お金の参考書

ビットコインハードフォーク激化 フォークコインの特徴解説

昨年からビットコインのハードフォークという言葉を頻繁に聞くようになってきました。
「ビットコインがハードフォークにより分裂!」といった記事も数多くありますが、ハードフォークを詳しく知らない人にとっては、何か危ないことが起きるのではないかと不安になった人もいるのではないでしょうか。
しかし、ビットコインがハードフォークすることで、ビットコインの所有者が得をした事例があることをご存知でしょうか。

ビットコインキャッシュを取り扱うビットフライヤー等の国内取引所では、所持しているビットコインと同等の量のビットコインキャッシュを無料で付与しました。

今回はハードフォークについての解説と、フォークコインについて説明していきます。

ビットコインのハードフォークとは一体何か

簡単に言えばビットコインの仕様変更のことです。
ビットコインはブロックチェーンと呼ばれるシステムを導入しています。

ブロックチェーンとは、ビットコイン全体の売買取引記録を10分ごとに一つのブロックに区切ってチェーンで繋げて、ネット上で管理している取引台帳だと考えてください。

原則としてブロックチェーンは一つのブロックに一つのブロックしか繋げることができません。
しかし仕様変更に伴うハードフォークの場合は新たなブロックを作成するために、過去のブロックと直接繋がっているブロック、新たに作成されたブロックの二つに分裂することになります。

ex

ブロックが二つ分裂することをビットコインの分裂と言います。
ブロックが分裂することで、今までのブロックと互換性のあるブロック、今までのブロックと何も互換性のない全く新しいブロックに分けられるのです。

何故ビットコインのハードフォークが起きるのか

何故ビットコインがハードフォークして、わざわざ分裂させる必要があるのでしょうか。
ビットコインが初めて分裂して出来た「ビットコインキャッシュ」を例に挙げましょう。

2017年8月にビットコインはビットコインキャッシュに分裂しました。
今回分裂した要因というのは、ブロックチェーンの容量を大きくするためです。

ビットコインキャッシュ誕生以前のブロックチェーンのブロックサイズは1ブロックにつき1MBが限界であり、ビットコイン利用者が増えてきたことにより、ブロックサイズを超える取引が増えてきました。
1MBを超えるブロックは正当なブロックとは認められないため、送金処理の遅延などの問題が起きていました。

ex

そこで、ブロックの容量を増やすべくブロックチェーンの仕様を変更しました。
ハードフォークが起こったことにより、1MBの容量のブロックを繋げたビットコインと、新たに容量が8MBに増えたブロックのビットコインキャッシュに分裂したのです。

現在導入されているシステムルールを変更するために、ハードフォークが行われています。

ハードフォークとソフトフォーク

ビットコインがシステムを変更するたびにハードフォークを行っているのかと言われると、そうではありません。仕様変更にはハードフォークの他にもソフト―フォークという手段があります。

ハードフォークによって生成された新しいブロックは基本的に過去のブロックとの互換性がなく、一から売買取引記録を記録していくことになります。

ソフトフォークの場合もハードフォークと同じように分裂はしますが、ハードフォークとの違いは、古いブロックとも互換性があるという点です。

互換性というのは、現行のブロックチェーンとの直接的な繋がりがなくなるということです。
例えば、ビットコインをハードフォークして二つのブロックに分裂させたとしましょう。

生成されたブロックのうち一つのブロックは今までのブロックチェーンとは互換性がないため、

今までのブロックチェーンと一緒に扱うことができず、新しい仮想通貨として扱うことになります。

しかしソフトフォークの場合は、古いブロックと新しいブロックに互換性があることで、最終的にはまた一つのブロックへ収束していくのです。

ex

ビットコインも最初ソフトフォークで仕様変更を行おうと考えたらしいですが、
結果はハードフォークを行い、分裂ということになりました。

ビットコインハードフォークのメリットとデメリット

ビットコインがハードフォークすることでどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

ハードフォークのメリット

・ブロックチェーンの問題が解決する
ビットコインキャッシュが誕生した理由はブロックの容量不足による取引遅延を解決するためです。
ブロックの容量不足で取引遅延が重なれば、ビットコインの所有者がビットコインに対し不満感を募らせ、ビットコインを手放すかもしれません。

その問題点を解決するためにもハードフォークが行われ、結果としてブロックチェーンの問題点が解決しました。
ビットコインを円滑に運営していくためには問題解決は必要不可欠な行為であり、ビットコイン所有者にとってより良い環境を作っていくのです。

・分裂した仮想通貨を無料で貰えることがある
ビットコインとビットコインキャッシュが分裂したときに、元々ビットコインを所有していた人に対し、所有している枚数と同じ量のビットコインキャッシュを無料で付与しました。

ビットコインキャッシュの売買価格は現在10万円を超えており、ビットコインを1枚所有していた人は単純計算で10万円分の得をしたことになります。

勿論、ビットコインキャッシュを持っているだけではお金にならないので、売買する必要がありますが、ただで仮想通貨を貰えるというメリットは大きいでしょう。

ハードフォークのデメリット

・取引が一時停止する
ビットコインとビットコインキャッシュが分裂する直前に取引所や販売所が、混乱を警戒し一時取引を停止する事態になりました。

取引が停止したため、急な送金などの事態に対応できなくなります。
もし送金などの取引を行う場合はハードフォーク前に行うようにしましょう。

・ビットコインの価格が大きく動く
ハードフォークの前後は価格が大きく乱高下します。

実際にハードフォークを行って、どうなるのかという市場の警戒と、仕様を変更したことによって最悪の場合は所持しているビットコインが無くなるのではないかという不安によるもので、ハードフォーク前は価格が下がりやすくなっています。

ハードフォークに問題が無ければ、すぐ価格が元に戻りますが、ハードフォークによる何らかの問題点が見つかれば、価格は下がり続ける可能性もあります。

ビットコインハードフォークで誕生したフォークコイン

現在、ビットコインハードフォークによって誕生した通貨は8つあります。

それぞれを紹介していきましょう。

ビットコインキャッシュ

ビットコインが初めてハードフォークをして誕生した仮想通貨です。
今までのブロックチェーンのブロック容量が1MBでしたが、ビットコインの利用者が増えてきたことによって、1つのブロックの取引容量を超えるという問題が起きました。

ブロックの容量問題を解決するためにビットコインをハードフォークして誕生したのがビットコインキャッシュです。
問題点であるブロック容量を8MBまでに拡大し、従来の容量を超えた取引量にも対応できるようにしました。

さらにリプレイアタックと呼ばれるハッカーからの不正アクセスへの対応を強化するなど、ビットコインよりもセキュリティ面が向上しました。

ビットコインゴールド

ビットコインゴールドは2017年11月に起きたビットコインハードフォークから誕生した仮想通貨です。
ビットコインゴールドの誕生経緯は、ビットコインのマイニングの問題を解決することです。

今までのビットコインのマイニングというのは、マイニング専用のマシンを持っていれば持っているほど採掘量が増え、高い報酬が貰えるようになっていました。

しかしそれでは高い性能を誇るマシンを持っている人だけが得をして、一般のコンピューターしか所持していない人はほとんど報酬を貰えないという問題が起きてしまったのです。

ビットコインゴールドはマイニング専用のマシンを使ったマイニングを禁止し、GPUと呼ばれる一般の人でも利用できるシステムのマイニング方法に変えたのです。

これにより一般の人でも分け隔てなくマイニングの報酬を得ることが出来るようになりました。

ビットコインダイヤモンド

ビットコインダイヤモンドは2017年11月にビットコインハードフォークによって誕生しました。
ビットコインダイヤモンドの特徴は、ビットコインと比較して10倍の通貨供給量を目指すために誕生しました。

現在ビットコインの価格は100万円近くを推移しており、少ない金額から投資が出来る取引所が多い中、それでもビットコインの価格を高く感じてしまい、中々購入に踏み込めないという人もいることでしょう。

しかしビットコインダイヤモンドは現在2000円前後の価格に落ち着いており、市場に参入しやすい状態になっています。

ビットコインダイヤモンドを購入する人が増えてくれば、仮想通貨市場全体の活性化にもつながります。

スーパービットコイン

2017年12月にビットコインハードフォークによって誕生したのがスーパービットコインです。
スーパービットコインの特徴は様々な仮想通貨のセキュリティシステムをかき集めて誕生した仮想通貨という点です。

例えば高いセキュリティを保ちつつ取引を無料で行うことが可能なイーサリアムのライトニングネットワーク、非常に高い匿名性を持つ暗号理論のゼットキャッシュのゼロ知識証明などの技術が使われております。

これらの技術は2018年になってから随時導入予定とされており、導入された場合はスーパービットコインの価格が上がるのではと予想されています。

ライトニングビットコイン

ライトニングビットコインは2017年12月に誕生した仮想通貨です。
ビットコインキャッシュとは違い、ブロックチェーンのブロック容量を1MBから2MBに拡張させ、さらにスケーラビリティ問題(取引遅延)の解決をするために生まれました。

毎秒数千から1万の取引を処理することを目標としており、現在毎秒取引数が限られているビットコインの欠点を克服した仮想通貨になるでしょう。

ビットコインゴッド

2017年12月に分裂して誕生したビットコインゴッドはスーパービットコインと少し似た特徴があります。
スーパービッドコインのようにライトニングネットワークやゼロ知識証明を導入しており、ブロック容量を8MBに増やしました。

さらにビットコインゴッドは、マイニングで採掘された通貨の一部を慈善事業に使うことを約束しています。
ビットコインゴッドを使って世界を慈善事業に貢献することがビットコインゴッドの目的となっています。

ビットコインウラニウム

ビットコインウラニウムは2017年12月31の大晦日の日に誕生した仮想通貨です。
ブロックチェーンにおけるブロック生成間隔がビットコインでは10分だったのを、

1分に短縮し、認証スピードを上げました。
ブロックの容量は1MBとビットコインと変わりませんが、代わりにSegwitと言われる取引サイズを圧縮する機能を追加したことで、ビットコインのブロックよりも多くの売買取引記録を保管することが出来ます。

ビットコインプライベート

ビットコインプライベートは2018年2月に行われたハードフォークによって誕生しました。
プライベートの名の通り、匿名性の高さを売りに出しており、ゼロ知識証明の匿名機能を追加しています。
ブロックの容量もビットコインの1MBから2MBに増加。

さらにビットコインプライベートはゼットキャッシュとビットコインの両方から仮想通貨を付与されるという特徴があります。

例えば10ビットコインと100ゼットキャッシュを保有している人は、110ビットコインプライベートが貰えるのです。
ゼットキャッシュからも付与されるということで、一時期ゼットキャッシュの売買取引価格が急増しました。

ビットコインキャッシュのハードフォーク

今年2018年5月にハードフォークされるのではないかと噂が立っていたビットコインキャッシュがハードフォークしました。

新ビットコインキャッシュ

2018年5月16日の25時頃、ビットコインキャッシュは無事ハードフォーク完了しました。
特別な名称は今のところ発表が無いので、旧ビットコインキャッシュと新ビットコインキャッシュと呼びます。大きな変更点はブロックサイズで、旧ビットコインキャッシュが8MBの容量に対して、新ビットコインキャッシュは32MBへと大幅に容量アップしました。

容量を増やした事により、取引量が増えた際の送金詰まりや取引遅延を解消するとされています。また、イーサリアムでも実用されているスマートコントラクトの実装もされました。

フォークコインを無料で受け取るにはどうしたらいいの?

前提として大本のビットコインを所持していて、ハードフォークの仮想通貨を取り扱っている取引所に登録する必要があります。
取引所がハードフォークで生まれた仮想通貨を取り扱うようになると、ビットコイン所有者は同量の仮想通貨を付与されます。

フォークコインをどの取引所が扱うかは、各取引所のアナウンスが無いと判断は難しいです。

今までのハードフォークによって誕生した仮想通貨のうち、国内取引所が取り扱っているのは現時点でビットコインキャッシュしかありません。(ビットフライヤーやビットバンクが取り扱い中)

今後さらにハードフォークを重ねると予想されるビットコインは、まだまだ注目され続けることでしょうが、残念ながらどのコインがハードフォークされるのかは、直前になるまで分からない事が多いのが現状です。

しかし、ビットフライヤーやビットバンクがビットコインキャッシュを取り扱ったように、国内取引所がフォークコインを取り扱う可能性は十分にあります。

事前に国内の有名取引所に登録しておいて、随時ハードフォークの情報を集めておくのが得策と言えるでしょう。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

仮想通貨とは

仮想通貨の種類

仮想通貨取引所

仮想通貨のニュース

仮想通貨の取引方法

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション