お金の参考書

ビットコイン価格の高騰 その背景には何があるのか

現在大注目となっている仮想通貨、2018年には三菱東京UFJやSBIホールディングス、海外ではゴールドマンサックスやJPモルガンなど既存の大手金融機関が参入を表明し、より市場は拡大していくことが予想されています。

そんな仮想通貨の期限であり、依然として最も高い時価総額を誇るのがビットコインです。

この記事では改めて、時系列的な経緯をもとに、どのようにビットコインの価格が変遷していったのか、改めて見ていきたいと思います。

ビットコインが注目されるまで

まずは現在まで続くビットコインの急激な価格上昇と強い人気の理由を見ていきましょう。

ビットコインの誕生 なぜここまでの任期を獲得したのか

ビットコインの技術が世に現れたのは2008年10月のことです。ナカモトサトシという謎の人物が「ビットコイン」という名前の新たな決済サービスの技術を記した論文を発表しました。

ちなみにこのナカモトサトシは今もって何者かはわかっていません。京都大学の博士である、また、自身がサトシであると名乗り出る人物もいましたが、どれも根拠に欠けるものでした。

これまで明らかになっていることからいうと、日本人で派内といわれています。また、創設者としてビットコインを大量に保有していて、相当な資産を持っているようです。

ナカモトサトシが提唱した、ビットコインを支えるブロックチェーンという機関技術は、金融市場の在り方を全く変えてしまうような革新性の高さを持っていました。

一部の研究者、市政のプログラマー達はブロックチェーン技術が描き出す未来に驚愕を覚え、たちまち話題になりました。

この動きに目を付けた人間の中には、ナカモトサトシが作り出した新たな世界にロマンを感じる人間もいたのです。

なぜならビットコインの技術は、非中央集権型で、既存の政府や社会に影響を受けない、いわばネットの通貨とでもいえる、全く新たな経済圏を作る可能性を持っていたからです。

その一方で、この仮想通貨がもたらす投資利益に早くから目を付けた人間も多数いました。それが、のちにMtGox事件で話題になるマルク・カルプレス氏や、facebook創業者マークザッカーバーグ氏と権利をめぐって熾烈な法的闘争を繰り広げた、投資家ウィンクルボス兄弟達です。

マルク・カルプレス氏はMtGox事件のあと表舞台から姿を消しています。その一方で、ウィンクルボス兄弟はフォーブス誌が取り上げた、仮想通貨億万長者番付にも取り上げられ、その資産額は1000億ドル以上といわれており、米国仮想通貨業界では強い影響力を持っています。

現在の人気の背景にはこうした、当初様々な人間たちが抱いた野望が渦巻いているのです。

時系列でみるビットコイン価格遷移

ビットコインの技術が実現したのはナカモトサトシ論文の発表から2か月後の2009年1月のことです。

続く2009年10月5日に、初めてビットコインの交換レートが発表されました。その価格1BTC=0.07ドル、現在(記事執筆時2018年3月17日)大体1BTC=8000ドル程度なので、この訳9年間の間になんと市場価格が11万倍も上がったことになります。

ビットコイン大躍進の背景には様々な要因が絡んでいます。細かく見ていきましょう。

ビットコインに初めて大幅な価格変動が起こったのは2011年のことです。3月にnature誌、4月にTIME誌と立て続けに大手メディアがビットコインの特集を組み、広く一般に知れわたるようになりました。

TIME誌などの発表以前は一部の専門家に知られる程度でしたが、発表によって広く一般人知られるようになり、初のバブルが訪れます。70~80円単位だった価格が、一時は31ドル(当時のレートで2400円ほど)実に約30倍にも価格が上がりました。

ですが世に広まるとともに、悪いことも起こるもので、続く2011年6月には大規模なものとしては初めて、当時世界最大の取引所であったMtGox社がハッキング攻撃を受けています。攻撃の影響を受けてbitcoinの相場は一時数百円台まで、落ち込みを見せました。

ですが、2012年のwordpressによる決済方法としてのbitcoinの採用、キプロス危機による一般市場のへの危機感の高まり、などを受け取引者数は増加の一途をたどり、bitcoinは以前の市場価格を続々に更新していきます。

2013年12月にビットコインに対する期待感はピークに達し一時11万円まで値上がりを見せます。しかしビットコインを大きな危機が襲います・

2013年12月5日に、ビットコインの最大取引国であった中国が仮想通貨取引規制に向けて、一般金融機関でのbitcoin取引禁止、という大規模な動きを見せ、一時、仮想通貨取引所も閉鎖におちいるなど、市場は混乱、bitcoinの価格は急激に落ち込みました。

中国の規制にとどまらず更なる危機がビットコインを襲います。そうです。まだ記憶にも新しいMtGox社がハッカー攻撃によりビットコインを失い閉鎖に追い込まれるという、あの事件が起こったのです。

当時世界最大取引所であったMtCox社の破綻により急激な下落、11万円まであがっていた相場は2014年2月24日にMtGox社が閉鎖を正式に発表した際には18,280円まで落ち込んでしまいます。

一時ビットコインは終わりだともいわれましたが、一時的な下落を経てその後は急激な上昇を見せます。背景には事件が起こった時期も関係しています。

両事件が起こった2013年末から2014年にかけては実は日本ではNHKなど大手メディアがこぞって仮想通貨を取り上げた時期でもあったのです。

そして、図らずもこの両事件で広くビットコインが知られたことから、一般ユーザーの投資がさらに増え、日本国内に限らず世界各地で取引所の設立が相次いだことに背景があります。

その後、投機目的での一般ユーザーの増加には拍車がかかり、ついに2017年過去最高のバブルが起こります。

1月から相次いでbitcoinは過去最高額を記録し、一時200万円台までつける結果になったのです。

現時点bitcoinの相場は80万円台程度まで落ち込んでいます。ですが、以前ほどの急激な価格の変動は起こっておらず、安定している状態です。

そんなビットコインですが、今後は価格相場、社会への浸透などどのような動きを見せていくのでしょうか。

ビットコインの今後

ビットコインは発行枚数が決まっている仮想通貨で、限度は2100万枚です。

現在すでに8割ほどが市場に流れていて、時間がたてばたつほど、1BTCは希少度が高まり、その価値は上がっていくことが予想されています。

また、現在取引市場に参入しているのは、投資家、取引所運営者などの供給者側も含めて金融に関しては素人といえる人がほとんどです。そのため、仮想通貨市場に流れているお金は一般的な金融市場と比較すると大きくはありません。

ですが、2018年以降は投資家、供給者ともに多額の資本を持つ金融のプロフェッショナルが市場に参入してくることが予想されています。

特に日本では三菱東京UFJやSBIホールディングスが、そしてアメリカでは時価総額がそもそも仮想通貨取引市場の総額である70兆円と同程度の「ゴールドマンサックス」や「JPモルガン」が参入してくることを正式に発表しています。

既存の金融市場からの莫大な資本が仮想通貨市場に流れ込めば、ビットコインの取引価格が高騰することも十分に考えられるのです。

ただ、その一方でビットコインの価格はバブルともいえる異常な状態を示し続けてきたのも事実です。
先ほど紹介した大手の証券会社であれば、合法的に市場を操作することも可能です。現在のような乱高下している相場を良しとせず、相場の安定化を図り市場に介入してくる可能性もあります。

その過程で、ビットコインの価格が下がることも考えられるのです。また、現時点で日本、アメリカなど多くの国ではビットコインをはじめ、仮想通貨の受け入れ態勢が整っていません。

依然として、仮想通貨の犯罪への利用、乱高下する相場から投資家をひいては国民をどのように守るか、といった部分での国際的な枠組みが作られていないのが現状です。

先進国の中にはフランスやドイツのように仮想通貨の大幅な規制へ向けて動き出す国もあり、3月19日からアルゼンチンブエノスアイレスで行われるG20(地域首脳会合)では仮想通貨に関して規制強化を進める共同声明をとる見通しです。

全世界的に見ても規制は強まる方向であり、規制強化を受けてビットコインの価格が急激に下がる可能性もゼロではありません。

ですが、これはビットコインを支える技術への信頼度の低さからくるものではありません。あくまでも先ほどご紹介したような仮想通貨全般にまたがる、未解決の問題を解決するためにとられたものです。

ビットコインを支える基幹技術である、ブロックチェーンとその関連技術は日に日に実社会でも影響力を増しています。

ジンバブエでの公式通貨を目指すDASHやシエラレオネでの大統領選でシステムが運用されたagoraなど、すでに現実社会で運用されている仮想通貨も存在しています。

ビットコインの現在のようなバブル的な相場は収まると予測されています。その一方で、ビットコイン2.0といえるようなビットコインの問題を乗り越えたものや、より実社会での貢献を目指した新たな仮想通貨が今後続々誕生することが予想されています。

新たな通貨がビットコインの座を脅かす可能性もあり、今後投資に取り組むためにはビットコイン以外の相場も視野に入れておく必要があるでしょう。

ビットコインの価格推移の見方

まずは簡単にビットコインの価格推移をどのように見ればいいかご紹介していきます。ここでは、金融庁に登録された16社の仮想通貨事業者の一つである、bitflyerの取引画面を利用してご説明していきます。

Bitflyerに限らず、一般的な仮想通貨取引所でもみ方自体は同じです。違う取引所を利用したいという場合でもこちらの記事を参考にしていただければ問題ありません。

アプリの場合

まずはスマートホンように提供されているアプリケーション画面での説明から見ていきます。

アプリケーションのトップ画面に行くと、多数の銘柄が並んでいる右側に、赤もしくは緑の線が%とともに表示されているかと思います。これが何かというと、ビットコインの価格がどれくらい上がったか、下がったかをリアルタイムに表示しているものです。

緑の場合どれくらい上がったかを示していて、赤の場合はどれくらい下がったかを示しています。これで細かい取引に必要な情報がわかるかというとそうではありません。

細かい情報を見るためには別のチャートを見る必要があるのです。

まず日々の動きを判断するにはビットコインの部分をクリックしてみましょう。

すると青いグラフが出てくるかと思います。これが日々のビットコインの動きを追ったものです。山の特定の個所をクリックすると、その時点での価格を表示してくれます。

グラフの表示期間は1日、1週間、1か月,1年単位で設定することができ、短期取引から、長期取引の流れを把握することができます。

ただ、これはあくまでも、少なくとも1日ごとに追ったものしか見ることができません。より細かいものを見るためにはまた別のチャートを見る必要があるのです。

メニュー画面からLightning webのタブをクリックしましょう。そうすると、ビットフライヤーライトニングというより細かい、データを収めたシステムにアクセスすることができます。

細かい価格推移をみるには、右上にある四つのアイコンの一番左、グラフのような形のものをクリックしましょう。

すると赤と黄色のいびつなろうそくのような形をしたグラフが出てくるかと思います。これが俗に株式投資でローソク足と呼ばれるもので、1分ごとの取引を表しています。

黄色が陽線、赤が陰線と呼ばれ、陽線は購入した時の価格が低く、売り抜けた時の価格が高い、つまり利益が出た取引を、陰線はその逆に価格が下がってしまった、赤字になってしまった取引を表しています。

見方は簡単で、陽線の場合は上向きの軸が終値で、陰線の場合は下向きの軸が終値を表しているのです。本格的に取引を行っていくためにはこのローソク足も含めたチャートの見方を身に着けること、そしてチャートから分析を行っていくことが重要になります。

一朝一夕では身につくものではありませんが、あきらめることなく、こつこつ身に着けていきましょう。

ウェブの場合

ビットフライヤーのウェブ版でもチャートの流れは同じです。

コツとしては、大きなチャートから見始めていてき次第に細かくしていき、直近の取引の動きを把握するという流れでやるとわかりやすいでしょう。

一見すると、短期的な取引だけに向いている作業ですが、長期的に投資する、あるいはそもそも試しに買ってみたいという場合でも、思わぬ損失を避ける、あるいは売り時を見極めるためには必要な作業です。面倒かもしれませんが、取引を行う際には忘れないようにしましょう。

相場が変動する要素

ここまではチャートの見方を簡単にご説明してきました。ここからは細かく先ほども紹介してきたビットコインの書かう遷移の流れを踏まえビットコイン価格変動の要素はなんであるか解説していきます。

ビットコインの価格が上がる要素は大きく分けて二つあります。一つは一般的な通貨に対する不安です。ビットコインは非中央集権的な力を持っていて、ドルや円などと比較して社会制度や金融政策の影響を受けにくいとされています。

ビットコインの持つ特性から、金融市場が安定していない発展途上国では、仮想通貨を公式通貨として採用する動きを見せる国すらあるのです。

また、発展途上国以外にも2014年に起こったキプロス危機のように世界を揺るがすような金融危機が生じると、資本を守るためか大きく仮想通貨へと資本が流れる傾向にあり、そして価格が上がる傾向があります。

事実キプロス危機が起こった際には、4000円台だったものが一時27000円ほどまで上がるという急激な値上がりを見せました。

もう一つの要因は仮想通貨の基幹技術を利用したサービスが実際の社会で運用される場合です。ビットコインでいえばdellやwordpress、ゲーム配信プラットフォームである、steamが決算方式としてbitcoinを採用した際に大きく値上がりしました。

また現在のアルトコイン急増を見ればお分かりのようにビットコインは取引が増えてしまったことにより、手数料の増加や取引速度の低下といった問題を抱えています。

簡単に言うとスケーラビリティ問題といわれているビットコインの問題を解決する技術が発表、あるいは実際に運用されたときにも価格が上がる傾向にあります。

最近ではビットコインのスケーラビリティ問題(取引速度や、手数料工学科の問題)を解決する方法としてここ数年話題になっていたライトニングという技術が試験段階とは言え、ビットコインのネットワークに実装され、価格が上がりました。

次にビットコインの価格が下がる要因についてみていきましょう。

ビットコインの価格が下がる要素

現状技術が成熟しているとは言いづらくまた、社会も受け入れ態勢が整っていません。そのためちょっとした情報によって、価格が乱高下するようになっています。

特に社会的な要因は非常に大きく、ビットコインの価格推移の項で説明したように、中国が全面的に仮想通貨の規制を打ち出した際には当時の相場の10分の1ほどにまで価格が下がりました。

また最近では韓国政府が自国の取引所が相次いでハッカーからの攻撃を受けたことを受けて、仮想通貨の全面的な規制方針をとる発表をしました。

ただ、その分ほかの投資資材と比べて低額から始められ、かつ高額の資産を獲得できるチャンスがあるのも事実で、世間で話題になっているような投資家や仮想通貨や取引所の設立者以外にも何人もの億万長者を生み出しました。

有名なところでは、とあるブロガーが0円から運用を始め、クレジットカードやレバレッジ取引を利用し、一年間で数億円の資産を獲得したという事例まであるのです。

ビットコイン取引を始めるには

今後ビットコインを始めるにあたって、大事な取引所を選ぶ際の注意点とおすすめの取引所をご紹介したいと思います。

取引所を選ぶ際には以下の点に気を付けましょう。一つは取引手数料の価格です。売り、買いという一回ごとの取引に手数料がかかってくるわけですが、当然その手数料が安ければ安いほど有利です。

もう一つがAPI(アプリケーションインターフェース)です。開発したプログラミングの一部をオープンにすることで、誰でも自由に別のソフトウェアと連携できることを可能にしたものです。各取引所でも公開されています。

ある程度のプログラミングの知識は必要ですが、うまく使うことができると、取引の自動化、ポートフォリオの一括管理ができて便利です。APIの使いやすさやサポート体制も仮想通貨を取引していくうえで重要な点です。

また最後に大事なのが、金融庁に登録されている事業者かどうかです。現時点で16社あります。厳しい審査を通り抜けているこれらの事業者は最低限度のセキュリティや信頼度を獲得している事業者です。

まずもって今のところは取引に問題がないでしょう。この16社の中からAPIや取引手数料を加味して選ぶのが今一番安全な方法です。

それ以外のみなし業者の場合は、コインチェックのようにそもそもセキュリティ体制や経営体制がユーザーを守るものとは程遠いものである可能性があります。金融庁がみなし業者の営業に期限を設けたと言え、依然として運営を続けています。

確かにコインチェックなど一部のみなし業者は取り扱いコイン数や手数料、APIの面で便利なものが多いのも事実です。

ですが、自らリスクを回避する必要があります。これから始めて取引を始めるという方にはおすすめできません。どうしても利用したいという場合にはある程度慣れてから、周囲の評判を確認しつつ慎重に利用するのがいいでしょう。

さてここまでは仮想通貨取引所をどのような観点で選べばよいのかご説明してきました。

現時点で初心者の方にお勧めできる仮想通貨取引所は、この記事でご紹介した「ビットフライヤー」です。

bitFlyer(ビットフライヤー)
取扱通貨 Bitcoin、ETH、ETC、LTC、BCH、MONA
手数料(BTC) 販売所:無料、取引所:0.01〜0.15%
スマホ対応 スマホアプリ対応、ビットコインFX対応

現時点で金融庁に登録されている16社のうちの一つであり三菱東京UFJからも出資を受けるなど、信頼度の高い取引所です。

また、APIのサポート体制も充実しており、わからないことがあれば運営に直接聞き、場合によってはアドバイスをもらうことすらできます。

そして取引所だけでなく、ビットコイン販売所であるという側面も持ちます。取引の場合は個人対個人のやり取りという形になるので場合によっては相手と条件が合わず取引そのものが成り立たたない可能性が生じるのです。

ですが、販売所の場合はビットフライヤー対購入者という形でビットコインの売買が行われます。ビットフライヤーが提示した条件に応じて購入するかどうかを決めればいいので、取引自体がなくなるということはないのです。

多少入金手数料は高いものの現状ビットコインであれば販売所を利用した売買の手数料は無料と、業界の中でも比較的安くなっています。

安全性、使いやすさ、そして料金体系と3拍子揃っています。取り扱い通貨も大手アルトコインである、イーサリアム、モナーコイン、ライトコインなど揃っており、ビットコインで投資を始めたあと、ほかの仮想通貨に手を出したくなっても安心です。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

仮想通貨とは

仮想通貨の種類

仮想通貨取引所

仮想通貨のニュース

仮想通貨の取引方法

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション