お金の参考書 クレジットカード

学生のためのクレジットカード保険初級講座~クレカ保険の基礎知識~

クレジットカードには、もしもの時のためにいくつかの保険が付帯しており、カード選びの重要な指標となります。

しかし、学生の場合は自身で保険に加入した経験などない人が大半なので

「クレジットカードの保険ってなんだか難しそう…」
「海外旅行に行くから取りあえず保険に入っておきたいけど何もまだ分からない」
「そもそもクレジットカードの海外旅行傷害保険だけで大丈夫なのか分からない」

などの漠然とした不安があるかもしれません。

そこで、本記事ではクレジットカードの付帯保険の種類や利用方法、注意点などをご紹介します。

本記事を参考にクレジットカードの保険の必要最低限の知識を身につけ、後悔しないようにクレジットカードを選びましょう。

無料で海外旅行を安心安全にする海外旅行傷害保険!

クレジットカードは種類によってさまざまな保険が付帯していますが、なかでも海外旅行傷害保険は年会費無料カードに付帯していることも多く、カード選びで重視されているオプションの1つです。

海外旅行傷害保険はいくつかに項目が分かれており、傷害死亡・後遺障害、傷害治療費用、疾病治療費用、賠償責任、携行品損害、救援者費用といった風に、それぞれ最大保険金額や補償内容が異なります。

たとえば、国外でケガをした場合は傷害治療費用の項目が適用され、誰かにケガを負わせるなど賠償責任が発生した場合には賠償責任の項目が適用されて限度額内で保険金が支払われます。

ただし、カードによっては保険の適用範囲が限定されており、携行品損害や賠償責任、救援者費用が設定されていないカードも海外旅行傷害保険付きのクレジットカードの中には存在します。

また、海外旅行傷害保険はカードによって自動付帯と利用付帯に分かれていて事前にどちらか確認しておく必要があります。

自動付帯の場合はカードを持っているだけで保険を利用することができますが、利用付帯の場合は海外旅行で利用した公共交通機関の費用やツアー代金を該当するカードで支払っていなければ保険を利用することができません。

さらに、クレジットカードによってはキャッシュレス診療が利用できるものがあります。

キャッシュレス診療とは、受診した際にその場で現金を支払わずに診療を受けることができるサービスで、実は海外旅行傷害保険と同じくらいカード選びにおいて重視すべきポイントです。

というのも、国外では日本と違って傷害治療費用や疾病治療費用が莫大になる可能性があり、多額の現金がなければそもそも診療を受けることができないことがあります。

たとえば、米国は医療費が高額ということで有名ですが、ニューヨーク市マンハッタン区で専門医を受診すると最低でも200ドルから500ドルの現金が必要となり、上腕骨骨折による入院・手術では請求金額が約15,000ドルとなったケースも存在します。

キャッシュレス診療サービスがあれば、たとえ緊急時にも手持ちの現金を気にせずに病院を利用することが可能となります。

しかし、当然ながらキャッシュレス診療サービスを利用できたとしても、最終的には医療費が請求されるため、医療費を100%カバーできるよう保険に加入しておく必要があります。

クレジットカードを海外旅行傷害保険で選ぶ際には、最高補償額ではなく傷害治療費用、疾病治療費用で選ぶのがおすすめです。

たいていの場合、最高補償額は傷害死亡・後遺障害の金額となりますが、海外旅行で最も利用頻度が高いのはケガや病気で入院や手術を行うケースです。

この2つの金額を基準に保険を選ぶと、帰国後に治療費で困るということもなくなるので安心ですね。

旅行先の医療費を確認しておき、クレジットカードの付帯保険で十分な金額がつけられない場合は、一般の保険への加入も検討するのが無難です。

ちなみに、クレジットカードの海外旅行傷害保険は、傷害死亡・後遺障害の項目を除くと複数のカードの保険を合算させることができます

旅行先の医療費などを事前にチェックしておき、もし補償金額が不足しているようであれば、出発前に新たに保険が付帯しているカードを発行しておくことも視野に入れておきましょう。

特に、学生が海外旅行に行く場合には学生専用ライフカードJALカードnaviを持っておくのがおすすめです。

どちらも年会費は無料で海外旅行傷害保険が自動付帯していますが、学生専用ライフカードの場合はさらに、海外でのショッピングに利用した金額が5%キャッシュバックされるというお得な機能が備わっています。

学生の旅行に必携のカード!【学生専用ライフカード】

おすすめポイント
  • 卒業後も年会費無料で使える!
  • 海外旅行・損害保険が自動付帯!
  • 海外でのカード利用で5%キャッシュバック!
  • ポイントの使い道が多彩!
  • ポイントは最大5年間有効

満18歳以上満25歳以下の学生であればどなたでもライフカードを作成することができます。
特に、卒業旅行や長期休みで海外旅行に行く学生にとって魅力的なカードです。

卒業後も年会費無料で利用することができます。

海外旅行中の事故や死亡・後遺障害などを最高2.000万円まで補償され、現地のトラブルもライフカードの海外アシスタンスサービス(ライフデスク)に問い合わせることで日本語で徹底サポートをしてくれます。

海外旅行先でのクレジットカード利用は利用総額の5%にあたる現金がキャッシュバックされます。
例えば、海外で10万円分のカード利用で5000円分キャッシュバックされます。

ポイントは100円で1ポイント貯まりますが、誕生付きは3倍、ショッピングモール「L-Mall」での買い物で最大25倍!
1ポイントの価値が最大10円相当と価値が高く、貯めたポイントはANAマイルやAmazonギフト券などに交換する事ができます。
ポイントは最大5年間有効なので、失効の心配なく貯めていくことができます。

また、JALカードnaviの場合はショッピングや航空機の利用で、ポイントの代わりにマイルを貯めることができ、学生の場合はさらにボーナスマイルなど加わって効率よくマイルを貯めていくことができ、最終的に特典航空券と交換することで通常のポイントとは比較にならないほどの高還元率を実現することが可能となります。

JALカード navi

おすすめポイント
  • 100円で1マイル貯まる!毎月5万円の利用で1年間で6000マイルも貯まる!
  • JALカード naviなら特典航空券を最大6割引きでゲットできる!
  • 海外旅行ボーナス、祝卒業!継続ボーナス、語学検定ボーナスなどボーナスマイルをもらえるチャンスがたくさん!
  • 国内旅行損害保険/海外旅行保険が 自動付帯!!
  • 在学期間中は、マイルの有効期限なし!

JAL naviカードは100円で1マイル貯めることができるので、外食費や公共料金、インターネット、スーパー、コンビニなどの支払いで毎月5万円の利用すれば1年間で6000マイルも貯まります。

また通常よりも少ないマイルで手に入る特典航空券(最大6割引き)もありますし、様々な形でボーナスマイルをゲットできます。

しかも在学中はマイルの有効期限なし!

マイルに注目してクレジットカードを探している学生さんは検討必須のカードです!

その他の学生専用クレジットカードについても、学生は卒業旅行などで海外を訪れる機会が多いため、海外旅行傷害保険が充実していることが多いです。

学生がクレジットカードを作るメリットは比較的大きくなります。

購入した商品の盗難や破損による被害を補償してくれるショッピング保険!

クレジットカードによっては、ショッピング保険が付帯していることがあり、海外旅行傷害保険と合わせてカード選びの指標の1つとなります。

ショッピング保険はカードで購入した商品が壊れたり盗難にあったりした場合に購入金額が補償されるというもので、現金購入では利用不可能な保険となっています。

さらに、ショッピング保険は本人に重大な過失がある時以外であれば保険が適用されるため、思った以上に利用できる機会が多い保険でもあります。

ショッピング保険はカードによって補償期間が設けられており、一般的には90日ですが長いと120日~180日に設定されているものもあります。

原則として保険の適用者が商品の所有者と一致していなくとも保険は適用されるため、たとえばカードでプレゼント用の商品を購入し、第三者が受け取った後に破損させたとしてもショッピング保険を利用することが可能となります。

ただし、カードによっては支払い方法がショッピング保険の適用に影響を与えることがあります。

例として、三菱UFJニコスのMUFGカードにおける一般・ゴールドカード会員が国内のショッピングで保険を利用する場合、分割払いかリボ払いまたは楽Pay登録カードで支払った商品のみが対象となっています。

また一般的に多くのショッピング保険では免責金額が設定されており、保険利用時に3,000円~10,000円程度を自己負担で支払う必要があります。

さらに、ショッピング保険は適用外となる商品も存在し、カードごとに規定されています。通常、以下のような商品はショッピング保険の対象外となっています。

「電化的または機械的に故障した商品」
「コンタクトレンズ・義歯・義肢・めがね・ファッショングラス」
「動物や植物」
「食料品全般」
「航空券・商品券・などあらゆる金券・書籍・現金」
「自動車・船舶・自転車・自動二輪車・原付自転車・ハングライダーなどの乗り物」
「絵画・美術品・骨董品」

さらに、置き忘れなどのケースは重大な過失として扱われ、ショッピング保険を利用することができません。

その他には、配送中、詐欺被害、自然災害における破損も同様にショッピング保険は適用されません。

カードによっては補償対象の商品の購入場所が国内に限られていたり、購入金額が5,000円以上の商品に限られていたりするので、その点についても事前に把握しておく必要があります。

実際にショッピング保険を利用する場合は、カードによってはたとえ補償期間内であっても、商品の破損から30日~45日以内など、規定の日数以内にカード会社に連絡をしなければいけないことがあります。

さらに、商品購入時の利用控えや破損した商品の写真などが求められるケースもあります。

紛失・盗難時の不正利用を補償!紛失・盗難保険!

全てのクレジットカードには紛失・盗難保険が付帯しています。

紛失・盗難保険は、カードの紛失・盗難に遭いなおかつカードが不正利用された際にその金額が補償されるという保険です。

紛失・盗難保険では、物理的にカードを悪用されるケース以外にも、個人情報の流出・スキミング・フィッシング詐欺などでクレジットカード情報のみが盗まれて不正利用された場合にも保険が適用されます。

カードによってはネット犯罪には別の保険が適用されることもあります。

また、紛失・盗難保険は、海外旅行傷害保険やショッピング保険とは違ってカードごとの違いというのがあまり無く、国内海外を問わず保険を利用することが可能です。

紛失・盗難保険を利用する際の手続きとしては、カード会社に連絡をしてカードの利用を停止してもらい、警察に届け出を出し、届け出の受理番号を伝えるために再度カード会社に連絡をする必要があります。

紛失・盗難保険を利用すると損害は原則として全額補償されますが、カードの紛失・盗難に遭ってから60日以内にカード会社に連絡しなければなりません

ただし、60日以内に手続きを行ったとしても紛失・盗難保険が適用されないケースも存在します。

たとえば、家族や知人にカードが不正利用された場合は、結託した詐欺と疑われて保険を利用できない可能性があります。

また、クレジットカードの規約に違反して利用している場合も保険は適用されません。

代表的な例としては、家族や他人に貸していたクレジットカードが紛失や盗難に遭って不正利用された場合です。

クレジットカードの規約では、所有者以外がカードを利用することは禁止されており、たとえ承諾があったとしても法的には詐欺罪が成立する可能性もあります。

さらに、カードの暗証番号をカードの裏面に記載していたり、クレジットカードを置き忘れたりしたケースでは本人に重大な過失があると判断されるため紛失・盗難保険は適用されません。

また、意外かもしれませんがカード裏面の署名欄に署名をしていない場合も保険が適用されない事があります。

署名は筆跡によって本当に利用者かどうか証明するという役割を持っており、クレジットカードの規定では署名されていないカードは原則として利用不可能となっているので、裏面には必ずサインしておきましょう。

自転車事故や弁護士費用を補償!?クレジットカードの見逃せない保険たち!

クレジットカードには、これまで紹介した基本的な保険に加え、追加費用を支払うことでその他のさまざまな保険に加入できるものが存在します。

たとえば、Yahoo! JAPANカードというクレジットカードでは、月額490円支払うことで独自のプラチナ補償に加入することができます

プラチナ補償では、以下のような18種類のトラブルにおける損害が補償されています。

「修理補償」「破損補償」「宅配郵送事故補償」「盗難補償」「返品補償」「旅行・イベントキャンセル補償」「海外旅行けが・病気お見舞い」「海外旅行持ちもの損害補償」「海外旅行思わぬ出費補償」「なりすまし賠償責任補償」「ネット売買トラブルお見舞い」「個人情報漏洩過失責任補償」「携帯電話水漏れ・全損補償」「交通トラブルお見舞い」「電子デバイス災害補償」「車上荒らし被害補償」「自転車事故賠償責任補償」「お悔やみ帰省お見舞い」

「修理補償」「破損補償」「宅配郵送事故補償」「盗難補償」「返品補償」では購入した商品の各トラブルについて、それぞれかかった費用の50%~100%が補償されます。

「旅行・イベントキャンセル補償」「海外旅行けが・病気お見舞い」「海外旅行持ちもの損害補償」「海外旅行思わぬ出費補償」は海外旅行の際に利用可能な保険です。

病気などで旅行をキャンセルした場合や荷物を盗まれた場合などが補償されます。

「なりすまし賠償責任補償」「ネット売買トラブルお見舞い」「個人情報漏洩過失責任補償」はインターネットのトラブルに備える保険です。

売買トラブルで訴訟を起こす際の弁護士費用や他人に損害賠償責任が発生してしまった場合、かかった費用がカード会社によって補償されます。

その他、日常生活で考えられるさまざまなトラブルについては「携帯電話水漏れ・全損補償」「交通トラブルお見舞い」「電子デバイス災害補償」「車上荒らし被害補償」「自転車事故賠償責任補償」「お悔やみ帰省お見舞い」によって対応が可能です。

ヤフーショッピングがもっとオトクになるカード【Yahoo!!japanカード】

おすすめポイント
  • 年会費永久無料!
  • 18種類の補償がつくプラチナ補償!
  • 破損、盗難、火災などの事故での損害に対して所定の金額を補償するショッピングガード保険
  • 利用明細はすぐにオンラインで確認できる!
  • Yahoo! JAPANサービス(Yahoo!ショッピング、LOHACO)内利用時のポイント付与率は通常時の3倍!

Yahoo! JAPANサービス(Yahoo!ショッピング、LOHACO)内で利用すれば100円につきTポイントが3ポイント貯まるYahoo! JAPANユーザーには嬉しいクレジットカードです!

お買い物や旅行、ネット上の売買トラブルで訴訟を起こした際の弁護士費用から携帯電話の水没故障までサポートしてくれるプラチナ補償も必見です!

また、三井住友VISAカードアミティエカード(学生)では、ショッピング保険、盗難保険はもちろん、最高2500万円の海外旅行傷害保険だけでなく国内旅行でも最高2,000万円の保険が付帯します。

さらに、任意となりますが最高100万円のライフ&スポーツ賠償付自転車保険に加入することが可能です。

この保険を利用すると、自転車との衝突・接触事故や自転車搭乗中の事故による死亡・後遺障害のほか、日常生活で他人の所有物に損害を与えた際や他人を死傷させてしまった場合の賠償責任も最高100万円まで補償されます。

ただし、ライフ&スポーツ賠償付自転車保険は在学中のみ加入可能な保険と言うことに加え、他人への賠償責任は最高金額が100万円では不足する可能性があります。

不安があれば別の保険に加入するということも考えておきましょう。

在学中年会費無料の女性向けカード【三井住友アミティエカード(学生)】

おすすめポイント
  • カード紛失・盗難の際も安心のサポートサービス!
  • 最高2500万円の海外旅行傷害保険が付帯!
  • ケータイ・PHSの利用料のポイントが2倍!
  • 最高100万円のライフ&スポーツ賠償付 自転車保険!
  • 最高100万円のショッピング補償付き!

在学中の年会費が無料になり、かつ最高の2500万円の海外旅行傷害保険と最高2000万円の国内旅行傷害保険が付帯しています。

さらに購入した商品の破損・盗難による損害を90日間最高100万円で補償してくれるショッピング補償もアリ。

また自転車搭乗中の事故などによる死亡・後遺障害や日常生活において他人の財物に損害を与えたことによる賠償責任を最高100万円まで補償してくれる最高100万円のライフ&スポーツ賠償付 自転車保険への申込も可能です。

カード一枚で大きな安心を得られる一枚となっています。

カードご利用代金WEB明細書サービス利用でケータイ・PHSの利用料のポイントが2倍になるのも嬉しいポイントですよ。

まとめ

クレジットカードに付帯する代表的な保険の種類としては、海外での治療費などを補償する海外旅行傷害保険、購入商品の破損や盗難を補償するショッピング保険、紛失や盗難に遭ったカードによる不正利用を補償する紛失・盗難保険があります。

また、その他に自転車保険や携帯電話の水没などクレジットカードが独自に用意している保険がいろいろ存在しています。

保険はいざという時のために用意しておくと日常生活を安心して過ごすことが可能となります。

いろいろなクレジットカードを調べ、自分に合った保険が付帯したカードをぜひ探してみてください。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション