おすすめ電子マネー10選-あなたに合った電子マネーが見つかる!

現金不要で支払いができ、ポイントも貯まる電子マネーを、「ぜひ利用してみたい!」という人は多いでしょう。

しかし、あなたは以下の疑問や悩みから、電子マネーの利用をためらっていませんか?

「サービスの数が多すぎて比較するのが面倒…」
「そもそも電子マネーの選び方がわからない…」

結論から言えば、電子マネーは以下の手順で選ぶと、最速かつ最も失敗のリスクが低くなります

①あなたが重視する価値(支払いの利便性/還元率など)を決める
②選んだ価値が最も発揮される人気の電子マネーを使う

本記事では価値ごとに人気の電子マネーを紹介していきます。

あなたは自分が重視する価値を選ぶだけで、最も自分に合っている可能性の高い電子マネーを検討することができます。

また、最初にまねーぶが厳選した万人におすすめの電子マネー3つを紹介するので、時間がない人はそちらからびましょう。

まねーぶおすすめの電子マネー3選

電子マネーを利用したいけど「選ぶ時間がない」、あるいは「選ぶ手間が面倒」、という人は、以下の3つの電子マネーから選んで利用することをおすすめします

何れもまねーぶが厳選したスペックの高い電子マネーなので、どれを選んでも満足できるはずです。

まねーぶおすすめの電子マネー

【QUIQPay】かざすだけのスピード決済と1%の高還元が可能

QUIQPayは、電子マネーの2大スペックである支払いスピードとポイント還元率で、両方高水準を実現できるおすすめの電子マネーです

というのも、QUIQPayはカードをレジ付近の読み取り機にかざすだけで、スピーディな支払いができるからです。

また、QUIQPayは登録のクレジットカードから利用額の支払いが行われるため、クレジットカードのポイントが貯まります。

そのため、登録するカードによってはポイント高還元も可能なのです。

また、QUIQPayの利用額はクレジットカードから支払われるため、チャージが不要というメリットもあります。

クレジットカードの利用額は、後日、クレジットカード会社により、自動で銀行口座から引き落とされるからです。

一方、電子マネーには、コンビニのレジなどでチャージ作業をしないといけないチャージ式のものもあるため、QUIQPayのチャージ不要な点は大きなメリットです。

QIUQPayにはカードで支払うタイプのほか、iPhone(Apple Pay)やAndroid(Google Pay/QUIQPayモバイル)で支払えるスマホ決済タイプのものもあります。

スマホで支払いをしたい人にもQUIQPayはおすすめです。

QIUQPayに登録するクレジットカードは「JCB CARD W」がおすすめ

QIUQPayで利用するクレジットカードには、年会費無料のポイント高還元カード、「JCB CARD W」がおすすめです

というのも、「JCB CARD W」ポイント還元率は1%と、平均的なクレジットカードの還元率(0.5%)よりも、2倍高いからです。

また、「JCB CARD W」はセブンイレブンでポイント還元率2%、スターバックスカード カードへのオンライン入金で5.5%を実現できます。

貯まったポイントは、全国30万店以上で利用できるギフトカード、「JCBプレモ」のチャージに利用できます。

「JCBプレモ」はマクドナルドやアマゾン、ファミリーマート、ビックカメラ、タリーズコーヒーなどで使えます。

また、ポイントは他にもnanacoポイントやジョーシンポイント、ビックポイントなどと交換したり、JCBトラベルの支払いに利用することもできます。

JCB CARD W

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 マイル還元率
無料 1.0% 0.6%
発行日数 海外旅行傷害保険 ETC年会費
1週間程度 最高2,000万円 無料

新規入会で、ポイント還元率が最大30倍(2019年12月31日まで)。

JCB CARD WでQUIQPayのスマホ決済(Google Pay/Apple Pay)を利用すると、利用額の20%がキャッシュバック(最大10,000円まで)されます(2019年12月15日まで)。

また、14,000円のキャッシュバックキャンペーンも行われているので(2020年3月31日まで)、JCB CARD Wに入会するなら今がチャンスです。

  • 新規入会でポイント最大30倍
  • スマホ決済で10,000円キャッシュバック
  • インターネット入会なら最大14,000円のキャッシュバック

【楽天ペイ】Kyashの利用で2.5%の超高還元が可能

楽天ペイは利用額に対し、0.5%の還元率でポイントが貯まるアプリで、無料のアプリ型プリペイドカードの「Kyash」を組み合わせると、2.5%の超高還元となります

【Kyash】

というのも、楽天ペイは登録のカード(クレジットカードなど)から支払いを行うため、登録のカードの利用ポイントも貯まるからです。

楽天ペイにはKyashを登録することができ、Kyashは利用額の2%がキャッシュバックされるため、楽天ペイの還元率と合わせて、合計で2.5%の超高還元が可能なのです。

楽天ペイで貯まるポイントは楽天スーパーポイントで、楽天ペイの支払いに使えます。

Kyashのキャッシュバックも、Kyashのチャージ残高として付与されるため、そのまま楽天ペイの支払いに利用できます。

楽天ペイとKyashは入会金・年会費無料で、アプリストア(App Store/Goole Pay)でダウンロードすればすぐに利用できます

Kyashはコンビニやセブン銀行ATMでチャージできるほか、クレジットカードからチャージすることもできます。

チャージ後は、会計時に「楽天ペイで」と店員の人に伝え、楽天ペイアプリに表示したバーコードを提示すれば、支払いができます。

楽天ペイ+Kyash+楽天カードなら還元率は3.5%に

楽天ペイはKyashに加え、楽天カードを利用すると、3.5%の超高還元が可能となります

というのも、Kyashは楽天カードからのチャージができ、チャージ額に対して1%の還元率で、楽天カードのポイントが貯まるからです。

楽天ペイ(0.5%還元)とKyash(2%還元)に加え、楽天カード(1%還元)の還元率を合わせて3.5%還元が可能となるのです。

楽天カードの利用で貯まるポイントは楽天スーパーポイントのため、楽天ペイの支払いに使える点も、大きなメリットとなります。

また、楽天カードは入会金・年会費は無料で、手数料0円で使い続けることができます。

楽天カード

対応電子マネー

R Edy
年会費 ポイント還元率 マイル還元率
無料 1.0%~3.0% 0.5%~1.5%
発行日数 海外旅行傷害保険 ETC年会費
7営業日程度 最高2,000万円 500円(税別)

今なら新規入会&利用で5,000円相当の楽天スーパーポイントがプレゼント(2019年10月31日現在)。

楽天スーパーポイントは楽天市場の買い物や楽天ペイの支払いに使えるため、すぐに買い物に利用できます。

  • ポイント還元率1%
  • 楽天市場でポイント3倍
  • 5,000円分のポイントプレゼント

【Suica】移動から買い物まで幅広く使える

Suicaは、移動と買い物の両方に使える利便性の高さが特徴の、チャージ式電子マネーです

というのも、SuicaはJR東日本発行なので、JR東日本の駅での運賃の支払い機能が付いているからです。

駅の改札にカードをタッチするだけで、自動改札機を通過することができます。

加えて、Suicaはコンビニ、家電量販店、ドラッグストア、飲食店と、幅広い店舗で買い物をすることもできます。

また、SuicaはJR東日本のエリアだけでなく、全国でも駅改札の通過(運賃の支払い)が可能です

というのもSuicaは全国の主要な交通系電子マネー(駅改札通過機能のある電子マネー)と相互利用の提携を結んでいるからです。

提携を結んでいるのは以下の10の電子マネーで、これらは駅改札の通過機能と加盟店(買い物ができる店舗)を相互に提供しています。

そのため、SuicaはPASMOエリアで駅改札を通過したり、SUGOCA加盟店で買い物をしたりできるのです。

相互利用が可能な交通系電子マネー
  • Suica
  • PASMO
  • Kitaca
  • manaca
  • TOICA
  • PiTaPa
  • ICOCA
  • はやかけん
  • nimoca
  • SUGOCA

【発行カードごとのエリア図】

Suicaは2種類あり、カードタイプとスマホ決済タイプがあります

カードタイプはカードで支払いができ、スマホ決済タイプはスマホで支払いができます。

<カードタイプ>

【Suicaカード】
-個人情報登録不要で使えるSuica
【MySuica】
-JR東日本在来線の乗車でポイント付与
-紛失時の再発行が可能
【Suica定期券】
-JR東日本在来線の乗車でポイント付与
-紛失時の再発行が可能
-定期券機能付き

<スマホ決済タイプ>

【Suica(Apple Pay)】
-iPhoneのウォレットアプリで利用可能
【Suica(Google Pay)】
-AndroidのGoogle Payアプリで利用可能
【モバイルSuica】
-Androidで利用可能
-紛失時の再発行が可能
-定期券購入可能
-ビューカードからのオートチャージ※が可能
※Suica残額が設定金額以下になった時に、クレジットカードから自動チャージされる機能

Suicaはコンビニや駅でチャージでき、支払いは駅の自動改札機の読み取り部にSuicaをタッチするだけです。

また、チャージは(株)ビューカードのクレジットカードから行うこともできます。

クレジットカードからのチャージは、多機能券売機や駅のATM「VIEW ALTTE」で行うことができますが、特におすすめなのはオートチャージです。

オートチャージはSuicaの残額が設定金額以下になった時に、ビューカードのカード払いで、Suicaに自動チャージされる機能です

ビューカードのオートチャージは、Suica残額に移行できるビューカードのポイント(JREポイント)も貯まるため、節約狙いの人にもおすすめです。

Suicaは乗車でもポイントが貯まる
Suicaには乗車で貯まるポイントサービスがあります

チャージ残高でJR東日本の在来線を利用すると、カードタイプなら200円につき1ポイント貯まります(ポイント還元率0.5%)。

また、モバイルSuicaなら50円につき1ポイント貯まります(ポイント還元率2%)。

貯まったポイントは、1ポイント1円で、Suicaのチャージ残高に移行することができます。

SuicaのチャージにはJRE CARDの利用がおすすめ

Suicaのチャージをクレジットカードで行うなら、ポイント高還元のJRE CARDからのチャージがおすすめです

というのも、JRE CARDは通常のポイント還元率は0.5%と平均的ですが、Suicaへのチャージはポイント3倍となるのです(1,000円利用につき15ポイント)。

JRE CARDで貯まるポイントはJREポイントで、1ポイント1円分のSuica残額に移行できます。

JRE CARDの年会費は477円で、通常のクレジットカード利用で0.5%還元、アトレなどのJR東日本の駅ビルなら、3.5%の高還元を実現できます。

また、JRE CARDからJR東日本のきっぷや定期券を購入すると、ポイント3倍となり、1.5%の還元率でJREポイントが貯まります。

JRE CARDはSuica機能付きのものも発行できるため、Suicaユーザーのあなたにおすすめです。

【JRE CARD】Suicaのチャージで1.5%の高還元カード

対応電子マネー

Suica
年会費 ポイント還元率 マイル還元率
477円(税別) 0.5%~3.5%
発行日数 海外旅行傷害保険 ETC年会費
7営業日程度 最高500万円 477円(税別)

今なら期間限定で、5,000円相当のJREポイント(期間限定ポイント)がプレゼントされるキャンペーンを実施中(2020年1月31日までに申し込んだ人が対象)。

JREポイント(期間限定ポイント)は、商品との交換や、アトレなどのJRE POINT加盟店での買い物や飲食、JR東日本のショッピングサイト「JRE MALL」の買い物に使えます

  • Suicaチャージで1.5%還元
  • 駅ビルで3.5%の超高還元
  • 5,000円相当のポイントプレゼント

電子マネーを選ぶ4つの基準(価値)

ここでは、あなたにあった電子マネーを見つけるための4つの基準(価値)を紹介していきます

4つの基準(価値)のなかであなたが最も重視すべきものを選び、チェックしてみましょう。

また、基準(価値)ごとにおすすめの電子マネーも紹介しているので、気に入ったものがあれば利用してみましょう。

ポイント還元率の高さで選ぶ

電子マネーは支払いに使った金額の0.5%~2%程度のポイントが還元されるため、節約重視の人はポイント還元率の高いものを選びましょう

というのも、電子マネーのポイントは、1ポイント1円で、その電子マネーの買い物に使えるからです。

節約重視で電子マネーを選ぶのであれば、とりあえず以下のものから利用してみることをおすすめします。

おすすめの高還元電子マネー

よく使うお店・用途から決める

特定のスーパーやコンビニなど、電子マネーを使うお店がある程度決まっているなら、ICカード型電子マネーから利用サービスを選びましょう

ICカード型電子マネーは主に小売企業によって発行されているため、その発行元の店舗をお得に利用できる特典を受けられるからです。

例えば、ICカード型電子マネーの特典には以下のものがあります。

【nanaco】
-セブンイレブンの対象商品購入でボーナスポイント付与
【WAON】
-ミニストップの対象商品購入でボーナスポイント付与
【ユニコ】
-毎月9のつく日はアピタ・毎週金曜日はピアゴで5%OFF
【majica】
-ドン・キホーテで最大5%還元

上記のなかによく利用するお店があるならICカード型電子マネーをおすすめします。

特定店舗でお得なおすすめ電子マネー

支払いのスピードと簡単さで選ぶ

電子マネーは種類によって支払いの難易度やスピードが違うため、利便性を重視するなら支払いが簡単で、スピード決済が可能なものがおすすめです

というのも、電子マネーにはタッチする(orかざす)だけで支払いができる非接触型決済と、バーコード決済の2種類があるからです。

非接触型決済の方が支払いがスピーディかつ簡単です。

非接触型決済は支払いに使う電子マネーを伝え、読み取り機にカード(スマホ)をタッチする(かざす)だけで、瞬時に支払いが完了します。

一方、バーコード決済は、専用のスマホアプリを起動し、バーコード画面を開き、その画面を店員の人に提示する必要があります。

そのため、バーコード決済は非接触型決済よりも手間と時間がかかるのです。

【非接触型決済とバーコード決済の分布図】

非接触型決済を採用している電子マネーでおすすめのものは以下の通りです。

非接触型決済のおすすめ電子マネー

現金の支払い方法で選ぶ

電子マネーを利用するには現金の支払いが必要となりますが、この現金の支払い方法から利用電子マネーを選ぶこともできます

というのも、電子マネー利用のための現金の支払い方法は、以下の3つに分類することができ、それぞれ特徴やメリット・デメリットが異なるからです。

以下ではそれぞれの支払い方法の特徴や、メリット・デメリット、おすすめの電子マネーを紹介していきます。

【プリペイド式】クレジットカードも銀行口座も不要なチャージ式

プリペイド式は、チャージをして、そのチャージ残高で支払う方式なので、クレジットカードも銀行口座も不要なのがメリットです

というのも、プリペイド式電子マネーのチャージはコンビニのレジやATMなどででき、その際に必要なのは、電子マネーとなるカード(orアプリ)と現金だけだからです。

ただし、チャージの手間がかかってしまう点がデメリットとしてあります。

チャージの手間が面倒な人は、webやアプリからクレジットカード、銀行口座を使ってチャージすることもできるため、そちらの方法を利用するのがおすすめです。

おすすめのプリペイド式電子マネー

【デビット式】支払いと同時に銀行口座から引き落とし

デビット式は、支払いと同時に登録の銀行口座に利用額分の引き落としがかかる支払い方法で、チャージ不要・クレジットカード不要なのがメリットです

というのも、チャージはその作業自体が面倒ですし、クレジットカードの後払いは「借金みたいで嫌」、という人もいるでしょうから、それらが不要になるだけで大きなメリットとなるのです。

ちなみにチャージ作業が必要なのがプリペイド式、クレジットカードが必要になるのは後述のポストペイ式です。

ただし、デビット式は数が非常に少なく、またポイント還元がないものがほとんどなので、その点はデメリットとなります。

おすすめのデビット式電子マネー

【ポストペイ式】登録のクレジットカードから支払う後払い式

ポストペイ式は登録のクレジットカードから支払いが行われるため後払いが可能で、特に今クレジットカードを利用している人におすすめです

というのも、ポストペイ式電子マネーはクレジットカードよりも決済スピードが圧倒的に早く、かつクレジットカードのポイントはそのままつくからです。

ポストペイ式はレジ付近の読み取り機にカード(orスマホ)をかざすだけで支払いが完了します(バーコード決済はアプリ画面に表示したバーコードを提示)。

一方、クレジットカードは機械に差し込んで一定時間待たないといけません。

また、サインの記入や暗証番号の入力が必要になる場合もあります。

そのため、クレジットカードの支払いは、ポストペイ式電子マネーよりも多くの時間がかかります。

コンビニなど特に急ぐ場面が多い買い物では、ポストペイ型電子マネーは特に有効です。

おすすめのポストペイ式電子マネー

人気かつおすすめの電子マネー10選

ここでは電子マネー業界で特に人気が高いおすすめの電子マネーを紹介していきます

気になったものからチェックしてみてください。

【nanaco】セブンイレブンで高還元が可能な電子マネー

手数料 利用店舗数
300円(発行手数料)※税込 50万店以上
還元率 支払い方法
0.5% カード/スマホ

nanacoはセブンイレブンで高還元が可能な電子マネーなので、セブンイレブンをよく利用する人におすすめです

というのも、期間ごとに変わるセブンイレブンの対象商品をnanacoで購入すると、ボーナスのnanacoポイントが貯まるからです。

【ボーナスポイント対象商品例】

また、nanacoは200円支払いごとに1ポイントが貯まり(ポイント還元率0.5%)、1ポイントは1円でnanaco残高へ移行できます。

ほかにもnanacoには、毎月8日にイトーヨーカドーで買い物すると5%OFFになるなどの特典も付いています。

nanacoにはnanacoカードとnanacoモバイルの2種類があり、カードによる支払いとスマホによる支払いの両方に対応しています(nanacoモバイルはAndroidのみ対応)。

nanacoはチャージ式で、現金なら、セブンイレブンのレジやセブン銀行ATM、イトーヨカドーのnanacoチャージ機などでチャージができます。

また、PC・スマートフォンからクレジットカード払いでチャージすることもできます。

支払いは、会計時に、店員の人に「nanacoで」と伝え、nanacoカードまたはnanacoモバイル(スマホ)をかざすだけで支払いができます。

【セブンカード・プラス】nanacoポイントが2倍貯まる年会費無料カード

セブンカード・プラスは、nanacoの利用で貯まるポイントが2倍になる、nanaco利用者必携のクレジットカードです

というのも、nanacoはセブンカード・プラスのカード払い(手数料不要)でチャージすると、200円あたり1nanacoポイントが貯まる(0.5%還元)からです。

nanacoは支払い200円あたり1nanacoポイント(0.5%還元)が貯まるので、セブンカード・プラスのチャージ分を加えると、1%の高還元となります。

セブンカード・プラスは入会金・年会費といった手数料も一切かかりません

nanacoの機能もセブンカード・プラスに付けられるため、別にnanacoカードを持つ必要がないのもうれしいポイントです。

  • 入会金・年会費無料
  • nanacoへのチャージでポイント0.5%還元
  • nanacoへのオートチャージも可能

【WAON】ミニストップで高還元が可能な電子マネー

手数料 利用店舗数
300円(発行手数料)※税込 50万店以上
還元率 支払い方法
0.5% カード/スマホ

イオングループ発行の電子マネー「WAON」は、コンビニの「ミニストップ」で高還元が可能なため、ミニストップ利用者の人におすすめです

というのも、月ごとに変わるミニストップの対象商品を購入すると、ボーナスのWAONポイントが貯まるからです。

【ボーナスポイント対象商品例】

また、WAONはミニストップも含め、200円支払いごとにWAONポイントが1ポイント貯まります(ポイント還元率0.5%)。

貯まったポイントは1ポイント1円でWAONの支払いに利用できます。

【majica】ドン・キホーテで1.5%の高還元が可能

手数料 利用店舗数
無料 不明
還元率 支払い方法
1% カード/スマホ

majicaはドン・キホーテの利用でポイント1.5%の高還元が可能なため、ドン・キホーテをよく利用する人におすすめです

というのも、majicaはチャージして使う電子マネーで、クレジットカードの「majica donpen card」からチャージすると1.5%の還元率でポイントが貯まるからです。

貯まったポイントはドン・キホーテの買い物に利用できます。

また、「majica donpen card」は独自の特典として、20万ヶ所のサービスを優待価格で受けることができます

「majica donpen card」は入会金・年会費無料です。

また、majica機能が付いているため、別途majicaを持つ必要がありません。

majica donpen card

主な対応電子マネー

majica
年会費 ポイント還元率 マイル還元率
無料 0.5%
発行日数 海外旅行傷害保険 ETC年会費
14日程度 無料
  • 入会金・年会費無料
  • majicaのチャージで1.5%還元
  • 20万ヶ所のサービスが優待価格

【ユニコ】アピタ・ピアゴで買い物額が5%OFF

手数料 利用店舗数
100円(発行手数料) 不明
還元率 支払い方法
0.5% カード

ユニコは特定日にアピタ・ピアゴで割引特典を受けられるため、アピタやピアゴでよく買い物をする人におすすめです

というのも、アピタは毎月9のつく日、ピアゴは毎週金曜日に買い物額が5%OFFとなるのです。

また、ユニコは200円利用ごとに1ポイント貯まり、1ポイントは1円分のユニコ残高にチャージされます。

アピタ・ピアゴ・MEGAドン・キホーテUNYなら毎週日曜日はポイントが2倍になります。

また、アピタ・ピアゴで期間ごとに変わる対象商品を購入すると、ボーナスポイントも貯まります。

【Suica】移動から買い物まで幅広く使えて1.5%の高還元も可能

手数料 利用店舗数
500円(預り金) 47万店以上
還元率 支払い方法
0% カード/スマホ

Suicaは移動と買い物の両方に使える電子マネーで、かつ高還元も可能なため、利便性と還元率の両方に優れた電子マネーと言えます

というのも、Suicaは鉄道会社(JR東日本)発行の電子マネーのため、コンビニやドラッグストア、飲食店などの支払いに使えるほか、駅やバスの運賃の支払いもできるようになっているのです。

また、高還元なのはSuicaがチャージ式で、そのチャージにJRE CARDというクレジットカードを使えるからで、ポイント還元率は1.5%の超高還元となります。

1,000円チャージあたりJREポイントが15ポイント貯まり、1ポイントは1円分のSuica残額に移行できます。

JRE CARDは入会金無料で年会費は477円とリーズナブルなカードです。

また、Suicaの機能が付いているため、Suicaカードを別途持つ必要はありません。

JRE CARD

主な対応電子マネー

Suica
年会費 ポイント還元率 マイル還元率
477円 0.5%
発行日数 海外旅行傷害保険 ETC年会費
10日程度 最高500万円 477円
  • 初年度年会費無料
  • Suicaのチャージで1.5%還元
  • Suicaへのオートチャージが可能

【QUIQPay】らくらくスピード決済でポイント高還元も可能

手数料 利用店舗数
無料 不明
還元率 支払い方法
0% カード/スマホ

QUIQPayはかざすだけのスピーディな支払いと高還元の両立ができる電子マネーです

というのもQUIQPayは支払いと同時に設定のクレジットカード払いととなるため、選ぶカードによってはポイント高還元も可能なのです。

QUIQPayが使えるクレジットカードでおすすめの高還元カードは、「JCB CARD W」です。

「JCB CARD W」は入会金・年会費無料でポイント還元率1%と、高還元なハイスペックカードだからです。

ただし、ハイスペックな分39歳以下という年齢制限があるため、その点は注意が必要となります。

JCB CARD W

主な対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 マイル還元率
無料 1% 0.6%
発行日数 海外旅行傷害保険 ETC年会費
3日程度 無料
  • 入会金・年会費無料
  • ポイント1%の高還元
  • 最短3営業日のスピード発行

【iD】スピーディで簡単な支払いとコンビニで2.5%の超高還元が可能

手数料 利用店舗数
無料 90万店以上
還元率 支払い方法
0% カード/スマホ

iDはかざすだけのスピーディかつ簡単な支払いができ、かつ大手コンビニで超高還元が実現できるため、コンビニをよく利用する人におすすめです

というのも、iDは設定のクレジットカードから支払いが行われる電子マネーで、大手コンビニで2.5%還元となる三井住友VISAクラシックカードを設定できるからです。

三井住友VISAクラシックカードはセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンでポイント5倍の2.5%還元となるカードです(通常0.5%還元)。

貯まったポイントはiD利用分の請求額からの値引きに使えるため、ポイントの使い道に困ることはありません。

三井住友VISAクラシックカードは入会金無料、年会費1,250円とリーズナブルなカードです。

また初年度の年会費は無料です。

三井住友VISAクラシックカード

主な対応電子マネー

IDWAON

年会費 ポイント還元率 マイル還元率
1,250円 0.5% 0.3%
発行日数 海外旅行傷害保険 ETC年会費
3日程度 最高2,000万円 500円
  • 初年度年会費無料
  • 大手コンビニで2.5%の超高還元
  • 最短3営業日のスピード発行

【PayPay】銀行口座だけで利用できて1.5%の高キャッシュバック

手数料 利用店舗数
無料 100万店以上
還元率 支払い方法
1.5% スマホ

PayPayは銀行口座だけで利用でき、利用額の1.5%のキャッシュバックが受けられるため、手軽に高還元を受けたい人におすすめです

というのも、電子マネーの平均の還元率は0.5%で、高還元なものでもクレジットカードの利用が前提となっているものが大半を占めるからです。

今のところクレジットカードなしで最も高還元なのはPayPayです。

PayPayはアプリストアでダウンロードが可能で、入会金や年会費などは一切不要です。

銀行口座を登録し、チャージすれば、そのチャージ残高の範囲で買い物ができます。

PayPayのダウンロードはこちらから

【楽天ペイ】1.5%の高還元で楽天スーパーポイントが貯まる

手数料 利用店舗数
無料 120万店以上
還元率 支払い方法
0.5% スマホ

楽天ペイは利用額の0.5%の楽天スーパーポイントが貯まりますが、楽天カードをプラスして利用することで、還元率は1.5%に上昇します

というのも、楽天ペイの支払いは登録したクレジットカードから行われるため、楽天ペイの利用分に加え、楽天カード(1%還元)のポイントも貯まるからです。

楽天ペイと楽天カードの利用で貯まるポイントはともに楽天スーパーポイントのため、そのまま楽天ペイの支払いに使えます。

楽天カードは入会金・年会費無料で、楽天市場でポイント3倍など、クレジットカードとしても優秀なので、おすすめです。

楽天カード

主な対応電子マネー

R Edy楽天ペイ
年会費 ポイント還元率 マイル還元率
無料 1% 0.5%
発行日数 海外旅行傷害保険 ETC年会費
7日程度 最高2,000万円 500円
  • 入会金・年会費無料
  • ポイント還元率1%の高還元
  • 楽天市場でポイント3倍
Kyashを使うと3.5%の超高還元!

楽天ペイは楽天カードにプラスして、チャージ式のアプリ型電子マネー「Kyash」(無料)を利用すれば、3.5%の超高還元となります

というのも、楽天ペイ(0.5%還元)の支払いには2%還元のKyashを利用でき、Kyashのチャージには楽天カード(1%還元)を使えるため、合計で3.5%還元となるのです。

Kyashの還元はキャッシュバックで、利用額の2%がチャージ残高として還元されるため、そのまま楽天ペイの支払いに使えます。

Kyashはアプリストアでダウンロードでき、入会金・年会費無料で利用できるため、ちょっとの手間で超高還元の実現が可能です。

【LINE Pay】LINEアプリのみでらくらくスピード決済

手数料 利用店舗数
無料 100万店以上
還元率 支払い方法
0.5~2%(前月利用額で変動) スマホ

LINE PayはLINEがあればすぐに使える手軽さがウリの電子マネーです

というのも、LINE PayはLINE(アプリ)内蔵のサービスのため、LINEのウォレット画面から銀行口座を登録すればすぐに使えるのです。

また、手軽さに加え、高キャッシュバックも可能で、前月の利用額によって0.5~2%の還元を受けられます。

【au PAY】auスマートパスプレミアム会員は1.5%の高還元

手数料 利用店舗数
無料 120万以上
還元率 支払い方法
0.5% スマホ

au PAYはauスマートパスプレミアム会員なら高還元となる電子マネーなので、auユーザーは必見です

というのも、au PAYは通常0.5%のポイント還元率のところ、auスマートパスプレミアム会員ならポイント3倍となるからです(1.5%還元)。

また、三太郎の日(3日・13日・23日)には20%還元などのキャンペーンも受けられます。

貯まるポイントはau WALLET ポイントでau PAYの支払いにそのまま利用できます。

【Origami Pay】支払いと同時に銀行口座から引き落とされるデビット式

手数料 利用店舗数
無料 145万(2019年末予定)
還元率 支払い方法
0.5% スマホ

Origami Payは支払いと同時に銀行口座から利用額が引き落とされる電子マネーなので、「チャージ作業や後払いは嫌」という人におすすめです

というのも、銀行口座残高がある限りチャージは不要ですし、支払いと同時の引き落としなのでクレジットカードのような後払いにもならないからです(残高不足時は決済不能)。

また、Origami Payはポイント還元率0%ですが、代わりにクーポンなどの割引特典が豊富に用意されています

【Origami Pay割引特典例】
・ローソンやロフト、AOKIなどで3%OFF
・ウエルシアで50%OFF
・サーティワンでアイス半額
・「からあげクン」108円キャンペーン
・「大きなツインシュー」プレゼント

【ウエルシアで50%OFFキャンペーン】

銀行口座を財布代わりにしつつ、クーポンで割引特典を受けたい人はOrigami Payを利用しましょう。

おすすめ電子マネー10選-あなたに合った電子マネーが見つかる!の記事一覧

ローソンで最もお得なスマホ決済はどれ?-対応全9サービスを徹底比較-

2019/10/06

この記事を読む

スマホ決済徹底比較-おすすめ8種から自分に合ったものが見つかる-

2019/09/27

この記事を読む

ポイント還元率の高いおすすめ電子マネー&効率的なポイントの貯め方使い方

2019/07/09

この記事を読む

おすすめのアプリ型電子マネーを紹介-メリットや使い方も解説-

2019/07/08

この記事を読む

おすすめ電子マネー×チャージ用最強クレジットカード6選

2019/06/27

この記事を読む

コンビニ主要5社別!最も還元率が高いおすすめ電子マネーを紹介

2019/06/21

この記事を読む

スマホ決済できる電子マネーの選び方とおすすめを紹介

2019/06/17

この記事を読む

記事一覧

おすすめの電子マネー