カードローンの解約方法と解約後のメリット・デメリット

カードローンは借入金を全て返済したとしても、自動で解約されることはありません。
解約をする場合、契約をしているカードローン会社へ連絡を入れる必要があります。

カードローンの解約について気になっている人は、

  • カードローンの解約方法がわからない
  • 解約をした方が良いのかそのままにすべきか
  • 借り入れ途中で解約ができるのか

などの疑問を持っている人が多いです。

この記事を読むことで、カードローンの解約方法から、解約すべき人、そのまま契約を更新しても良い人の判断をすることができます。

借入金を返済しないと解約できない

カードローンを解約する場合、利用した代金(借入金)を完済しなければ解約することができません。

カードローンを解約すると今後はそのカードを利用した借入や返済は出来なくなってしまいます。

借入も返済も出来なくなるため、カードローンを解約する場合は前提条件として借入金を全額返済する必要があります。

カードローンの完済と解約の違い

カードローンには完済と解約があり、それぞれ意味合いが違います。
カードローンにおける解約とは借入枠の消滅、今後借入が出来ない状態になることを指しています。

住宅ローンやマイカーローンと違い、カードローンには「借入枠」が決められており、その範囲内で借入と返済を繰り返すことが出来ます。

住宅ローンやマイカーローンでは借入枠という概念がありませんので、完済=解約となりますが、カードローンは完済しても枠が残っている限り借入することが可能なため、完済≠解約となります。

解約時は無利息残高に注意

カードローンの解約しようと思ったときに、無利息残高が残っている場合は、全て返済してからでないと解約が出来ません。
1,000円未満の残高は、振り込みによる支払いまたは、カードローン会社のWeb返済を利用した引き落としをして支払う必要があります。

多くの金融機関がATMで支払いが出来ない1,000円未満の借入残高には利息や手数料を付けず、支払期限も設けていないため「無利息残高」と呼ばれています。

カードローンの借入金をATMで返済すると、ATMが1,000円単位でしか返済が出来ず、その結果借入残高が1,000円未満で残ってしまう可能性があります。

1,000円未満となると毎月の返済が行われなくなるため、無利息残高はずっと残り続けることになってしまいます。

返済方法についての詳しい解説は以下で行っています。

カードローンの解約で郵送物はない

大手消費者金融カードローンの場合、解約しても郵送物は基本的に届きません。
郵送物で家族に疑われる心配もなく、安心して解約手続きをすることが出来ます。

解約したという証明が欲しい場合は解約通知書を送付してもらうことも可能ですので、必要な場合は忘れないように解約の際申出しておきましょう。

銀行カードローンの場合は、各金融機関によって対応が様々で、解約通知やカードローン契約書が郵送で送られてくる可能性があります。

もし郵送物を送らないでほしい場合は、窓口でその旨を伝えてみて下さい。手渡しや別の方法に代えてもらえる可能性があります。

カードローンの解約方法

大手消費者金融、大手銀行問わずカードローンの解約をする場合は、一般的に新たに用意する書類はありません。

電話一本で解約することも可能で、審査申込み時のような煩わしい手続きはありませんので安心して下さい。

カードローンの具体的な解約方法を、金融機関別に紹介しますので参考にして下さい。

大手消費者金融

消費者金融名連絡先(電話)解約方法必要書類
プロミス・0120-24-0365
・0120-86-2634
(女性専用)
・プロミスコール
・お客様サービスプラザ
・店頭の場合、本人確認書類
アコム・0120-629-215・アコム総合カードローンデスク
・自動契約機
・店頭窓口
・店頭の場合、本人確認書類
アイフル・0120-109-437
・0120-201-884
(女性専用)
・電話
・店頭窓口
・店頭の場合、本人確認書類
SMBCモビット・0120-24-7217・モビットコールセンター・特に無し
レイクALSA・0120-09-09-09・お客様専用フリーダイヤル・特に無し

大手銀行

銀行名連絡先(電話)解約方法必要書類
三菱UFJ銀行・0120-76-5919・完済していれば電話もしくはテレビ窓口
・完済していなければ店頭窓口
・本人確認書類

・銀行印

みずほ銀行・0120-890-699・店頭窓口(契約した店舗)・本人確認書類
・返済用普通預金口座通帳
・銀行印
・ローンカード
三井住友銀行・0120-923-923・店頭窓口
・電話した後郵送されてくる解約申込書に記入し返送
・本人確認書類
・銀行印
りそな銀行・0120-25-8156・店頭窓口(契約した店舗)・本人確認書類
・返済用普通預金口座通帳
・銀行印
・ローンカード
新生銀行・0120-456-030・店頭窓口
・電話
・本人確認書類
・銀行印
楽天銀行・0120-730-115・電話した後郵送されてくる解約申込書に記入し返送
※ネット銀行のため店頭解約は無し
・本人確認書類
・銀行印

解約後の再度カードローン申込みは再審査

カードローンを解約する際に注意するポイントがあります。

解約時の注意ポイント

・解約後の申込みは再審査となる
・金融機関によっては一定期間利用出来ない場合もある

カードローン解約後に、再度カードローンを申込みすると再審査になります。

再審査となると、利用までに時間がかかる他、前回利用時の取引状況が不良であった場合審査が通らない可能性もあります。

カードローン審査については以下で解説をしています。

また、金融会社によっては解約後は一定期間利用出来ない場合もあり、再度カードローンを作りたいと思っても作れない可能性もあります。

解約する際はカードローンを当面利用する可能性がないか注意しておくようにしましょう。

もし、急な出費などで再度利用する可能性がある人はカードローンを解約せず、そのままおいておく方が良いでしょう。

カードローンは利用しなければ利息はかかりませんし、クレジットカードと違い年会費などが取られる心配もありません。

カードローンを解約すべき人

以下の3つに当てはまる人は、カードローンを解約すべき人に該当します。

完済し終えて新たなローン(マイカーローンや住宅ローンなど)を組もうとしている人

カードローンを既に完済しており、今後自動車ローンや住宅ローンを新たに組もうと考えている人は、カードローンを解約しておくことをおすすめします。
もし残高があって解約が出来ない人は、出来るだけ残高を減らしておくことが重要です。

カードローンは利用していなければ問題ないと思われがちですが間違っています。

カードローンの性質上、いつでも借入枠の範囲で借入することが出来てしまうため、現在借入が無くても今後絶対に無いとは言い切れません。

カードローンを沢山持っているとその範囲内は借金が増え続ける可能性があるとみなされるため、車のローンや、とりわけ住宅ローンなど金額が大きくなるローンを組む際にデメリットとして見られる可能性が高いです。

銀行によっては、利用していないカードローンも利用していると仮定して返済比率の計算をします。

※返済比率とは、年収における返済金額の割合
年収400万円、借入金年間返済額100万円の場合の返済比率
100万円÷400万円×100=25%
住宅ローンは返済比率30%未満でなければ組めない銀行が多い
カードローンは利用していなくても借入枠に応じて年間返済額が算出される
〇借入枠50万円未満はみなし年間返済額12万円
〇借入枠50万円~100万円未満はみなし年間返済額24万円 など

銀行審査にとって返済比率は重要な項目なので、利用していないカードローンのせいで返済比率が重くなると、通る審査も通らないなんてこともあり得るのです。

個人信用情報としては、利用していたカードローンをしっかり返済して解約までしていると「しっかり借りたお金を返せる人」という印象を持たれるため、審査が有利に働きます。

他社へ借り換えやおまとめローンをした人

借り換えやおまとめローンをして借入残高が0円になった、カードローンは解約するようにしましょう。

複数のローンを一本にまとめることで月々の返済額や金利負担を下げる効果があります。

他社のカードローンの借入残高が0円になったカードローンは、利用枠が空き、再度カードローンの借入が出来てしまうというデメリットがあります。

借入が更に増えれば返済は更にきつくなり、多重債務から抜け出すことが出来なくなります。

借り換えやおまとめローンを組んで完済の目途が立ったという方は、残高が0円になったカードローンは全て解約しておくようにしましょう。

返済後に借入を繰り返す人

借りたお金をきちんと返せる人は問題ありませんが、借りることが癖になっている人や、借入に対して無頓着な方は、これ以上借入を増やさないように解約をしてください。

カードローンの性質上借入を繰り返すことが出来てしまうので、不要な借入により多重債務に陥ってしまう可能性が高いです。

解約せずカードローンを続けて利用しても良い人

以下に該当する人は、解約せずにカードローンを続けて利用しても問題ありません。

万が一の備えとして利用をしている人

カードローンはあらかじめ作っておくと、万が一急な出費があった時もすぐにお金を借りることが出来ます。

ローンカードを持っていれば、お近くのコンビニATMからいつでも出金することが出来るほか、プロミスなどの大手消費者金融で利用されているアプリローンでは、スマホ一台あればどこにいてもお金を借りることが可能です。

普段は使わないけれど、万が一のためにとりあえず持っていたいという人は、カードローンを続けて利用した方が良いでしょう。

新たにローンを組むことを考えていない人

カードローンを持っていると他のローン審査に影響する可能性があります。

新たにローンを組むことを考えていなければ、持っていることで受けるデメリットはないため続けて利用しても問題ありません。

もし何かローンを組もうと思った場合でも、カードローンはすぐに解約することが出来るので、そこまで問題にはならないでしょう。


関連記事