お金の参考書

すぐに分かる!ビットコインの仕組みを簡単に説明

仮想通貨元年と呼ばれる2017年から、ビットコインに興味を持ち「もっとビットコインのことを知りたい」という人が増えてきています。

生まれた当初は100円にも満たなかったビットコインでしたが、2018年には最高値の約230万円という価格をつけました。

2018年に入り、値下がりはしているものの、現在1ビットコイン90万円前後で取引されています。活発に取引されているビットコインですが、その仕組みにも注目が集まっており、ビットコインに使われている「ブロックチェーン」という技術も、高い評価を受けています。

それではビットコインに関する仕組みについて、難しい用語はなるべく使わないように説明していきます。

ビットコインとは何か

ビットコインとは、数百種類以上ある「仮想通貨」の中で一番最初に生まれたコインです。インターネット上でやり取りされるお金なので、法定通貨(円)のように実際に触ることはできません。ビットコインを始めとする仮想通貨はあくまでもデータ上に存在しているため、目に見えない決済システムという観点から、電子マネーと比較される事があります。

日本では2017年に仮想通貨法が施行されました。その結果、ビットコインを始めとする仮想通貨は「物品やサービスの対価に使用できるような財産的な価値があるもの」であり、円などの法定通貨と交換できるものと定められました。

それまでは、仮想通貨は何かということが明確にされていなかったのですが、この法律により

・決済に利用することができる

・資産的な価値がある

という2点が正式に認められたこととなります。

ビットコインで何ができるの?

ビットコインをはじめとする仮想通貨でできることは多く、キャッシュレス決済や海外送金など、世の中の仕組みを大きく変えるのではと期待されています。

・ビットコインは世界中で使うことができる

ビットコインでの支払いに対応しているお店ならば、お金と同じように使うことができます。日本のお店でも使えますし、アメリカでも、ブラジルでも、ヨーロッパでも使うことができるのです。

スマホに「ウォレット」という仮想通貨管理アプリをダウンロードし、そこにビットコインを移しておけば、海外旅行に行っても現地通貨に替える必要がなくなる日が来るとされています。

・ビットコインを他の人の口座に送金できる

電子マネーは自分でしか使うことができず、他人に譲渡したり移動させたりすることはできません。しかし、ビットコインはまるでお金を銀行口座に振り込むのと同様に、他の人のウォレット(銀行口座のようなもの)に送金することができます。簡単な操作で行えるので、銀行に行ったり、書類を書いたりという手間がかかりません。

・海外への送金が早い

ビットコインは送金が混みあっていない場合は、世界中どこへでも約10分で送金することができます。

相手のウォレットのアドレスさえわかれば、地球の裏側であっても10分もあればビットコインを送ることができるのです。現金の海外送金の仕組みは複雑で、何日もかかる場合がありますし、手数料だけで何千円とかかることもあるので高額です。ビットコインであれば簡単な操作で、しかも数百円程度という安い手数料で海外送金を行うことができます。

・株のように売買することができる

ビットコインは、株と同じように資産価値があり、仮想通貨の取引所で売買することができます。ビットコインを欲しいという人が多ければ価格は上がりますし、そうでなければ価格は下がっていきます。

このように、基本的な売買の仕組みはほとんど株と同じですが、市場が空いている時間に違いがあります。株式市場は日本の場合、午前中9時から11時半までが前場、12時半から3時までが後場となっており、土日はお休みです。しかし、仮想通貨市場は24時間365日動き続けているので、土曜日も日曜日も休みはまったくありません。

1年中休みなく売買が続けられている仮想通貨市場は、常に活発な取引が行われており、今後も大きな資金を動かす機関投資家などが参入していくと予想されています。

ビットコインが正しく運用される流れ

ビットコインには、非常にセキュリティ性が高い「ブロックチェーン」という技術が使われています。ビットコインは日々多くの取引がされており、それらはすべて「ブロックチェーン」に記録されています。

ブロックチェーンの技術を使うことで、ビットコインが生まれてから今までの間、その記録が改ざんされたことがないという実績があります。

「マイニング」作業で取引の安全確認を行っている

ビットコインのマイニングとは、ブロックチェーンに書き込まれる取引の情報が正しいかどうかを確認し、整合性を確かめる作業のことを言います。ビットコインの取引記録は、ブロックへと書き込まれていきます。そしてその取引記録が正しいかどうかを確認し、「正しい」とされた場合、チェーンへとつなげられていきます。この一連の流れを行う人の事を「マイナー」と呼びます。

その取引が正しいかどうか、ということを確かめるためには、マイナーは高性能のコンピューターを使い、非常に難しい算数の問題を解かなければなりません。また、ビットコインのこの「承認作業」には、コンピューターを24時間稼働させるための電力、熱くなったコンピューターを冷却するための電力がかかります。

最初にこの膨大な計算を解き、正しい答えを出したマイナーは、報酬としてビットコインをもらうことができるのです。
ビットコインの価格が高ければ、もらえるビットコインの価値も大きいということになりますから、より利益が上がる仕組みになっています。

仮想通貨の取引所でビットコインを購入できる

仮想通貨が欲しいなら、仮想通貨取引所で口座をつくり、そこに日本円を入金する必要があります。

口座を開設する手順は簡単で、

1.ホームぺージの口座開設欄に、メールアドレスを入力する

2.登録したメールアドレスに、登録用URLが記載されているのでそれをクリック

3.パスワードを設定してログイン

4.個人情報を入力

5.自宅に住所確認の通知が送られてくるので、それを受け取り口座開設完了

という流れになっています。

口座開設をした後は、セキュリティを高めるため、「二段階認証の設定」をすぐに行う必要があります。二段階認証とは、ログインや出金の時に、パスワードの他にもうひとつパスワードを入れることをいいます。

自分が持っているスマホに、二段階認証用のアプリをインストールして簡単な初期設定を行い、ログイン時にスマホ上に表示された番号を入力します。

なりすましを防ぎ、不正にログインされるリスクを格段に減らしてくれますので、仮想通貨取引を利用する際には、二段階認証を必ず設定するようにしましょう。アプリはPlayストア等のアプリサイトから無料でダウンロードできます。

おすすめの仮想通貨取引所は?

日本では、仮想通貨の取引所は金融庁の許可制になっています。

コインチェックのXEM盗難事件の後、金融庁が仮想通貨取引所を一斉に調査し、みなし業者には業務停止命令を出すなど、取引所の安全性の確保により力を注いでいます。このようなことから、現在登録業者としてきちんと登録されている仮想通貨取引所ならば、安全性が高いと判断することができます。

ビットコインを安全管理出来る ウォレットとは?

ビットコインを保管するには、「ウォレット」というものを使います。これは、お財布のような機能を持ち、取引所からウォレットにビットコインを送金して管理したり、逆にウォレットから取引所にビットコインを送金したりすることができます。

仮想通貨取引所で管理するよりも、各自のウォレットでビットコインを管理した方が安全性は格段に高いです。仮想通貨の取引所は、常に大きなお金が動いており、様々な仮想通貨が売買されているのでハッカーにとって絶好のターゲットとなってしまいます。仮想通貨取引所に仮想通貨を置いておくともしも取引所がハッキングされたときに、一緒に自分の仮想通貨も盗まれてしまう恐れがあります。

安全管理が出来るウォレットといえばこれ!

ビットコインを安全に管理する方法として様々なウォレットの種類がありますが、

一番安全性が高いと思われるのがUSBメモリのように、パソコンに差し込んで使う「レジャーナノエス」と言われるコールドウォレットです。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)
販売価格 ¥15,800(税込)
サポート 日本語でのサポートあり
対応通貨 ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ダッシュ

これらは、ビットコインを送受信した後は、パソコンから取り外し、「オフライン」の状態で管理・保管することができますので、ハッキングされるリスクが非常に低くなっており、安心です。

まとめ

ビットコインは、ブロックチェーンという新しい技術を使った、今までにないまったく新しいものであり、非常に大きな可能性を秘めています。ビットコインをはじめとする仮想通貨について知識がある人はまだまだ少なく、今興味を持っているあなたは先見性があると言えます。これから世界情勢がどのように変化していくのかは未知数ですが、仮想通貨はAIとともに発展していくとも言われていますので。今後もビットコインに注目していきましょう。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

仮想通貨とは

仮想通貨の種類

仮想通貨取引所

仮想通貨のニュース

仮想通貨の取引方法

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション