【若年女性のお金事情】20代独身女性の約6割が「生活が苦しい」と回答

調査目的
    「働き方改革」や「女性活躍推進法」の施行により、若者や女性の雇用安定と活躍しやすい職場環境への支援が進む中、いまだ非正規雇用や低所得に悩む若年女性も多く、“女性の貧困化”が問題視されていることも事実です。
    若年女性が抱えるお金の悩みと苦労を探るべく、エフピーウーマン山本麗子氏監修のもと全国の20代独身女性350人を対象に生活収支調査を実施し、月々の生活費に関する実態を明らかにしました。

調査回答者の属性

20代独身女性350人対象

調査回答者の属性

  • 婚姻歴:なし95.7%/あり(離婚・死別)4.3%
  • 子供の有無:子供なし96.3%/子供あり3.7%
  • 最終学歴:高校中退0.9%/高校卒業22.6%/専門学校中退1.4%/専門学校卒業16.0%/短大・高専中退1.4%/短大・高専卒業6.6%/大学中退1.7%/大学卒業46.6%/大学院卒業2.9%
  • 雇用形態:正社員61.1%/契約社員・嘱託社員3.1%/派遣労働者4.3%/パート・アルバイト18.9%/業務委託契約1.1%/学生6.6%/無職4.9%
  • 居住形態:実家42.3%/持ち家(マンション)1.4%/賃貸(戸建て)0.9%/賃貸(マンション)26.9%/賃貸(アパート)22.3%/社宅・寮4.3%/シェアハウス2.0%

調査1:ひと月あたりの収入額(※複数収入がある場合は総額)

月収額の平均値は173,325円、中央値は180,000円

ひと月あたりの収入額

全国20代独身女性350人を対象に生活収支に関する調査を実施したところ、ひと月あたりの収入額は以下の通りで、最も割合の多かった回答が「20万円以上~23万円未満」20.3%、次いで「18万円以上~20万円未満」16.9%であり、平均値173,325円、中央値180,000円という結果でした。
今回の調査では無職の回答者が4.9%いることから月収0円という回答もみられ、収入には大きな開きが生じています。

ひと月あたりの収入(総額)

0~1万円未満 1.4%
1万円以上~5万円未満 2.9%
5万円以上~10万円未満 10.3%
10万円以上~15万円未満 13.4%
15万円以上~18万円未満 16.0%
18万円以上~20万円未満 16.9%
20万円以上~23万円未満 20.3%
23万円以上~25万円未満 5.7%
25万円以上~30万円未満 9.4%
30万円以上 3.7%

調査2-1:仕事・収入の内容

最も回答の多い仕事内容は「オフィス系」204件、次いで「サービス系」81件、「在宅系」58件が上位

仕事・収入の内容

仕事・収入の内容については、「オフィス系(公務・営業・企画・事務・受付・データ入力 等)」が204件(33.4%)と最も多く、次いで「サービス系(販売員・レジ・オペレーター 等)」81件(13.3%)、「在宅系(データ入力・モニター 等)」58件(9.5%)と上位3項目で全体の半分以上を占める結果です。

仕事・収入の内容(一部)

オフィス系(公務・営業・企画・事務・受付・データ入力 等) 204件
サービス系(販売員・レジ・オペレーター 等) 81件
在宅系(データ入力・モニター 等) 58件
飲食系(調理師・ホールスタッフ・バーテンダー 等) 56件
医療・専門系(医療・薬剤・介護・福祉・栄養士 等) 44件
美容系(美容師・エステティシャン・ネイリスト 等) 27件
工場系(製造・物流・品質管理 等) 26件
水商売系(キャバクラ・ラウンジ・ガールズバー 等) 20件
教育系(教師・塾講師・家庭教師・保育士 等) 15件

調査2-2:副業・掛け持ち労働の有無

36.6%が「副業・掛け持ち労働をしている」と回答(平均仕事数2.18)

副業・掛け持ち労働の有無

副業・掛け持ち労働の有無に関する調査では「副業・掛け持ち労働なし」63.4%、「副業・掛け持ち労働あり」36.6%と3人に1人以上が副業・掛け持ち労働をしていることが明らかになりました。
「副業・掛け持ち労働をしている」と回答した人の内、仕事・収入源の数は、「2つ」85.9%、「3つ」10.2%、「4つ」3.9%で平均仕事数は2.18という結果です。
「副業・掛け持ち労働あり」と回答した36.6%は、同業種で複数掛け持ち労働をする人の他、異業種やSNSを使ったメディア系を収入源として選択している人もみられ、幅広い仕事・収入内容であることが明らかになりました。

調査3:ひと月あたりの支出額(ローン等を含む総額)

月支出の平均値は143,685円、中央値は143,000円

ひと月あたりの支出額

ひと月あたりの支出額について最も割合の多かった回答が「10万円以上~15万円未満」28.6%で、その他5万円以上~23万円未満の回答まで大きな差はなく、平均値143,685円、中央値143,000円という結果でした。

ひと月あたりの支出額

1万円未満 1.4%
1万円以上~5万円未満 5.1%
5万円以上~10万円未満 19.1%
10万円以上~15万円未満 28.6%
15万円以上~18万円未満 12.3%
18万円以上~20万円未満 12.3%
20万円以上~23万円未満 13.7%
23万円以上~30万円未満 5.1%
30万円以上 2.3%

支出額の内訳については以下の通りで、実家暮らしが42.3%いることもあり食費の平均値は2万円以下でした。また、支出割合の高い家賃に関しては、本調査の回答にて最低額9,000円~最高額115,000円と大きな差があり、社宅・寮やシェアハウスで出費を抑えている傾向もみられました。
さらに、「ローン・奨学金」については64人が選択回答しており、平均値21,656円、中央値15,000円と支出項目の中で大きな割合であることがわかりました。

ひと月あたりの支出内訳

ひと月あたりの支出内訳

項目名
回答数(n)
平均値
中央値
家賃
186
¥55,110
¥55,000
水道光熱費
189
¥11,105
¥10,000
通信費
303
¥10,376
¥10,000
交通費・車両費
275
¥10,444
¥10,000
年金・保険料(義務・任意)
275
¥29,049
¥30,000
食費
301
¥19,852
¥20,000
日用品費
319
¥7,960
¥5,000
衣服費
270
¥10,811
¥10,000
美容費
270
¥9,120
¥7,000
医療費
84
¥4,758
¥3,000
交際費
245
¥14,552
¥10,000
趣味・娯楽費
235
¥12,772
¥10,000
子ども費
5
¥7,500
¥7,500
ローン・奨学金
64
¥21,656
¥15,000
雑費
176
¥8,761
¥5,000

調査4-1:ひと月あたりの収支額(赤字・黒字額)

月収支の平均値は29,640円(黒字)、中央値は24,000円(黒字)

ひと月あたりの収支額(赤字・黒字額)

月収入額から月支出額を引いた収支額については、全体の21.1%が赤字(マイナス)収支、14.6%が分岐、64.3%が黒字(プラス)という結果でした。
最も割合の多かった回答が「黒字5万円以上~10万円未満」24.0%であり、月間収支の平均値は黒字29,640円、中央値は黒字24,000円でした。

ひと月あたりの収支額

赤字10万円以上 1.4%
赤字5万円以上~10万円未満 2.3%
赤字3万円以上~5万円未満 2.3%
赤字1万円以上~3万円未満 10.9%
赤字1万円未満 4.3%
分岐0円以上~1万円未満 14.6%
黒字1万円以上~3万円未満 18.3%
黒字3万円以上~5万円未満 11.7%
黒字5万円以上~10万円未満 24.0%
黒字10万円以上~15万円未満 8.0%
黒字15万円以上 2.3%

調査4-2:お金のやりくりについて

余ったお金(黒字)は「貯金する」73.6%、足りないお金(赤字)は「食費を削る」29.6%

お金のやりくり余る場合(黒字)

お金のやりくり足りない場合(赤字)

前項(調査4-1)にて、黒字または赤字収支の際のお金のやりくりについてそれぞれの対象者に調査したところ、余ったお金(黒字)場合の1位は「貯金する」73.6%で、足りないお金(赤字)場合の1位は「食費を削る」29.6%でした。

余ったお金(黒字)場合の2位以降は「趣味・娯楽費に回す」13.0%、「衣料費に回す」5.4%と続くも、1位の貯金と2位には5.6倍もの開きがあり、20代独身女性でも将来に備えて堅実な姿勢が伺える結果となりました。
また、足りないお金(赤字)場合の2位以降に関しては「生活費(その他)を削る」18.7%、「不要品を売る」16.5%と続き、「支払滞納する」「お金を借りる(消費者金融)」といった切実な生活実態も明らかになりました。

余る(黒字)の場合

貯金する 73.6%
趣味・娯楽費に回す 13.0%
衣料費に回す 5.4%
美容代に回す 5.4%
食費に回す 2.5%

足りない(赤字)の場合

生活費を削る(食費) 29.6%
生活費を削る(その他) 18.7%
不要品を売る 16.5%
仕事を増やす 10.9%
お金を借りる(親または知人から) 10.0%
支払滞納する 6.5%
貯金を崩す 3.5%
お金を借りる(消費者金融など) 1.3%

調査5:生活苦について

およそ6割(56.6%)が「生活が苦しい」と回答

生活苦について

今の生活について、収支面を理由に調査したところ「まったく苦しくない(余裕・贅沢できる)」11.4%、「あまり苦しくない(生活できている)」32.0%と全体のおよそ4割が「苦しくない」と回答するも、「やや苦しい(ギリギリ)」47.1%、「とても苦しい(赤字)」9.4%と全体のおよそ6割が「生活が苦しい」と回答する結果となりました。

回答者の意見には「正社員になれず雇用(収入)が安定しない」「どれだけ働いても収入内に自分の支出が収まらない」などといった声があり、雇用や低所得の問題が浮かび上がる実態が見てとれます。
また、お金を使わない努力として、「キャッシュカードやクレジットカードを持ち歩かず、お金を使えないようにしている」「趣味を辞め、友達付き合いをなくした(友達がいなくなった)」という声もあり、20代女性にとってはとても辛い現実が本調査で明らかになりました。

監修者プロフィール

山本 麗子氏
「エフピーウーマン」所属
山本 麗子

ファイナンシャルプランナー 山本 麗子
女性のためのお金の総合クリニック「エフピーウーマン」所属

ファイナンシャルプランナーとしてFP事務所に勤務しライフプランや保険相談などのキャリアを積む。お金の教養を高めて女性の内面から輝いてほしいという想いから女性だからこその視点や経験をもとに実用的で役に立つ知識とお金についての正しい扱い方について伝えている。エフピーウーマンでは、女性のための無料マネーセミナー「お金のmanaVIVA(学び場)」を無料開講中!

調査概要
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2020年1月17日~2020年1月23日
  • 調査対象:全国20代独身女性350人
  • 調査監修:エフピーウーマン山本麗子

関連記事