クレジットカードの家族カードを発行するメリットとデメリット

クレジットカードは追加で「家族カード」を発行することができます。発行された家族カードはその会員(以後、本会員とします)の家族が所有することができ、その利用額は本会員の口座から引き落とされます

サービスの内容も本会員とほぼ同じで、しかも本会員よりも割安で所有が可能となっているので、家族もプラチナカードやゴールドカードを格安で持つことができます。

今回はそんな魅力たっぷりの家族カードのメリットやデメリットについて詳しく解説をしていきたいと思います。

家族カードのメリットは?

まずは家族カードのメリットを紹介していきます。

年会費が割安になる

多くのクレジットカードで家族カードの年会費は本会員のカードと比べると割安に設定されているので、配偶者の方やお子さんが同じクレジットカードにする場合は別々で持つよりお得になります。

例えば、三井住友VISAゴールドカードは夫婦で同じカードを持つか、配偶者の方が家族カードを持つかで夫婦合計の年会費が1万円も異なってきます。

三井住友VISAゴールドカード 年会費
本会員+本会員 10,000円+10,000円=20,000円+税
本会員+家族カード 10,000円+0円=10,000円+税

以下は三井住友VISAプラチナカードを夫婦別々に持った場合と配偶者の方が家族カードを持った場合での年会費の違いです。

ゴールドカードよりもランクが高いプラチナカードだと年会費が5万円も違ってくるのが分かりますね。

三井住友VISAプラチナカード 年会費
本会員+本会員 50,000円+50,000円=100,000円+税
本会員+家族カード 50,000円+0円=50,000円+税

カードが作り易い

家族カードを発行するときの流れは一般のクレジットカードとは異なります。あくまでも主契約者は本会員になるので、本会員の個人信用情報をもとに審査されるのです。

例えば父親がクレジットカードを所有しており、子供に家族カードを持たせたい場合の審査対象は父親になります。しかし父親はすでに審査を通過しているので、ほとんどの場合子供も家族カードを発行できる流れになるのです。

専業主婦(主夫)や学生など支払い能力に不安がある方にとって、家族カードは発行しやすいクレジットカードになります。

本会員と同様のサービスを受けることができる

クレジットカードには次のようなサービスが付帯していますが、家族カードも同様のサービスを受けることができます

● 空港ラウンジサービス = 空港ラウンジを無料で利用できる
● 海外旅行傷害保険 = 海外での旅行中のケガや病気、トラブルを補償する保険
● ポイント = クレジットカードの利用でポイントが貯まる

クレジットカードはゴールドカードやプラチナカードなどランクが高いカードになるほどサービスの質は向上します。具体例を挙げると次の通りです。

サービス 楽天カード 楽天ゴールドカード
楽天市場での買い物 ポイント3倍 ポイント5倍
空港ラウンジ 国内空港ラウンジ年間2回無料
(一部の海外空港ラウンジ含む)

ゴールドカード、プラチナカードは一般カードに比べて年会費も高くなりますが、上述の通り家族カードは多くの場合に年会費が本会員に比べて割安に設定されています。

お得にランクの高いカードのサービスを受けられるので、カードのランクがゴールドやプラチナの方は家族カードを作ることをオススメします

ポイントやマイルはほぼ本会員に貯まるので大量のポイントが貯まりやすい

家族カードの主契約者は本会員なのでポイントやマイルは本会員のカードに貯まります。一般的に利用金額が大きければ貯まるポイントも増えるので、大量のポイントが必要な景品を狙っている方に家族カードは効果的です。

またJALカードやANAカードのようなカード利用でマイルが貯まるカードの場合も家族カードは有効です。マイルで交換可能な特典航空券は大量のポイントを必要とします。

例えば、JALカードの場合ハワイまでの特典航空券(往復)は4,0000マイル必要です。JALカードは200円利用につき1マイル貯まる計算なので、800万円の利用が必要になります。

ここまで大量のマイルが必要になると、特典交換前にマイルが失効していたなんて事態もあり得ます。※マイルには有効期限があります

しかし、家族カードがあればその利用分も本会員の貯めたマイルと合算して使えるので、早くより確実に特典航空券との交換を可能にすることができます。

インビテーションが届きやすくなる

インビテーションとは「招待」という意味を持ち、一般的にゴールドカード以上のクレジットカードに用いられるシステムです。カードの利用額や契約年数をもとに、カード会社が信頼に足ると判断した方に適用されます。

適用された方はネットや郵送物によってカードのランクアップを提示されます。その提示に従って申込みをするとカードがランクアップする仕組みです。

カードの利用額はインビテーションの審査において非常に重要です。家族カードの利用分は本会員の利用額に反映されるので、インビテーションを貰いやすくするのに家族カードは有効です。

ゴールドカードなどの付帯サービスは家族カードにも適用されるので、家族で協力してインビテーション制の高ランクカードを狙うのも効率が良くてオススメですよ。

家族カードのデメリットは?できないことは何?

専業主婦や学生でも作りやすく魅力的な家族カードですがデメリットもあります。

ここでは家族カードの注意点やできないことをご紹介するので、利用時の参考にしてください。

家族カードは全てのクレジットカードで作れるわけではない

カードによっては家族カードの取り扱いがない場合があります。例えば、エポスカードは家族カードを発行することができません。

もし家族カードを利用したいのであれば、カード発行前に必ずそのカードが家族カードの発行を受け付けているかを確認するようにしましょう。

家族全員が対象になるわけではない

一般的に「本会員と生計が同一の配偶者、親、満18歳以上の子供(高校生は除く)」が家族カードの対象とされ、それ以外の方は発行できません。

家族カードの対象 家族カードの対象外
配偶者 兄弟
両親 祖父母
18歳以上の子供(高校生は除く) いとこ

中には兄弟・祖父母でも発行できるところが存在するなど、発行条件はカード会社ごとに異なるので確認が必要です。(アメックスなど)

カード利用のプライバシー情報が筒抜け

家族カードで利用した分の請求は本会員のカードに対してされるので、利用明細も主契約者である本会員に発行されます

利用明細には「スーパー 5,000円」など誰がどこでいくら使ったかが記載されるので、個人のプライバシー情報が筒抜けになるのです。

家計の管理が楽になるメリットも存在するので、どこまでプライバシーを共有できるか議論したうえで発行することをおすすめします。

家族会員のクレジットヒストリーが蓄積されない

クレジットヒストリー(クレヒス)とはクレジットカードやローンの利用履歴のことで、金融機関に共有される情報です。

金融機関はクレジットカードの発行可否やローンの契約の可否を判断する際にこのクレヒスを重視するのですが、家族カードの場合はその利用分のクレヒスは本会員のものとなるので、家族カード利用者の方のクレヒスが蓄積されません。(支払者が本会員のため)

良い(遅延なくカードやローンの支払いをしている)クレヒスがあると、将来個人でクレジットカードを発行したり住宅ローンを組んだりする際に有利になるので、特に学生の方はその点を考慮する必要があります。

引き落とし口座を分けることができない

家族カードは本会員のカードを利用してる扱いになるので、引き落とし口座を分けることができません。こうした不便さが付きまとうのも家族カードのデメリットです。

ただし、中には口座を別々にできるクレジットカードが存在し、その代表例として三井住友カードの「パーソナルアカウントタイプ」が挙げられます。

申込資格 ・本会員の配偶者
・満20歳以上で安定収入のある子ども
・両親
引き落とし口座 家族会員の指定口座

三井住友カードのパーソナルアカウントは、プラチナカード会員・ゴールドカード会員の方のみ申し込める制度なので、引き落としは個別にしたい方は三井住友ゴールドカードを検討してみることをオススメします。

家族の利用分が家族の口座から引き落とし【三井住友VISAゴールドカード】

三井住友カードの発行するゴールドカードは家族の利用分は家族指定の口座から引き落とせる「パーソナルアカウント」サービスが利用できます。

「自分が使った分は自分で」と思っている親御さんにオススメです。国内の主要航空ラウンジを無料で利用できるほか、医療や健康の不安を24時間医師や看護師、保健師に無料で相談できる「健康相談 ドクターコール24」が付帯。

その他、一流ホテル・旅館を厳選した宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」を5%OFFで利用できるなど、ゴールドカードに相応しい優待も付帯されいます。

デメリットはあるが家族カードはメリットの方が大きい

家族カードは上記で述べた通り、デメリットもありますが、やはり割安な年会費で本会員が持っているクレジットカードと同じものを所有できるメリットには大きな魅力があります

本会員が発行する追加カードなので審査も必要がないですし、ポイントやマイルを家族全員で貯められるので、ポイントの有効期限切れという最悪の事態を防ぎやすいのも大きなメリットです。

クレヒスが(まだ)必要なく、家族のプライバシーという観点からの問題もクリアできれいればメリットだらけのカードなので、家族がいる方はぜひ一度家族カードを検討してみて下さい。


関連記事

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの作り方