お金の参考書

【最新】ビットコインの購入方法を詳しく解説します!

あなたは「自分も仮想通貨で一儲けしたい」と考え、このサイトに辿り着きませんでしたか?

・とはいえ何からしたらいいのか分からず、ビットコインの買い時が分からない!

・ビットコインの購入って何だか難しそうだし、面倒な手続きがあるんじゃないの?

といった悩みを持ち、なかなか購入に踏み出せなかったりするのではないでしょうか。

お金の参考書では、今からビットコインを買ってみたいあなたに向けて、ビットコインを購入するために必要な情報を全てまとめてみました。

この記事を読み終わる頃には「ビットコインの購入って思ったより簡単。もっと早く知っておけばよかった!」と思える事でしょう。是非参考にしてみて下さいね。

ビットコインを入手する方法は、大きく分けて3つ

ビットコインを入手する方法は、大きく分けて以下の3つがあります。

・ビットコインを相対(OTC)取引で直接購入する

・ビットコインのマイニングでビットコインを採掘する

・ビットコインの取引所や販売所から購入する

結論から言うと、この中で一番簡単で現実的なのは「仮想通貨の取引所・販売所から購入する」方法です。

仮想通貨の取引所・販売所は、仮想通貨を買うのに必要な情報やツールが揃っています。やはり専門のものは専門の店で買った方が良いでしょう。

では、他の入手方法には、どんな特徴があるのでしょうか?それぞれ見ていきましょう。

相対取引(OTC)で直接購入する

ビットコインの相対(あいたい)取引とは、仮想通貨を売りたい人と買いたい人が直接取引を行うものです。

専門のディーラーに依頼したり、インターネットで取引相手を見つけたりして行います。

仮想通貨の売買を行う当事者同士の口座情報を交換する事になりますので、取引相手が信用できる事が大前提です。詐欺に合うリスクも高くなりますので、この方法はオススメはしません。

しかし個人間取引であるため、大口の取引であっても市場価格に影響がない、また手数料がかからないといったメリットがあります。

「どうしても仮想通貨を購入するお金以外の費用をかけたくない!」という方は、相手が信頼できる人間だという事を大前提に、このOTC取引を利用してみるのも一つの手です。

マイニングでビットコインを採掘する

「ビットコインのマイニング」という言葉を聞いた事がある方は多いのではないでしょうか。

マイニングとは、コンピュータを利用してビットコインの取引を承認する作業を行うことです。

マイニングに参加しているコンピュータの中で、一番最初に計算を成功させると、報酬としてビットコインを獲得する事ができます。

ただし、参加するには計算能力の高いコンピュータを用意することが必要で、初期投資がかかります。さらに維持費として多大な電力が必要なため、個人が行うには割りが合いません。

よってこの方法も、最初にビットコインを手に入れる方法としてオススメではありません。

仮想通貨の取引所・販売所から購入する

先述した通り、ビットコイン入手方法の中で最も合理的なのが、仮想通貨の取引所・販売所から購入する方法です。

ビットコインを購入したい人が、取引所・販売所に口座を開設し、その時のレートの値段に沿ってでビットコインを購入します。

取引所・販売所を利用すると「誰でも、いつでも、安全に、購入したい分だけ」ビットコインを購入することができますので、初期費用やリスクを負わずにビットコインを購入できるのです。

次章では、「取引所と販売所の違い」を見ながら、どちらで購入するのがお得なのか見ていきましょう。

ビットコインの取引所と販売所の違いは?購入するならどっち?

ビットコインの入手方法の中で、最も一般的なのが取引所や販売所で購入する方法だと述べましたが、

では取引所と販売所はどう違うのでしょうか?ビットコインの取引所と販売所の異なる点をそれぞれ見ていきましょう。

取引相手 スプレッド 概要
取引所 ユーザー 小さい ・ビットコインを購入したい相手と買いたい相手をマッチングさせる場
・自分の購入したい値段で注文できる
販売所 運営会社 大きい ・運営会社からビットコインを購入する場
・購入価格は販売所の提示価格で、取引所よりも割高

 

▼取引相手の違い

取引所・販売所の違いのひとつが、「取引相手」です。

販売所を利用する時、私たち利用者は運営会社からビットコインを購入します。

販売所はいわばお店のようなものです。利用者は、お店(=販売所)で売っているビットコインを購入します。

一方取引所は、例えるなら「メルカリ」のようなもので、売りたい人と買いたい人をマッチングさせる役割をもつのがメルカリ(=取引所)です。

商品の受け取りと代金の支払いはメルカリ(=取引所)が仲介してくれます。

▼スプレッドの違い

取引所と販売所で大きく異なる点は、スプレッドです。

スプレッドとは、購入価格と売却価格の差のこと。

利益を狙うにはスプレッドが小さいものを選択することが重要です。

実際にbitFlyerの取引所と販売所のスプレッド価格を見てみましょう。

取引所

販売所

取引所と販売所のスプレッド比較表(画像をまとめたもの)

購入価格 売却価格 スプレッド
取引所 701,292円 701,548円 256円
販売所 709,440円 692,459円 16,981円

 

取引所と販売所ではスプレッドに16,000円以上の差があることが一目で分かりますね。

注意ポイント

販売所形式のみを採用しているDMMビットコインや、GMOコインは取引手数料がやや高くなりがちです。しかし「入出金など他の手数料が無料」という嬉しいサービスがあるので、入出金を多く繰り返す方にはこのサービスはありがたいですよね。取引所・販売所は自分がビットコインをどう活用するかにあわせて使い分けをしていきましょう。

ビットコインを購入できるオススメ取引所をご紹介!

取引所を選ぶ際の判断基準は、主に以下のものがあります。

①操作の簡単さ

②手数料の安さ

③スプレッドの小ささ

④ツールの使いやすさ

⑤取り扱い通貨数の多さ

これらを元にオススメ取引所を3つ選出してみました!

1位bitFlyer

bitFlyerの一番の魅力は、何といっても社会的な信頼性の高さです。

株主企業の知名度や資本金の高さはほかの取引所と比べて群を抜いています。

もしもパスワードを不正に盗まれて、日本円が出金されてしまったときの為に補償制度を完備。

取引に不安がある初心者の方でも安心して利用できます。

初心者向けにわかりやすい注文システムを提供しつつ、上級者向けの高度な取引所も用意していますので、初心者から上級者まで幅広く取引を楽しむことができます。

2位QUOINEX

QUOINEXは、15社以上の海外取引所に接続しているため、通貨の取引量が非常に多いです。

そのためスプレッドが小さく、売り買いしやすい特徴があります。

ビットコインの取引手数料が無料のため、ビットコイン取引を中心に行いたい方はお得に取引できるでしょう。さらに、送金手数料も無料です。

世界最速のマッチングエンジンを搭載していたり、取引画面を自分の好みにカスタマイズできたりするため、取引ツールの使い勝手は非常に優れています。

米ドルやユーロ建てなど日本円以外の8つの法定通貨にも対応。52種類という豊富な通貨ペア数での取引が可能です。

3位BITPOINT

BITPOINTの大きな魅力は、取引手数料が無料なことです。ビットコインの取引手数料は勿論、アルトコインの取引手数料も無料になっています。

さらに、仮想通貨の送金手数料や出金手数料も無料です。そのため、手数料に関して最もお得に取引できる取引所だと言えます。

また、差金決済取引に取引ソフト「MetaTrade4」を利用できるため、高度なチャート分析や自動売買が可能です。

米ドルやユーロ、香港ドル建てにも対応し、豊富な通貨ペアで取引できます。

口座開設時に銀行口座の登録や勤務先の入力が必要で、ほかの取引所よりも若干手間がかかりますが、登録時に入力するだけですので、一度入力してしまえば問題ないでしょう。

手数料はどんなものがかかるの?

各手数料について勘案するなら、最もお得な取引所はBITPOINTと言えます。

取引所を利用する上で、手数料は取引手数料と送金手数料、出金手数料、入金手数料がかかります。

◆取引手数料
取引手数料は仮想通貨の売買を行う際にかかる手数料です。
ビットコインの取引手数料を無料にしている取引所があり、手数料なしで取引を行えるため便利です。

◆送金手数料
送金手数料は、仮想通貨を取引所の口座からほかの口座へ移すときに支払う手数料です。
取引所の中には送金手数料を無料に設定しているところがあり、大変便利です。

◆出金手数料・入金手数料
自分の銀行口座に日本円を出金するときに必要なのが出金手数料です。
取引所の中には、出金手数料を無料にしているところがあります。入金手数料に関しては、全ての取引所で無料となっています。

取引所を選んだら口座開設をしよう

ビットコインを購入するには、取引所の口座開設が必要です。

取引所の口座開設は、パソコンやスマホを使って10分程度で完了するため、簡単にできます。
手順は以下の通り。

①取引所のページへアクセスし、メールアドレスを入力

②届いたメールに記載してあるURLをクリック

③個人情報を登録

④本人確認書類の画像データをアップロード

この工程で口座開設を行い、数日したら取引所口座開設の書類(ハガキ)が届きます。

書類が届いたら正式に口座開設が完了します。

◆本人確認書類ってどんなものがあるの?◆

・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・住民基本台帳カード(顔写真あり)
・各種健康保険証
・各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等)
・各種福祉手帳
・印鑑登録証明書
・住民票の写し

取引所への日本円入金手段3つ

取引所に口座を開設したら、次は日本円を入金します。
入金する手段はコンビニ入金、銀行振込、ペイジ―入金の3つがあります。

それぞれの手順と、特徴を見ていきましょう。

コンビニ入金

コンビニ入金の手順は以下の通りです。

①取引所で操作を行い、受付番号を控える

②コンビニへ行き、店頭設置端末を操作する

③端末から出てくる受付表をレジに持っていき、所定の金額を支払う

コンビニ入金のメリットは、24時間土日問わず、すぐに入金が取引所へ反映されることです。
そのため、急いで入金を行いたいときに便利です。

店頭設置端末の操作をしなければならないため少し手間がかかりますが、端末画面にやり方が表示されますので問題ないでしょう。

銀行振込

銀行振込の方法は以下の通りです。

①取引所で操作を行い、支払い口座番号を控える

②振込を行う(ATM、銀行窓口、インターネットバンキング等)

銀行振込のメリットは、誰でも簡単に利用できる点です。

インターネットバンキングを利用している場合、銀行やATMに行かなくても手続きが行えますのでどこでも操作が可能。

夕方以降や土日に振込した場合、入金反映は当日にならないので注意しましょう。

取引所への入金の反映は、銀行営業時間に行われます。

ペイジー入金

ペイジーとは、各種料金の請求に対して、パソコンやスマホ、ATMで支払いできる仕組みのことです。ペイジ―入金の手順は以下の通りです。

①取引所でペイジー入金操作を行う

②ペイジーのサイトへ遷移するため、そこで指示に従い操作を行う

③ATMまたはインターネットバンキングで支払い手続きを行う

メリットは、取引所への入金反映が即時に行われることです。インターネットバンキングを利用する場合、外出せずに手続きが完了します。

気をつけなければならないのが、自分がペイジー未対応の銀行を利用している場合には利用できないことです。

自分の利用している銀行がペイジーに対応しているか確認するには、以下のページを参照ください。

【ペイジーが使える金融機関-pay-easy公式サイト】

◆クレジットカードでビットコインを購入できないの?◆
2018年3月以降、クレジットカードでの仮想通貨購入サービスは停止されています。
それまでは、bitFlyerとZaifにおいてクレジットカードを使ってビットコインを購入できました。

取引所でビットコインを実際に購入してみよう

口座を開設し、日本円を入金したら実際にビットコインを購入してみましょう。
ここでは、bitFlyerの取引所画面を用いて説明します。

①取引所にログイン後、「ビットコイン取引所」をクリックします。

「ビットコイン取引所」画面が表示されます。

図に示すとおり、取引画面は「直近の取引履歴」「注文板」「発注するところ」の3つに大きく分かれています。

直近の取引履歴では、いつ・いくらで・何枚ビットコインの注文が成立したのかが一覧で見れるようになっています。

注文板では、まだ成立していない注文の状況を見ることができ、ビットコインの購入する値段を決めるときに役に立ちます。

②発注するには、ビットコインの数量と購入希望価格を入力し、「コインを買う」をクリックするだけ。

③取引が成立すると注文履歴のステータスが「完了」と表示されます。

以上でビットコインの購入は完了します。

◆1BTCから購入しないといけないの?◆
ビットコインは、0.01ビットコインから購入可能です。
つまり、ビットコインは必ず1BTCから購入しなくても問題ありません。
例えば、1BTCが70万円のとき、0.01ビットコインを購入したとすると、7000円分のビットコインを購入できる事になります(手数料別)。
◆ビットコインはいつ買えばいいの?◆
ビットコインを買うべきタイミングは、ビットコインが安い時です。
なぜなら、安い時に買って高い時に売るというのが利益を出す基本だからです。ただ、「今買って価格が下がってしまったらどうしよう・・・」と迷う方も多いと思います。そんな時は、覚悟を決めて割り切って買ってしまうことをおススメします。

買ったビットコインを安全保管しよう

ビットコインの取引所の多くは、資産を安全に保管するためにコールドウォレットを採用していますが、それで問題が全く無くなるわけではありません。

万が一取引所がハッキングにあってしまうと、「秘密鍵」をハッカーに盗まれ、ビットコインを奪われてしまいます。

また、取引所が倒産した場合、秘密鍵を取引所に預けっぱなしのため、自分のビットコインを引き出す事ができません。

この問題を解決する為には、「レジャーナノS」のようなUSB型コールドウォレットを持っていた方が良いでしょう。

「レジャーナノS」は、27通貨に対応(2018年7月現在)しており、中でも人気通貨リップルに対応しているため、最も人気のあるコールドウォレットのひとつとなっています。

レジャーナノS公式代理店

Ledger Nano S(レジャーナノエス)
販売価格 \15,800(税込)
サポート 日本語でのサポートあり
対応通貨 ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ダッシュ

直近で取引する分のビットコインだけ取引所に置いておき、残りは「レジャーナノS」を利用して自分で管理しておくのがベストです。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

仮想通貨とは

仮想通貨の種類

仮想通貨取引所

仮想通貨のニュース

仮想通貨の取引方法

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション