お金の参考書

ビットコインの採掘(マイニング)には報酬の限界あり!?

投機の対象として注目を集めがちなビットコインですが、その仕組みは今までになかった先進的なものがあります。

仮想通貨は、実際の通貨とは異なり紙幣や硬貨といった実体がない”単なるデータ”です。

日本銀行のように表立って、通貨の安全性を保とうとするような中央組織も存在していません。それでも、ビットコインが通貨として成り立っているのは、採掘、すなわちマイニングという仕組みが存在するからです。

マイニングはビットコインなどの仮想通貨の仕組みを保全するだけではなく、参加者にも多くのメリットがあります。パソコンやスマートフォンさえあれば誰でもマイニングに参加可能です。今回は、そんなマイニングの仕組みと、始め方、注意点などに焦点を当てて紹介したいと思います。

マイニング(採掘)に関して

マイニングとは英語で採掘という意味を持つ単語です。もともと金や鉄などの鉱物を掘り起こす仕事や作業をマイニングと呼んでいたのですが、現代では実体のない仮想通貨に対しても仕組み上の表現として用いられています。

ビットコインを含む仮想通貨では、マイニングを行う一般参加者をマイナーと呼びます。マイナーはマイニングツールというソフトウェアーを駆使して、マイニング行為を行います。

全て、コンピュータ上の仮想空間で起きていることなので想像がつきにくいかもしれませんが、マイニングはまさに地中から仮想通貨を採掘するです。
では、マイニングの役割と仕組みを紐解いていきましょう。

マイニングの役割と仕組み

ビットコインなどの仮想通貨の大きな特性は、政府や中央銀行といった特定の管理者を持たないということです。そのため、どのように仮想通貨を管理するかが重要になります。

仮想通貨の管理というのは、取引履歴を正常に保つことです。悪意のあるハッカーなどが、勝手に取引履歴を改ざんし、二重取引などが発生してしまうと通貨として成り立たなくなってしまうからです。では、誰がそのような不正から通貨のシステム守ってくれるのでしょうか?それは、マイナーです。

マイナーたちは、仮想通貨の送金やり取りの整合性を保つために、複雑な計算処理を行います。マイニングによる計算処理は、そのビットコインの過去からのやりとりと、新しい履歴の追記を辻褄があうかを承認する作業です。こうして、ビットコインなどの仮想通貨は特定の管理者を持たずにシステムを保っています。この一連の流れ、つまり、情報処理によって取引承認することをマイニングと呼ぶのです。

マイニングによる取引の承認についてもう少し詳しくみてみると、いくつかの方法が存在することがわかります。

一番有名なのは、ビットコインでも採用されるPoW(プルーフ・オブ・ワーク)です。日本語訳すると、仕事量による証明といっても良いでしょう。

ビットコインのPoWでは10分間の間に最も早く情報処理できたマイナーが承認作業を行うことになり、一番早く仕事ができたマイナーには報酬が与えられます。これが、マイナーたちがマイニングを行う最も大きな理由です。

コンピュータで承認作業を手助けすれば、ビットコインなどの仮想通貨を報酬として獲得できるのです。

マイニングによる報酬は無限ではありません。ビットコインには半減期という周期が設定されており、報酬がどんどん半減していくようにプログラムされています。半減期の周期は大体4年とされており、次の半減期は2020年と予測されています。

通常の通貨と同様に無限に発行することはできないので、仕組みを保つ上で仕方ない措置です。そのため、ビットコインでマイニングを行い、報酬を得ることはだんだん難しくなっていると言われています。

しかし、これでマイニングによる報酬獲得を諦める必要はありません。それは、新しいアルトコインがどんどん出てきているからです。

新しいアルトコインにも大抵の場合、半減期は設定されていますが、初期にマイニングに参加すれば、ある程度報酬は楽に得られるはずです。
もし、ビットコインにこだわる理由がないのであれば、アルトコインのマイニングに参加すれば、マイナーとして仮想通貨を稼ぐチャンスは十分に存在します。

マイニングに必要なもの

実際にマイニングを行う際にどのようなものが必要なのでしょうか。

スマートフォン、PCで行う際の両方で必要なものを見て行きましょう。

スマホでマイニングを行う場合

スマートフォンでマイニングを行う場合は、スマートフォンアプリと専用のアカウントさえあれば簡単に始めることができます。今の所、iOSで採掘できるメジャーなアプリはリリースされておらず、必然的に自由度の高いAndroid OSを搭載したスマートフォンが必要になります。

Android OSだと採掘可能なアプリケーションとして有名なBitZenyウォレットというアプリケーションがあります。
では、どうやってBitZenyの採掘を始めるか、順を追ってっ説明します。

まずは、BitZenyウォレットのアカウント登録を行い、自分のウォレットのアドレスを入手します。これは、自分がマイニングを行った時に報酬を得るための口座番号のようなものなので、最初に設定する必要があります。
働き始める前に給与振込用の銀口座を開設するイメージです。

次に、マイニングツールを準備しますが、これはマイニングを始めるためのツールです。
採掘所で働くには、ツルハシが必要ですよね?マイニングツールは、マイニングを行うために必要なアプリケーションのことを指します。

BitZenyの場合、”BitZenyマイナーソフト”というアプリケーションが公式ホームページに用意されているのでそれを利用します。
そしてこれらをスマートフォンのCPUを利用して稼働しなければいけないので、エミュレータと呼ばれるソフトウェアをダウンロードしてこれらのツールを動かします。これで、スマートフォンでのマイニング環境が整うはずです。

スマートフォンとアプリケーションがあれば簡単に始められるのですが、マイニングの速度はハードウェアのCPU性能に依存します。スマートフォンのCPUでは、パソコンほどパフォーマンスは出ません。

スマートフォンでマイニンングを行う場合は、1ヶ月フル稼働させても1000円以下の報酬になることもあるそうです。やはりパソコンと比べるとあまり効率的ではないので、手軽さ以外はあまり期待できないようです。

PCでマイニングを行う場合

やはりマイニングといえば、ハイスペックのパソコンを使ってガンガン採掘するのが王道でしょう。どれぐらいのスペックがあれば可能かというと、IntelのiCore5のCPU、4GBのメモリを搭載した10万円レベルの一般的な自宅のパソコンでも通貨によっては十分なマイニング性能を出すことができるようです。
計算量が少ない通貨に的を絞れば、これぐらいのスペックで可能です。特に、費用をかけずにマイニングに挑戦したいということであればそれでも問題はないでしょう。

しかし、本格的な環境でもっと効率的にマイニングを行いという人には主に3つの選択肢があります。

ひとつは、ASICと呼ばれるマイニングの計算を行うために設計された集積回路を使うことです。

現在、市販されているものは、長方形のボックスのような形をしていて、それをコンピュータに接続して利用します。
パソコンのCPUは、色々なタスクを行う、いわゆる多目的に作られているので、ASICと比べると、計算速度も消費電力もどうしても劣ってしまいます。ASICはビットコインマイニング用途のものと、アルトコインマイニング用途のものに分けられており、どちらも15万円から20万円規模の投資となります。

マイニングの投資としてはかなり高額なので、注意深い検討が必要です。高額な投資にも関わらず、性能的に新しい製品に追い抜かれてしまえば、たちまちマイニングでは通用しなくなってしまうので、購入するタイミングも重要です。

もうひとつは、AWSなどのクラウド環境を利用することです。

AWSとはアマゾンウェブサービスの略称で、簡単にいうとレンタルサーバーや様々なクラウド機能を提供してくれるAmazonのサービスです。

ご存知の通り、Amazonは境中からのものすごい数の注文や閲覧をさばくだけのものすごいコンピューティングパワーを保持しています。ハイスペックサーバをクラウドサービスとして利用して、マイニングを行うわけですので、家庭のパソコンでのマイニングとは訳が違います。

クラウド上でマイニングソフトを設定すれば、24時間休むことなくマイニングに従事してくれます。もちろんAmazonに対してはサーバの利用負荷に対して料金を払わなければいけません。

最後の選択肢は、マイニング用USBです。マイニング用USBは手軽に自宅のパソコンを拡張できるUSBメモリです。

マイニングを手助けするために作られた製品なので、すぐに使えるように設計されています。具体的には、USBにメモリスティックを指すと専用のOSが起動して、マインングが行える状態になります。

価格も安価なもので、5000円からあるので上記の選択肢の中では気軽に利用できます。メリカルなどのフリーマーケットやネットオークションなどでも販売されていますが、マルチウェアと呼ばれるコンピュータウィルスが悪意のある販売者によって仕込まれている可能性もあるので、絶対に正規の小売店で買うことをお勧めします。

ハードウェア環境が整えば後はソフトウェアです。ビットコインもアルトコインもマイニングは専用のウォレットとマイニングツールさえあればできてしまいます。その点は、スマートフォンでマイニングをするのと何ら変わりはありません。

まず初めに、ビットコインやアルトコインを受け取るウォレットを設定し、専用のマイニングツールと連携させて、マイニングを開始します。
そうするとパソコンが稼働している間中、マイニングを継続してくれます。また、そのほかの方法として、クラウドマイニングという方法も存在します。

例えば、Genesis Mininngというサービスは、ある一定の会費を払えば自分のコンピュータを使わず、AWSのようなサーバーを自前で調達する必要もなくマイニングに参加できます。手軽さは群を抜いていますが、採算がとれるかは使ってみないとわからないといったところです。

マイニングをする際の注意点

ビットコインなど仮想通貨のマイニングはコンピュータの性能に依存していることがほとんどです。通貨の発行上限が決まっているので、全てのマイナーに無限に報酬を与えることはできません。
つまり、限られた報酬をマイナーで奪い合わなければいけません。

PoWを採用するビットコインの場合、ブロックを生成する10分間の間により早く複雑な情報処理をおこなったものに報酬を与えます。

ビットコインの仕組み上、必然的によりハイスペックなパソコンやサーバを所有している人間が総取りしてしまうことになります。

今では、マイニング事業者といった巨大データセンターを所有する、個人とは機材などの面でレベルの違うマイナーも存在するので当然競争は熾烈なものとなります。

ASICやAWSへの投資などで太刀打ちできるかもしれませんが、厳しい戦いになることは間違いありません。それらの設備投資だけではなく、マイニングを継続する上で電気代もバカにならないので、電力をどれぐらい消費するのかも考慮しなければいけません。

中国や原子力発電を行い安く電力を生産できる国には、電気代のコストではかないません。

マイニングの報酬が半減期で下がっていき、日本で比較的滝電気代を払わなければいけないとなれば採算が合わなくなる可能性があります。

マイニングは、継続的に利益を生み出すことができれば非常に効率的な投資ですが、もちろん費用も発生するので、トータルでリターンを生むことができるかは誰にもわかりません。
あくまでも投資なのでマイニングの結果は全て自己責任になることを肝に命じておかなければなりません。

マイニングのまとめ

ビットコインや仮想通貨にとてシステムを維持するためにマイニングは必要不可欠な仕組みです。
報酬を得ることができるという点で、参加するマイナーにとっても非常に旨みのある話ですが、ビットコインの報酬の仕組み上、永続的に誰でも儲けることができるといった類の話ではありません。
報酬を得るためには、それなりの設備投資と電気代などのランニングコストをかける必要があります。

特に設備投資は、自前で用意しようと思えば、スペックがどんどん上がっていく高価なハードウェアに継続的な投資が必須となります。
クラウドマイニングという便利なサービスもありますが、十分な利益を埋めるかは確かではありません。

ビットコインなどのメジャー仮想通貨は難しいにしても、アルトコインなどのある程度マイナーなものを選んでいけば、マイニングで利益を上げることも十分に考えられます。

マイニングもビットコインや仮想通貨に直接投資を行うことと本質的には同じで、先見性を持って、自分の責任として許容できるだけのリスクにとどめて管理することが重要です。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

仮想通貨とは

仮想通貨の種類

仮想通貨取引所

仮想通貨のニュース

仮想通貨の取引方法

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション