お金の参考書 クレジットカード

クレジットカード審査における年収の重要性

2017.02.23

「クレジットカードを作りたいが、年収が低いので審査に通るか不安」と考えて、カード申し込みをためらっている人も多いのではないでしょうか。

確かに、クレジットカード審査のスコアリングシステムおいて、収入は重要な項目であり、基準額は200万円ともいわれています。

しかし、あくまで目安の一つであり、実際には年収200万円以下の人でもカード審査に通る場合もあります。

ただし、キャッシング枠を設定しようとすると、年収に応じてキャッシングの限度額が異なってくるので注意が必要です。

今回は、クレジットカード審査と年収との関係について、とことん見ていきましょう。

年収の最低基準額は200万円

年収の最低ラインは200万円以上

クレジットカードの審査において、年収はとても重要な審査基準の一つです。
ゴールドカードやプラチナカードなどのステータスカードの中には、申込資格として最低年収を定めているカード発行会社もあります。

多くのカードでは年収に関して特別な申込資格を定めているわけではありませんが、必要とされる以下のような目安を設けています。

カードの種類 年収の目安
アコムACマスターカード 少しでも年収があれば大丈夫
一般的なカード 200万円以上
ゴールドカード 300万円以上

アコムACマスターカードは、消費者金融系のアコムが発行しているクレジットカードで、数あるカードの中でも最も審査のハードルが低いとされています。

一般カードなら、年収200万円以上あれば問題ありませんね。

収入金額は「3C」の観点から重要

なぜカードの審査で年収が重要なのか、それは「3C」によるところが大きいです。

3Cとは、「Capacity」(返済能力)、「Capital」(資産)、「Character」(性格)の3つの要素のことで、年収はこのうち「支払い能力」を計る上で重要なポイントとなります。

年収はスコアリングシステムの面でも重要

所得金額の重要性は3Cだけではなく、「スコアリング」の面でも重要です。

スコアリングとは、カード申込者に点数をつけることで、様々な項目に分けて点数をつけていきます。

カード会社によってスコアリングの基準は異なり、一般カードよりステータスカードの方が審査通過に必要な点数は高くなります。

返済能力に関しては、以下のような項目がスコアリングの対象となり、点数付けがされていきます。

審査項目 高得点 低得点
勤続年数 10年以上 1年未満
勤務先 大企業・官公庁 零細企業
年収 1,000万円以上 100万円未満
職業 公務員・医師・弁護士 無職

特に年収に関しては、100万円単位で点数が変動しており、わずかな年収の違いが点数に大きな影響を及ぼすのです。

審査はどのようにして行われるのか

まずは申込書で自動審査を実施

カード申込者からネットでカード申込書を受け付けると、申し込み情報に基づいて自動審査が行われます。

自動審査とは、カード会社が持っている端末にデータを入力すると、自動的に審査をしてくれるもので、スコアリングも自動審査で行われることが多いです。

申込者が過去に自社で金融事故を起こして、「社内ブラック」に登録されていると、審査通過はできません。

個人信用情報機関から個人情報を開示請求

次に、個人信用情報機関(借入に関するあらゆる情報を管理する機関)に、信用情報の開示請求を行ない、開示された情報を分析します。

そこには、借入日や借入会社、返済日や返済金額など借入れに関する詳細な情報はもちろん、延滞情報や債務整理などの事故情報も記載されています。

最終審査は在籍確認

年会費無料のカード、スピーディーな審査を売りにしているカードでは行われないこともありますが、審査の最終関門は「在籍確認」です。

在籍確認とは、申込書に記載された会社名が正しいかを確認するため、カード会社の社員が実際に職場に電話をすることです。

確認が取れれば、審査は完了します。

年収200万円以下でも審査に落ちないことがある

「年収200万円」はあくまでも目安の一つであり、実際は年収200万円以下の人でもカード審査に落ちないことも珍しくありません。

収入が少なくてもスコアリングの「合計点数」が重要

スコアリングにおいて、年収は項目の一つに過ぎません。

確かに、年収200万円以下では得られる点数は多くありませんが、他の項目で挽回すれば合計点数は高くなり、審査も通過します。

収入が少ない人でも大丈夫

新社会人でまだ年収が多くない人もその若さが武器になり、10代~20代がスコアリングでは高得点です。

パート主婦の方は、「103万円の壁」を意識して働きたくてもなかなか働けない事情がありますが、持ち家であれば高得点、結婚していれば高得点と、いくらでも挽回できます。

派遣社員や契約社員、アルバイトやフリーター、嘱託職員など雇用が不安定の方、介護業界など賃金水準が低い業界の方も、勤続年数が長ければ得点は高くなりますよ。

収入がない人も大丈夫

上記の人は多くないにしても収入がありますが、収入がない人でもクレジットカードを持つことはできます。

専業主婦の場合

専業主婦はパート勤務などをせず、もっぱら家事を専業としている人ですので、自分の収入はありません。

ACマスターカードやエポスVISAカードは、申請者本人に継続安定収入があることが求められますので、専業主婦が申し込むことはできません。

ただし、楽天カードなど「申込人に継続安定収入があること」との申し込み基準がないカードならば、専業主婦の申し込みが可能です。

専業主婦がカード申し込みをする際には、配偶者の収入を書く場合が多いですが、あくまでも自己申告であり、収入証明書類などを提出する必要はありません。

学生の場合

アルバイトをしている学生もいれば、学業に専念している学生もいます。

後者の場合は無収入の状態となりますが、学生は審査のハードルが通常よりも大幅に引き下げられます。

というのも、学生は将来就職して社会人となった時に、カード会社の優良顧客となる可能性が高いからです。

とはいえ、ステータスカードや銀行系カードでは審査落ちする可能性が高いので、「学生専用カード」を申し込むといいでしょう。

三井住友VISAカードには、各種学生カードが用意されていますし、ライフカードにも学生専用カードの設定があります。

重要なのは「額」よりも「安定性」

それでも年収が重要だとすれば、年収の「額」よりもその「安定性」の方がより重要性を増します。

例えば、以下のような2人がクレジットカードに申し込んだとしましょう。

Aさん Bさん
前年年収 250万円 100万円
本年年収 250万円 500万円
雇用形態 正会社員 自営業
勤務年数 10年 2年

Bさんは本年の収入を大幅に伸ばしており、2年間の合計収入でもAさんを上回っていますので、一見するとBさんの方が審査に有利なように思えますが、実はAさんの方が高得点を挙げられます。

Bさんは年によって年収にばらつきがあるため、「翌年にはまた100万円になるのでは」と思われます。

Aさんは毎年安定した収入で、しかも勤続年数も長く雇用形態も安定しているため、今後も「継続安定した収入」が見込める、と判断されます。

カード会社側が最も怖いのは貸し倒れであり、Bさんはある日突然無収入になる可能性もあります。

Aさんはその可能性が低いため、信用力が高くなるのです。

キャッシング枠と年収の関係

クレジットカード利用枠には、お買い物ができる「ショッピング枠」とは別に、ATMなどからお金を借りられる「キャッシング枠」があります。

ショッピング枠とキャッシング枠では管轄する法律が異なる

同じクレジットカードにもかかわらず、ショッピング枠とキャッシング枠では、管轄の法律が異なります。

ショッピング枠を管轄するのは「割賦販売法」、キャッシング枠を管轄するのは「貸金業法」です。

管轄の法律が異なれば審査も異なるもので、キャッシング枠を希望すると、ショッピング枠の審査とは異なる審査が行われます。

「総量規制」との兼ね合いもある

そして、クレジットカードのキャッシング利用枠で忘れてはならないのが「総量規制」です。

総量規制とは、貸金業法で定められたルールのことで、簡単にいえば「年収の3分の1以上の借入ができない」ことを指します。

年収600万円ならば200万円、年収900万円ならば300万円までしかキャッシング利用限度額を設定できません。

総量規制には対象外となる借入があり、クレジットカードのショッピング枠、住宅ローンや自動車ローン、おまとめローンや借り換えローン、銀行カードローンなどが該当します。

信販会社や消費者金融会社のキャッシング、クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象となりますので、これらの利用可能枠の合計を年収の3分の1以内に収めなければなりません。

50万円以上のキャッシング枠は要注意!

総量規制以外にも、クレジットカードのキャッシングに関連するルールがあります。

それは、「1社で50万円以上、合計で100万円以上の借入を希望する際には、収入証明書類を提出しなければならない」というものです。

仮に、50万円以上のキャッシング枠を希望すると、源泉徴収票などの収入証明書類を提出しなければなりません。

いずれにせよ、キャッシング枠はできればゼロに、必要な場合も最低利用枠に止めておく方法がおすすめです。

あくまでも年収は目安に過ぎない

何度も言いましたが、年収はあくまでも目安の一つに過ぎません。

年収が少なくても、あるいは年収がなくても発行できるカードはあります。

あまりに年収を重視する人は何とか年収を多く見せようと、嘘の年収を書いたりアリバイ会社を使ったりしますが、カード利用者に対して契約中に審査を行われれば逆効果です。

正直に年収を申告し、勤続年数年収の安定性をアピールした方が効果的でしょう。


関連記事

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション