有すビットコイン20億円を抱えていたにも関わらず破綻。約20,000人のユーザーが被害にあったと言われています。

こういった事件から通常ユーザーは投資に使わない仮想通貨をウォレットに引き上げて保管するようになりました。

ウォレットの種類は4つに大別されます。

ウォレットの種類

  • ウェブウォレット
  • クライエントウォレット
  • ペーパーウォレット
  • ハードウェアウォレット

どれも保有するビットコイン情報を管理するための仕組みですが、セキュリティの強弱や用途などに違いがあります。

ウェブウォレットが最もポピュラーで一通りの機能を有し、利便性が高いとされていますが、クラウド上に情報を保管することになるのでハッキングや情報流出のリスクが伴います。

自分のコンピュータ上で管理できるクライエントウォレット、紙の上(QRコード)で管理できるペーパーウォレット、USBで持ち運ぶハードウェアウォレットはそれぞれセキュリティに強みを持ちますが、使い方には制限があります。

最もポピュラーなウェブウォレットを見渡してみると様々なサービス存在します。

ウェブウォレット最大手のBLOCKCHAIN.infoCoinbaseなど。口座開設はどれも簡単。BLOCKCHAIN.Infoを例にとってみると、まずは利用者登録、次にメールアカウントの承認を行い、パスワードを忘れた際の質問などを設定するだけ。ほとんど手間をかけずに口座を開設することができるようです。

ビットコインでできること

では、ビットコインを活用してどのようなことができるのでしょうか。実際の例を交えて紹介していきます。

商品や金券との交換

ビットコインの使い道は支払いや決済だけではありません。なんと商品や金券などの現物へ直接交換することもできるのです。

例えば、ビットコイン取引で有名なbitFlyerの場合、インターネットモールのような商品交換ページがあり、様々なものとビットコインを交換することができるようになっています(※下記は2018/1/31現在の情報です)。

その中でも人気が高いのがAmazonギフト券。Amazonギフト券はその金額分を自分のAmazonアカウントにチャージして現金のように使うことができるので、普段利用する人にとってはいくらあっても困らない商品です。

ギフト券の種類は最小1000円のものから5,0000円、最大100,000円のものまで幅広く用意されています。100,000円の商品券だと現在のレートで0.09103 BTCとの交換となります。

レートはその時の、対JPYのビットコインの価値で決まるので、下がった時に買ってストックしておくとお得な買い物となります。

その他にもGMOが提供するゲームなどで利用ができるゲソてんのゲソコイン、ベジコインもそれぞれ100円分、300円分から購入することができます。ビットコイン関連の電子書籍も交換の対象となっており、現在は「ビットコインはどのように動いているのか?」、「まんがでわかる!ビットコイン」などが対象です。

これらに加えて日本赤十字社へ任意のビットコインを寄付できるようにもなっています。以前はナナコギフトやV-プリカへの交換なども選択肢としてあったようですが、時期やキャンペーンなどによって対象商品は変わってきているようです。今後、bitFlyerがどこと協業関係を持つかに注目です!

これらの商品や金券はbitFlyerのアカウントを持っている人であれば誰でも利用することができます。

手順はログインした後にメニューから選択できる「ビットコインを使う」というページに移動して、そこで現在交換できる品一覧を見れるようになっています。そこで欲しいものがあれば交換する手続きに進みます。ナビゲーションに従って申し込むだけなので、特別難しい操作はないようです。

モノによっては、メールにワンタイムパスワードが送られてくるようなので、bitFlyerを利用するのであれば登録のメールアドレスを忘れないようにしましょう。ワンタイムパスワードとは取引を承認するために発行され、1回のみ使用するパスワードのことです。

ビットコインでの支払い

ビットコインの支払いは実店舗、ウェブサービス、個人間決済など様々な場面で利用することができます。

実店舗では、都内はもちろんのこと地方、お店の大小を問わずにビットコイン決済を取り入れているところが増えています。

有名なところで言えば、メガネスーパー、ブックカメラ、家電量販店のコジマ、ソフマップなどがすでにビットコイン導入を導入しています。

決済方法は非常に簡単で、3タップで決済ができます。方法は以下の通りです。

店員にビットコインで決済したい旨を伝えると、スマートフォンやタブレットなどでQRコードが表示された画面とその商品の値段をビットコイン換算したBTC価格を提示してくれます。

購入者は、あらかじめダウンロードしている自身が利用するウォレットのモバイルアプリケーションからログインしてそのQRコードを読み取ります。そうすると、購入確認画面に飛ぶので確認ボタンを押せば、ビットコインでの支払いとして処理されます。

大手ウェブサービスは実店舗での導入より進んでいる印象です。DVDレンタル、通販、動画配信、オンラインゲームサービスを展開するDMM.comは積極的にビットコイン決済を進めています。

また、「仮想通貨でショッピング」を謳うビットコインモールというウェブサービスは、Amazonや楽天モールのように豊富な品揃えを擁し、家電や料理器具、デジタルガジェットなどを購入することができます。決済は自分のウォレットからブラウザーでスムーズに行うことができます。

実店舗、ウェブサービスでのビットコイン決済を利用するにあたって、気をつけなければいけないのは承認までに時間がかかる場合があるということです。

もともと、ビットコインは正しい取引履歴を記録する目的でプルーフ・オブ・ワークと呼ばれる計算処理が必要とされ、プルーフ・オブ・ワーク完了までの平均は10分とされています。現在では、決済システムの技術向上などで即時承認されるように改善されていますが、場合によっては処理までに時間がかかってしまうこともあります。

しかし、現在高速で取引をすることが出来るライトニングネットワークなどが研究されているため、近くこの問題の解決が予想されます。そのため、こういった多少のタイムラグはありますが、ビットコインの決済利用は今後も広がっていくでしょう。

デビットカードへの入金

デビットカードといえば、口座に入金されている限度額の範囲でクレッジットカードのように決済利用ができるカードとして近年日本でも普及してきました。

口座の限度額を超過しない、プリペイドの特性はある意味安全な決済方法として重宝されています。

金融機関もクレジットカードを発行するように厳しい審査を必要としないので、利用者は気軽に発行して利用することができます。

ドルやユーロ、日本であれば円などの法定通貨を口座にチャージして利用するのですが、仮想通貨が普及しつつある現在ではビットコインを入金して消費することができるデビットカードも存在します。

仮想通貨対応のデビットカードとはどういった仕組みになっているかというと、自身のウォレットからデビットカードの口座へビットコインなどの仮想通貨を直接入金できるようになっています。

入金された仮想通貨は、カード会社側で目的の通貨に自動的に両替されてチャージされます。また、デビットカード専用のアカウントを持たずに自身のウォレットに紐づけて利用するタイプのデビットカードも存在します。

わざわざビットコインをウォレット外に出さなくてもいいので、手間が少なく簡単に利用できます。これらの仮想通貨対応のデビットカードはショッピングに利用したり、ATMでキャッシング利用できたりと、仮想通貨を保有管理する上で利便性を高めてくれる便利なツールです。

例えば、人気のカードとしてバンドルカードというデビットカードがあります。VISAの加盟店で利用できるカードで、仮想通貨を自動的に両替し自身の口座にチャージして利用するプリペイドカードに近い特性を持っています。特徴は誰でも簡単に利用開始できるという点です。

本人確認は携帯電話のSMSのみという手軽さで、オンラインサービスで利用できるバーチャルカードや、300円の発行手数料を払えば実際の店舗などで利用できる通常のカードも発行することができます。年間維持費、チャージ手数料、支払い手数料、ATM手数料は基本的に無料です。

ただし、宿泊施設や公共料金、定期払い、高速道路の支払いなど個人情報を必要とする決済には利用できず、チャージした金額も基本的にはもとのウォレットに戻すことはできません(法定通貨として利用しなければならない)。仮想通貨対応のデビットカードにはこのような便利なサービスを兼ね揃えたものがいくつも存在します。

日本円への交換

ビットコインでの支払いが普及し始めているといっても、日本円での決済に比べるとまだまだだといえます。管理に関しても、法律や保証、セキュリティシステムが整った銀行の方が安全です。ひとまずビットコインを利用しないのであれば、日本円へ両替して保管するのが賢いでしょう。

ビットコインはもちろん円などの法定通貨に両替して取引所の口座やウォレットから自分の銀行口座などに出金することができます。では、どのように両替、出金の手続きを行うのでしょうか。bitFlyerの場合を例にとって見ていきましょう。

ビットコインの売却

自分の保有するビットコインを売却することはすなわち日本円への両替です。ビットコインは日本円やドルに対して価値が決定されているので、その時の対日本円のレートを確認します。ビットコインには売り時、買い時が存在し、もちろんビットコインの価値が高い時に売却した方がより多くの日本円を得ることができます。反対に価値が低い時は両替を控えた方が得策かもしれません。

また、スプレッドと呼ばれる取引所の売買手数料も発生するので、必ず確認しましょう。bitFlyerの場合、取引額の0.01%から0.15%がスプレッドすなわち売買手数料として徴収しています。これらを総合的に理解して、保有するビットコインのうちどれだけ売却するかを決定し、実行します。

出金の申請

ナビゲーションメニューの中から、「入出金」を選択します。

次に「日本円でご出金」を選択し、対象の銀行口座を選択します。自身の銀行口座をまだ登録していなければ、名義、口座番号、支店などの口座情報を登録しましょう。画面に沿ってクリックするだけで手続きでき、直感的に操作できるので非常に簡単です。

出金の承認

通常であればよく銀行営業日までに対象の銀行口座に出金されますが、平日の午前11時30分までに申請を行えば、当日中に出金されるというスピード対応です。

口座に履歴として反映されますが、ちゃんと振り込めているか銀行口座も確認します。

上記で紹介したようにビットコインの売買にはスプレッドと呼ばれる手数料が発生します。むやみな日本円への両替は取引コストの増加を招くので注意しましょう。また、ビットコインの取引で利益を確定すれば、その利益に対して税金がかかってくるのでその点も注意しなければなりません。

株やFXの一律20%の税率と違い、仮想通貨の利益は累進課税の税率で大きな課税額となる可能性もあるので、確定申告のシーズンには現金の確保にも気を配る必要があります。大きな利益が出れば早めに利益を確定して、自身の銀行口座に資金を引き上げてしまえばセキュリティ面でも安全です。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

仮想通貨とは

仮想通貨の種類

仮想通貨取引所

仮想通貨のニュース

仮想通貨の取引方法

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション