即日融資

急な出費がかさみ、「急いでお金を用意しなければならない」という人もいるのではないでしょうか?

そんな時は、即日融資に対応した大手消費者金融を利用する事で、今すぐ融資を受ける事が可能です。

大手消費者金融のカードローンは、審査時間最短30分、融資まで最短1時間で終えることができます。

カードローンで即日融資をするためには、「平日の13時」「間に合わない人や土日の人は20時まで」に自動契約機のある大手消費者金融に申し込みをすることでローンカードを発行し、ATMで借入することができます。

ここでは、即日融資ができる消費者金融を紹介しつつ、即日融資をする際の注意点を解説していきます。

融資を急いでいる人はアコム

大手消費者金融の中でも、アコムが融資までのスピードが一番早いです。

即日融資に対応した大手消費者金融(アコム、プロミス、モビット、アイフル)4社の中から審査から融資までの時間にどれぐらいかかったのか独自に300名にアンケート調査しました。

その結果、アコムに申し込みをして1時間以内に融資に至った人が63人、3時間以内であれば合計93人の人が即日融資を受けることができました。
以下の表がアンケート結果になります。

カードローン審査から融資までに掛かった時間300名アンケート
審査から融資までの時間 アコム プロミス アイフル SMBCモビット
1時間以内 63人 30人 6人 9人
3時間以内 36人 36人 12人 8人
5時間以上 21人 24人 27人 28人
アコム

ポイント

  • 融資までの時間が早い
  • 審査時間が最短30分
  • 30日間無利息で借入可能
金利 借入限度額 審査時間
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分

即日融資をする際の借入方法

即日融資の借入方法には、「振込融資」と「自動契約機からローンカード発行」の2つがあります。

13時までにWeb申し込みができる人は振込融資、申し込み時間が遅くなってしまう場合22時までなら自動契約機を使った申込みがおススメです。

振込融資の場合

13時までにカードローン申込みができる人は振込融資を選択すると早く融資を受け取ることができます。

銀行への振込申請は15時を超えると翌営業日に振り込まれてしまうので、審査時間を考慮すると、13時までに申し込みを行う必要があります。

ローンカードを発行しなくてもスマホやPCから融資手続きを行うことで、自分の銀行口座へ融資をしてくれるので即日で受け取ることができるのです。

振り込みによる即日融資をする流れ

  • 13時までにWebから申し込み
  • 審査結果後、必要書類をアップロード
  • 自分の銀行口座へ融資の依頼
  • コンビニATM・銀行ATMにて融資額を引き出す

ほとんどの銀行では15時以降の振込は翌営業日扱いになってしまいますが、消費者金融と銀行が提携していれば、24時間振り込み融資が可能な所も存在します。

プロミスでは、審査を行っている22時までに契約することで、三井住友銀行やジャパンネット銀行など一部の提携銀行で24時間振り込融資が可能です。
そのため、自分の銀行カードがあれば、ローンカード不要でいつでも借入する事ができます。

プロミス

ポイント

  • カードレス&郵送物なしの「WEB完結」
  • 提携銀行口座で24時間振込融資対応
  • 30日間利息0円
金利 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分

自動契約機の場合

提携銀行口座を持っていない人や銀行の振込手続きが終わる15時以降に即日融資を申し込むという人は、自動契約機を使った申込みをおススメします。

自動契約機からローンカードを発行することで、銀行が営業していない時間帯や土日・祝日でも20時までに申し込みを済ませれば即日融資に対応できます。

審査には30分~1時間程度かかることを見越して、自動契約機の営業時間内の20時までには申し込みをしておく必要があります。
※予めWebから申し込みをしておくことで申し込み手続きの項目が減り、審査をスムーズに行えます。

各社自動契約機の営業時間

消費者金融 名称 営業時間
アコム 自動契約機
むじんくん
9:00~22:00(土日・祝日可)
※一部店舗は21:00まで
プロミス 自動契約機 8:00~22:00(土日・祝日可)
※一部店舗は21:00まで
アイフル 契約ルーム
てまいらず
8:00~22:00(土日・祝日可)
SMBCモビット ローン契約機 8:00~21:00(土日・祝日可)
場所によって営業時間が異なる

自動契約機から即日融資をする流れ

  • 20時までにWebから申し込み
  • 審査結果後、自動契約機へ移動
  • 必要書類を提出
  • ローンカードを発行
  • 専用ATM・提携ATMにてローンカードを利用し融資

自動契約機を利用する場合は、プロミスがおススメです。

プロミスは三井住友銀行と同じSMBCグループなので、三井住友銀行のローン契約機も利用する事ができます。
無人機の店舗数は全国に1200店舗以上と消費者金融業界最多です。

プロミス

ポイント

  • 自動契約機数が業界最多
  • 最短30分で審査
  • ローンカード発行でその場で借入
金利 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分

即日融資を受けやすくするポイント

即日融資を受けるには、審査をスムーズに通過する必要があります。
そのため、「50万円以下の借入で申し込み」、「平日に申し込み」をすることで審査時間を短縮し即日融資を受けやすくすることができます。

ここでは、即日融資をするための2つのポイントを解説していきます。

50万円以下の借入で申し込み

50万円以下の借入であれば、運転免許証など身分証明書を提出のみでカードローン申込ができるので即日融資をしやすくなります。

なぜなら、身分証明書の提出のみであれば、収入証明書の準備をする必要がなく、消費者金融会社も申し込み者の収入証明書の確認をしなくて済むので審査がスムーズに行えるのです。

カードローン申込時に必要になる身分証明書は以下の通りです。

身分証明書
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+公共料金領収書(3ヶ月以内)
  • 健康保険証+住民票(3ヶ月以内)

本人確認書類は住所特定の目的があり、顔写真付きのものでなければなりません。
顔写真付きの本人確認書類を持っていない場合は、健康保険証+年金手帳など、現住所を確認できる書類が別途1つ必要です。

借入金額が50万円を超えてしまう融資の場合、身分証明書と収入証明書が必要になります。
法律上50万円以上の借入から金融機関は収入の確認をしなければならないからです。

50万円を超える場合
  • 身分証明書+給与明細書(直近2カ月分)
  • 身分証明書+源泉徴収票(最新年度のもの)
  • 身分証明書+確定申告書(最新年度のもの)
  • 身分証明書+所得証明書(最新年度のもの)

平日に申し込みをする

カードローン審査には「在籍確認」があるので、申込者の勤務先に電話連絡があります。
会社が営業していることの多い、平日に申し込みをすることをおススメします。

消費者金融会社では、申込者の返済能力を確認するために在籍確認を行っています。

勤務先が休業日や就業時間後の場合、在籍確認を終わらせることができません。

在籍確認を終える事ができないと、審査が完了せず即日融資を受ける事ができなくなってしまいます。

勤務先が休業日で電話連絡による在籍確認が難しいという人は、SMBCモビットのWeb完結申し込みをおススメします。

WEB完結申込の場合、必要書類を提出すると在籍確認が行えるので、審査の過程で審査担当者から、勤務先にの電話連絡が来ることはありません。

必要書類
  • 運転免許証またはパスポートの写し(顔写真ありの身分証)
  • 源泉徴収票(最新)・税額通知書(最新)・所得証明書(最新)・確定申告書(最新)・給与明細書(直近2ヶ月分)、いずれかの写し ※賞与がある場合、賞与明細書も必要
  • 全国健康保険協会発行の保険証あるいは組合保険証の写し

電話連絡なしで書類によって在籍確認ができる消費者金融会社としてSMBCモビットがあります。

モビットでは、必要書類を提出する事で在籍確認ができるので、曜日に関係なく申し込むことが可能です。

SMBCモビット

ポイント

  • WEB申し込みで「在籍確認の電話なし」が可能
  • 10秒簡易審査で結果が直ぐにわかる
  • セブン銀行ATMならカードなしでの借入も可能
金利 借入限度額 審査時間
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分

即日融資を受ける注意点

即日融資を受けるのであれば消費者金融に申し込みをするようにしてください。

銀行カードローンに申し込みをしてしまうと、即日融資を受ける事ができません。

また、お金を早く借りたくて急いでいる人は、すぐに融資できるなどを謳っている闇金に手を出してしまう可能性があります。

闇金からは絶対に借入しないようにしてください。

ここでは、即日融資を受けたい人に注意点を解説してきます。

銀行カードローンは即日融資できない

銀行のカードローンでは、即日融資を受ける事ができません。

銀行カードローンは、融資額を保証してくれる保証会社と信用情報機関である全銀協(JBA)の2つの機関で審査をしています。

2つの機関の審査後に、反社勢力への融資を防ぐ目的から警視庁によって反社データベースの照会があります。

反社データベースの照合に最低でも1日は必要になるため、銀行カードローンでの即日融資はすることができないのです。

甘い宣伝文句は闇金なので注意

今すぐお金を借りたいからといって、「審査なし」や「ブラックでも借入可能」などを謳っている金融業者は闇金です。
闇金から絶対にお金を借りてはいけません。

正規のカードローン会社では必ず審査があり、金融事故を起こしてブラックな状態になっている人に融資は行いません。

闇金でお金を借りてしまうと、個人情報が闇金業者へ共有されてしまいます。

金利も正規の金融業者であれば最大20%までですが、闇金の場合40%~50%など法外な金利を請求されます。

返済が遅れてしまったり、払えないとなると暴力的に取り立てたり、職場に連絡や自宅に押し掛けるなど迷惑行為が続きます。

無審査や誰でも借りれる、今すぐお金が借りられると謳っている業者からお金を借りてはいけません。

FP監修者コメント

飯田道子(いいだみちこ)先生
海外生活ジャーナリスト、ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)
今月は「お金がピンチ!」と言うときに頼りになるのがカードローンです。大手消費者金融会社では即日融資を受けることもできるので、人気があります。カードローンを契約するときには在籍確認と言って、勤務先に電話で確認をする会社がほとんどなのですが、会社に電話NGの人なら書類等で確認して貰える会社を選ぶと良いでしょう。お金がピンチになると、「審査なし」「ブラックOK」等の甘い言葉に惑わされてしまうこともあるかもしれません。とはいえ、本来、審査のない会社はありません。甘い言葉を謳っているのは闇金の可能性大。借りる時にはHP等で確認。オペレーター等にも電話し、信頼できる会社かどうかを見極めることが必要です。
プロフィール
金融機関勤務を経て96 年FP資格を取得。
現在は各種相談業務やセミナー講師、執筆活動などをおこなっています。どの金融機関にも属さない独立系FPです。海外移住にも対応しており、特にカナダや韓国への移住や金融・保険情報を得意としています。
【HP】https://paradisewave.jimdo.com/

即日融資の記事一覧

現金を即日で作るための方法

2019/08/06

この記事を読む

SMBCモビットで即日融資を受ける方法を解説

2019/08/02

この記事を読む

中小消費者金融で即日融資を受けるための方法

2019/07/30

この記事を読む

即日融資を誰にもバレないで受ける方法

2019/07/26

この記事を読む

WEB完結で即日融資を受ける方法を解説

2019/07/26

この記事を読む

土日に即日融資をするための方法

2019/07/26

この記事を読む

レイクALSAで即日融資を受ける方法

2019/07/24

この記事を読む

アコムで即日融資を受けるための方法・手順の解説

2019/07/10

この記事を読む

在籍確認なしの即日融資はないが電話連絡をなくす方法 

2019/07/09

この記事を読む

プロミスで即日融資をする方法を解説

2019/07/02

この記事を読む

記事一覧

カードローン

カードローン審査

即日融資