お金の参考書 クレジットカード

クレジットカードの申し込み方法を初心者でも分かるように徹底解説!

クレジットカードを入手する際に避けては通れないのがカードの申込みですが、これは初めてクレジットカードを入手しようとしている方にとってはかなり複雑で厄介な手続きになります。

申込みフォームでは慣れない情報の記入をしないといけないですし、事前に準備すべきもあります。また、カード受け取りの際は普通の郵送とは勝手が異なるので注意が必要です。

こうしたカードの申込み作業は可能なら安全かつ効率的に進めたいですよね。

そこで今回はカードクレジットカードの申込み作業を徹底解説します。0からカードの入手までの順に沿って各々のプロセスを詳細に解説していくので、是非本記事を説明書代わりに利用して下さい。

クレジットカードの申込み~入手までの手順を確認

まずはクレジットカードの申込み~入手に至る手順を俯瞰してみましょう。

申込み~カード入手までの流れ
必要な物の準備

申込み方法の選択

申込フォーム(申込書)への必要事項の記入

入会審査とカード発行

クレジットカード受け取り

次からはこの手順に沿ってクレジットカードの申込み方法について詳しい解説をしていきます。

クレジットカードの申込み方法を手順毎に解説

クレジットカードの申込み方法を、上記の手順に沿ってプロセス毎に詳細な解説をしていきます。

カード入手の手順①:必要な物の準備

クレジットカードの申込みの前にまずカード入手に必要となる物を準備しましょう。

クレジットカード発行時には本人確認書類引き落とし口座が必須になります。

また、銀行印の準備や収入証明書類の提出を求められるケースもあります。

銀行印と収入証明書類が必要かどうかはケースバイケースなので、必要と分かった段階で準備することをオススメします。

本人確認書類【必須】

クレジットカードを発行するためには本人確認書類を必ず用意する必要があります。カード利用者が申し込んだ本人かを判断する目的があるためです。

有効な書類は以下の通りです。

● 運転免許証
● 健康保険証
● マイナンバーカード
● パスポート
● 住民基本台帳カード
● 住民票の写し
● 外国人登録証(外国籍の方のみ)
● その他

提示する書類によっては公共料金の領収証書(電気・ガス・水道・固定電話・NHK)や国民年金手帳など複数の書類が必要になる場合があります。

また、現住所と本人確認書類記載の住所が異なる場合も追加で公共料金の領収書が必要になります。

※カードを申込む際には必ずカード会社の公式サイトで有効な本人確認書類や複数の書類が必要でないか等の確認を行うようにしましょう。

引き落とし口座【必須】

クレジットカードの利用料金は口座引き落としでの支払いが原則となるので引き落とし口座の登録が必要になります。

事前に以下の銀行口座があることをご確認下さい。

● 銀行口座
● 郵便貯金口座

ネット専業銀行(楽天カード等)の場合、登録に対応していないクレジットカードも存在します。

これから口座を開設をするのであれば都市銀行・地方銀行の口座かゆうちょ銀行の口座を開設するのがオススメです。

銀行印【場合によっては必要】

銀行印とは銀行口座開設時に登録した印鑑のことを指し、クレジットカード発行時に必要になる場合があります。

申し込むカードのサイトで必要な物の中に銀行印があった場合は事前に用意しておきましょう。

収入証明書類【場合によっては必要】

収入証明書類とは本人の年収を確認できる書類のことです。

賃金業法の改正により年収の1/3を超える借入が禁じられ、総量規制が行われるようになったため、カード申込時にキャッシング枠を設定する場合は収入証明書類の提出が必要になる場合があります

収入証明書類の具体例を挙げておくと以下の通りです。

● 給与支払明細書
● 課税証明書
● 源泉徴収票

収入証明書類が必要となるケースの具体例を示しておきます。楽天カードの場合は次のケースで収入証明書類の提出が必要となります。

● 楽天カードのキャッシング利用枠が50万円を超える場合
● 楽天カードのキャッシング利用枠と他社借入額で100万円を超える場合

ショッピング枠のみでキャッシング枠を設定しない場合は収入証明書類の提出はありません。※他の目的で提出を求められる場合あり

カード入手の手順②:クレジットカードの申込み方法を選択

必要な物が準備できたら次はクレジットカードの申込み方法を選択します。クレジットカードの申込み方法は以下の3種類です。

● ネット申込み
● 郵送申込み
● 店頭申込み

カード会社はこれらの内の一部または全部を申込み方法として用意しているので、申込者の方は好きな方法で申込み可能です。

申込者の方は以下で解説する各々の申込み方法の解説を見て、自分に合った方法を選択しましょう。

ネット申込みの流れと特徴

1 カード会社のサイトにアクセス
2 申込フォームに必要事項を入力
3 カード会社が審査(数日~1週間程度)
4 審査に通過した場合クレジットカードが郵送される

ネット申込みはパソコンやスマホ1台でカードの申込み作業が終了する最も便利な方法です。引き落とし口座の登録も同時に行えるので、カードが届き次第利用することができます。

郵送申込みの流れと特徴

1 カード会社のサイト・店頭で申し込み資料を入手
2 申込書に必要事項を記入・押印し、本人確認書類とセットで郵送
3 カード会社が審査
4 審査に通過した場合クレジットカードが郵送される

郵送申込みの場合は申込資料を手に入れる段階からスタートします。ネットや店頭で書類を入手して、それから必要事項の記入をする必要があるのです。

その後本人確認書類を添付してカード会社に返送する必要があるため、郵送という物理的なやり取りが発生する分ネット申込みよりも時間がかかります。

具体的にはネット申し込みよりも2~3週間程度遅くなると考えておきましょう。手で記入する必要性もあることからあまりオススメはできません。

店頭申込みの流れと特徴

1 クレジットカード発行窓口に行く
2 申込書に必要事項を記入
3 本人確認書類を提示
4 カード会社が審査
5 審査に通過した場合カードが発行

店頭に設置された窓口で申込みをする方法です。具体例を挙げると次の通りです。

● エポスカード = マルイ店内のエポスカードセンターで申込み
● イオンカード = イオン・イオンモール内の申し込み用カウンターで申込み
● みずほマイレージクラブカード = みずほ銀行店頭で申込み

店頭申込みは常駐しているスタッフに質問しながら申し込むことが出来る点がメリットです。

一方で店舗に足を運ぶ必要性があるのが難点と言えるでしょう。

また、店頭申込みの場合店舗へ赴く必要性がある分、申込みに必要な物を忘れると大幅な時間の損失となります。

店頭申込みを利用の際は事前に公式サイトで申込みに必要な物を確認をしておくようにしましょう。

オススメはネット申し込み

クレジットカードが手に入る期間・手軽さを考慮した場合、ネット申込みが一番おすすめできます。ネット申し込みはパソコンやスマホ1台で作業が完結するので入手までのスピードが早く、かつ店頭申込みのように店舗へ赴く面倒臭さもありません。

申込みから翌日~2週間前後で入手可能なカードも多いので、すぐにカード利用の恩恵を受けることが出来るようになります。

カード入手の手順③:カードの申し込みページ(申込書)に必要情報を記入

クレジットカードの申込み方法を選択すると、次に待っているのは申込フォーム(申込書)への必要情報の記入です。具体的には以下のような情報の入力が求められます。

● 国際ブランドの選択
● 取引目的(事業用か生計費用か或いは両方かの選択)
● 名前/性別/生年月日/住所/連絡先
● 職業(本業と副業)
● 住まい(居住形態/居住年数/負担有無/)
● 家族(家族構成/同一生計人数/世帯主との続柄)
● 本業情報(会社名/所属/勤め先種類/資本金/従業員数/入社年月/電話番号)
● 年収
● 無担保借入残高の有無
● キャッシング利用希望枠
● 運転免許証(運転経歴証明書)の有無と番号12桁
● ショッピング支払い方法の指定
● 暗唱番号の設定
● 追加カードの申込み有無
● 支払い口座の金融機関選択

会社情報の入力には戸惑う場面もあるかもしれませんが、webサイトに掲載されている自社のホームページを利用すれば簡単に記入することが出来ます

カード入手の手順④:本人確認書類の提出と引き落とし口座の設定

申込フォーム(申込書)への必要情報入力後には以下の2つの作業が必要になります。

● 本人確認書類の提出
● 引き落とし口座の設定

本人確認書類の提出はインターネットによるアップロードや郵送等で手続きを行います。引き落とし口座の設定については申込みの際にオンラインで設定するか、郵送で設定するかの何れかになります。

何れも難しい作業ではないので、カード会社の案内に従って設定を行うようにして下さい。

カード入手の手順⑤:カードの受け取り

クレジットカード入手の手順の最後は「カードの受け取り」です。カード会社の審査に通過するとカード会社からクレジットカードが郵送されてきます。郵送方法は次の3つの何れかになります。

● 簡易書留
● 本人限定受取郵便
● 受取人確認サポート

各々受け取り方が異なるのでここでチェックをしておきましょう。

簡易書留

簡易書留は3つの受け取り方法の中では最も受け取りやすい方法です。本人不在でも家族が受け取り可能で、受け取りの際はサインでOKなので楽にカードを受け取ることができます。

ただし、ポストには投函されないので、誰かしらは家に居る必要はあります。

本人限定受取郵便

クレジットカードの中には、本人限定受取郵便の特定事項伝達型で郵送されるものがあります。家族など他人が受け取ることはできず、受け取り時に本人確認書類の提示が必要です。

本人確認書類として利用可能なものは以下の通りです。

● 運転免許証
● 日本国旅券(パスポート)
● 個人番号カード
● 健康保険証
● その他

この方法では事前に申込者宛に到着通知書が届くので、その際受け取り方法として配達での受け取りかゆうゆう窓口での受け取りかを選択します。

郵便窓口で受け取る場合は本人確認書類に加えて到着通知書が必要になりますので注意が必要です。

受取人確認サポート

佐川急便が提供しているサービスです。カード受け取りは本人のみ可能で以下の公的書類1点が必要となります。

● 運転免許証
● マイナンバーカード(個人番号カード)
● パスポート※加えて公共料金の請求書が必要
● 在留カード
● 特別永住者証明書

カード申込みの際には受け取り方法も確認し、それぞれの方法に合った行動を取るようにしましょう。

※クレジットカードには上記以外にもお店で直接受け取りを行う店頭受け取りがあります。この場合はカード会社指定の必要物を持参の上店頭で直接カードを受け取ることになります。

ここまでがクレジットカードの申込みから入手までの手順とその詳しい説明になります。

以上、ここまでの内容をシッカリと頭に入れて申込みをスムーズに済ませましょう。

注意!クレジットカードの申込み時に意識すべき点

カード会社の審査に通過し、確実にクレジットカードを発行するために注意すべきポイントを紹介します。確実にカードを入手するためによく頭に入れておくことをオススメします。

短期間に複数のクレジットカードに申し込むのは「申込みブラック」の原因になる

短期間に大量のカードを連続して申し込むのはNGです。これは「多重申し込み」と呼ばれる行為で「申込みブラック」の原因となるためです。

「申込みブラック」というのは短期間の間にカードを連続して申し込んだためにカードの審査に通りにくくなっている状態のことです。

クレジットカードに申し込むとその事実はカード会社によって個人信用情報機関という組織に登録されるのですが、この個人信用情報機関に登録されている情報は登録した会社以外のカード会社も確認が可能です。

短期間にクレジットカードを沢山申し込んでいるということはお金に困っていることをアピールしているようなものなので、カード会社はそうした方を審査落ちにする可能性が高いのです。

仮にお金に困っていなかったとしても、短期間の大量申込みがある時点で本命のつもりが無いのは間違いありません。入会特典狙い等と思われてもおかしくはないのです。

カード会社は上記のような方々に対して費用をかけたりリスクを冒してまでカードを作ろうとは思わないでしょう。

短期間に大量の申込みにならない為には半年以内3枚までの申込みを上限とすることをオススメします。※絶対的な指標があるわけではないのであくまで目安です。

既に「申込みブラック」になっている可能性のある人は半年間待ってからの申込みがオススメです。

個人信用情報機関に登録されている申込み情報は半年で抹消されるからです。

嘘の申告はダメ!申込フォームは丁寧に記入しよう

申込みフォームに嘘の情報を記載するのは絶対に止めましょう。嘘の情報はカード会社にバレる可能性が高いからです。

カード会社は独自のデータベース等を利用して申込者の嘘をある程度暴くことが可能です。

例えば年収で嘘を付いたとします。この場合、カード会社は自社のデータベースを利用して申込者の職業等から想定年収をはじき出します。

想定年収と申込者の申告年収に大きな乖離があれば、カード会社はその申込者を疑います

疑われた申込者は収入証明書類の提出を求められますので、この時点で嘘がバレてしまうことが確定するのです。

他の例を挙げれば、勤務先で嘘を付くのもNG。カード会社による在籍確認で簡単にバレます

カード発行の権利はカード会社にあるので、たとえ嘘とは分からなかったとしても怪しいと感じた申込者を審査落ちにする可能性は十分にありますし、悪質な嘘がバレるとのカード会社のカードは二度と作れなくなります。

また、書類・申込フォームにおける入力ミスにも気を付けましょう。カード会社から確認がある場合もありますが、最悪の場合は虚偽申告と見なされ審査落ちの原因となる可能性もあります。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション