ブラックでも作れるクレジットカードはあるのかを徹底解説!

「ブラックになってしまった私でも作れるカードはあるのだろうか…」

ブラックになってしまったけどクレジットカードを作りたいあなたは、上記のような不安を感じているのではないでしょうか?

残念ながらブラックになるとほぼすべてのカード審査に通過することは不可能となります。

しかし、クレジットカードはなくともカード決済をすることは可能です

審査なしで持ててクレジットカードと同じように使えるプリペイドカードがあるからです。

今回はそんなブラックの人でも作れるカードを紹介していきます。

また、ブラックのことがよく分からない人のために以下の項目についても解説していきます。

  • 自分がブラックかどうかを調べる方法
  • ブラックになる条件
  • ブラック状態を抜ける方法
  • 審査なしで作れるカード
  • ブラックの人が審査通過率を上げるコツ

【事前知識】個人信用情報機関とは?

本記事で頻繁に登場する「個人信用情報機関」という言葉について最初に説明をします。※不要な方は読み飛ばしてOKです

個人信用情報機関とは、カード会社や消費者金融会社によって登録されたクレジットやローンの利用履歴を保管しておく機関です。

個人信用情報機関は日本に3社あります。

会社名 CIC JICC KSC
正式名称 ・株式会社シー・アイ・シー ・株式会社日本信用情報機構 ・全国銀行個人信用情報センター
加盟会社 ・クレジット会社
・信販会社
など
・消費者金融
など
・銀行
・信用金庫
など
役割 ・加盟会社からの信用情報の収集
・加盟会社への信用情報の提供

この3つの個人信用情報機関は、それぞれの加盟会社から登録された個人のクレジットやローンの利用履歴等を保管しています。

また、加盟会社からの求めに応じてクレジットやローンの利用履歴等の情報を提供しています。

そのため、クレジットやローンの利用履歴は加盟会社間で共有されることになります。

つまり、クレジットやローンの支払いを滞納するなどの悪質な行為の記録も加盟会社同士で共有されるということです。

滞納記録が加盟会社間で共有されてしまえば、多くの会社のローンやクレジットの審査に通り辛くなるのはこのためです。

また、金融事故と呼ばれる経済的な信用を失墜させる行為(長期の滞納、代位弁済、自己破産など)の場合は、個人信用情報機関間でも情報共有が行われます。

※金融事故については後ほど詳細に解説します。

これは3つの個人信用情報機関に加盟するすべての会社に金融事故の記録が共有されることを意味します。

こうなると3つの個人信用情報機関に加盟するすべての会社のローンやカードの審査に通らなくなります。

クレジットカードやカードローンの支払いの長期滞納などが危険と言われるのは、このようなことが結果として待っているためです。

ブラックの記録はカード会社にバレる!だからブラックはカード審査に通らない

金融事故を起こしたブラックの人は、CIC、JICC、KSCなどの個人信用情報機関にその記録が残るため、5年はカード審査にほぼ通過することができなくなります

金融事故とはクレジットやローンといった信用取引における、長期の滞納や自己破産、強制解約などの経済的な信用を失墜させる行為のことです。

この金融事故を起こすと、その記録は個人信用情報機関に5年の間登録されることになります。

※ただし、KSCの自己破産は10年、JICCの延滞は滞納解消後1年となっています。

また、個人信用情報機関の記録はすべてのカード会社に共有されます。

カード会社にすれば金融事故の記録がある人は敬遠したい対象なので、金融事故記録がある申込者はほぼ必ず審査落ちにします。

ブラックになる条件はこれ!当てはまるとブラックです

ブラックの原因となる金融事故(経済的な信用を失う行為)が記録される行動は以下の通りです。

それぞれ簡単に解説をしていきます。

クレジットやローンなどの支払いを2ヶ月以上滞納した

クレジットやローンなどの支払いを2ヶ月以上滞納する行為は、延滞という金融事故に当たるため、CIC、JICC、KSCなどの個人信用情報機関にその記録が残ります

その結果として滞納者はブラックとなります

クレジットやローンの支払いを2ヶ月以上滞納する行為は延滞(支払いの長期滞納のこと)と呼ばれます。

延滞は個人信用情報機関に金融事故として記録され、その記録は他のカード会社や消費者金融会社などに共有されます。

カード会社にしろ消費者金融会社にしろ、2ヶ月以上も滞納するような消費者には貸付を行いたいとは思いません。

そのため、延滞の記録がある消費者はカード審査やローン審査にまったく通らなくなってしまうのです。

奨学金の返済を3ヶ月滞納した

日本学生支援機構の奨学金の返済を3ヶ月滞納する行為は、延滞という金融事故にあたるため、KSC(個人信用情報機関)にその記録が残ります

その結果として滞納者はブラックとなります

日本学生支援機構は、利用者が返済を3ヶ月以上滞納した場合、延滞記録(金融事故)を個人信用情報機関に登録することにしています。

奨学金の延滞記録は個人信用情報機関を通じて、カード会社や消費者金融会社などに共有されます。

そのため、カード会社や消費者金融会社などは、カードなどの審査の際に申込者の金融事故記録の有無を確認します。

延滞の記録がある申込者は経済的に信用のならない人、ということになるので、当然ほとんどすべての審査に通ることはできません。

自己破産、任意整理、個人再生、特定調停を行った

自己破産、任意整理、個人再生、特定調停は債務整理という金融事故にあたるため、CIC、JICC、KSCなどの個人信用情報機関にその記録が残り、ブラックとなります

自己破産、任意整理、個人再生、特定調停を起こすと、その記録は個人信用情報機関に残ることになります。

この記録は他の金融機関やカード会社などに共有され、クレジットカードやカードローンなどの審査で参照されます。

カード会社や消費者金融会社などにとっては金融事故の記録がある申込者は敬遠したい対象です。

そのため、金融事故の記録がある申込者はカードやローンの審査にまったく通らないブラックとなるのです。

用語解説
  • 【自己破産】
    自分の財産を失う代わりに借金をチャラにすること。自己破産をすると、5年間金融事故として個人信用情報機関に記録が残る※KSCの場合は10年間
  • 【任意整理】
    弁護士と貸金業者が交渉することで毎月の返済額の見直しを行うこと。5年間金融事故として個人信用情報機関に記録が残る
  • 【個人再生】
    借金を5分の1程度に減額して3年~5年で完済する手続きのこと。5年間金融事故として個人信用情報機関に記録が残る
  • 【特定調停】
    話し合いで借金を減額する手続きのこと。5年間金融事故として個人信用情報機関に記録が残る

クレジットカードなどを強制解約された

会社が一方的に契約を解約したためにクレジットカードなどが突然利用できなくなることを「強制解約」と言います。

この強制解約は金融事故にあたるため、個人信用情報機関にその記録が残り、ブラックとなります

カード会社などは利用状況の悪い不良顧客に対し、一方的に契約を解消することがあります。

例えば、クレジットカードがある日突然使えなくなっていれば、それは強制解約の可能性があるわけです。

強制解約は督促(支払いを催促すること)を無視する、利用規約に違反するなどの利用者の不誠実な行為が原因となって発生します。

強制解約は金融事故なので、その記録は個人信用情報機関を通じてすべてのカード会社や消費者金融会社などに共有されてしまいます。

そのため、カード会社や消費者金融会社は、申込者に金融事故の記録があるかどうかを知ることができるのです。

カード会社や消費者金融会社にすれば、金融事故の記録がある申込者をお客にしたくはないので、まず審査に通すことはありません。

ちなみに、他のローンカードやクレジットカードなどで金融事故を起こしたり、支払いの滞納をした場合でも強制解約となる可能性があります。

個人信用情報機関によって共有された金融事故や滞納の記録を見た会社が、「他で金融事故を起こした信用できない人なら、自社の商品も強制解約にしよう」と考えるためです。

カードローンなどで代位弁済を受けた

カードローンの支払いを3ヶ月滞納した場合などに、カードローン会社とは異なる保証会社が一括返済を求めてくることがありますが、これを「代位弁済」と言います。

そして、代位弁済は金融事故にあたるため、個人信用情報機関にその記録が残り、ブラックとなります

代位弁済とはカードローンなどの支払いを長期滞納した人に代わって、保証会社が貸し手へ未払い分の支払いを行うことです。

これにより、以後の滞納者の未払い分の支払い先は、保証会社へと代わることとなります。

この代位弁済が行われると、その記録は金融事故として5年間個人信用情報機関に残ることになります。

そして、金融事故の記録はカード会社や消費者金融会社などに共有されます。

カード会社や消費者金融会社にすれば、金融事故記録の保持者は絶対に顧客としたくない対象です。

そのため、金融事故の記録がある人は、ほとんどのカード審査やローン審査に通らないブラックとなってしまうのです。

ブラックになると5年待つしか解決策はない

金融事故の記録は自分では消すことができないので、ブラックになってしまったら記録が消えるまでの5年をひたすら待つしかありません

クレジットやローンなどの延滞などによりブラックになってしまうと、その記録は5年間個人信用情報機関に保管されます。

※ただし、KSCの自己破産は10年、JICCの延滞は滞納解消後1年となっています。

この記録はカード会社や金融機関などに共有され、申込者への過剰な貸し付けを未然に予防する目的に利用されます。

そのため、申込者の努力でこの記録を消すことはできないのです。

「私はもう無駄遣いしないと決めました。だからまたお金貸してください」と本人が言っても無駄なことと同じです。

そのため、ブラックになってしまった方は基本的には記録が抹消されるまでの5年間を待つしかありません。

どうしてもカード決済がしたいなら審査なしのバンドルカードがおすすめ

ブラックになってしまった人はほぼすべてのカード審査に通りませんが、プリペイドカードのバンドルカードなら審査なしで持つことができ、クレジットカードと同じようにカード決済に利用することができます

というのも、バンドルカードは事前に入金した分だけカード決済で利用できるプリペイドカードだからです。

バンドルカードはVISAの加盟店で利用でき、年会費無料は無料です。

バンドルカード

  • 年会費無料のプリペイドカード
  • ネットでもリアルでもカード決済可
  • VISA加盟店で利用可能
  • 「ポチっと」チャージで後払いも可
  • チャージはコンビニや銀行ATMでできる

バンドルカードの公式サイトに移動する

ネットのお買い物で利用するだけなら以下の手順ですぐに利用開始が可能で、金額のチャージはコンビニや銀行ATMでできます。

バンドルカード利用開始までの流れ
バンドルカードのアプリをダウンロード

生年月日や電話番号を登録

バーチャルカード発行

お金をチャージしてお買い物

また、アプリ内から申し込めるリアルカードを持てば、街のお店でもカード払いが可能です。

さらに、バンドルカードは「ポチっと」チャージと呼ばれる後払いのチャージも可能なので、手数料はかかりますがクレジットカードのような後払いも可能です。

バンドルカード

  • 年会費無料のプリペイドカード
  • ネットでもリアルでもカード決済可
  • VISA加盟店で利用可能
  • 「ポチっと」チャージで後払いも可
  • チャージはコンビニや銀行ATMでできる

バンドルカードの公式サイトに移動する

実はブラックじゃない!金融事故ではないけど審査落ちの原因となる2つの行動

実はブラックになるわけではないけど、ブラックのように審査に通りづらくなってしまう行動があります。

どうしても審査に通らなくて「自分はブラックなんじゃ…」と思っている方のなかにはこうした行動で審査に落ちている人もいます。

そこで、ここからはブラックにはならないけど審査落ちにつながる、注意すべき行動について紹介をしていきたいと思います。

ブラックじゃなくても支払いの滞納が多い人は審査落ちの可能性大

クレジットやローンの支払いを遅延(61日未満の滞納)した場合、その記録は個人信用情報機関に残るため、カード審査に落ちる可能性が高まります

なぜなら、個人信用情報機関にはクレジットやローンの支払いを期日通りに行ったかどうかの記録が過去24ヵ月分保存されており、その記録はカード会社に共有されるからです。

そして、カード会社は申込者の過去の支払い遅延の回数をカード審査の材料とし、遅延回数が多い申込者の審査を厳しくします。

うっかりのミスで遅延した程度であればカード審査にそこまで大きな影響はありませんが、2回以上になると審査落ちの可能性は高まります。

そのため、過去に支払い遅延をした人は、記録が消えるまでの24ヶ月間を待つのがおすすめです。

ちなみに、支払い遅延は回数だけでなくいつ遅延したかも審査に影響します。

支払い遅延をしてしまった日が最近であればあるほど審査に落ちる可能性は高まります。

短期間に大量のカードを申込むことも審査落ちにつながる

1ヶ月に3枚以上のカードを申込むなどすると、カード会社から「お金に困っている人かもしれない」と思われるため、審査落ちにつながります

クレジットカードやローンカードの申込み履歴は個人信用情報機関に記録されます。

個人信用情報機関の記録はカード会社に共有されるため、カード会社は申込者のカード申込み履歴を確認できます。

申込者にカードの申込み履歴が大量にある場合、カード会社は「この人はお金に困っているからカードに申し込みまくっているのかもしれない」と考え、その申込者を敬遠します。

そのため、大量にカードを申し込んだ履歴がある申込者は審査落ちしやすくなってしまうのです。

カードの申込みは半年間で2枚までとしましょう。

すでに1ヶ月以内に3枚以上の申込みを行ってしまった人は6ヶ月待ってから申込みを再開するようにしましょう。

カードの申込み履歴は半年で個人信用情報機関から抹消されるためです。

自分がブラックかどうかは簡単な申込みで調べられる!

個人信用情報機関に保存されているクレジットやローンなどの信用取引の利用履歴は自分でも確認することができるため、自分がブラックかどうかは簡単に確認が可能です

個人信用情報機関は加盟する会社によってCIC、JICC、KSCという3つの組織に分かれています。

会社名 CIC JICC KSC
正式名称 ・株式会社シー・アイ・シー ・株式会社日本信用情報機構 ・全国銀行個人信用情報センター
加盟会社 ・クレジット会社
・信販会社
など
・消費者金融
など
・銀行
・信用金庫
など
役割 ・加盟会社からの信用情報の収集
・加盟会社への信用情報の提供

CIC、JICC、KSCにはそれぞれ加盟する会社があり、その加盟会社に対して信用情報の提供を行っています。

また、同時に加盟会社からは信用情報の収集も行っています。

これにより、カード会社は申込者の他社におけるカード利用履歴などを知ることができるのです。

金融事故はCIC、JICC、KSCで共有されるCIC、JICC、KSCの3社はそれぞれの加盟会社と信用情報の共有を行っています。ただし、金融事故の情報はCIC、JICC、KSCの3機関で相互に情報交流しているので、金融事故の記録は全個人信用情報機関とその加盟会社で共有されてしまいます。

そのため自分の信用情報を調べるには、まず金融事故の原因となった商品やサービスを提供した会社がどの個人信用情報機関に加盟しているかを調べましょう。

CIC、JICC、KSCはそれぞれの加盟会社を一覧にしたページを用意しています。

まずはそれぞれのページにアクセスして、自分が金融事故を起こしている可能性のある会社が、どの個人信用情報機関に加盟しているかを調べます。

ちなみに、1つの会社が複数の個人信用情報機関の会員になっている可能性もあるので、すべてのページを確認することをオススメします。

金融事故を起こした可能性のある会社がどの個人信用情報機関に加盟しているかがわかったら、次は以下の手順で自分の信用情報を入手しましょう。

※金融事故を起こした可能性のある会社が複数の個人信用情報機関に加盟している場合は、その両方の個人信用情報機関で信用情報の確認手続きを行います。

信用情報確認の流れ
信用情報を確認する個人信用情報機関の公式サイトにアクセス

アクセス先で申込み方法を選択して申込み方法毎に必要な手続きを行う

受け取った信用情報を確認する

それぞれ簡単に解説していきます。

信用情報を確認する個人信用情報機関の公式サイトにアクセス

信用情報を確認するべき個人信用情報機関が特定できたら、以下のページから個人信用情報機関の公式サイトにアクセスしましょう。

アクセス先で申込み方法を選択して申込み方法毎に必要な手続きを行う

アクセス先の各ページでは、申込み方法毎の信用情報の確認方法が解説されているので、それに沿って申込みを行えばOKです。

後は個人信用情報機関指定の方法で受け取った信用情報を確認するだけです。

受け取った信用情報を確認する

信用情報を個人信用情報機関から受け取ったら、最後に自身に金融事故の記録があるかどうかを確認します。

CICは以下の画像の「返済日」の欄(赤枠)に、異動(金融事故)の有無と発生日が記載されています。

【CICの信用情報】
)。

JICCは以下の画像の「異参サ内容」の欄(赤枠)に異動(金融事故)の有無と発生日が記載されています。

【JICCの信用情報】

KSCは以下の画像の「返済区分」の欄に延滞の有無、「延滞解消日」の欄に延滞解消日、「完了区分」の欄に代位弁済などの延滞以外の異動(金融事故)の情報が記載されています。(何れも赤枠内に表示)

【KSCの信用情報】

入金区分も確認しよう信用情報には「入金区分」や「入金状況」と書かれた項目があります。これは過去の月々の返済履歴を示すもので、「A」や「×」と書かれている場合はその月は支払い遅延を起こしたことを示します。支払い遅延があるとカード審査には不利になるので、入金区分もチェックしておくことをオススメします。


関連記事

記事一覧

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの作り方