お金の参考書 クレジットカード

クレジットカードの審査

クレジットカードは支払いが便利になり、そのうえポイントなどがつくこともあって、現金払いとは違ったメリットがたくさんあります。

しかし、自分に収入がなかったり、過去に金融トラブルなどがあったりすると、クレジットカードを作れるか不安になる人もいるでしょう。

ただ、クレジットカードの審査基準は、思っていたよりもハードルが低いケースもあり、手軽に作ることも可能です。

ここでは、クレジットカードの審査が通るか不安な人のために、具体的な準備・対策方法を紹介します。

また、おすすめのクレジットカードもいくつか紹介するので、ぜひカード選びの参考にもしてみてください。

クレジットカードの審査に通るために!知っておきたい6つの準備

ここからは、クレジットカード審査を通るための、最低限準備しておきたいことを6つ紹介します。

何も準備をせずにただ申し込みをするだけでは、多くのクレジットカードでは審査を通過することはできません。

条件を満たしているかどうかをあらかじめ調べておくことで、自分がどう行動すべきかがわかります。では、6つの対策を具体的に見ていきましょう。

他社で借り入れをしている場合は金額を減らす

キャッシングローンなど、金融機関からお金を借りている場合は、まず、返済を優先しましょう。

他社からの借入金がある場合、その金額によってはスコアリングの結果に関わらず審査落ちする場合があります。

クレカのショッピング枠の一部は割賦販売法に規制されているため割賦可能枠を超えた金額を申し込むと減額されるかもしくは審査落ちする可能性があります。

ただし割賦可能枠は年収や年間の分割した支払い方法の合計金額によって増減するため、分割払いを一回払いに変更するような工夫によって割賦可能枠を増やすことも可能です。

さらに、クレカのキャッシング枠は貸金業法の総量規制に制限されており、利用可能額は年収の3分の1までと決められています。

そのため、クレカの申込みに際してキャッシング枠を希望した場合、この上限を超えていると、その他の条件に関わらずキャッシング枠が減額されたカードが発行されたり審査自体に落ちてしまったりする可能性があります。

複数のクレジットカードを申し込む場合は1ヶ月2枚まで

短期間にクレジットカードを何枚も申し込むと、審査に落ちることがあります。

これはカードの多重申し込みと判断され、入会特典目当てと判断されたり、お金に困っていると疑念を持たれたりするからです。

しかし、生活スタイルによっては、新規にカードを数枚持ちたいこともあるでしょう。引っ越し先のスーパーが提携しているカードや、定期券購入の際にポイントが付与されるカードなど、時期によって同時に複数のカード申し込みをしたい場合もあるかもしれません。

そのような場合は、「1ヶ月に2枚までを限度にとどめておく」ことが大切です。

この程度なら多重申し込みとは判断されず、生活用途に合わせた同時加入と判断されることもあります。

また、「半年で3件以上の申し込み」をしてしまうと、多重申し込みと判断されることが多いです。

そのため、どうしても入会したいカードが複数枚ある場合は、半年内ではなく、時期をあけて分散しての申し込みが良いでしょう。

クレジットヒストリーを積み上げる

クレジットカードの審査を通るには、「良いクレジットヒストリー」を積むことがおすすめです。

カード会社は利用者の金融情報を共有していると述べましたが、これは問題がない良好なカード利用状況も知らせることになります。

そのため、カード利用額にも問題がなく、ローンの支払いも滞っていないといった人は「信用度が高い」とみなされ、カードの審査を通る可能性が高いです。

ちなみに、これまで一度もクレジットカードを使ったことがないという人は、個人信用情報機関に情報が全く記載されていません。

この状況は「スーパーホワイト」といいます。一見すると金融事故などもないため、大変良いイメージにも見えるでしょう。

しかし、スーパーホワイトは過去に金融事故を起こし、5年以上経過して情報が抹殺され、やっとその状況から解放された人と同じ立場にあります。

そのため、過去に問題がなかった人でも疑念を持たれてしまうこともあり、クレジットヒストリーがない人は審査に通りづらいのです。カード審査に通るためには、まずは地道に良いクレジットヒストリーを積むことがおすすめです。

固定電話を持ち、最低でも1年以上同じ家に住む

審査を通りやすくするためには、固定電話を持ち、最低でも1年以上同じ家に住むことが良いでしょう。

SNSの影響により、固定電話を持たない家庭も増えてきました。しかし、固定電話は「住所が確実にある」ということを証明できるため、カードの審査においては有利になります。

申し込みの際には、携帯電話と固定電話の両方の番号を書くと良いでしょう。
また、居住年数については、最低でも1年以上は同じ家に住んだ方が良いです。

特に賃貸住宅の場合は、同じ場所に長期間住んでいる人の方が評価は高くなります。長期間同じ場所に住むことにより、仕事や収入が安定しているとみなされるからです。

そのため、引っ越して間もないといった方は、カードの審査に引っかかる可能性もあるでしょう。また、分譲住宅の場合は居住年数が短くても、保有資産があるとして評価は高くなります。

申し込み資格を満たしているか確認する

自分が「カードの申し込み資格を満たしているかどうか」を確認してみましょう。

審査基準の高いカードの場合は特に注意する必要があります。例えば、ゴールドカードというようなステータスの高いカードの場合、「年収400万円以上」「勤続年数3年以上」といった申し込み基準があるケースもあります。

これに対し、まだ入社1年目で年収も400万円に届かない人が申し込みをした場合、申し込み資格は満たされないことになります。

まずは、自分の年齢や年収、勤続年数などを把握し、それに合うカードを選ぶことが大切です。審査基準の高いカードは申し込み資格も絞られていることが多いため、初めてカードを作るといった方には向いていないこともあります。

審査に自信がない方は、自分の条件に合ったカードを選ぶようにしましょう。

必要書類に記入漏れ・間違いがないかチェックする

クレジットカードの申し込み用紙は、多岐にわたって記載することが多くあります。

名前や住所といった基本的な情報だけでなく、カードによっては勤めている会社名や部署名、その所在地や電話番号なども記載する必要があるでしょう。

クレジットカードの中には、利用者がその会社で本当に働いているのか「在籍確認」の連絡を入れることがあります。

もし、そのときに記載された会社の電話番号が間違っていた場合、虚偽申請をしたと判断されて審査が通らないことにもつながります。

申し込み用紙への記入は正確に行い、記入漏れや誤字脱字はないかチェックしましょう。

また、「丁寧な字で書く」ことも大切です。
殴り書きのような字で書いてしまうと文字の判断ができず、結果的に虚偽の記載と判断されることもあります。

情報を正確に伝えるためにも、相手が読みやすい字体で丁寧に記載することが重要です。

クレジットカードの審査に落ちる主な理由

クレジットカードの審査に落ちてしまう理由はいくつかあります。

例えば、必要書類に不備があると審査に通りにくいのはもちろん、過去の金融事故などが原因で審査に通らないこともあるでしょう。

しかし、それらに該当したからといって、必ずしも審査落ちしてしまうわけではありません。では、具体的にどのような人が審査に通りにくいのか見ていきましょう。

必要書類の記載不備

クレジットカードを申し込みする際、必要書類に記入漏れや不備があると、審査に落ちる原因にもなります。

申し込みの際に記入する情報は、名前や住所といった基本的な情報の他に、勤め先や年収などを記入する必要があります。万が一、この情報に1つでもウソを記載すると、カードを使用した際にトラブルが発生することにもなるでしょう。

クレジットカードは月々の支払いをしっかりすれば問題ないと思われることも多いのですが、使ったお金の決算をカード会社が先に支払い、それを利用者がのちに支払うというという点では、借金をしているのとあまり変わりはありません。

つまり、カード会社と利用者は信用関係で成り立っており、嘘を記載したり、書類に不備があったりするのは厳禁です。

申し込みの際は丁寧に事実を記載し、必要書類の準備もしっかりと行いましょう。

申込資格や審査基準を満たしていない

クレジットカードを作る際は、そのカード会社が記載している条件を満たしていないと、審査に落ちやすいです。

例えば、カードの中には、年齢条件が「30歳以上」といったカードもあります。このようなカードに29歳の人が申し込みをしても審査には通らないでしょう。

また、収入条件も「400万円以上」となっているのに対し、年収が300万ほどであれば審査は通りにくいです。

クレジットカードには、それぞれ「主婦向き」「経営者向き」といったように、カードによって利用者の選別があります。

申込資格や審査基準は、そのカードを持つ人にふさわしいかどうか判断しているため、条件の基準を満たしていないと審査を通ることは難しいでしょう。

支払い遅延・自己破産によるブラックリスト入り

過去に金融機関への支払い遅延や、自己破産歴がある人も、クレジットカードの審査は通りにくいでしょう。

例えば、貸金業法の両業法に基づく指定信用情報機関である「CIC」には、金融事故を起こした人の情報記録が残っています。

昔持っていたクレジットカードで支払い遅延をしたり、消費者金融への支払いが滞って自己破産をしたり、そのような情報はCICを通じて多くの金融業者に共有されています。

そのため、過去に金融事故を起こした人は「支払い能力に疑問がある」とみなされ、新たにクレジットカードを作ることができないことが多いです。

数日程度の遅延であれば、個人信用情報機関に登録されていない可能性もありますが、何度も繰り返したり、長期にわたって返済が遅れたりしていると審査に非常に通りづらくなります。

特に、60日以上の遅延を発生させた場合はいわゆるブラックリスト入りとなってしまい、完済から5年間は新規のクレカ発行やローンの利用をすることができなくなります。

ブラックリスト入りしている人は日本に300万人以上いると言われており、携帯電話料金の不払いによってブラックリスト入りとなった若い世代が増えてきています。

あまり知られていませんが、携帯電話の割賦料金は基本料金とは異なり、カード払いではなかったとしても支払いが滞るとローンの滞納という扱いとなり、個人信用情報機関に登録されてしまいます。

ブラックリスト入りするかどうかは、基本的に滞納する期間によって決まるため、金額が小さくても絶対に放置してはいけません。

また、滞納日数が短く、個人信用情報機関に登録されなかったとしても、利用しているカード会社は情報を把握して保存しているため、同じ会社が発行している別のカードに申し込む場合はその点についても注意が必要です。

利用履歴がないスーパーホワイト

スーパーホワイトも審査に通りづらくなる要因の1つです。

スーパーホワイトとは、クレヒスが一切積み上がっていない状態のことで、初めてクレジットカードを作る人の多くが当てはまります。

スーパーホワイトの人は、実際にお金を期日までに返したという実績を持たないため、カード会社からすると少しだけリスクが高い顧客として扱われ、審査に通りにくくなります。

学生であればスーパーホワイトでも不思議ではないためマイナス要因にはなりにくいですが、やはり社会人の場合はある程度のクレヒスが求められる傾向にあります。

特に、銀行系カードのようにランクが高いものはクレヒスが重視されることが多いです。

クレジットカードの多重申し込み

同じ期間に複数社のクレジットカード申し込みをしていると、多重申し込みと判断され、審査に通らないことがあります。

クレジットカードの申し込み情報は、CICなどの個人信用情報機関を通じ、各カード会社に共有されています。

そのため、対象カード以外の複数のカード会社に申し込みをしている場合は「よほどお金に困っているのか」と疑念を抱かれてしまい、審査を通らない可能性が高いです。

また、クレジットカードの多くは入会の際に何らかの特典が用意されていることが多いでしょう。

多重申し込みはこうした「特典目当て」としてもとらえられ、発行してもすぐに退会されるリスクもあるため、審査を通さないこともあります。

クレジットカード審査で押さえておきたいポイント

クレジットカードに申し込みをする前に、そのカード会社の審査でポイントとなる点を押さえておきましょう。

カードの中には在籍確認の電話が会社にかかってきたり、審査に時間がかかったりするケースもあります。

あらかじめそのようなポイントを知っておくことで、カード発行をスムーズにできることもあるでしょう。

必要書類

クレジットカードの申し込み時に揃える必要書類は、主に3つあります。まずは「身分証明書」です。

これは、免許証、パスポート、保険証などが代表的です。

ただ、顔写真のないものは、あわせて住民票の写しなどの提出が求められることもあります。そして「引き落とし口座の情報」です。

クレジットカードは、利用するとカード会社がその料金を立て替えて金額を払い、後日利用者が支払いを後払いする流れになっています。

この後払いは「銀行引き落とし」が基本であり、必ず引き落とし先の銀行口座が必要になります。

そのため、申し込みの際は、引き落とし口座の銀行名や支店名、口座番号といった情報を記載することになります。同時に「銀行印」も捺印するため、用意しておいたほうが良いでしょう。

また、カードの中には18歳以上の学生を対象としたクレジットカードも存在しますが、20歳に満たない場合は「親の承諾書」が必要になります。

その他にも、詳しい内容はカード会社のホームページや申し込み書類に記載されているので、提出前に必ず確認しておきましょう。

在籍確認の電話

在籍確認は、カード会社が申し込み者の会社に電話連絡をして、本当に利用者がそこで働いているのか確認することです。

すべてのクレジットカードではありませんが、クレジットカード審査では実際に申込者が働いているかを確認するため、勤務先に在籍確認の電話がかかってくることがあります。

内容は一概に決まっているわけではありませんが、電話をかけてきて名前や生年月日、住所といった情報について質問されることもあります。

しかし、仮に自分が電話口に出られなくても、他の人が「その人はうちの会社で働いています」といったことを伝えるだけで、在籍確認は完了するケースも多いでしょう。

申し込み者の中には、架空の勤務先を申告したり、虚偽の勤務先を明記したりする人もいます。申告した情報が本当かどうか確認するため、在籍確認を行うカード会社も少なくありません。

審査にかかる期間

クレジットカードの審査は、一般的には10日間から2週間程度かかることが多いです。なかには、オンラインで申し込んだ場合には2~3日でカードが届いたり、クレジットカードによっては即日発行できたりするものもあるでしょう。

即日発行できるカードは、デパートやスーパーなどが提携しているものが多いです。その場で申し込みをし、最短で1時間程度あればすぐに発行してくれるものもあります。

しかし、カード会社の事務処理的な問題や与信調査などに時間がかかり、審査期間が長引くこともあります。

過去にちょっとした金融事故を起こしたり、記載した情報に間違いがあったりすると、正しい情報や過去の金融状況などを調べるため、審査期間が長引くこともあるでしょう。

そのため、この時期に絶対カードを作りたいといった計画がある場合は、利用希望日のおよそ1ヶ月前には申し込みをしておいた方が良いです。

審査が不安な人必見!おすすめクレジットカードの紹介

クレジットカードの審査基準は、カード会社によって独自のものがあり、企業秘密のため「審査が通りやすいかどうか」は一概にはいえません。

ただ、カードの中には比較的審査に通りやすいものもあり、年齢や収入に不安を感じる方でも申し込みできるものもあります。

ここからおすすめするカード5点は、比較的審査が通りやすいカードです。

カードごとの特徴や申し込み時の注意点、どんな人におすすめかなども説明していきます。

大学生やフリーターでも申し込める!【楽天カード】

おすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • ポイント還元率は1%!
  • プリペイド型電子マネー楽天edyの機能付き!
  • 利用可能額は最大100万円!
  • 楽天市場の買い物で4倍!充実のポイントサービス!

CMでもお馴染みの「楽天カード」は、入会金や年会費は無料で利用できる使いやすいカードです。

ポイント還元率が1.0%と高いため、使えば使うほど楽天ポイントがどんどん貯まります。ネットショッピングはよく楽天を利用するといった方はポイントが数倍付くこともあるのでお得です!

楽天ポイントは楽天市場での買い物の際に支払いとして使える他、電子マネーにも交換可能でありコンビニなどで手軽に使えるのも魅力的です。

随時入会特典キャンペーンも行われており、カードに加入するだけで5000ポイントがもらえたりします。

また、高校生以外の18歳以上であれば申し込みは可能であり、大学生やフリーター、専業主婦でも申し込みができます。

学生から主婦、社会人と幅広い層に人気!【エポスカード】

おすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯!
  • 最短即日発行&受取が可能!
  • ETCカードの年会費も無料!
  • レストランやカフェ、美容院などが優待価格でオトクに利用できる!

入会金、年会費ともに永年無料で利用ができ、数多くの割引サービスや特典があることから、学生や主婦、社会人といった幅広い層に人気のカードです。

年会費無料のカードですが、海外旅行傷害保険が自動付帯しています。持っているだけでも傷害・疾病治療の保障が付帯されるので、海外旅行によく行く人にはピッタリの1枚です。

紛失・盗難時の不正利用も61日前であれば全額補償してくれます!

独自審査なので審査が不安な方でも大丈夫【ACマスターカード】

おすすめポイント
  • 年会費無料
  • 独自の審査基準でカードを発行する
  • WEBで発行可能か3秒診断ができる
  • 利用金額の0.25%を自動キャッシュバック
  • 支払い方法を柔軟に調整できる

「ACマスターカード」は、消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードです。カード自体にアコムの表記はありませんし、ブランドもマスターカードです。

最短即日発行が可能なカードとしても有名であり、クレジットカードの中では異例な最短30分のスピード発行も行っています。

過去にクレジットヒストリーに傷がついていても、現在の収入の安定性を重視する傾向にあるので、審査に通る可能性があります。

過去の金融事故でクレジットカードを諦めている人にとっては、ありがたいカードといえるでしょう。申し込み資格は20歳以上で安定収入のある人が対象であり、フリーターや派遣社員でもカードが発行できる可能性があります。

一般的なクレジットカードと違い、付帯保険や利用ごとにポイントが付くといったことはありませんが、カード利用分の0.25%を自動でキャッシュバックしてくれるサービスがあり、使えば使うほどキャッシュバックの恩恵を受けることができます。

収入がある方であれば安心【Orico Card THE POINT】

おすすめポイント
  • カード年会費は永年無料!
  • ETCカード年会費永年無料!
  • さらに家族カードも3名までなら年会永年費無料!
  • カード紛失・盗難の際の不正使用の損害をオリコが補償!
  • オリコモール経由ならネットショッピングで最大17.5%の還元!

オリコカードは入会金や年会費は無料のカードであり、ポイントは常に1%といった高い還元率を誇ります。

また、入会後6ヶ月はポイント2倍、専用モールでのネットショッピングでは最大15%ものポイントが付与されます。

そのため、日頃からoricoカードを使うことで、ザクザクポイントを稼ぐことができるでしょう。

また、電子マネーIDと、QUICKPAYが同時搭載され、おサイフケータイ機能も充実しています。

紛失や盗難保証も付帯されているため、万が一のときでも安心です。初めてクレジットカードを持つといった人にもピッタリの1枚でしょう。

oricoカードの申し込み資格は高校生を除く18歳以上で、安定収入のある方です。収入よりも過去に支払い遅延や金融事故がないかをチェックされることが多いため、信用が重視されます。

審査のポイントを理解してクレジットカードを作ろう

クレジットカードの審査を通るには、基本的には信用を得るのが一番大切です。

仕事を続けて安定した収入を得たり、現在持っているカードの支払いをきちんと続けたりするだけでも、カード会社からの信用度は上がります。

日常生活や金融関係における大きなトラブルがない限り、多くの場合はカード審査を通ることができるでしょう。

ただ、あまりにも審査基準が高いカードを選んでしまうと、条件が合わずに審査が通らないこともあります。

自分の立場を理解し、信用力を上げるために何ができるかを理解した上で、自分に合ったクレジットカードへ申し込みをしましょう。

クレジットカードの審査の記事一覧

クレジットカードの審査に落ちたら読みたい審査落ちの原因一覧と対処法

2018/08/10

この記事を読む

クレジットカードの審査方法から対策まで丸わかり

2017/12/28

この記事を読む

クレジットカードを審査なしで発行できるカードはあるの?

2017/12/25

この記事を読む

どうしてもクレカがほしい方におすすめカードベスト5

2018/03/01

この記事を読む

クレジットカードの申込方法3つを比較!審査や発行日数の違いまとめ

2017/04/13

この記事を読む

税金の滞納、クレジットカードの審査に影響する?

2017/04/14

この記事を読む

携帯料金の滞納、クレジットカード審査にどう響く?

2017/04/14

この記事を読む

手数料が高くなる!リボ払いの仕組みとクレジットカード審査への影響

2017/04/17

この記事を読む

自分のブラック情報をチェック!個人信用情報の調べ方

2017/04/07

この記事を読む

クレジットカードの更新時にも審査あり!カードが届かない3つの原因

2017/04/11

この記事を読む

12345...

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション