お金の参考書 クレジットカード

若者限定のMUFGイニシャルカードには海外旅行保険が自動付帯!

MUFGイニシャルカード

  • 18~29歳若者限定カードで在学中は年会費無料!
  • 入会してから3カ月ポイント3倍
  • 病気やケガの治療費、携行品補償もついた海外旅行傷害保険が自動付帯/li>
  • 楽リボ、あとdeリボ・あとde分割など自由に選べる支払い方法
  • オンライン入会申込みで最短翌営業日の発行
  • マイルがたまる
  • 盗難補償
  • キャッシング
  • 家族カード
  • 年会費無料
  • 海外旅行保険
  • 学生可能
  • ショッピング保険
  • ETCカード
年会費 初年度:無料
2年以降:1,250円(税別)
国際ブランド VISA、Master、JCB、American Express
ポイント還元率 0.5%~
電子マネー İc チップ:なし
チャージ:nanaco、モバイルSuica、楽天Edy、SMART ICOCA/td>
発行期間 最短翌営業日~2週間
申込資格 【学生】原則として高校生を除く18~29歳までの学生
【社会人】原則として18~29歳までの、本人または配偶者に安定した収入がある
※未成年の申込みには、親権者の同意が必要
家族カード あり/年会費初年度無料、2年以降400円(税別)
ETCカード あり/年会費無料、発行手数料1,000円(税別)
若者限定の「MUFGイニシャルカード」は、年会費が実質無料にもかかわらず、海外旅行保険やショッピング保険も自動付帯と、コスパの高いカードです。

学生なら在学中は年会費がずっと無料。社会人でも初年度無料で、2年目以降1,250円年会費がかかりますが、一定の条件をクリアすれば無料となります。若者たちに魅力満載のMUFGイニシャルカードの全容を紹介します!

18~29歳若者限定カードで在学中は年会費無料!

三菱UFJニコスが発行する「MUFG Initialカード」は、18歳~29歳であれば誰でも入会できる、若者専用カードです。
在学中(高校生を除く)であれば一切年会費がかかりませんが、学校を卒業すると年会費が税別1250円発生します。ショッピング利用可能枠に関しても、社会人は最高100万円なのに対して、学生のうちは10万円に制限されています。また、本会員が学生の場合は家族カードを発行できないなど、学生と社会人で違いがあります。

とはいえ、特に在学中は、充実の海外旅行保険やショッピング保険、WEBショッピングでのポイント優待などの充実サービスを、完全年会費無料で受けられます。国際ブランドもVISA、マスター、JCB、アメリカンエキスプレスから選べ、学生にとっては、かなりコスパの高いカードです。

社会人でも実質年会費無料にできる手段がある

「三井住友VISAデビュープラス」と同様に学生カードでないイニシャルカードは、社会人でも申し込めます。年会費は初年度無料ですが、2年目以降は通常年会費1250円(税別)が必要です。しかし、以下の2つの条件をクリアすると、翌年度の年会費も発生しません

・利用明細書をWEBにする
・前年度のショッピング利用が20万円以上

WEB利用明細はカード会員サイトから登録無料で行なえます。年間利用20万円以上も、月間利用約16700円で達成可能で、比較的簡単な条件で、年会費実質無料カードにできるのです。
本会員が社会人の場合、2つの条件を満たせば、翌年度の家族会員の年会費(通常は税別400円)もかかりません。ただし、WEB明細の登録年度と年間20万円のショッピング利用の年度が、同年度でなければならないという条件があります。

入会してから3カ月ポイント3倍

ポイントプログラムは「グローバルポイント」で、1000円利用につき1ポイントの基本ポイントが貯まります。
1ポイントは5円相当ですので、MUFGイニシャルカードグローバルポイントの還元率は0.5%です。楽天カードなどの年会費無料で1%の高い還元率を誇るカードと比べると、ポイント還元率は高くありません。

しかし、MUFGイニシャルカードは入会月を含めて4か月目末日までの獲得ポイントが3倍となり、入会3か月間のポイント還元率は1.5%となるので、この時期にがっつりとポイントが稼げます。
普段の利用でどれくらいのポイント差があるのか、一般的な一人暮らしの家計をもとに、通常稼げるポイントと入会3カ月までに稼げるポイントを比較してみましょう。

支出項目 金額 月ごとの通常ポイント 入会3か月間の月ごとポイント
携帯電話 1万円 10ポイント 30ポイント
家賃 5万円 50ポイント 150ポイント
電気代 5000円 5ポイント 15ポイント
ガス代 3000円 3ポイント 9ポイント
合計 68000円 68ポイント
(340円相当)
204ポイント
(1020円相当)

1か月で136ポイント(680円相当)の差ですので、ランチ代くらいの差が生まれます。この表の家計をモデルとした場合、初年度は、年間1.360ポイント(6,800円相当)貯まるのでかなりお得です。ポイントは、ショッピング利用のみでつき、キャッシングはポイント対象外となります。

月々の利用金額でポイントアップできるグローバルPLUS

MUFGイニシャルカードには、使えば使うほどお得にポイントが貯まるポイント優待特典「グローバルPLUS」があります。請求月の月間利用金額に応じて、以下の表のように加算ポイントがもらえます。

ステージ PLUS50 PLUS20
月間利用条件 10万円以上 3~10万円未満
優遇内容 基本ポイントに50%加算 基本ポイントに20%加算ポイント
具体的加算例 今月の利用代金11万円
➡110通常ポイント+55ボーナスポイント(通常ポイントの半分)
=165ポイント獲得(825円相当)ポイント還元率 0.75%
今月の利用代金 5万円
➡50通常ポイント+10ボーナスポイント(通常ポイントの2割)
=60ポイント獲得(300円相当)ポイント還元率 0.6%

毎月、原則16日~翌月15日までを一月分として集計し、その翌々月請求分に、ポイントが付与されます。
表中の「PLUS50」は、月10万円以上利用しないといけないので、ハードルは高いです。

反対に「PLUS20」は、月3万円以上の利用でOKなので、公共料金や携帯電話料金などの固定費用をMUFGイニシャルカードで払えば、比較的簡単に達成できます。

 アノwebショップでの買い物ポイントが数倍に膨らむPOINT名人

三菱UFJニコスの展開するWEBショップモール「POINT名人.com」は、アマゾンやベルメゾンなど、有名な店舗も参加しており、非常に使いやすいモールです。「POINT名人.com」は、DCカードやニコスカード、UFJカードなど同じカード会社の会員が共通に利用できます。
「POINT名人.com」のモールを経由して、MUFGイニシャルカードで購入することで、通常ポイントに加えボーナスポイントが追加されます。
例えば、「POINT名人.com」経由でアマゾンで1万円分の買い物をすると、通常ポイント10+ボーナスポイント10=20ポイント(100円相当)が加算されます。

それに加え、MUFGイニシャルカード会員には、「POINT名人マイセレクト」が用意されています。対象店舗約30店舗から5店舗まで、自分のお気に入りの店舗を事前に選んでおくと、ボーナスポイントがさらにupします。
例えば、楽天トラベルをマイセレクトに指定しておけば、通常2倍のポイントが3倍となります。「POINT名人.com」から楽天トラベル1万円の宿を予約し、MUFGイニシャルカードで支払えば、通常ポイント10ポイントにボーナスポイント20ポイントが加算され、合計で30ポイント(150円相当)が付与されます。

POINT名人のポイントは1000円以上の支払いを対象とし、個々の取引で計算されますので、1000円未満の買物にはポイントがつかないので注意が必要です。POINT名人マイセレクトは「POINT名人.com」の全店舗が対象ではなく、一部店舗が対象となっており、店舗によってもボーナスポイントの倍率は異なります。

主なショップと、POINT名人.com通常倍率は以下の表の通りです。

ジャンル 名称 POINT名人の通常倍率 POINT名人マイセレクトの倍率
総合 アマゾン 2倍 対象外
総合 楽天市場 2倍 対象外
ファッション GAP 4倍 対象外
旅行 楽天トラベル 2倍 +3倍(国内宿泊・高速バス・レンタカーのみ)
スポーツ スポーツオーソリティ 4倍 対象外
映画 ユナイテッドシネマ 4倍 対象外
ホームセンター コーナン 3倍 対象外

貯まったポイントを効率よく使う方法

貯まったポイントは、商品やギフトカードへの交換、他のポイントプログラムへのポイント移行が可能です。

金券類は映画観賞券と自社ギフトカードが高レート

リアル店舗で手軽に使えて交換しやすいのが金券類です。しかし、金券の価値に対して必要なカード利用金額で割り、ポイント還元率を算出した場合、全体的に0.5%以下となり、高い還元率とはいえません。

その中でも、三菱UFJニコスギフトカードとユナイテッドシネマ映画観賞券は、比較的高い還元率です。
金券類への交換に関しては、一度に多くのポイントを移行すると還元率がさらに高くなります。

移行先 必要ポイント 金券の金額 ポイント還元率
三菱UFJニコスギフトカード 1050 5000 0.48%
5050 25000 0.5%
QUOカード 700 2000 0.29%
アマゾンギフト券 350 1000 0.29%
モスカード 650 2000 0.31%
ユナイテッドシネマ映画観賞券 400 1800 0.51%
JAL旅行券 350 1000 0.29%

 

ポイント移行は家電量販店系が高レート

ポイントの交換先は何も商品券だけではありません。キャッシュバックや他社のポイントやマイルとも交換できます。キャッシュバックのポイント還元率は0.4%とやや低めですが、カードの支払いが足りないという時に補充できて便利です。
ポイント還元率が0.5%と悪くないのが、ビックカメラで使えるビックポイントやヨドバシカメラのポイントとなります。航空マイルへの移行はレートこそ悪くなるものの、移行手数料がかかりませんので、特典航空券まであと少し、という時に使えます。

移行先 必要ポイント 移行先ポイント 還元率
キャッシュバック 500 2000円分 0.4%
nanacoポイント 200 600ポイント 0.3%
Tポイント 200 800ポイント 0.4%
ビックポイント 500 2500ポイント 0.5%
ヨドバシカメラ 500 2500ポイント 0.5%
JALマイル 500 1000マイル 0.2%
ユナイテッド航空マイル 500 1000マイル 0.2%

nanaco、モバイルSuica、楽天Edy、SMART ICOCAへチャージ可能だが、ポイントがつかないのでご注意!

MUFGイニシャルカードを使って、nanaco、モバイルSuica、楽天Edy、SMART ICOCAへクレジットチャージすることも可能です。

ただし、これらの電子マネーをMUFGイニシャルカードでチャージしても、グローバルポイントは貯まりません。
クレジットチャージでポイントを貯めたいなら、nanaco、モバイルSuica、楽天Edy、SMART ICOCAへのチャージでポイント還元率1.2%のリクルートカードがおすすめです。

病気やケガの治療費、携行品補償もついた海外旅行傷害保険が自動付帯

MUFGイニシャルカードには、以下のような海外旅行傷害保険が付帯しています。

補償内容 補償金額 条件
死亡・後遺障害 最高2000万円 前年度カード利用が20万円以下の場合、最高100万円
傷害・疾病治療 最高200万円 前年度カード利用が20万円以下の場合、5~20万円
携行品損害 1旅行で20万円 前年度カード利用が20万円以下の場合、最高10万円
賠償責任 最高2000万円 前年度カード利用が20万円以下の場合、最高100万円
救援者費用 最高200万円 前年度カード利用が20万円以下の場合、最高500万円

最高2000万円の補償が利用付帯(カードで旅行代金を支払わないと保険が付帯しない)でなく、無条件に補償される自動付帯なのはうれしいです。

旅行時に最も重要となる「傷害・疾病治療」の治療費が最高200万円と、年会費実質無料クレジットカードとしては高い水準を誇ります。
しかも、カメラや時計、バック等の盗難や紛失時に補償される携行品損害も付帯しています。携行品損害は、物1個または1対につき10万円を限度とし、3,000円の免責がつきますが、保険期間中は最大で100万円まで補償されます。

充実した補償内容ですが、こちらは初年度が対象となります。2年度以降もこの充実補償を継続させたかったら、前年度カード利用金額が20万円以上である必要があります。
もし、前年度のカード利用金額が20万円未満の場合、死亡後遺障害は100万となり、傷害・疾病治療は20万円と補償額が10分の1に落ちます。

この「前年度の年間カード利用額20万円以上」という条件は、社会人において2年目以降の年会費無料の条件ともなっています。年間カード利用額には、ショッピングで利用した額のみが集計され、キャッシング、手数料、年会費等は含まれないので注意が必要です。
「年会費無料」「最大2,000万円の海外旅行保険」の特典を永続させるためにも、MUFGイニシャルカードは年間カード利用額20万円以上を意識して利用するようにしましょう。

年間限度額100万円までのショッピング保険付き

MUFGカードイニシャルには、ショッピング保険も付帯しています。
ショッピング保険とは、カード会員がカード払いで購入した商品が破損・盗難などの被害に遭ったとき、その被害金額を100万円限度に補償してくれる付帯保険です。
金券類やメガネ、自動車など補償対象外の商品があり、購入日から90日以内の損害のみが補償されます

海外ショッピングの利用では支払方法に関係なくショッピング保険は適用されますが、日本国内での利用はリボ・分割払いで購入した商品のみが対象ですので、注意が必要です。

楽Pay、あとdeリボ・あとde分割など自由に選べる支払い方法

MUFGカードでは、「楽Pay」「あとdeリボ」「あとde分割」といった、支払方法を自由に選ぶことができます。支払方法は、MUFGカードWEB会員サービスにログインの上選択できます。「楽Pay」「あとdeリボ」「あとde分割」の特長と注意点は以下の通りです。
その時の経済状況によって適切な支払方法を選んでください。

なお、1回払い、2回払い、ボーナス1回払いは手数料無料でお得です。

①楽Pay

【特徴】毎月の支払金額を自分で決められ、超えた分は自動で翌月以降に繰越されます。

【利用場所】国内外の店舗で利用可能です。

【手数料】利用金額に対して、年15%の手数料が発生します。

【注意点】楽Payを選択するとカード年会費の優遇 (税込1350円→675円に割引)がありますが、本会員のみ対象で家族カード会員は対象ではありません。

②あとdeリボ

【特徴】カード利用後に、支払回数を1回から「リボ払い」に変更できるサービスです。

【利用場所】国内外の店舗で利用可能です。

【手数料】利用金額に対して年15%の手数料が発生します。

【注意点】2回払い、リボ払い、分割払い、キャッシングサービス、カードローン利用分は対象外で、リボ払いの限度額を超えた分は一括請求となります。
家族カード会員も利用できますが、申込は本会員が行なわなければなりません。
支払い月によって変更受付期間が異なりますので、期間内に変更しましょう。

③あとde分割

【特徴】カード利用後に、支払回数を1回から「3回以上の分割払い」に変更できるサービスです。

【利用場所】国内外の店舗で利用可能です。

【手数料】支払回数に応じて年12.25%(3回)~15%(15・18・20・24回)の手数料が発生します。

【注意点】2回払い、リボ払い、分割払い、キャッシングサービス、カードローン利用分は対象外で、リボ払いの限度額を超えた分は一括請求となります。
支払い月によって変更受付期間が異なりますので、期間内に変更しましょう。
家族カード会員も利用できますが、申込は本会員が行わなければなりません。

振替日

いずれの支払方法も、毎月15日締めで翌月10日に口座引き落としです。
リボ払いについては、お金に余裕があればネットやATMから追加返済もできます。

海外利用でも国際ブランドのATM・CDで現金通貨を引き出せる

MUFGイニシャルカードならば、国際ブランドのATM・CDで現金通貨を借りられる、キャッシングサービスがあります。
銀行ATMにカードを挿入し、暗証番号と借入金額を入力するだけという、簡単なカード利用方法です。
ただし、キャッシングでは借入金額に対して年14.95~17.95%の金利が発生します。

国内ATMでは利用金額に応じて108円~216円のATM手数料がつきますが、海外ATMではATM手数料は基本無料となり、お得です。しかも、海外でショッピング利用時につく海外事務手数料がキャッシングの場合つきません。

そのため、MUFGイニシャルカードを使って、海外のATMでお金を引き出し、帰国後すぐに返済することで、現地で両替する場合より手数料が安くなる場合があります。

アメリカで日本円から200ドル両替する場合、以下の3パターンを想定し、それぞれの手数料を比較してみました。

①現地の空港で両替した場合
②現地の両替所で両替した場合
③MUFGイニシャルカードの海外キャッシング機能を使い、現地のATMでドルを引き出した場合

いずれの場合もわかりやすいように1ドル=100円で換算してあります。
※2万円を200米ドルに交換

①現地の空港 ②現地の両替所 ③MUFGイニシャルカード
手数料率 両替する金額×事務手数料3~5%相当 両替する金額×事務手数料2.5~9% 両替する金額×年利率17.95%÷365日×借入日数
返済日 即日 即日 2017年8月1日に利用、2017年9月10日に返済
手数料 600~1000円程度 500~1,800円 403円

上の表を見てもわかるように、MUFGイニシャルカードで現地のATMから現地通過を引き出した方が、現地で両替するより100~1700円もお得になることがわかります。

多額の現金を持ち歩くより、クレジットカードで必要な時に必要な分だけATMからこまめに下ろす方がより安全です。手数料の手ごろさ、安全性からいっても、MUFGイニシャルカードで海外キャッシングの方が有利です。

海外キャッシングの際、便利な国際ブランドとして、世界中にATMを擁するMasterやVisaがおすすめです。JCBやアメックスは普及していない地域もあるので、世界中を旅する人は国際ブランドをMasterやVisaにすれば、間違いはないでしょう。

 オンライン入会申込みで最短翌営業日の発行

オンラインで入会申込をすると、最短で翌営業日にはカードが発行されます。
最短翌営業日発行ができるのは、VISA、マスターカードブランドのみです。JCBは最短2営業日発行となっているので要注意です。

申し込みから発行までの流れは以下のようになっています。

①会員規約への同意
②WEB明細への登録に同意
③情報の入力
④申込完了のメールが送られる
⑤審査
⑥審査終了のお知らせメールが届く
⑦カード発行

最短翌営業日発行を実現させるためには、月~木曜日までの平日9時までにオンラインで申込を行ない、オンラインで「オンライン口座振替サービス」対象金融機関の口座設定を行なう必要があります。普段利用している銀行が「オンライン口座振替サービス」対象の金融機関でなければ、郵送で口座振替申請書を送らなければならなくなり、カード発行にさらなる時間がかかるので要注意です。

さらに、本人確認や審査のため、自宅や勤務先、携帯電話にカード会社から電話確認がくる場合があり、その際スムーズに対応できれば問題はありませんが、申込者と確認がとれない、申込書の内容が事実と異なっていた場合などは、確認に時間がとられ、カード発行もその分遅れます。最短でカードを発行させるためにも、申し込み用紙は正確に情報を記入し、電話確認にすぐ対応できるようにしておく必要があります。

最短翌営業日発行とはいえ、翌営業日にクレカが手元に届くというわけではありません。翌営業日に発行、発送されるので、実質手元に届くまでにはさらに2~3日の時間がかかります。その点を踏まえ、1週間は余裕をもってMUFGイニシャルカードを申し込むようにしましょう。

若者向けだから無職でも発行されやすい?

MUFGイニシャルカードは、審査が厳しいとされる銀行系カードとはいえ、将来の優良顧客となる学生を獲得することを目的としたカードであるため、カード審査はさほど高くないといえます。
例えば、学生であれば無収入であっても問題はありませんし、安定した収入があればアルバイトやパートの人も審査に通る可能性は十分です。無職の専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば、まず審査通過に問題がないでしょう。

しかし、これらはあくまで、過去に延滞や自己破産などの金融事故情報がないことを前提としています。審査が厳しい銀行系カードであるので、申込者が過去に起こした延滞や金融事故情報にはかなりシビアといえます。

MUFGイニシャルカードに審査落ちしないためにも、以下の4箇条を読んで、しっかりと実践してください。

審査落ちしないための4箇条

  • 申し込みの記入事項は虚偽なくしっかりと細かく書こう
  • 学生でアルバイトの場合アルバイト収入も申込用紙に書こう
  • 前にもクレジットカード申し込んだ場合、6カ月以上たってから申し込もう
  • キャッシング枠は「0」円に設定しよう

未成年者の場合には親権者の同意書が必要

MUFGイニシャルカードでは申込者が未成年者の場合、親権者の同意が必要となってきます。学生はもちろんのこと、たとえ社会人であっても親権者の同意が必要です。ただし、結婚している未成年者は民法の規定により成人扱いされるため、この限りではありません。

成人している学生は親権者の同意は必要ありませんが、学生である限り、ショッピングは10万円までキャッシング枠は5万円までと借入額が低く設定されます。

まとめ

イニシャルカードの有効期限は5年ですが、その後はMUFGカードゴールドにすることも可能です。

MUFGゴールドカードは、自分で任意に設定した記念月はポイント1.5倍など、さらに貯まりやすくなったポイントプログラム、金融取引サービス、国際ブランドに応じた優待特典サービス、旅行保険も最高2000万円補償の国内旅行保険が加わり、イニシャルカードより付帯サービスも一段と充実してきます。年会費も1,905円(税別)と手ごろで、ゴールドカード初心者向けのカードといえます。

MUFGイニシャルを上手に使って、ゴールドカードへのステップとして活用しましょう。

【基本情報】

発行会社 会社名
住所
電話
三菱UFJニコス株式会社
東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX
03-3811-3111
公式HP http://www.cr.mufg.jp/apply/card/mufgcard_initial/index.html
申し込み資格 【学生】原則として高校生を除く18~29歳までの学生
【社会人】原則として18~29歳までの、本人または配偶者に安定した収入がある
※未成年の申込みには、親権者の同意が必要
発行期間 最短翌営業日
年会費(税別) 初年度 無料
2年目以降 1250円
※前年度の年間ショッピングご利用金額が20万円以上かつWEB明細チェックの登録で年会費無料
国際ブランド VISA、mastercard、JCB、American Express
支払方法 一括払い、二回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス一括払い
引き落とし日 15日締め翌月10日引き落とし
口座振替の
登録方法
オンライン、書類
ショッピング
【国内】
限度額  10万円~100万円(学生は10万円まで)
支払方法  1回、2回、ボーナス1回払い、分割払い、リボ払い、
分割手数料率(年)  12.25%~15%
3回~24回
リボ払い手数料率(年)  15%
5000円~10万円まで(楽Payの場合)
ショッピング
【海外】
限度額  10万円~100万円(学生は10万円)
支払方法  原則1回払い。分割払い、リボ払いにしたい場合は、渡航前又は後に登録が必要(楽Pay、あとdeリボ・あとde分割)。
分割手数料率(年/あとde分割)  15%
3回~24回
※事務処理コストとして、適用レートに、Visa、Mastercardのショッピングには2%、JCBならば 1.60%を加算したレートで円貨に換算される。
リボ払い手数料  15%
楽ペイの場合:5000円~10万円まで 5,000円単位で支払額を選択可能
キャッシング
【国内】
限度額  0円~10万円(学生は0~5万円)
金利(年)     14.95%~17.95%
支払方法  1回(返済期間23~59日)
ATM手数料  108円~216円
キャッシング
【海外】
限度額  0円~10万円(学生は0~5万円)
金利(年)     14.95%~17.95%
支払方法  1回
ATM手数料等の手数料  ATM手数料(200円程度)
家族カード 年会費(税別): 400円(初年度無料)
※前年度の年間ショッピングご利用金額が20万円以上かつWEB明細チェックの登録で年会費無料に。
※本会員が学生ならば家族カードはつけられない
発行手数料:無料
発行限度枚数:限度なし
ETCカード 年会費(税別):   無料
発行手数料:1000円
発行限度枚数:クレジットカード1枚につきETCカード1枚
電子マネー 付帯可能 なし
チャージのみ可能 nanaco、モバイルSuica、楽天Edy、SMART ICOCA

【ポイント情報】

ポイントプログラム グローバルポイント
ポイント還元率 1000円利用につき1ポイント   0.5%
有効期限 24ヶ月
ポイントの交換先 Tポイント 200ポイント→800Tポイント 還元レート1:4
Suicaポイント 200ポイント→600Suicaポイント 還元レート1:3
三菱UFJニコスギフトカード 1050ポイント→5000円分 還元レート1:4.9
マイレージとの交換 JAL 500ポイント→1000マイル 交換手数料無料
ユナイテッド航空 500ポイント→1000マイル 交換手数料無料
ポイントアップモール POINT名人.com

【不正防止対策】

不正防止対策 ・本人認証サービス
・不正使用検知システムで24時間365日体制モニタリング
紛失盗難補償 届出のあった日からさかのぼり60日以降に発生した損害を補償。
本人の重大な過失、カード裏面のサインがない、虚偽登録などの場合は補償対象外。
ショッピング保険 補償額:100万円
自己免責額:3000円
補償期間:90日間
条件:日本国内は分割・リボ払いで利用分のみ適用
その他の補償  なし

【付帯保険】

【海外】 本人 家族特約
死亡・後遺障害 2000万円 なし
疾病治療 最高200万円 なし
ケガの治療 最高200万円 なし
携行品損害 1旅行20万円(免責3000円) なし
救護者費用 最高200万円 なし
賠償金 最高2000万円 なし
利用条件と補償期間 ①自動付帯(そのカードで旅行代金を支払わなくとも損害を補償)
※補償期間(日本出国~90日間まで)
【国内】 なし

【旅行&空港サービス】

空港ラウンジ利用  × プライオリティパス ×
空港荷物
宅配サービス
× 空港手荷物
預かりサービス
×
海外日本語対応
電話サービス
有料 海外における
カード紛失時の
即時仮カードの発行
×

関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

未分類

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション