家族カードなら審査なし!クレジットカードが持てなかった方も大丈夫

家族  

過去にクレジットカードの延滞をしたり債務整理をしたりすると、新しくクレジットカードを申し込んでもなかなか審査に通りません。
これはブラック情報が登録されているせいなので、その場合にはVISAデビットなどのデビットカードや、国際ブランドの搭載されたプリペイドカードを持つという手もあります。

しかし、クレジットカードでも家族カードならば、事故情報のある方でも審査なしで発行してもらうこともできるんです。
ただし、家族カードを発行してもらうにはいろいろと条件があって、申し込むときにもいろいろと注意点があるのも事実。

そこで今回は、そんな気になる家族カードとはそもそも何か、どんな発行条件か、そして申し込みの際の注意点は何かについて説明をします。

家族カードのしくみと発行条件とは?

家族カードは家族が持てるカード

まずは、家族カードの概要について見ていきましょう。

家族カードは、「ファミリーカード」「家族会員カード」などと呼ばれています。
最初にクレジットカード契約をした人(本会員)の家族が、クレジットカードを発行できるサービス、および家族に発行されたカードのことを「家族カード」と呼んでいます。

家族会員ごとに別名義人のカードが発行されますが、本会員のところにまとめて請求されるのが一般的です。

家族カードは本会員と同じサービスを受けられる

家族カードを持つ大きなメリットの一つは、本会員と同じサービスを、家族カードを持つ家族会員も受けることができる点です。

クレジットカードには様々な特徴があります。

・海外旅行保険などの付帯保険が充実しているカード
・ポイント還元率の高いカード
・空港ラウンジ利用など優待や特典が充実しているカード

などがありますが、家族カードも本会員と同じサービスを基本的には受けられます。

しかも、本会員と比べて家族カードの年会費は無料、もしくは格段に安く設定されているので、費用対効果はかなり高いです。

カード会社によっては、一般的なクレジットカードよりも多い4枚ほどの家族カード発行枚数が無料で可能な場合もあります。

ステータスが高く特典などが充実しているゴールドカードやプラチナカードほど、家族カードを持つメリットは大きいということになります。

「家族」とは、本会員と生計を同一にする親・子ども・配偶者

しかし、家族カードは家族であれば誰でも持てるというわけではありません。

カード発行会社によって微妙に異なりますが、「本会員と生計を同一にしている、高校生を除く18歳以上の親・子ども・配偶者」を、家族カードの発行条件としているところが多いようです。
同居している家族でも、兄弟姉妹などは対象とならないところが多いようです。

以下に、主なカード発行会社の家族カード発行条件について表にまとめましたので、見てみましょう。

カード会社 家族カードの発行条件
三井住友カード 生計を共にする配偶者、満18歳以上のお子さま(高校生を除く)、ご両親
楽天カード 生計を同一にする配偶者、親、子ども(18歳以上)
アメリカンエキスプレス 配偶者、ご両親、18歳以上のご子息・ご令嬢等
アメリカンエキスプレス
(プラチナ)
配偶者、18歳以上の子供、両親だけではなく、内縁・同性婚のパートナー、婚約者でも家族カードを発行可能
JCBカード 本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生をのぞく18歳以上)の方

ほとんどのカードが原則通りの条件なのに対して、アメックスのプラチナだけは家族カード発行条件がかなり緩いことが分かりますね。

ステータスの高いカードほど、家族カードのハードルも低くなるようです。

家族カードの申込者は基本的に審査なし!

家族カードを発行する際、申込者が審査を受けることがあるのか、気になるところですよね。
特に、過去に金融事故を起こして個人信用情報機関に事故登録されてしまった人などは、なおさらです。

家族カードの審査は本人会員の信用情報を照会する

基本的に、家族カードの審査は家族会員になろうとする申込者に対して行うのではなく、あくまでも「本会員」の金融事故情報をカード会社が信用情報機関に請求して、照会された情報を審査します。

申込者に対する審査があるとしても、それは申込者本人の個人情報(氏名、誕生日、生年月日など)を調べる程度の簡易的なもので、申込者の本人確認書類提出も必要ないカード会社が多いです。

もちろん、申込者の勤務先に在籍確認の電話がかかってくることもありませんよ。

家族カードの審査はスピーディー

家族カードの申込者に対する審査はほとんど行われず、本会員の与信状況審査も新規発行時にすでに行っていますので、審査は本会員よりもはるかにスピーディーです。

とはいえ発行にかかる手間は本会員も家族カードも同じですので、発行までの日数が短縮されるとしたら、審査時間の分くらいでしょう。

ブラック情報のカード関連会社で家族カードを申し込むのはNG

ただし、ブラック情報が登録されているカード会社と同じカード会社で、家族カードを発行してもらおうとしても、まず審査には通りません。

家族会員の申込者のブラック情報がカード会社に残っていることが多いため、その情報を参照すればブラックであることがばれてしまうからです。

本会員の属性情報によっては家族カードが発行できないことも

本会員が専業主婦の場合、自己破産者などの旦那さんが専業主婦の家族カードを申し込もうとしても、否決される可能性が高いです。
専業主婦がカードを発行する際に、夫の収入を信用力にカード発行をしているわけで、後ろ盾がブラックとなってしまった専業主婦の家族カードは発行できません。

また、本会員が学生のお子さんで、親御さんがその家族カードを発行しようと思っても、それはできません。

もちろん、本会員がブラック状態であれば家族カードを発行することもしません。

家族カードを申し込むときの注意点

ここからは、家族カードを申し込む際の注意点についていくつか紹介しましょう。

家族カードがないクレジットカードもある

全てのクレジットカードに家族カードの設定があるわけではありません。
中には家族カードがないものもありますので、カードのホームページで詳細を確認しておきましょう。

本会員の同意を得る必要がある

家族カードの支払いもまとめて本会員が行うことは説明しましたが、そのため、もちろん家族カードを発行する際には契約者である本会員の同意を得なければなりません。

家族カードを使ったことが本会員にばれる

家族カードの利用代金分も、利用明細書はまとめて本会員に送られ、返済も本会員の口座から引き落とされます。

本会員からすれば家族カードもまとめた家計管理がしやすくなるメリットがある一方で、家族会員にとっては自身の利用状況が本会員に筒抜けになってしまうデメリットもあります。

三井住友カードでは、逆に家族会員に本会員の利用状況を知られないようにする設定は可能です。

利用限度額は本会員と共有

ショッピング枠やキャッシング枠と言った利用可能枠は、家族カードと本会員で共有します。
家族カードを使いすぎると、本会員分の与信枠が減ってしまいますので、使い過ぎには注意しましょう。

クレジットヒストリーは本会員のもの

クレジットヒストリー(信用履歴)を積み上げることで、カード発行に有利になるものですが、家族カードのクレヒスは全て本会員のものですので、家族カードで自分のクレヒスを積み上げようとしてもそれはできません。

それと同時に、家族カードで延滞などの金融事故を起こしてしまったら、それは本会員の信用情報に傷がつくこととなります。

お得な家族カードを使い倒そう

家族カードはかなりコスパの高いおすすめカードです。
年会費が本会員よりも安く審査もほとんどないにもかかわらず、本会員並みのサービスを受けることができ、海外旅行傷害保険などは利用メリットも高いです。

注意点をしっかり守った上で、お得な家族カードを発行して使い倒しましょう。