お金の参考書 クレジットカード

クレジットカード審査の見送り、クレームは禁物!

2016.12.02

クレジットカードの審査で見送りという残念な結果になっても、決してやってはいけないことがあります。
それはクレームです。
一度や二度のクレームはまだしも、何度もクレームを行っていると、カード会社から「クレーマー」扱いされ、次のカード審査に影響を及ぼす場合も考えられます。
カードが審査落ちという結果になったとしても、感情に任せた行動に出るべきではありません。

まずは冷静になって、時がたつのを待ってください。
申込みと審査結果の記録は個人信用情報機関に記録されています。
その記録は6か月で消えます。それまでは、ただ待つのみです。

カードの審査に落ちたからといって、今後も絶対にカードが作れないわけではありません。
なぜ審査落ちしてしまったのかを知り、今後どうすべきか対処する必要があります。そのノウハウをまとめましたので、参考にしてみてください。

審査落ちの記録は信用情報に登録される

「クレジットカードがどうしても欲しい!」

そう思ってA社のカードを申し込みましたが、審査に落ちてしまいました。
そこで間をあけず、B社のカードを申し込みましたが、また審査落ちでした。
更にC社のカードにも申し込みましたが、またもや審査落ちしました。

この場合、何が原因として考えられるでしょうか?

まず、最初に原因として考えられるのは、カード会社が審査の際に判断材料とする個人信用情報機関の個人情報記録です。こちらには、クレジットカードやローンの利用・支払い履歴、借入(キャッシング)状況、延滞情報、保証会社の代位弁済の有無などの記録(=クレジットヒストリー)が残ります。

この記録には、新規のクレジットカード申し込みや審査状況も記録されます。

これらの記録は、個人信用情報機関に加盟する全てのカード会社とローン会社、銀行などで共有しています。

ですので、A社のカードを申し込んだことが、B社に知られないだろうということはありません。全カード会社の申込みや審査状況が閲覧できるため、A社の審査落ちの結果が次のB社、そしてC社の審査にも影響を与えたことが考えられます。

審査落ちの記録は6ヶ月間残る

ここで重要なのは、カードの申込と審査落ちの記録が信用機関情報に6ヶ月間保存されるということです。
つまり、1月にカードの申込をして審査落ちしたら、その記録は7月まで残ります。この審査落ちの記録は、カード審査では不利となってしまいます。

例えば、申し込んだカードが1社のみだった場合は、下記の通り、6ヶ月後には自動的に審査落ちの記録が消去されることになります。

1月 カード審査落ち
2月
3月
4月
5月
6月
7月 審査落ち情報削除

問題は、前述した例のように、A社・B社・C社・・・と連続して何社にもカードの申し込みをした場合です。

A社は1月に審査落ち、B社は2月に審査落ち、C社は3月に審査落ちしているとします。
この場合、審査落ちの記録を全て抹消されるには、最後に審査落ちしたC社の記録が削除される9月まで待たなければならないということになります。

1月 A社審査落ち
2月 B社審査落ち
3月 C社審査落ち
4月
5月
6月
7月 A社審査落ち情報削除
8月 B社審査落ち情報削除
9月 C社審査落ち情報削除

一度審査落ちすると、他社カードでも立て続けに審査落ちすることは珍しくありません。

審査落ちの記録がまだ残っている時点で、違うカード会社に申し込んだ場合、カード会社にカード発行を焦っている印象を与えてしまいます。

この焦っているという印象から、カード会社は「この申込者は資金繰りに困っているのではないか?」という疑いを持ちます。その疑いから、カード会社は、回収不能のリスクありと判断し、そのリスクを回避するために、カード発行を拒否します。それで、審査落ちの状態となるわけです。

度重なる審査落ち、それって多重申込みでは?

複数のカード会社に連続して申し込んでいる状態を、クレジットカード業界では「多重申込み」と言います。

多重申し込みは、カード会社に良い印象を与えません。

短い間でこの「多重申し込み」を行った場合、カード会社には「資金に困っている人」とみなされ、審査の基準となるスコアリングにマイナスとなります。
そのため、カード会社から“申込ブラック”と言われ、審査落ちの原因になりかねません。

“申込ブラック”は時間が解決してくれる

では、一度“申込ブラック”になると、二度とクレジットカードは手に入らないのでしょうか?

実は、そんなこともないのです。

多重申し込みで申込ブラックになっている状態でも、必ず解決方法はあります。

なぜなら、申込と審査落ちの記録は、個人信用情報機関に6ヶ月しか保存されないからです。

6ヶ月経ってしまえば、過去にどれだけ審査落ちしていようとも、カード会社が個人信用情報機関にその記録を照会することはできません。

そのため、多重申込みで連続して審査落ちになっているのであれば、まずは6ヶ月間待つようにしてください。

そうすることで、申し込みブラックの記録が消去され、次のカード申し込みへ希望が持てるようになります。

この多重申し込みは、延滞や自己破産などの金融事故情報に比べると、マイナス要因は低いので、そこまで深く考える必要はありません。

しかし、審査落ち後、6か月待ってから再度カードを申し込み、それでもカード発行を拒否された場合、それは他の原因が考えられます。

まずは、審査落ちとなった金融事故情報や延滞などの原因を究明し、その状態を改善することも重要です。

審査落ちしてもクレームだけは避けたい

クレジットカードの審査で落とされた場合、だれしもその理由を確認したくなります。そのため、カード会社に電話で問い合わせをするということもあるでしょう。
もちろん、それ自体、悪いことではありません。

何か疑問に思うところがあれば、カード会社に納得がいくまで聞き、次の教訓に生かすことはよいことだと思います。
しかしその際の注意点があります。

それは、クレームです。

質問が転じて、苦情(クレーム)となった場合、カード会社によい印象を持たれないどころか、クレーマーとして記録されてしまうこともあります。

そうなると、その後のカード審査において難易度がぐっとあがり、圧倒的に不利になります

クレーマーは社内ブラックになる

カード会社側でクレーマーとして記録されると、その後“社内ブラック”リストに名前が登録されます。そのリストはグループ会社内で共有され、グループ会社内における全てのクレジットカード審査に影響を与えます。

この“社内ブラック”と似たような言葉に、「ブラック情報」があります。

「ブラック情報」は、個人信用情報機関の記録に、延滞や自己破産などの金融事故情報が含まれている状態をいいます。このブラック情報は、個人信用情報機関で完済後5年には削除され、個人信用情報がリセットされます。

しかし、社内ブラック情報は、グループカード会社内にほぼ無期限で記録されます。そういった状態で、同じグルーブにある他のクレジットカードを申し込もうとしても、カードを永久に取得できないという事態も想定されます。

カード会社は、審査落ちしたことにクレームを言ってくる申込者は、今後つきあいしていく上で、良好な関係は築けないと考えます。そういったこともあり、審査以前にすでに社内ブラックで除外される場合が多いのです。

ですので、審査落ちをして、カード会社にその理由を問い合わせをする際には、冷静に対処するよう、心がけてください。電話だけでなくメールで問い合わせる時も、同様のことがいえます。

審査落ちの理由を知りたいなら信用情報機関に情報照会

審査落ちの理由や審査基準は誰でも知りたいものです。
審査落ちの理由が納得のいくものであれば仕方ないと思えますし、次回の申込では、その部分を改善することもできます。

そこで、審査落ちの原因を聞くために、カード会社に問い合わせしたとします。しかし、カード会社からは「申込情報から総合的に判断してカード発行否決となりました」という一辺倒な答えが戻ってくるだけで、具体的な原因がわからないままです。

「なぜ自分の情報なのに開示してもらえないのか」と怒りたくなるのも仕方ありません。でも、そこは、社内ブラックにならないために、ぐっと我慢してください。

実は、他にも審査落ちの理由を調べる方法はあるのです。

その方法とは、個人信用情報機関での個人情報開示システムです。
個人信用情報機関に情報照会ができるのは、何もクレジット会社だけではありません。

申込者本人も情報照会ができます。

どうしても、審査落ちの理由をはっきりさせたい場合には、まずは個人信用情報機関に情報開示請求をしましょう。

(個人信用情報機関に情報公開請求をする方法についてはこちら

請求した個人信用情報に金融事故の記録があった場合には、それが審査落ちの原因になっている可能性が大きいです。

最近では、携帯電話端末代の延滞など、本人も忘れている小額の金融事故が原因で審査落ちになっているケースも増えてきています。

特に金融事故はなく、多重申込みの記録があるのであれば、申込ブラックの状態で審査落ちだったと考えられます。

まとめ

クレジットカードの審査で落ちた場合、まずはその記録が個人信用情報機関から削除される6ヶ月後まで待つということを、常に覚えておいてください。

焦って他のカード会社に申し込みをしても、多重申込みで、またもや審査落ちしてしまいます。
現在、カード会社内の審査でカード発行が決定されると、早いスピードで、カードが発行されます。ですので、まずは焦らず、6か月後を待って、再度挑戦してみてください。

また、審査落ちの理由をカード会社に問い合わせるつもりが、逆にクレームになってしまった、というような状態も避けなければなりません。

“社内ブラック”になると、社内情報としてグループ会社全体に共有されるので、そのグループ会社のカード発行をあきらめなければなりません。

審査落ちが続き、多重申込みの記録が残ってしまっても、それは6ヶ月後には消えていきます。まずは、6か月待ってください。
その間、信用信用情報機関に、自分の信用情報を問い合わせ、落ちた理由をつきとめることもできます。
審査落ちの理由をつきとめ、状態を改善することで、支払い能力のアップにもつながります。

また、カードの種類を再検討することも大切です。

・審査の厳しい銀行系カードよりも、審査の緩い消費者金融系のカードを選ぶ。

・判断基準が高すぎるゴールドカードより、判断基準がより低い一般カードを選ぶ。

以上の2つのポイントでカード選びを再検討することで、カード発行の可能性もグンとアップすることでしょう。


関連記事

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション