クレジットカードのメリット・デメリットを知り、得するクレカを選ぶ!

 

クレジットカードを持ちたいけど、どのカードにすればいいかわからない……。そんな時、ネットで色々と調べ過ぎたばかりに、その情報量の多さから余計にわからなくなったという人も多いのではないでしょうか?
今回は、クレジットカードのメリットとデメリットを端的に説明し、メリット別にお得なクレジットカードもご紹介します。
ぜひ、クレジットカード選びの参考にしてみてください。

新社会人のクレジットカードをもったきっかけから、クレカのメリットを考える

日本クレジット協会が社会人1~5年を対象とした調査で、若者が初めてクレジットカードを持ったきっかけを聞いたところ、以下のような回答が得られました。

1位 ポイント制度や割引制度など、特典があるから⇒ポイント・マイルが貯められる。

2位 インターネットショッピング等で決済が簡単にできるから

2位 現金の持ち合わせがなくても買い物ができるから

4位 ETCカードを作る必要があったから

5位 海外に行く際に必要だと思ったから⇒旅行に行く際の付帯サービスがついている

6位 社会人として必要性を感じたから⇒ステータスをもてる

以上のことからもわかるように、クレジットカードのメリットを如実に表した結果となりました。

このことから、クレジットカードのメリットとは、以下のような点にあると考えられます。

・ポイントが貯められる

・マイルが貯められる

・旅行に行く際の付帯サービスがついている

・ステータスを持てる

これらのメリットに分けて、おすすめのカードも紹介していきます。

メリット① ポイントが貯められる!

クレジットカードをもつきっかけの一位にもなった、ポイントや割引制度。コツコツ貯めたポイントで、好きな服やバックを買ったり、時には旅行に行ったりと、使い方も様々です。

大手ネットモールやショッピングモールでは自社限定カードを発行し、カード利用で自社ポイントがどんどんと貯まるシステムを構築しています。その中でも、大手流通系三社のポイント特典付きカードをご紹介!

Tポイント派には【Yahoo!JAPANカード】 年会費無料

共通ポイントの最大手、Tポイントが貯まるクレジットカードならば、Yahoo!JAPANカードです。

Tポイントは、ファミリーマートやエネオス、ガストや吉野家などで貯めることができます。1ポイント=1円で使うことが可能で、Yahoo!ショッピングを利用するで、さらに還元率はアップします。

楽天市場でポイントがザクザク貯まる【楽天カード】 年会費無料

楽天カード

ポイントサービスが充実している楽天ポイントを貯めるなら、楽天カードがおすすめです。
楽天ポイントは、インターネット・モールの楽天市場はもちろんのこと、ポプラや出光などの店舗でも貯めることができます。

年会費無料でポイント還元率は1%程度ですが、楽天市場内で買い物をすればポイントは四倍になります。

イオンでよく買い物する人には【イオンカード】 年会費無料

日常生活の買い物で、ポイントを貯めるならば、イオンカードも見逃せません。

特にイオングループで力を発揮し、毎月10日はWAONポイント付与が5倍、毎月20日と30日はWAONでの支払いで5%割引になります。

「イオンカードセレクト」ならば、イオン銀行の普通預金口座を開設で普通預金金利が年0.1%上乗せされるメリットもあります。

上記以外にも、携帯電話料金などでWALLETポイントが貯まるau WALLETカードやau WALLETゴールドカード、dポイントが貯まってPontaとの相互交換もできるdカード、Suicaチャージで還元率1.5%の実質年会費無料カード、ビックカメラSuicaカードなどがあります。

クレカのメリット②マイルが貯まる

ポイントプログラムの中でも、還元率が良さで定評のあるマイレージプログラム。

以前は飛行機に乗らないとマイルが貯まりませんでしたが、提携カードの登場により、現在では日常のカード決済でもマイルが貯まるようになっています。

最もマイルが貯まりやすいクレカといえば、やはり航空会社系のカードといえます。航空会社だけあって、旅行傷害保険などの付帯サービスも充実しています。

マイルを貯めたい人にオススメ【ANAカード】

ANAカードには、「ANA VISA Suicaカード」「ANA VISAカード」「ANA JCBカード」など、数多くの提携カードがあります。

「楽天ANAマイレージクラブカード」というカードもありますが、厳密にはクレジットカードではありません。
ANA VISA Suicaカード(初年度年会費無料、2年以降2,160円)を例に挙げますと、ANAマイル還元率は0.5%ですが、以下のようなボーナスポイントが多いのが魅力です。

・入会や継続特典で1000マイル付与
・5万マイルまでは移行手数料無料

チャージでマイルが貯まる電子マネーも、Suica、モバイルSuica、iD、PiTaPaなど豊富です。

年会費が税別2000円かかるのがネックですが、リボ払いサービスの「マイ・ペイすリボ」に登録すれば、年会費を751円にまで下げられます。

最高補償額1000万円の国内・海外旅行傷害保険が自動付帯しています。

JAL派の方にオススメ【JALカード】

JALカードも負けてはいません。
VISA、マスターなど数多くの国際ブランドを搭載し、提携カードも豊富です。
特に、「JALカード TOKYU POINT ClubQ 」(初年度年会費無料、2年以降2,160円)はお得でおすすめです。
マイルへの還元率は0.5%ですが、以下のようなお得なボーナスポイントプログラムがあります。

・入会時に1000マイル付与
・毎年初めて搭乗する際に1000マイル付与

電子マネーはPASMOとWAONのチャージでマイルが貯まります。

最高補償額1000万円の国内・海外旅行傷害保険が自動付帯。家族カードも年会費1080円で発行できます。家族間でマイルを合算できるので、マイルを貯める上でおすすめです。

メリット③海外旅行に行く際の付帯サービスがついている

新社会人がカード選ぶ際の理由に「海外旅行で必要だから」といったものがありました。旅行向きのカードも多種多様にありますが、国内向けであればJCB、海外向けであれば国際ブランドのVISAやMASTERと、使い分けした方がよいでしょう。

ほとんどの旅行向きカードには旅行傷害保険が自動付帯され、ゴールドカード以上のステータスクラスになれば、空港ラウンジや送迎サービスなど上質なサービスを受けられます。

旅行する際、別途、旅行保険に加入しなくてもよいので、旅行好きならば旅行向けのカードをおすすめしています。

旅で得する【JCBカード】

JCBカードは、国内で先駆け的な旅行カードであり、一般カードであっても国内旅行や海外旅行の傷害保険補償額は最高で3000万円までと高い補償額を誇ります。

ゴールドカード(年会費10,800円)以上のステータスカードになると、空港ラウンジサービスを無料で利用できます。国内の主要空港とハワイ・ホノルルにラウンジが設置されています。
ラウンジでは、以下のようなサービスを受けられます。

・フリードリンク
・荷物の一時預かり
・レストランやチケット、ホテルの手配

コスパよく優待サービスを持ちたいなら【楽天プレミアムカード】

楽天カードのゴールドカードが、楽天プレミアムカードです。
年会費は税別1万円ですが、それを補って余りある優待サービスが魅力的です。

空港にあるカード会社のラウンジのみならず、航空会社のラウンジも利用できる(一部対象外あり)「プライオリティ・パス」を無料(通常399ドル相当)で利用できます。

さらに、国内・海外旅行傷害保険の最高補償額は5000万円まで、カードで購入した商品の破損などを補償するショッピング保険が年間最高300万円まで、自動付帯してきます。

メリット④ステータスを持てる

もともとクレジットカードの入会には審査があるので、カードを持っている時点で社会的信用があると証明されています。
持っているだけではなく、定期的に利用し、支配能力を見せることで、さらに信用は高まります。

それにより、審査のより厳しいゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードなどのステータスの高いカードも持ちやすくなります。

信用を高めたい方にオススメ【三井住友カード】

ステータスの高いカードと言えば、「三井住友VISAカード」でもおなじみの三井住友カード。
三井住友カードは銀行系なので、その審査はカード会社の中でも難易度が高いです。

それだけに、三井住友VISAカード発行された時点で、社会からそれなりの信用があるとみなされます。

一般カードの上には、三井住友VISAゴールドカードや三井住友VISAプラチナカードなどが控えており、一般カードでカード利用実績を作っておけば、上級カードへの道は一気に広がります。

気を付けなければならない、クレジットカードのデメリット

クレジットカードはポイントや割引サービスなどのメリットもある反面、カードを使うということは「借金をする」と同じことですから、それなりのデメリットもあります。以下にクレジットカードのデメリットを記載しておきました。以下のことに注意して、賢い運用をしてください。

デメリット①使いすぎてしまう

現金払いであればお金が無くなれば利用できませんが、カードは手元にお金がなくても利用できます。

カードの利用金額が支払い可能な金額を超えてしまうリスクもあります。カード会社ではそれぞれ使いすぎがないように、年収の三分の一までの利用限度額を設けています。

また、一回払いなら問題ありませんが、分割払いやリボ払いにした場合、12~18%ほどの手数料が発生します。くれぐれも使いすぎや支払い方法に注意し、返済計画をしっかりと立てましょう。

デメリット②カードの有効期限や解約の際には細心の注意を

カードの有効期限や解約の際には、細心の注意を払ってください。

公共料金やネットショッピングの支払いをカード払いにしていた場合、そのカードの有効期限が来たり、カードを解約したりすると、口座からの引き落としが正常になされない場合もあります。

そうなると、個人信用情報記録に遅滞の情報が残ってしまいます。こちらの記録に遅滞情報が載った場合、次のクレジットカード審査に影響を及ぼす可能性もあるので、十分に注意してください。

デメリット③不正利用や盗難の可能性も

ネットショッピングでカードを利用する際に特に注意したいのが、不正利用です。サイトにアクセスしている間にカード情報が盗み取られて、不正利用されたことを気づかず、後から被害が発覚したという話もよく聞きます。

ネットショッピングする際、セキュリティソフトを必ず入れて、さらに不正利用を補償してくれるカードを利用した方がよいでしょう。

また、海外旅行先などで気になる盗難においても、最近のカードはほとんど盗難保険がついています。年会費の高いものほど補償額も高くなります。盗まれたり、紛失した後に不正利用された場合でも、保険内で補償してくれるので安心です。

三井住友カードではカードの不正利用を防ぐため、顔写真入りのカードを発行してくれます。

まとめ

クレジットカードには便利さや特典など多くのメリットがある反面、便利さゆえのデメリットや注意点もあります。カードを利用する際は、収入とのバランスを考え、使い過ぎや不正利用などに細心の注意を払いましょう。