お金の参考書

仮想通貨投資を始めるには?投資方法・銘柄・取引所を一気に紹介!

仮想通貨は1年で約90兆円にまで急上昇し、投資で1億円以上稼ぐ人も続出しています。

今から仮想通貨投資を始めても遅いのではないか、と感じている人もいるでしょう。

今後も仮想通貨市場は成長していくと予想されており、今から投資を始めても十分に利益を出すことは可能です。

この記事では、仮想通貨に興味を持っている初心者の方に向けて、仮想通貨投資の特徴や投資スタイルなどを分かりやすく解説します。

仮想通貨投資をすでに始めている中級者の方にも、今後のおすすめ銘柄や取引所などを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨の投資

将来的な値上がりが見込める仮想通貨は、投資対象として魅力があります。

仮想通貨の投資は、利率や売買益を利用して資産を得る事が出来ます。

手続きも簡単で、少額の元手で始められることから初心者でもすぐに投資ができます。

現在、1BTCは70万円程を推移しています。多くの取引所では0.0001BTC(約70円)からビットコインの購入ができます。

そのため、自分が用意できる資金に合わせて、資金が少なくても柔軟に投資を始められる事が出来ます。

値動きの激しい仮想通貨に投資する理由

2018年1月に、仮想通貨取引所CoincheckでNEMの不正流出事件が起きたのは有名な事件ですよね。

この影響でビットコインの価格は大暴落し、現在まで下落傾向が続いています。

この状況は、過去に起こったマウントゴックス事件後の相場状況に類似しています。

そしてマウントゴックス事件が起こった後にも、ビットコイン価格は下落したのです。

しかし、その後強い上昇傾向に入り、ビットコイン価格は高騰しました。

つまり仮想通貨の取引所に何らかの問題があっても、ビットコインをはじめとする仮想通貨自体には問題が無いため、価格は上昇する傾向にあるのです。

価格下落時にビットコインを購入していた人は、その後の高騰時にビットコインを売却し、大きな利益を得ました。

初心者にオススメな仮想通貨の投資銘柄は

多数ある仮想通貨のうち、どれに手を付ければいいのかわからない!

という方にはやはりビットコインをオススメします。

ではなぜビットコインがオススメなのか、理由を見てみましょう。

仮想通貨投資の全体像が見えるので、初心者にはビットコイン!

ビットコインは、仮想通貨の時価総額ランキングで1位を獲得しています。

そうした高い知名度と人気のため、どの仮想通貨取引所でも取り扱われています。

ビットコインに関する投資情報は豊富にあります。

初心者にとって、有益な情報がたくさんあることは投資の手助けになりますので、この利点を生かさない手はありません。

また、ビットコインの相場は価格変動が大きいので、投資に慣れるには最適です。

価格の動きが激しいほど、結果が出るのが早いからです。

まずは少額で始めてみて、投資の全体像を把握するのが良いでしょう。

仮想通貨投資中級者の方向け!銘柄の選び方とおすすめの通貨

ここでは、中級者に向けて、アルトコインの選び方とおすすめのコインを紹介します。

アルトコインの選び方

アルトコインをめぐる情報にはデマも多いため、選ぶ際には注意が必要です。

アルトコインを選ぶポイントには以下のものがあります。

「利用目的」

「ファンの多寡」

◆利用目的
それぞれの仮想通貨は、社会的な課題を解決するという目的のもと開発・発行されます。

ビットコイン価格の高騰は、そこに使われているブロックチェーンという技術が社会的に評価されたことに起因しています。

アルトコインを選ぶ際にもその通貨が何を目的とし、どんな社会問題を解決できるのか、ということを確認することが大事です。

社会問題を解決できるようなアルトコインならその注目度は高まり、結果的に価格は上がっていきます。

◆ファンの多寡
利用目的の説明と重なりますが、社会問題の解決に寄与しそうなアルトコインの注目度は高まります。

その結果、そのコインにはファンがつきます。

ファンが多いほど、そのアルトコインの社会的意義は大きくなり、結果的に価格が上がっていきます。

もし、何かしらの出来事で仮想通貨全体の価格が暴落しても、しっかりファンのついているコインは、じきに盛り返します。

そのため、ファンが多く、コミュニティが活性化しているアルトコインを選ぶのが重要です。

利用目的とファンの多寡から見たおすすめ仮想通貨

利用目的とファンの多寡をもとに、ここでは2つのアルトコインを紹介します。

◆イーサリアム

イーサリアムは、契約を自動化する「スマート・コントラクト」という技術が高く評価されています。

そうした評価を受け、イーサリアムの価格は公開直後から3年で約500倍も上昇しました。

また、2018年1月には最高額の15万円台(1ETH:イーサリアムの通貨単位)を記録するなど、成長を続けています。

今後予定されているアップデートにより、さらに価格が上昇すると予想されているため、大きな儲けが期待されます。

特に2018年6月時点では、1ETHは約5万円と価格が下落傾向にあるため、安くなっている今が買い時と言えるでしょう。

◆リップル

リップルは従来の国際送金の問題を解決できるとして、注目を集めています。

リップルの導入により、低価格でスピーディーな国際送金が可能になります。

日本国内でも、大手金融機関がぞくぞくリップルの採用を検討しており、その評価は高まっています。

アメリカの株式市場NASDAQでは、2018年以降もリップルの価格は上昇すると正式にコメントを出しました。

2018年6月時点で、1 XRP(リップルの通貨単位)約50円の値がついています。

NASDAQによると、今後は1 XRPは2000円を超えるだろうと予想しており、まだ値上がりしていない今が買い時であるとしています。

仮想通貨の投資スタイル、何がオススメ?

基本的にリスクとリターンの関係によって、投資スタイルを決めます。

ここでは初心者向けと中級者向けに、それぞれ適した投資スタイルを紹介していきます。

初心者の方は積立投資がおすすめ

仮想通貨を始めたばかりの人には、積立投資がおすすめです。

これは、毎月決まった金額だけ仮想通貨を購入して積み立てていくという投資スタイルです。

積立投資では、仮想通貨の価格が変動しても、設定した一定額を購入します。

例えば、毎月1万円の積立を行うとします。この場合、価格が100円の月はコインを100枚買い、200円に上昇した月は50枚買うことになります。

つまり、仮想通貨の価格が高騰した時は購入量が減り、逆に下落した時は購入量が増えます。

投資は安い時に買うのが鉄則なので、価格高騰時に購入量を抑え、下落時に購入量を増やすのがセオリーです。

積立投資では、そのセオリーを自動で行ってくれますので面倒な事は一切ありません。

これにより、市場価格の変動(暴落や急上昇)が起こっても購入量をコントロールでき、大損のリスクを減らすことができます。

買い注文のことを考える必要がなくなるため、売却のタイミングだけに集中できるメリットもあります。

中級者の方は分散投資がおすすめ

仮想通貨投資に慣れてきた中級者の方には、分散投資をおすすめします。

ICO投資や信用取引は、当たれば大きく稼げますが、外せば大きな損失を被ってしまうほどハイリスクな取引です。

仮想通貨は今後も成長が期待される市場であり、そこまでのリスクを犯さなくても十分に稼ぐことが可能です。

仮想通貨市場は価格変動が激しいため、短期売買を繰り返すスタイルはおすすめできません。

短期売買は専業トレーダーでないとできないスタイルであり、副業レベルでは売買タイミングを逃してしまいます。

日々の価格変動が激しい市場では、売買タイミングを逃さないために、1日中チャートの動きを追う必要があります。

仮に専業トレーダーになったとしても、このスタイルでは体力的・精神的な消耗が大きいです。

将来性のある仮想通貨を複数購入し、投資先を複数に分ける事でリスク分散につながります。

一つの通貨だけに投資をすると、その通貨価格が暴落した時の損失が大きくなります。

さらに、損切りをするかそのまま保持するかなどについて悩みはじめると、生活に支障をきたしてしまいます。

複数に投資していれば、どれか1つの通貨価格が暴落しても、他の通貨での利益でカバーできます。

そのため、パニックにならずに落ち着いてその後の取引を進められます。

金銭的損失を抑えるだけでなく、精神的なゆとりをもてることが分散投資のメリットです。

仮想通貨投資のオススメ取引所6選!

それぞれの仮想通貨取引所のメリット・デメリットを紹介します。

ここで紹介する国内の取引所はもちろん、金融庁から「仮想通貨交換業者」として正式に認定された取引所です。

金融庁の厳しい条件をクリアしたお墨付きを受けてるので、利用者は安心して取引ができます。

どんな人におすすめかも説明しますので、参考にしてみてください。

ビットフライヤー

◆日本最大規模の取引量とユーザー数
ビットフライヤーは取引量とユーザー数で国内最大規模を誇っています。実績十分で満足度の高い顧客サービスを実現しており、安心して利用できます。

ユーザーが多いという事は、取引所での注文が通りやすくなるのでスピーディーな仮想通貨取引が可能になります。

◆大企業が大株主であることによる圧倒的な資金力
ビットフライヤーには、三菱UFJキャピタルや三井住友海上キャピタルなどの大企業が株主にいます。

そうした株主からの豊潤な資本金があるため、倒産の危機が少なく、取引所としての安定性が高いと言えるでしょう。

◆世界一のセキュリティ評価
2018年に、ビットフライヤーは世界一のセキュリティ評価を受けました。

世界一のお墨付きを受けた取引所ならば、安心して取引をすることができますね。

◆登録前にデモトレードを行える
ビットフライヤーでは、登録前にデモトレードを体験できます。

デモトレードでは実際の取引はできませんが、ビットコインのチャートや価格相場を見ることはできます。

デモ画面には、いくらで購入・売却したか、注文を出してるかの情報がリスト形式で並びます。


ビットフライヤー公式ページをクリックし、ビットコイン販売所へというボタンをクリックするとデモ画面が表示されます。

実際にどのくらいのビットコインが欲しい時に、およそいくらの値段がついてるかの相場を知ることができます。

投資を始める前にこうしたシミュレーションができることは、操作感を掴めると思いますので初心者の方にとって大きなメリットになるでしょう。

◆操作も簡単で初心者にも使いやすい
ビットフライヤーは、初心者の方でも取引しやすいような環境を整備しています。取引画面をシンプルにし、直感的な操作性を実現することで、初心者でも迷うことなく取引ができます。

◆不正出金被害の補償制度がある
ビットフライヤーには、不正出金被害に合った際、その被害額を最大500万円まで補償するという制度があります。

利用には二段階認証の設定が必須条件ですが、この不正出金被害の補償制度があると無いとでは安心感が段違い。

この制度がある事は大きな利点になります。

◆無料でビットコインがもらえる
ビットフライヤー経由でサービスを利用すると無料でビットコインがもらえます。

「ビットコインを貰う」というボタンを押すと、提携しているショッピングやサービスサイトが一覧で出てきます。

例えば、ビットフライヤー経由で楽天で買い物をすると、商品価格の0.6%相当のビットコインがもらえます。

利用したいショップサービスがあるなら、ビットフライヤーを経由するのが断然お得です。


但し、購入の承認条件があります。(ピンクの枠の部分を参照)購入後に商品購入をキャンセルしたりすると、もちろんビットコインは貰えませんので注意しましょう。

魅了的な条件が揃うビットフライヤーですが、販売所でしかアルトコインを取引できないのが少しネックではあります。

取引所より販売所の方が手数料が高くなってしまうため、ビットコイン以外のアルトコインを扱いたい時には注意が必要です。

実績や使いやすさから、仮想通貨投資の初心者におすすめです。

高いセキュリティと補償制度があるため、安心して取引に臨めます。

ビットバンク

◆アルトコインの手数料が安い
ビットバンクでは、アルトコインの取引手数料が無料です。

そのため、アルトコインの売買をメインに行う人にとって、非常にお得に取引ができます。

◆コールドウォレット・マルチシグ管理による強固なセキュリティ
ビットバンクでは、ウォレットのオフライン管理とマルチシグによる複合的な暗号化により、強固なセキュリティ対策をしています。

そのため、ビットバンクでは安全に取引ができる環境が整っています。

◆追加証拠金なしのレバレッジ取引可能
ビットバンクでは最大20倍のレバレッジ取引ができます。

追加証拠金なし(損失の上限が口座資金)のため、大損せずに大きな取引が可能になります。

◆チャートツールが豊富
ビットバンクのチャートツールは豊富で使い勝手がいいものが多いです。

ツールが充実していることは、投資をするうえで大きなアドバンテージになります。

◆スマホでのスムーズな取引が可能
ビットバンクには専用のアプリがあり、それを利用することでスムーズな取引が可能になります。

それにより、取引のタイミングを逃すことが減ります。

ビットバンクの取引画面はチャートや板情報が並ぶため、慣れていないと最初は見づらいかもしれません。

チャートツールが充実していることや取引画面にクセがあることから、投資中級者におすすめの取引所です。

GMOコイン

◆手数料が安い
GMOコインでは、入出金や取引などのあらゆる手数料が無料となっています。

販売所形式ながら取引手数料が安く抑えられているため、余計なコストをかけず取引できます。

◆最短翌日から取引可能
GMOコインでは、最短で翌日から取引ができます。

すぐに取引を始めたい人にとって、大きなメリットになります。

◆「ビットレ君」で仮想通貨FXを簡単に行える
GMOコインには、仮想通貨FX取引専用アプリの「ビットレ君」があります。

このアプリは操作性が良いため、いつでもどこでもスムーズにFX取引を行えます。

GMOコイン公式仮想通貨FXアプリ ビットレ君

チャート機能が充実している
GMOコインには、5種類のチャートと4種類のテクニカル指標があります。

チャートをしっかり分析したい人にとって非常に便利です。

◆追加証拠金なしで最大10倍までのレバレッジ取引が可能
GMOコインでは、最大10倍までのレバレッジ取引ができます。

追加証拠金もないため、大きな損失を気にせず取引ができます。

◆サーバーが強い
GMOコインは、大手インターネット会社のグループ傘下が運営しています。

そのため、サーバーが強く、安定して取引ができます。

時々ですが、GMOコインでは特定通貨の買い規制が入ることがあります。

理由は定かではありませんが、これにより売買タイミングがズレてしまうことがありえますので注意しましょう。

手数料の安さやチャート機能の充実、サーバーの強さの観点から、GMOコインは中級者以上におすすめです。ある程度チャート分析ができる人にとって、GMOコインは取引しやすい場所です。

ビットポイント

◆入金・売買手数料が無料
ビットポイントでは、入金と売買時の手数料が無料です。

即時入金も無料なため、値動きの激しい仮想通貨投資では有利に取引を進められます。

◆仮想通貨自動売買ができる
ビットポイントでは、mt4というツールを用いることで、仮想通貨の自動売買を可能にしました。

これにより、24時間稼働で自動で取引してくれるため、儲けを出すチャンスが広がります。

◆最大25倍までのレバレッジ取引が可能
ビットポイントでは、最大25倍までのレバレッジ取引ができます。

大きく儲けたい方にとっては、非常に魅力的な取引です。

◆スマホアプリが使いやすい
ビットポイントからは、ウォレットアプリがリリースされています。

このアプリは送金処理が早いなど使い勝手がよく、高い評価を受けています。

◆セキュリティレベルが高い
ビットポイントでは、コールドウォレットやSSL暗号化などを採用しています。

ウォレットをネットワークを介さず利用し、ネット利用時はSSLで暗号化するため、高いセキュリティを誇っています。

◆振込手数料が安い
ビットポイントは提携銀行を多く抱えています。

そのため、提携銀行宛てに安く振込ができるメリットがあります。

ビットポイントのFXは土日の取引がでない為、相場の動きに合わせて即時売買ができませんので注意が必要です。

仮想通貨の自動売買が大きな特徴なので、自動売買をやってみたい人におすすめの取引所です。

DMMビットコイン

◆アルトコインのレバレッジ取引ができる
レバレッジ取引にアルトコインを取り扱っているのは、DMMビットコインだけです。

そのため、アルトコインでレバレッジ取引がしたい人には魅力的な取引所です。

◆セキュリティ管理に優れている
DMMビットコインでは、コールドストレージによるオフライン管理や二段階認証などを導入し、セキュリティを高めています。

そのため、投資家は安心・安全な環境で取引を進められます。

◆レバレッジ取引以外の手数料全て無料
DMMビットコインでは、レバレッジ取引以外の全ての手数料が無料になっています。

取引や入出金時に手数料がかからないことで、余計なコストをかけずに取引ができます。

◆スマホアプリが使いやすい
DMMビットコインのスマホアプリは使いやすい設計になっています。

チャートや取引画面が見やすく、操作性も良いため、初心者でも迷わず取引ができます。

◆カスタマーサポートが終日対応し、LINEでの問い合わせもできる
DMMビットコインのカスタマーサポートは、24時間・365日いつでも対応してくれます。

また、LINEでの問い合わせにも対応しており、ユーザーにとって安心して取引ができる環境が整っています。

DMMビットコインには、販売所形式しかありません。

販売所は取引所に比べて手数料が高くなりがちなので、安く取引したい人にはデメリットになります。

レバレッジ取引にアルトコインを扱っているのはDMMビットコインだけなので、アルトコインでレバレッジ取引をしたい人におすすめです。カスタマーサポートが充実しているため、投資初心者の方にもおすすめです。

ビットトレード

◆高いセキュリティ管理
ビットトレードは、コールドウォレット管理や二段階認証を導入することで、高いセキュリティレベルを誇っています。

そのため、利用者は安全な環境で取引ができます。

◆見やすい画面設計と便利なツール
ビットトレードは、初心者でも操作しやすいような画面設計がされています。

また、チャートなどの解析ツールも豊富にあるため、初心者だけでなく幅広い利用者層にも使いやすいです。

◆入金時に手数料がかからない
ビットトレードでは、入金時に手数料がかかりません。

そのため、入金に手数料がかかる取引所に比べ、お得に投資ができます。

ビットトレードでは、ビットコインの取引手数料が0.2%と、他の取引所より高く設定されています。

そのため、ビットコインでの取引をする場合、注意が必要です。

またレバレッジ取引がありませんのでレバレッジ取引がしたい人には残点な点です。

ビットコインの取引手数料が高いため、アルトコインでの取引をしたい人におすすめです。

万が一の時に備えて USB型コールドウォレットを用意しよう

万が一取引所がハッキング被害や倒産してしまうと、「秘密鍵」を失い、取引ができなくなってしまうリスクがあります。

そこで注目を集めているのが、「レジャーナノS」というUSB型コールドウォレットです。

完全オフラインで管理できるため、安全性が高く、取引所に何か起こってもデータを守ることができます。

レジャーナノS公式サイト

Ledger Nano S(レジャーナノエス)
販売価格 \15,800(税込)
サポート 日本語でのサポートあり
対応通貨 ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ダッシュ

 

仮想通貨投資のメリット

仮想通貨投資はコツややり方をおさえて行えば大きなリターンが見込めます。

大きな利益が見込める

仮想通貨の市場は、今後も成長すると予想されています。

そのため、投資経験者だけでなく初心者でも大きな利益が見込めます。

いつでもどこでも取引可能

仮想通貨は、24時間365日、いつでも取引ができます。

また、アプリなどの普及でどこでも取引可能になり、自分のスタイルに合わせて投資ができます。

少額から投資できる

仮想通貨は、数千円から投資ができます。

株のように多額の元手がかからないため、初心者でも投資が始めやすいです。

仮想通貨投資のデメリット

仮想通貨の投資は、メリットがある一方で、デメリットももちろんあります。

投資は、完全に自己責任の世界なので最終的な判断は自分で行う事になります。

元本保証が無い

仮想通貨投資は、元本保証の金融商品ではありません。

そのため、価格が暴落した時に大きな損失が出てしまうことがあります。

税制面で不利

投資における売却益にかかる税金は、株・FXと仮想通貨では異なります。

仮想通貨は雑所得として計上されます。

株やFXでは「申告分離課税」が適用されるため、所得に関係なく税率は一律20%になります。

一方、仮想通貨の場合には「総合課税」が適用されます。これは雑所得を含むすべての所得の合計額により、税率が決まる方式です。

また、累進課税のため、所得が多いほど税率も高くなります。仮想通貨投資には雑所得が適用されてしまうため、株やFXよりも税制面で不利になってしまいます。

最終的なセキュリティ管理は自身で行う

仮想通貨取引所には、ハッキングや倒産などのリスクがあります。

そのため、取引所選びやウォレットの準備などは慎重に行う必要があります。

面倒でも二段階認証を設定するなど個人でのセキュリティ管理をすることが重要です。

仮想通貨のニュースをチェックしよう

仮想通貨をめぐる情報やニュースには、信憑性の薄いものや噂レベルのものが多くあります。

そのため、信頼性のあるメディアを選び、そこから情報収集することが重要です。

紙媒体なら、有名な経済誌などがおすすめです。

Webメディアの場合、実績のある企業が運営しているものを選びましょう。

まとめサイトの情報には不確かなものが多いため、鵜呑みにしない方がいいでしょう。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション