お金の参考書

BTCはボトム圏再び脱出!?9月はまたまた80万円突破へ!

8月のBTCはレンジ相場が続いております。
80万円を割り込み、そして65万円近辺まで。
ついに、65万円のサポートラインを割り込むか!?と否やまたなんとかここのラインを防衛し、反転してきました。

現在の市場の値動きは米国が主導となっております。
今年11月には、NASDAQ系列にて、Bakkt(※)という仮想通貨取引所がリリースされる予定です。流動性溢れる、プロのファンドが参入できるよう、安全性も高めた取引所ということで、大手企業が軒並み揃って参画するようです。

Bakkt
米国アトランタに本部を構えるデリバティブを主力とした電子取引所ICE(Intercontinental Exchange)が、BTCを主流金融資産とした会社「Bakkt(バックト)」の設立を発表。マイクロソフトやスターバックスなどの大手企業と統合プラットフォームを開発し、BTCによる決済や交換・保管などを行う予定。

仮想通貨もNYを中心に動き始めるでしょう。
これらに資本が流れ込み。投資が活発化されますと市場にとっては計り知れないほどのプラスになります。中長期の見通しはやはり大きな上昇相場なのかな、っと考えております。

現在の価格は76万円と75万円のレジスタンスラインを超えて推移しています。
週足から分析をしていきましょう。

BTC週足分析


出所:GMOコイン

トレンドラインを右に抜けてきたのにもかかわらず、反転上昇しません。
一時95万円近辺まで上昇する局面があるものの、この上昇が騙しとなって再びサポートラインが引ける65万円近辺まで戻ってきました。
個人的にはサポートライン4度の目のトライだったため、さすがにもう防衛は無理かな??っとさえ感じたのですが、なんとか踏ん張りを見せて再び上昇をしかけています。

ボリンジャーバンドはスクイーズの形状を維持しており、なかなか次のトレンド発生に向かいません。ただ、このスクイーズ期間が長ければ長いほど、エクスパンションした際には大きなトレンドが発生しやすくなりますので、我慢の時期ではないでしょうか。

日足分析に移ります。

BTC日足チャート・ボトム圏脱出!?


出所:GMOコイン

日足です。こちらも下降トレンドラインを右に抜けてきてから時間差で少しずつ下値を切り上げてきている状況です。小さなヘッドアンドショルダーを形成しているようにも見え、75万円のレジスタンスラインを超えてきております。
日足レベルでは、ボリンジャーバンドがエクスパンション?を仕掛けており、+2σを押し上げてきております。少し期待が持てそうです。

日足レベルでは75〜80万円のレンジ相場に移行かな?っといったイメージです。
80万円には、レジスタンスラインが引けますので、ここは一度には超えていかないでしょう。
ファーストトライは売りに押されると思いますので、短期的にはここで一度利益確定、75万円近辺で再度押し目を拾うといった感じでよいと思われます。

また9月にはシカゴ先物取引所CBOEのビットコインETF上場審査の期限があります。
こちらも市場が期待しているイベントですので、ギリギリまでは上昇するかもしれません。9月下旬までに相場がある程度上昇している場合、過熱感から売られる可能性がありますので、少し先のイベントですが、意識しておくとよいでしょう。

このコラムの執筆者

ひろぴー
ひろぴー

FXトレーダー兼 仮想通貨投資家。 海外のファンド運用担当も務める傍ら、自社で金融コンサル業も営む。 コラムニストとしても活動しており、大手ポータルサイトで週3~4本のコラムも執筆、さらにラジオ日経のパーソナリティも務めている。 仮想通貨投資は2014年からはじめている。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

仮想通貨とは

仮想通貨の種類

仮想通貨取引所

仮想通貨のニュース

仮想通貨の取引方法

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション