お金の参考書

仮想通貨民の生態チェック!もしかして隣の人も億り人?

そういえば、昨年年末までは社内外でも仮想通貨の話題で持ち切りでした。
そこで、今はどうなっているのか仮想通貨民のリアルの声を聴くべく、アンケート調査をしてみました。

2017年5月から長らく続いた仮想通貨バブルが2018年1月中旬に崩壊

その時仮想通貨ツイッター民は、阿鼻叫喚でした。更にコインチェックのNEM流失で更なる追い打ちをかけられ億り人【※1】と呼ばれていた方も、一転確定申告用のフィアット(法定通貨、円など)を、別にせずコインチェックに捕われていて出金できず焦っている方も見受けられます。
2016年以前から始めている方はかなり安値で仕込んでいるので大丈夫でそうですが、直近参入の方はかなり厳しい現状のようです。

  • 【※1】億り人=株式投資やFX投資、仮想通貨投資などの相場で1億円以上を稼いだ人のこと。(億トレーダー)

世間の仮想通貨に対するイメージは?Twitterでアンケート調査

世間のイメージ仮想通貨はバブル終了??そこでツイッターを使ったアンケートをいくつか取ってみました。
アンケート回答は24時間で自身のフォロワーさん中心になるので、少し偏りはあるかと思いますが結果を順に見てみましょう!

問1:あなたの年齢は? <762票>


10代・20代・30代・40代以上の4択です。
結果最多は1位30代が39%で、2位の20代が35%と肉薄、3位40代以上20%、4位10代6%でした。
やはり20代の割合が多い事からも仮想通貨はこれから伸びる分野といえるのではないでしょうか?株などと違い小資金で一攫千金が狙えるのが仮想通貨ということで若い方の割合いが多い結果となっております。

問2:あなたの性別は? <1101票>


1位は断トツで男性74%、2位は女性12%、3位はLGBT6%、4位は答えを見るだけ(答えたくない人用)8%という結果に!
やはり仮想通貨を購入し、情報交換しているのは男性が多く、ツイッター内の女性率はかなり低いとみていいのかもしれません。

それでは、皆さんこの下降気味な相場をどう乗り切っているのでしょうか?

問3:2018年のあなたの戦績は? <733票>


1位は変わらずという方が32%と最多でした。
そして2位はコインチェックGOX中(※GOXとはビットコイン盗難事件で有名なマウントゴックス社のGOX由来の仮想通貨を失くした、盗難したという意味)の方で27%。
やはりコインチェックに仮想通貨をとらえられる人が多いのが、価格上昇の妨げ及び業界全体の停滞感に繋がっていることは間違いないようですね。
続いて、3位は損してる23%、4位は利益出している18%という結果でした。
全体的にはアクティブに投資している人が減って今持っている通貨をガチホ(ガチで保有している)人が多い印象を受けました。ちなみに私は2018年に入ってXRPの買い増しを少々したくらいで、ほぼガチHODL(※HODLは仮想通貨用語でHOLDの意味)です。

問4:国内の取引所主に使っている所は? <743票>


国内の取引所ではコインチェックが使えなくなったので、どこの取引所を使っているのかな?と思いましたが結果は?!

結果は1位コインチェックで41%でした。2位がビットバンクの32%という事でコインチェック現金組や以前から手数料の安さで選ばれたのかもしれません。
3位はZaifで14%、4位はビットフライヤー13%という結果です。
私がリップラー(リップル社発行のコインXRP好き)ということでフォロワーの偏りがこの結果なのかもしれません。

bitFlyer(ビットフライヤー)
取扱通貨 Bitcoin、ETH、ETC、LTC、BCH、MONA
手数料(BTC) 販売所:無料、取引所:0.01〜0.15%
スマホ対応 スマホアプリ対応、ビットコインFX対応

問5:いつ仮想通貨に参入した? <925票>


1位出川組(出川哲郎さんのコインチェックCM見てきた12月~1月参入組)で38%、2位GW組(5月のGWにリップル大暴騰時のイナゴ参入組【※2】)で36%、3位古参組(2017年3月までに参入した初期から参入した組)で22%、4位剛力組(Zaif剛力彩芽さんのCM1月中旬以降の参入組)で4%、という事でやはり出川さんのCMのインパクト大きかったのか、ちょうど年末暴騰時に参入したのかわかりませんが出川組が1位となりました。
ちなみに私はいつから仮想通貨はじめたかと言うと2017年4月組でXRPを最初3円、4円で購入していました半端な参入組です。

  • 【※2】イナゴとは上がってる通貨とりあえず掴む人、インフルエンサーの発言鵜呑みにして推奨仮想通貨にすぐ高値で飛びつく人。

問6:仮想通貨相場に対する今の気持ちは? <217票>


1位はHODL(仮想通貨界隈用語でHOLD同語)で65%、2位はストロングバイでガンガン強気に買って行こうっていう方も多く存在しているようで22%、3位はフィアット【※3】待機で7%、4位はショート(売りから入る人、ショートの場合は下がったら儲る)で6%でした。
こちらもリップラーの方は売らないでコツコツ買い増している方が多いと思われます。

  • 【※3】フィアット=法定通貨(円・ドルなど)のこと。フィアット待機とは、円に一度変換して暴落待ちしていること。

問7:期待の通貨は?時価総額4位までの上位銘柄のみ <1154票>


今後期待できそうな通貨について聞いてみました!
1位は断トツの73%でXRP(フォロワーがほとんどリップラーなので偏っています)、2位は12%でBCH(ビットコインキャッシュ)ビットコインから派生した通貨の中で一番信頼されいる通貨ですね。最初はみんな詐欺扱いしてましたね。
3位は11%で、ETH(イーサリアム)時価総額2位の人気通貨ですね。あまりアンチをみかけません。
4位は4%でBTC(ビットコイン)やはり王者と呼ばれるこれが上がらないと全体も上がりません。誰もが一度は持つ通貨ですね。おそらくビットコイナーとリップラーは不毛な争い?をしているのでこの順位になった模様。

問8:今度は期待の国産通貨は? <676票>


1位はやはりMONAコインで44%、これはみなさんにお馴染になっている、あの有名なアスキーアートのモナー由来のコインとなります。
2位はALIS、3位はBitzeny、4位はNekoniumとなります。

番外編

ついでに3時間の短時間でアンケートを追加実施し、職業と情報源や会社のポジションについても聞いてみました。こちらはサンプル数が113~170票と少ないためあまり参考にはならないかもしれませんが結果発表。

まずは、1番多い職業の方は会社員(非IT系)56%と圧倒的。2番目に多い方は主婦・専業・公務員など、3位がIT系・仮想通貨関連、4位農業・漁業・林業など。
次に情報源にどのツールを使っているかと聞いた答えは、圧倒的にツイッター87%(まあツイッターのアンケートですからそうなりますね。)
最後に会社での役職ポジションは?というアンケートでは、1位平社員~係長クラス69%、次に社長クラスが20%と、部長・課長クラスより多い結果に!!私は69%の一員なのでうらやましい限りです。

ツイッター内の仮想通貨民のアンケートでのイメージ

20~30代のサラリーマンの男性平社員でいつも夜遅く働いている。ツイッターを通じ情報を知り、12月に一攫千金を目論み仮想通貨に手を出すも、コインチェックに預けていたためにGOX。一応買い増し意欲はあるため、ようやくビットバンクに口座を開くも入金するお金があまりなく、追加投資を躊躇している。そんなリップラーが多数というところでしょうか?!こちらはあくまでイメージですが、私も参入時期は違うとはいえ似てるところが多いかもしれません。

このコラムの執筆者

XRPハットリ君/@XRPhattori
XRPハットリ君/@XRPhattori

Twitter界隈によく現れる仮想通貨忍者。好きな言葉は「冷静に」、好きな鳥は「つば九郎」。投資歴2005年頃~株式投資参入、リーマンショックやITバブルを何とか乗り切り・・・。FX投資にも手を出し火傷しながら、2017年4月に友人の勧めで仮想通貨参入。ビットコイン以外の仮想通貨は聞いた事なかったが、Ripple「XRP」中心に投資中。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

仮想通貨とは

仮想通貨の種類

仮想通貨取引所

仮想通貨のニュース

仮想通貨の取引方法

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション