お金の参考書 クレジットカード

デビットカードとクレジットカードの違いを解説!学生が選ぶならどっちが良い?

クレジットカードとよく似たカードとして、デビットカードというものがあります。

どちらも現金を持たずにショッピングをすることができるという点では共通していますが、その仕組みやサービス内容には大きな違いがあります。

特に、初めてカードを持とうと思っている学生の方の中には、どちらが良いのか悩んでいる人も少なくないことでしょう。

そこで今回はクレジットカードとデビットカードの特徴を解説し、それぞれのメリット・デメリットを比較していきます。

クレジットカードにするかデビットカードにするか悩んでいる学生さんの手助けとなれれば嬉しいです!

クレジットカードとデビットカードの仕組みとサービスの違いを解説!

まずそもそもクレジットカードとデビットカードは一体どこがどう違うのか?

ここを明らかにするところからまずは始めていきましょう。

クレジットカードはカード会社が立て替えてくれる借金

まずクレジットカードですが、これは利用者がお店に支払うお金を一時的にカード会社が立て替えてくれるカードです。

そして後日、一括または分割で利用者がカード会社に支払う仕組みとなっています。

つまり、利用者はカード会社に短期間の借金をしているという訳です。

ただし、借金といっても通常の1回払いであれば利用者には手数料がかからず、カード会社はカード決済の機能を導入したお店から手数料を受け取るという形になっています。

デビットカードは使った瞬間銀行口座から直接引き落とされる

一方で、デビットカードは即時決済が原則となっており、カードを利用した際に銀行口座からその分の金額が引き落とされます。

もちろん利用者に手数料などはかからないため、サービスは限定されますがクレジットカードとほぼ同様の使い方が可能となります。

結局クレジットカードとデビットカードはどちらの方が便利でお得なの?

ではもっと具体的にクレジットカードとデビットカードの違いを見ていきましょう。

たとえば、三井住友VISAデビュープラスカード(クレジットカード)とHISデビットカード(デビットカード)を比較してみます。

まず支払い方法についてですが、クレジットカードでは5種類の支払い方法から選べる一方で、デビットカードでは1回払いしか選ぶことができません

また、どちらもショッピング補償が付いていますが、クレジットカードは最高100万円に対してデビットカードは最高30万円と金額は少なめです。

さらに、入会時に審査があるクレカではキャッシングサービスが利用可能ですが、もちろん事前に入金の必要があるデビットカードではキャッシングサービスを利用することができません。

ただし、HISデビットカードの場合は海外の提携ATMから自身の口座に入っているお金を現地通貨として引き出すことが可能なので、海外キャッシングと似たような利用方法が可能です。

つまり、クレジットカードは審査がある分サービスが充実しており、デビットカードは審査がない代わりにサービス内容は控えめというわけです。

その他のサービス内容を比較すると以下の表のようになります。

三井住友VISAデビュープラスカード HISデビットカード
年会費 実質無料(前年度1回以上の利用) 無料
申し込み資格 高校生を除く18歳以上 中学生を除く15歳以上
還元率 0.5% 0.2%
支払い方法 1回払い, 2回払い, ボーナス一括払い, リボ払い, 分割払い 1回払い
海外旅行傷害保険の有無 無し 無し
追加可能なカード 家族カード, ETCカード 無し

三井住友VISAデビュープラスカード(クレジットカード)とHISデビットカード(デビットカード)には海外旅行傷害保険は付いていませんが、クレジットカードによっては海外旅行傷害保険が付帯しており、海外旅行の際に事故や病気でかかった費用を補償してくれます

ちなみに海外旅行傷害保険の補償内容と金額についてですが、以下に学生でも作成可能なエポスカードの例を載せておきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

死亡・後遺障害 最高500万円
最高500万円 270万円(1疾病の限度額)
ケガの治療 200万円(1事故の限度額)
携行品損害 20万円(1旅行・保険期間中の限度額、免責3,000円)
救護者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
賠償金 2,000万円(1事故の限度額)
利用条件 自動付帯(補償期間:1旅行につき最長90日間)

デビットカードは現金よりも便利でお得!でもクレカほどの魅力は無い

たとえば、学生の場合は授業料・教科書代・携帯料金・家賃の支払いなどが必要ですが、デビットカードを活用すると現金を持ち運ぶ必要がなくなります。

もちろんクレジットカードでもキャッシュレス決済が可能ですが、デビットカードであれば使った瞬間銀行口座から直接引き落とされるため、うっかり銀行口座にある以上のお金を使ってしまうといったリスクが低くなります。

さらに、卒業旅行や留学などで海外を訪れる際はHISデビットカードがあれば現地の通貨をATMから引き出す事ができるため、両替所を利用する手間がかからず手数料を安く済ませることが可能です。

また、年間利用額の0.2%がキャッシュバックされるため、すべて現金払いで済ませた場合と比べてお得に利用することができます。

しかし一方で、三井住友VISAデビュープラスカードは還元率が1%(入会後3ヶ月間は2.5%)なので、それと比べるとお得感は少ないです。

※ちなみに他のクレジットカードの例を挙げると楽天カードは還元率1%です

また分割払いやキャッシングなどを行うことができないため、急にお金が必要になった際にデビットカードで対応することは難しいと言えます。

また、学生であっても高速道路を利用する機会があるかと思いますが、デビットカードではETCカードを追加することができないため、別途年会費がかかりますがETCパーソナルカードを契約するか、もしくはETCカードが追加可能なクレジットカードに申し込む必要があります。

クレジットカードのETCカードは無料というケースも多いため、頻繁に車の運転をする方にとってはクレジットカードを選ぶメリットがより大きくなると言えます。

15歳から持てる年会費無料のデビットカード【World Cabit】

おすすめポイント
  • 盗難や偽造による不正利用やカードで購入した商品の破損や盗難の損害を補償!
  • 現地通貨の引き出しが可能!
  • 利用の都度メールが来るご利用通知確認サービスで安心!
  • 年間利用額の0.2%をキャッシュバック!
  • 過去15か月分の利用明細をインターネットで確認できる!

中学生を除く15歳以上であれば持てるデビットカードです。

年会費や入会金は無料で現金払いよりも便利でお得にお支払いをすることが可能です。

キャッシュレスで支払いはもちろん、海外での現地通貨の引き出しや、盗難や偽造による不正利用やカードで購入した商品の破損や盗難の損害の補償といいったサポート体制も用意されています。

また年間利用額の0.2%がキャッシュバックされるので現金払いよりもお得!

年間の利用金額が100万円なら2000円のキャッシュバックがあるので、美味しい外食2回分くらいの金額が返ってきます!

クレジットカードを選ぶメリットは社会人よりも学生の方が大きい?

実は、学生の場合はクレジットカードを選ぶメリットが一般の社会人より大きいことが多いです。

というのも、クレジットカードには在学中しか加入することができない学生専用カードや在学中限定の特典が用意されているものが数多く存在します。

たとえば、学生カードの1枚である学生専用ライフカードの場合、一般カードには付帯していない海外旅行傷害保険や海外ショッピングにおける5%キャッシュバック、携帯料金を支払った月のギフト券抽選プレゼントなどの特典が用意されています。

また、その他にも三井住友VISAデビュープラス(学生)の場合は一般カードと比べてポイント還元率が2倍の1.0%、楽天カードアカデミーの場合は楽天関連ショップの利用でポイントが最大5倍となるオリジナル特典を受けることができます。

ちなみに、学生カードでは卒業後が気になるところですが、多くの場合は卒業間近になると一般カードに自動的に切り替わる仕組みとなっています。

具体的に言うと、三井住友VISAデビュープラスカード(学生)の場合は、18歳~25歳の学生限定のカードなので、卒業後は三井住友VISAデビュープラスカードの一般カードに移行することになります。

ちなみに「三井住友VISAデビュープラスカード」は満26歳以降の最初のカード更新時に「三井住友VISAプライムゴールドカード」に自動で切替わります。(審査はありますが)

また「三井住友VISAプライムゴールドカード」は満30歳になった後、最初のカード更新時よりゴールドカードにランクアップします。(こちらも審査はあります)

なので「クレジットカードが卒業後どのように切り替わるのか?」といった視点も学生の方がクレジットカードを選ぶ際には重要になってくると言えます。

学生限定で発行ができるカード【三井住友VISAデビュープラスカード(学生)】

おすすめポイント
  • 初年度年会費無料!翌年度以降も前年1回以上利用していれば無料!
  • 最短3営業日で発行!
  • 最高100万円のショッピング補償!
  • プライムゴールドカードへの自動ランクアップ!
  • ポイントは通常カードの2倍!

年会費は初年度無料で翌年度以降も前年1回以上利用で無料になるので、実質ずっと年会費が無料の低コストなクレカです!

しかも三井住友VISAデビュープラス(学生)はそれ以外の通常カードを比べてポイントが常に2倍!

しかも入会3ヶ月はポイントが5倍になります!

その還元率は2.5%!

また満26歳以降最初のカード更新時には三井住友VISAプライムゴールドカードへ自動ランクアップするのも嬉しいポイントです!

さらに三井住友VISAプライムゴールドカードは満30歳になった後、最初のカード更新時より三井住友VISAゴールドカードにランクアップします。

三井住友VISAゴールドカードをいずれは欲しいと思っているのであれば三井住友VISAデビュ―プラス(学生)は必見のカードと言えるでしょう!

まとめ

デビットカードは付帯サービスが少ないですが、審査が必要無く15歳以上であれば誰でも持つことができるため、支払い方法でキャッシュレス決済を希望するだけの人にとっては十分な機能を持ったカードです。

現金よりも便利ですし、口座にお金が入っている必要があるため使いすぎの心配が少なく、金銭管理に自信が無い人や子どもに最初に与えるカードとしてもうってつけと言えます。

一方で、少しでも普段のショッピングで得をしたいと考えたり、魅力的な付帯サービスに興味があったりするならばデビットカードでは少し物足りないため、やはりクレジットカードを持つのがおすすめです。

特に、学生の場合であれば年会費無料のカードでも付帯保険や特典が充実しているため、クレカを選ぶメリットは大きいです。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション