お金の参考書 クレジットカード

親の同意なしで学生がクレジットカードを作るときに気を付けること

保護者の方に、クレジットカードを作ることを反対されている学生さんは、少なくありません。特に親御さん自身がクレジットカードを使っていない場合は、クレジットカードを借金のように考えている方もいます。

でも、クレジットカードのメリットはポイントサービスや海外旅行サービスだけではありません。特に学生にとっては社会勉強の一部にもなりえます。クレジットカードの支払いをきちんとすることで、支払観念や信用がしっかりと身につくからです。

もちろん親御さんにしっかりと納得してもらってクレジットカードを作るのが一番ですが、それが難しい学生さんのために、学生専用カードと親の承諾、親に内緒で作る方法、親の説得方法まで解説します。

大学生や専門学校生でも親の同意なしでクレカは作れるの?

そもそもクレジットカードの入会資格には年齢基準があり、18歳以上となっています。

「18歳未満」と「高校生」は親の承諾があってもクレジットカードが作れないので、デビットカード(15歳以上であれば作成可能)を利用するしかありません。

それでは18歳以上の場合はどうしたらクレジットカードを作れるのかを解説しましょう。

20歳以上なら親の承諾なしでクレジットカードが作れます

日本の法律では20歳未満の未成年は単独で契約行為はできません。クレジットカードの入会も契約行為のひとつなので、親権者の承諾が必要となります(保証人という意味ではありません)。

親の承諾なしで未成年がクレジットカードを作ると、その契約は後で親が取り消すことができてしまうからです。

すでにクレジットカードを利用している場合でも、取り消されると支払い請求できなくなるので、クレジットカード会社としては親の承諾なしで未成年には発行しません。そのため未成年のクレジットカード申込には親の同意が必ず必要となります。

未成年の方は親に内緒でクレジットカードを作れません。まずは親御さんを説得する方法を考えるのがベストです。

20歳以上であればこうした法律上の問題はありません。法律的には20歳以上であればクレジットカードも作ることができるのです。

しかし、クレジットカード会社としては、親の承諾なしで契約した時には支払い能力の面で不安があります。

アルバイトをしていても親からの援助が収入のメインである学生には、親が支払を反対した場合には、返済能力は不安定になるという可能性があります。

そのため20歳以上でも、学生のクレジットカード申込では親の承諾を必要としているクレジットカードがあります。

親に内緒でクレジットカードを作るのなら、親の承諾を必要としないカードを選びましょう。

 カード会社が親へ連絡する際に聞かれる内容

学生がクレジットカードを申込した時に行われる親への確認電話の内容は、それほど細かい点について聞くことはありません。

もっとも重要なのは、親に子供がクレジットカードを作ることを承諾しているかどうかという意思確認です。基本的にこれさえわかれば、申込書の記載されている内容の確認だけで終わります。

学生でも親の同意なしで作れるクレジットカード

20歳以上の学生で、親の同意なしで作れるクレジットカードを探すときは、入会基準をよく確認してみましょう。入会基準に「未成年の場合は親の同意が必要です」とだけ記載されているカードは、親の同意なしで作れるカードの可能性があります。

また、三井住友VISAクラシックカードのように

「20歳以上の学生で親の同意がない場合は、カード利用枠は10万円、親の承諾があれば30万円」

というようにはっきりと記載されているケースは、親の承諾がなくてもクレジットカードを作ることができます。

自分が作りたいクレジットカードが決まっている場合は、まず公式サイトでカードの入会基準を確かめてみましょう。

三井住友VISAクラシックカード

親に内緒でクレジットカードを作るには

20歳以上であれば親の確認が不要なクレジットカードは作ることができます。しかし親元を離れている場合は問題ありませんが、同居している場合は親にばれて後でトラブルになる可能性があるのでおすすめはしません。

それでも親には内緒にしたいという場合や、将来、配偶者に内緒でクレジットカードを作るときに役立つ手段として解説しますね。

クレジットカードを受け取るとき

最大の難関はクレジットカードの受け取り時です。

自宅に郵便を届けないようにしたい場合、一般的には局留めといって「受取人が郵便局に郵便を取りに行く」という方法がありますが、クレジットカードではこの方法は使えません。クレジットカードの発送方法はカード会社が決めることなので、送付方法までは指定できないのです。

受取方法①クレジットカードを営業店やクレジットカウンターで直接受け取る

たとえば学生に人気のマルイが発行するエポスカードならこの方法が使えます。

エポスカード

手順としては、公式サイトからカード入会申込をしておき、最短当日~1週間のうちに家の近くのマルイに直接自分で受け取りにいくだけです。

学生でも20歳以上であれば親への連絡はいかないので、親に内緒でクレジットカードの発行~受取までが完了します。

受取方法②「本人限定受取郵便」で送付されるクレジットカードを選ぶ

オンライン申し込みでは本人確認資料を提出する代わりに「本人限定受取郵便」の送付方法でカードを送付することがあります。配達時に本人不在の場合は、家族でも受け取ることができず、本人が直接郵便局で受け取ることになります。

クレディセゾン、ジャックスなどは本人受取郵便での配達となります。

親バレを回避するクレジットカード明細の受け取り方法

クレジットカードの請求書は利用があれば毎月でも送られてくるので、親にばれるリスクが高くなりますが、回避する方法は簡単です。

WEB明細サービスに登録すれば紙のカード利用明細は送付されなくなります。

しかし、支払いを遅延した場合は督促状が郵送されてくるので、絶対に支払い遅延だけは避けなければいけません。親にばれた上に支払い遅延が発覚すれば大きなトラブルになります。

嘘の記載は絶対にダメ!

支払い遅延も絶対にやってはいけないことですが、やってはいけないことはまだあります。学生向けクレジットカード申込書に虚偽の記載をすることは、私文書偽造といって法律違反になるのです。

生年月日のごまかしや友人の住所や電話番号の記載は、身分証明書の提出があるので必ずばれてしまいます。

親に限らず家族に内緒でクレジットカードを作るということは、常にばれないかという精神的なプレッシャーがあります。

さらにばれる可能性は少なからずあるので、その後のトラブルや気まずさを考えると、最初から親を説得するほうがよっぽど楽なことだと思いませんか?

親を説得する際は、感情的にならないこと

クレジットカードを作ることに反対している親は、自分でクレジットカードを使っていない場合がほとんどです。そのためそもそもクレジットカードについての知識がないことが多いでしょう。

親を説得するには

・クレジットカードは自分のアルバイト収入の範囲内で使い、自分だけの力で返済するという意思をはっきりと示すこと

・将来自立するときのことを考えているということを強調すること

が大切です。

一生懸命説得すれば、社会勉強のひとつとして承諾してくれるかもしれません。

それでも直接説得するのは難しいと思ったら、身近な親戚や兄弟姉妹で親に信頼されている人に、間に入ってもらうという方法もあります。

いずれにしても学生カードでは利用枠が限られているので、使いすぎることはないという点、十分に自分の力だけで支払いできるということはしっかりと伝えましょう。

くれぐれも感情的にならないことが大切ですよ。

親御さんへクレジットカードの相談をするときは堂々と!

学生カードは年会費無料で海外旅行傷害保険も付帯され一般カードよりもお得なクレジットカードです。

しかし、クレジットカードは支払能力を認められた人にだけ発行されるもので、これは学生カードであっても同じだということを忘れずに。親に内緒でクレジットカードを作ると考えている時点で、その根本を忘れているのかもしれません。

親を説得する術を今のうちに身に着けておけば、将来社会に出た時に交渉する場面できっと役に立ちます。それにクレジットカードを正しく使えることは信頼のあかしだということを理解していれば、親に隠すことなく堂々とクレジットカードを作ることができます。クレジットカードを作るときは自信をもって親に話しましょう!


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

未分類

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション