お金の参考書

初心者でもわかるビットコインの始め方を徹底的に詳しく解説

2018.03.27

最近ニュースや新聞などで話題のビットコイン。
儲かった人の話を聞いて「自分もビットコイン投資をはじめてみたい」、
と思っている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、ビットコインをはじめてみたいという方のために、
・初心者におすすめのリスクを抑えた正しいビットコインのはじめ方
・始めるための準備
・口座開設の申込のやり方
について詳しくまとめました。

最後まで読めば、ビットコインをすぐ始められるようになりますよ。

初心者でも簡単なビットコインの始め方は3ステップ

ビットコインというと「専門的な知識が必要なハードルが高いもの」、と感じてしまう方も多いかもしれません。

実はそんなことはなく、以下の3つのステップを踏んでいけば、
すぐにビットコインが始められます。

1. アカウント作成
2. 日本円入金(クレジットカード決済の場合は不要)
3. ビットコイン購入

一つ一つのステップについて詳しく解説していきます。

取引所を選んでアカウント作成

ビットコインを始めるためには、まず取引所を選ばなくてはなりません。
取引所は買い手と売り手が集まって取引を行うプラットフォームのことで、
取引所でアカウントを作成したら、取引ができるようになります。

取引所でアカウントを作成する

取引所を選んだら、次にアカウントを作成することになります。

メールアドレスのみで登録できる取引所もありますが、
その場合は取引の機能が制限されていることがほとんどです。

本格的な取引を行うためには、「本人確認書類」が必要になることが多いので、
取引所のアカウント作成手順を確認の上、用意しておくようにしましょう。

ビットコインをこれから始める初心者にオススメな取引所ランキング

ビットコインを取引するためには、
「取引所にアカウントを作成しなくてはならない」と説明しましたが、
「そもそもどの取引所にすればいいのかわからない」
という方も多いと思います。

そこで以下では、初心者におすすめの取引所をランキングにして紹介していきます。

GMOコイン


初心者でもわかりやすいように取引画面の使いやすさを重視してるので、GMOコインで簡単にビットコインのお取引が可能です。

おススメ度

・口座申し込みの審査が当日~1営業日以内!最短で翌日から取引可能。
・GMOインターネット会社なので、サーバーの安定性も高くてサクサク!
・即時入金の手数料をGMOコインが負担してくれます!

取引するなら手数料無料は大きい!GMOコイン「仮想通貨FX」を使えば、新規注文・決算注文・ロスカットの取引手数料が全て無料!
東証一部上場の超大手GMOグループが運営するので信頼度は抜群です。

GMOコインは取引所ではなく、販売所のみを扱う会社です!
取引所の場合その時その時のビットコインの価格が表示される板を見て取引するため、
場合によっては不利な価格で売買が成立してしまうこともあります。

販売所は提示した価格でビットコインの売買を行うことができるため、
投資初心者でも安心して取引できる仕組みになっています。

販売所は基本的に売買手数料が高いというデメリットがあるにもかかわらず、
GMOコインが人気かというと、業界初の25倍のハイレバレッジを導入しております。

レバレッジとは、元金の数倍から数十倍の金額で取引できる方法で、
例えば10万円で投資した場合最大250万円分の売買取引が可能なのです。
少ない金額でも、大きな取引が出来るのでおすすめです。

GMOコイン比較ポイント

知名度 取扱通貨数 安全性 レバレッジ
高い 5種類 高い 最大25倍
スマホアプリ 口座開設 入金方法 出金手数料
iPnone/android 無料 銀行/ペイジー 無料

Zaif(ザイフ)


Zaifといえば、取引手数料が安いから初心者でも始めやすい!

おススメ度

・初心者の方や、直ぐに売買したい人向けのサービス簡単売買があるから簡単にビットコイン、モナコインを売買出来ます。
・やっぱりセキュリティの充実にも注目したいもの!二段階認証でセキュリティをより高めてくれます。
・取引手数料がマイナス0.01%でもれなく取引額の0.01%分のビットコインがもらえる。

日本円と仮想通貨のトレードを日本で初めて行った取引所なので、
取引所の中では老舗ということもあり安心感が強い。

他の取引所と比べると手数料が安いのが特徴で、
ビットコイン、モナーコイン、ネムなどの場合「マイナス手数料」が導入されています。
マイナス手数料は取引すると、その分手数料がもらえるというものです。

現在(2018年3月)もマイナス手数料キャンペーンは導入されています。

その他にもレバレッジをかけた取引ができたり、
追証が不要といったメリットがあります。

Zaif比較ポイント

知名度 取扱通貨数 安全性 レバレッジ
高い 13種類 高い 最大25倍
スマホアプリ 口座開設 入金方法 出金手数料
iPnone/android 無料 銀行/コンビニ/ペイジー 350円~756円

bitFlyer(ビットフライヤー)


万が一損害を被った場合でも 仮想通貨損失被害補償でユーザーを守ってくれる!

おススメ度

・ビットコイン取引量日本一を誇っている取引所!
・大手だから安心取引所というだけじゃなく、ユーザーの資産をしっかり守ってくれるシステム完備!
・ビットコイン売買の最小単位が0.00000001ビットコインからだから少ない資金でスタートできる。

ビットフライヤーは、三井住友海上キャピタル、
リクルート、三菱UFJキャピタルなどの大企業が株主になっており、
国内の取引所の中ではかなりの資金力がある取引所です。

またビットコイン保管中のリスクを保証する仮想通貨損失被害補償とは、
二段階認証に登録しているユーザーが仮に不正出金の被害に合った場合に、
出金額に応じた金額を補償するというもので国内大手損害保険会社が返金に応じてくれるという制度です。

bitFlyer比較ポイント

知名度 取扱通貨数 安全性 レバレッジ
高い 7種類 高い 最大15倍
スマホアプリ 口座開設 入金方法 出金手数料
iPnone/android 無料 銀行/クイック入金 216円~756円

DMM Bitcoin


DMM Bitcoinは取引できる仮想通貨の種類が豊富!

おススメ度

・取引できる仮想通貨の種類はなんと7種類!
・通貨ペアの種類は全14種類。
・パソコンでもスマホでも取引ツールが使いやすくて豊富!

オトクに取引したいと思ったら、DMM Bitcoinは入出金手数料が無料!
入出金にクイック入金の手数料が無料なので、仮想通貨の出し入れが多い人ほどお得になります!

DMM Bitcoinは将来期待されている仮想通貨を取り扱っているので、
今後ますます人気の取引所になりそうです。

大手企業の運営という安心感はもちろん、レバレッジ取引ができたり、
口座開設のキャッシュバックなど、大手企業ならではのユーザーにありがたいキャンペーンが行われているのもポイントです。

DMM Bitcoin比較ポイント

知名度 取扱通貨数 安全性 レバレッジ
高い 7種類 高い 最大5倍
スマホアプリ 口座開設 入金方法 出金手数料
iPnone/android 無料 銀行/クイック入金 無料

BitTrade(ビットトレード)


ビットトレードは2016年からサービスを提供している取引所です。

おススメ度

・初心者でも挑戦しやすい少額から取引出来る!
・リップルやライトコインの売買手数料が安いのでこの2つの通貨の取引を考えているならBitTrade!


BitTradeはあまりメジャーではないかもしれませんが、
金融庁が発表している「仮想通貨交換業者」に登録が完了しており、
利用者が信頼し、安心して利用することができます。

BitTradeの関連会社であるFXTF(FXトレードフィナンシャル)は、
実績は10年以上FX会社として運営をしています!

さらにセキュリティ面もビットトレードは、
資産全額をオフラインのウォレットコールドで資産管理しているので、
不正流失などの心配などがなく安心が持てます。

BitTradeのTradingViewで100種類以上のテクニカル分析が使えるから、
初心者からマニアックな分析も出来る!

BitTrade比較ポイント

知名度 取扱通貨数 安全性 レバレッジ
6種類 高い
スマホアプリ 口座開設 入金方法 出金手数料
無料 銀行 無料

取引所とは?

でもそもそも「取引所」とはどういったものなのでしょうか。

ビットコインをはじめとした仮想通貨の取引では、
ビットコインを買いたい「買い手」と売りたい「売り手」が取引することから始まります。

買い手と売り手が出会わなければ取引はできませんし、
どの程度の価格で取引するかも決めることができません。

取引所では買い手と売り手のマッチングを行い、
取引の場を提供する役割を担っています。

取引所では取引の際にさまざまな手数料をかけており、
その手数料が取引所の利益になります。

手数料の種類はさまざまですが、
・売買手数料
・入金手数料
・出金手数料
・送金手数料
といった手数料がかかります。

取引所を選ぶ際には、そうした手数料を含めて、
一番有利な取引ができる取引所を見極めていくことが重要になります。

信用度も人気もNO1のGMOコインでアカウント開設してみよう

1位から5位までおすすめの取引所をご紹介してきましたが、
それぞれに特長があり、自分に合った取引所を選ぶことが重要です。

でも「いろいろ比較してみたけれど、迷ってしまう…」という場合には、
GMOコインがおすすめです。

大手企業が運営している安心感はもちろん、

販売所価格で購入できるので初心者には特におすすめです。

取引所に入金する!まずは少額がオススメ

取引所にアカウントを開設したら、
次にビットコインを買うための資金として、
入金することになります。

ここで大切なのは、必ず「少額の入金」にしておくこと。

ビットコインをはじめとした仮想通貨の大きな値上がりを見て、
「たくさん買えば、たくさん儲かる」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかしその大きな値上がりの分だけ、値下がりする可能性もあります。
実際にビットコインは何度も大きな下落を見せており、
その度に多額の損失を出した投資家はたくさんいます。

そんなことにならないためにも、まずは少額から入金してみるようにしましょう。
ビットコインの相場は日々変化しているため、一概には言えませんが、
2~3万円程度がおすすめです。

ビットコインを購入する!

入金したら、ついにビットコインの購入になります。

取引所にもよりますが、購入には主に以下の二つの方法があります。
・成行注文
・指値注文

成行注文は特に購入したい価格を指定せず、
その時のレートで購入する方法です。

その一方で指値注文は、指定した価格で購入する方法です。
レートを分析したうえで購入できる安心感がありますが、
そのレートに達しないと注文が発動しないというデメリットもあります。

「成行」か「指値」を選んだら、購入したい数量を入力します。
「買い」か「売り」ボタンを押したら、ビットコインの購入が完了します。

ビットコインを購入したら「ウォレット」を作ろう

ビットコインを購入したら、「ウォレット」というものを作らなくてはなりません。
ウォレットには様々な種類があり、
セキュリティに注意して作成しなくてはなりません。

ウォレットとは?

銀行にお金を預ける場合銀行口座を作り、
証券会社にお金を預ける場合証券口座を作るように、
ビットコインにも口座があります。
その通称が「ウォレット」です。

ビットコインのシステムはプログラムで作られており、
そのプログラムはすべて公開されています。
そのプログラムをインストールすれば、
自分で自由にウォレットを持つことができます。

ウォレットには様々な種類がある

ウォレットは自分のパソコンやスマホ、インターネット上などに作ることができ、
以下の3つのパターンがあり、それぞれメリットとデメリットがあります

1. 自分のパソコンにウォレットを作る

メリット
・インターネット上でウォレットを作るよりも安全性が高い
デメリット
・パソコンが故障するとウォレットが使えなくなる可能性がある
・持ち運びが難しい

おすすめパソコンウォレット
・Bitcoin Core(ビットコインコア)
・Electrum(エレクトラム)

2.スマホにウォレットを作る

メリット
・いつでもどこでもビットコインの取引ができる
・インターネット上にウォレットを作るよりは、安全性が高い
デメリット
・スマホが故障するとビットコインが使用できなくなる可能性がある

おすすめスマホウォレット
・GreenAddredss(グリーンアドレス)
・breadwallet(ブレッドウォレット)
・Copay(クーペイ)

3.インターネット上にウォレットを作る(業者が運営管理してくれるサービスで作成)

メリット
・どのデバイスからも接続可能である
・用いるウォレットのサービスによっては、トレードもできる

デメリット

・ウォレットの権限を業者に渡すことになるので、信頼できる業者を選べるかがカギになる
・業者のサイトがダウンするとウォレットが使えなくなる

おすすめWebウォレット
・Blockchain.info(ブロックチェーンインフォ)
・coinbase(コインベース)

4. 小さな端末に電子的に秘密鍵を保存する「ハードウェアウォレット」を利用する

メリット
・どのウォレットよりもセキュリティが強固
・ハッキングされることはない
デメリット
・値段が高い
・対応していない通貨が多い

おすすめハードウェアウォレット
・TREZOR(トレザー)
・Ledger Nano S(レジェーナノS)

初心者の方の場合、1や2は技術的にハードルが高くなってしまいます。
そのため取引所のサービスを利用して、
インターネット上にウォレットを作成するパターンが、
ほとんどだと思います。

この場合もし取引所にハッキングが仕掛けられた場合、
預けていたビットコインが取引所から盗まれてしまうこともあります。
また取引所の運営状況によっては、
急に出金ができなくなった、ということもありえます。

そうした事態に備えて、運営状況が信頼でき、
セキュリティ対策がしっかり行われている取引所を利用するようにしましょう。

スマホアプリでビットコイン始められる?

ビットコインの取引は日々進化しており、
株やFXのようにアプリで取引できるようになってきました。

スマホアプリで一番使いやすいのはGMOコインの「ビットレ君」

上記で紹介したビットフライヤー・Zaif・GMOコイン・DMMビットコインといった、
主要な取引所はほとんどがスマホに対応しています。

スマホであれば出先でチェックするのも簡単ですし、
ぜひ活用したいですね。

その中でも特に使いやすく、おすすめなのがGMOコインの「ビットレ君」です。
移動平均線やボリンジャーバンドなどの主要なテクニカル指標を表示できますし、
1タップで即時注文できる「スピード注文」など、
シンプルでそれでいて使いやすい仕様になっています。

ビットコインを始めたらどこで使うことができるのか?

ビットコインはお金として使うことができ、
ウォレットから送金や支払いが可能です。

ビックカメラのような実店舗はもちろん、
Amazonのようなインターネットショッピングで利用することもできます。

他にもVisaのプリペイドカードにチャージすれば、
世界中のVisaプリペイドカードで使用することも可能です。

以下のサイトではビットコインが使えるお店が調べられるのでとても便利です。
ぜひチェックしてみてください。
http://coinmap.org/welcome/

ビットコイン投資を始めたら失敗しない為の3つの解決策

投資は利益を得ることもありますが、
損失を被ってしまうこともあります。

できるだけそういったことを避けるためにも、
以下の3つのポイントに注意するようにしましょう。

安全な取引所選び

取引所には入金したり、ウォレットを利用したりと、
自分のお金や取引で出た利益を置くことになります。

もし取引所がハッキングを受けたりしたら、
そのお金がゼロになってしまう可能性も十分にあります。

取引所を選ぶときには、
「信頼のおける運営か」
「セキュリティ対策は万全か」
の2点に注目し、安全な取引所を選ぶようにしましょう。

ドルコスト平均法でリスクを抑える

投資の世界では価格変動のリスクに備えた方法として、
「ドルコスト平均法」という方法があります。

ドルコスト平均法は、
「同じ金額で定期的に買っていくことで、平均買い付け単価を下げる」
という手法です。

例えば毎月1万円定期的に買っていくとすると、
価格が下がっているときには多く買い、
価格が上がっているときには少なく買うことになります。
すると買った価格の平均が下がるのです。

買った価格の平均が下がれば、
下落したときの損失も少なくなりますし、
上昇したときには利益が大きくなります。

仮想通貨は数日で大きな値動きを見せることがあるので、
ドルコスト平均法は、そんな相場でもリスク管理ができる方法としてとてもおすすめです。

レバレッジ取引はしない

レバレッジとは「てこの原理」のことで、
入金したお金を証拠金とすることで、
入金額以上の取引ができる仕組みのことを言います。

取引所によっては10倍、25倍といったレバレッジが使えるので、
大きな利益を得られる可能性もあります。

しかし大きな利益が得られるということは、
大きな損失を受ける可能性があるということでもあります。

特に初心者の場合は、取引に慣れていないということもありますから、
レバレッジ取引はなるべくしないようにしましょう。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

仮想通貨とは

仮想通貨の種類

仮想通貨取引所

仮想通貨のニュース

仮想通貨の取引方法

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション