お金の参考書

仮想通貨市場相場概況3月前半見通し

ひろぴーです。
お金の参考書にて、仮想通貨相場概況を書かせて頂くことになりました。
短期展望ということで、月初めと月中旬の毎月2回、相場概況コラムを書かせて頂く予定です。どうぞ、今後共よろしくお願い申し上げます。

3月に入り、ビットコイン(以下BTC表記)市場は小動きの展開が続いております。
今年1月に起きた韓国からの仮想通貨規制、フランス・ドイツの財務大臣からの仮想通貨に対して世界的な規制発言、coincheckショック、米国テザー問題【※1】など、立て続けに悪材料が連発しまして、仮想通貨市場は時価総額を7割ほど吹き飛ばしました。
その後、回復の一途は辿るものの、上値が重い展開です。

  • 【※1】米ドルと為替レートを固定(ペッグ通貨)している仮想通貨「Thther(テザー)」の大量発行で、発行元であるテザー社がBTC相場をコントロールした疑惑、また発行額に相当する米ドルを保有していない可能性を指摘された問題。

これらの問題は徐々に解決方向に向かっているのですが、フランス・ドイツの財務大臣からの声明は今月3月19日〜20日のG20で結果が待たれることになります。
もう2週間ほど、上値が重い展開が続くでしょう。

今週のチャート分析をしていきます。

BTC円日足分析


出所:DMM Bitcoin
【テクニカル】ボリンジャーバンド±1〜3σ 中心線SMA20
【オシレーター】RCI9,26,52

BTC円の日足チャートになります。
ボリンジャーバンド【※2】は縮小し、右肩上がりのスクイーズの状態です。
現在120万円近辺でおとなしく推移をしております。
直近安値が100万円前後、高値が130万円前後に位置をしておりまして、このレンジ内でもうしばらく小動きが続きそうです。

12月につけたおよそ230万円から下落トレンドは終えたと考えており、130万円をクリアに超えてきますと反転になるかもしれません。

ローソク足形状ではリバース・ヘッド&ショルダー【※3】の形状になっておりまして、このポイントは注目です。
ただし、RCI52は上向きに推移をしているものの、9と26は+80%ラインを超えており、過熱感を示唆しております。
レジスタンスライン【※4】を勢いよく抜けていくにはちょっとオシレーターのエネルギー不足にも感じられますので、もうしばらくレンジ相場が続くように思えます。

  • 【※2】ボリンジャーバンドとは、移動平均線と価格変動幅を表した指標。バンド幅が狭くなっている(スクイーズ)とは、値動きが小さくなっていること。
  • 【※3】リバース・ヘッド&ショルダーとは、山と逆の波形のこと。
  • 【※4】レジスタンスライン(上値抵抗線)とは、過去の高値と高値を結んだ線(天井値)であり、ライン突破はエネルギーが高い証拠として値が上昇する傾向にある。

ETH円日足チャート分析


出所:DMM Bitcoin
テクニカル:同上

ETH分析に移ります。イーサリアムは1月に天井をつけてその後1/3程度の価格にまでなりましたが、その後、値を少し戻して1ヶ月ほど小動きの展開が続いております。
それでも史上最高値の水準からまだ半分程度なので回復が待たれます。直近はBTCよりも値動きはありません。
ただボリンジャーバンドを見ていると、スクイーズ期間がやたらと長いため、上昇を始めると非常に大きなトレンドを描いていくように感じております。
この形状は期待が持てるでしょう。

スクイーズ具合がまるで2013年後半〜2014年前半のドル円チャートにそっくりな形状をしております。
当時のドル円は黒田バズーカ2の発射を待たれた状態で半年ほど狭いレンジ相場がつづきました。そしてその後120円を超えるまで暴騰をしました。

仮想通貨ではありますが、イーサリアムもかなり小動きの状態が続いておりまして次の大きな上昇トレンドに向けてエネルギーを蓄えている最中のようにみえます。
BTC同様に様子見展開となりますが、ETHは個人的にですが現物の買いポジションを少し大きく持っております。
おそらくG20会合前後からエクスパンションが始まると予想されます。

仮想通貨市場にとってはポジティブな声明待ちになりますが、世界的に良い規制・良い枠組みを期待して静観したいと思います。

このコラムの執筆者

ひろぴー
ひろぴー

FXトレーダー兼 仮想通貨投資家。 海外のファンド運用担当も務める傍ら、自社で金融コンサル業も営む。 コラムニストとしても活動しており、大手ポータルサイトで週3~4本のコラムも執筆、さらにラジオ日経のパーソナリティも務めている。 仮想通貨投資は2014年からはじめている。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

仮想通貨とは

仮想通貨の種類

仮想通貨取引所

仮想通貨のニュース

仮想通貨の取引方法

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション