日雇いで即日融資を受けたい人がカードローンを利用する方法

どのような働き方をしている人でも、「今日中に現金が必要」という状況に追い込まれる可能性はあります。
大手消費者金融では、正社員はもちろん、パートやアルバイトでも毎月安定した収入があればカードローンの審査に通りますし、申し込んだその日の融資も可能です。

ただ、この記事を読んでいる人は、日雇いで働いていて下記のような悩みや不安を持っている人だと思います。

  • 日雇いでも即日融資を受けられるのか
  • 日雇いでもカードローンは利用できるのか
  • 審査に通るためにはどうすれば良いのか

といったあなたの悩みや不安への回答や解決方法はこの記事の中にあります。

日雇いの人が即日融資を受けるための具体的な方法を解説していますので、ぜひ参考にしてください。

日雇いバイトだと即日融資を受けられない

日雇いバイトの人は、「安定した収入」がないので、即日融資を受けることができません。

なぜなら、カードローン会社が安定した収入がない人に対して申し込みを受け付けていないからです。

どうしても即日現金が必要だという人は、以下で詳しい解説をしています。

銀行であれ、大手、中小の消費者金融であれ、すべての金融機関は利用条件に安定した収入を設けています。

安定した収入がない人は、貸したお金が返ってこない「貸し倒れ」のリスクが高い人とカードローン会社に判断されてしまうのです。

日雇いの人の中には、繁忙期は正社員より多く収入があるという人もいるでしょう。
確かに、収入が少ないよりも多いほうが審査は有利に進みますし、借入限度額も多くなる可能性が高いです。

しかし、カードローン会社が審査の際に、最も重要視するのは実は収入の多さではありません。

安定した収入があることなのです。毎月20万円の月給で年収240万円という派遣社員と、月に60万円稼ぐ月もあれば無収入の月もある年収300万円の日雇いの人。

両者を比較すると、収入は少ないものの安定している派遣社員の方をカードローン会社は高く評価します。

安定した収入がある人は、たとえ収入は少なくとも審査に通る可能性はありますし、即日融資も可能です。

反対に、安定した収入がない人は、即日融資が難しいばかりかカードローンの審査自体に通らない可能性が高いでしょう。

審査に通るには日雇いではなく3ヶ月間は定期的に勤務

即日融資を受けられるようになるためには、アルバイト・パートでも良いので、3ヶ月間は勤務をして収入を得てカードローン申し込み条件をクリアする必要があります。

なぜなら、カードローン会社が安定した収入があるとみなす最低ラインが3ヶ月だからです。

収入の額は少なくても3ヶ月間、安定した収入があれば日雇いとは違い、カードローンの申し込みは可能ですし審査に通る可能性も出てきます。

勤続期間は長ければ長いほどカードローン会社に高く評価されます。
3ヶ月より6ヶ月、6ヶ月より1年の勤続期間の人のほうが審査に通りやすくなるのです。

3ヶ月間収入を得てもカードローン申し込みすぎには注意

カードローンは一度申し込むと審査の結果に関わらず、個人信用情報機関に申し込み情報が記録され、他のカードローンの審査に通りにくくなってしまいます。

カードローン会社は審査の際に、信用情報機関を介して申込者の信用情報を照会します。

短期間のうちに複数のカードローンの申し込み履歴があると、「よほどお金に困っているのでは」とカードローン会社から判断されてしまうのです。

この状況を「申し込みブラック」と言います。申し込みブラックになるとカードローン審査に落ちます。

信用情報に申込状況が記載されるのは、申込後6ヶ月間です。

カードローンの審査に落ちて焦る気持ちは分かりますが、短期間で複数のカードローンに申し込むことはより審査に落ちやすい環境を生んでしまいます。

一度申し込んだら最低6ヶ月間は、新たなカードローンには申し込まないようにしましょう。

派遣会社に登録して日雇い勤務の形をとる

日雇いのアルバイトでは、在籍確認をすることができないので、派遣会社に登録をしてください。

なぜなら、派遣会社に登録しなければカードローン会社は、申込者が本当に勤務先に在籍しているかの確認が取れないからです。

派遣登録をする場合、31日以上の労働契約を交わす必要があります。
これは、派遣労働者が安心して働けるように法改正された際に義務付けられたものです。

つまり、日雇いという働き方を選んだ場合でも、派遣会社に登録をしておけば最低でも31日以上はカードローンの申し込みの際に勤務先として申告することができるというわけです。

プロミス

プロミスで「フル入力」から申し込みであれば、申し込み後にカードローン審査に移り、Web上でカードローン契約が可能です。
カンタン入力の場合は、申し込み後に電話で申し込み情報の確認をする必要がある分、審査に移る前に手間がかかります。

  • 【派遣の人も対象】即日融資も対応できる
  • 申し込みから融資まで最短1時間
  • 30日間利息0円・最短30分審査
  • ※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要です。

金利借入限度額審査時間
4.5%~17.8%最大500万円最短30分

派遣会社に登録した人と完全日雇いの違い

1日の仕事が終わった時の発注側の企業との関係性有無に大きな違いがあります。
派遣会社に登録しておけば1日の仕事が終わったとしても、派遣会社との関係は終了しません。

31日以上の労働契約を交わしていますし、次の日にも仕事を紹介してもらえる可能性もあります。

派遣会社は日雇いの人の名前も派遣先も把握しています。在籍確認があった場合でも対応してくれる可能性が極めて高いです。

しかし、完全日雇いの場合は、1日の仕事が終われば発注企業との関係は業務が終わり次第終了するので仕事先自体がなくなっている可能性も考えられます。

例えば、1日限定のコンサートスタッフや工事現場作業員などをイメーシしてください。

この場合、カードローン会社としては、在籍確認の取りようがありません。発注した企業に電話をしたところで、当然、申込者は電話に出ることができません。

電話に出た人に聞いたとしても、1日限定の日雇いの人の名前を把握している可能性は低いでしょう。

何より1日限定での契約ですので、企業側にとって明日は在籍していない人なのです。

このように、派遣会社を介さずに企業と直接契約を結んでいる、完全日雇いの人は在籍確認が取れないのです。

カードローン会社は審査に際に、確実に在籍確認を取ります。在籍確認が取れない間は審査がストップし、確認を取ることができない場合は100%審査に落ちてしまいます。

そのため、日雇いの人が働き方を変えないままカードローンを利用したい場合は、在籍確認が取れる派遣会社への登録が必須なのです。


関連記事

記事一覧

カードローン

カードローン審査

即日融資

お金を借りる方法