おすすめの電子マネー

現金を入金したり、銀行口座やクレジットカードを紐づけることで、カードやスマホで支払いができる電子マネー。

小銭のやり取りが不要、現金と同じ価値を持つポイントが付くなどのメリットから、興味がある人も多いと思います。

しかし、以下のような悩みから電子マネーの利用を開始できていない人も多いのではないでしょうか?

「自分に合った電子マネーがわからない」
「電子マネーの種類がたくさんあり過ぎて違いがわからない」

本記事では上記のような悩みを解決すべく、種類ごとにおすすめの電子マネーを紹介します。

また、電子マネーの基礎知識や電子マネーの利用メリットを解説した章も設けているので、初心者の人も安心して読み進めてください。

人気の電子マネー10種類を表で比較

まずは乱立する電子マネーの中でも特におすすめの電子マネーを表で比較してみましょう。

何れも高い発行枚数やシェア率を誇る主要な電子マネーであるため、初心者の人は以下から選ぶことをおすすめです。

電子マネー名をタップすると詳しい解説を見ることをできますので、気になるものからチェックしてみてください。

表はスライドしてご覧いただけます
名称 決済手段 支払方法 利用可能店舗数 利用可能店例
PayPay スマホ プリペイド式
ポストペイ式
100万店超 セブンイレブン
ウエルシア
東急ハンズ
ヤマダ電機
松屋
楽天ペイ スマホ 即時払い式
ポストペイ式
120万店超 ローソン
ツルハドラッグ
ソフマップ
島村楽器
スシロー
LINE Pay スマホ プリペイド式 133万店超 ローソン
クスリのアオキ
スタジオアリス
カラオケの鉄人
リンガーハット
Origami Pay スマホ 即時払い式
ポストペイ式
145万店(2019年末予定) ローソン
薬王堂
PARCO
自由空間
吉野家
d払い スマホ プリペイド式(ドコモ口座充当)
ポストペイ式
10万店超 ファミリーマート
ハックドラッグ
コジマ
スポーツデポ
メガネスーパー
nanaco カード/スマホ プリペイド式 約46万店 セブンイレブン
イトーヨーカドー
ロフト
アカチャンホンポ
デニーズ
WAON カード/スマホ プリペイド式 約47万店 イオン
マックスバリュ
ミニストップ
まいばすけっと
ウエルシア
Suica カード/スマホ プリペイド式 約47万店 全国の駅改札
ファミリーマート
マツモトキヨシ
マクドナルド
カラオケ館
楽天Edy カード/スマホ プリペイド式 約45万店 ローソン
ヨドバシカメラ
高島屋
紀伊国屋書店
ガスト
iD カード/スマホ プリペイド式
即時払い式
ポストペイ式
約90万店 セブンイレブン
イオン
AOKI
タリーズコーヒー
吉野屋

【PayPay】利用額の3%がキャッシュバックされる

決済手段 入金方式 利用可能店舗数
スマホ 事前入金(銀行口座など)・後払い(クレジットカード) 100万店超

スマホ決済アプリのPayPayは、支払い100円あたり3円のキャッシュバックが受けられる超高還元電子マネーです

電子マネーの還元率は100円あたり0.5円程度が相場のなか、PayPayはその6倍の還元率でキャッシュバックを受けられます。

PayPayはアプリストアからPayPayアプリをダウンロードすることで利用が可能。

入会金・年会費無料で、アプリに銀行口座を紐づけるとアプリ内からのチャージが可能となります。

支払いもアプリ起動後の画面を提示するか、お店が用意しているQRコードをアプリ内のカメラでスキャンするだけでできます。

【楽天ペイ】スマホ決済で楽天スーパーポイントが貯まる、使える

決済手段 入金方式 利用可能店舗数
スマホ 即時払い(デビットカード)・後払い(クレジットカード) 120万店超

楽天ペイは支払い額に応じた楽天スーパーポイントが貯まり、かつ楽天スーパーポイントを支払いに使える、楽天ユーザーにおすすめのスマホ決済型電子マネーです

楽天ペイは支払い200円ごとに1楽天スーパーポイントが貯まり、かつ支払いに1ポイント1円で楽天スーパーポイントが使えるのです。

また、楽天ペイはクレジットカード紐づけて支払いを行うため、支払い元は紐づけたクレジットカードとなります。

そのため、楽天ペイの支払いに使ったクレジットカードのポイントもWで貯まります。

楽天ペイはアプリストア(App Store/Google Pay)でダウンロードし、クレジットカードを登録することで利用できます。

入会金・年会費などの費用は一切発生しません。

楽天カードの利用でポイントが3倍

楽天ペイに紐づけるクレジットカードを楽天カードにすると、楽天ペイの利用で貯まるポイントが3倍になります

というのも、楽天カードは100円利用ごと1楽天スーパーポイントが貯まるからです。

楽天ペイの支払い200円ごとに貯まる1楽天スーパーポイントとは別に、楽天カードは100円利用ごとに1楽天スーパーポイントが貯まるのです。

楽天カードは入会金・年会費無料のため、楽天ペイを利用するなら必ず手に入れておきましょう。

楽天カード

  • 入会金・年会費無料
  • 100円利用につき1楽天スーパーポイントが貯まる
  • ポイントは楽天ペイの支払いに使える
  • 10年連続顧客満足度NO1
  • 新規入会で楽天ポイント5,000ポイントプレゼント

【LINEPay】LINEで入金から支払いまでが完結

決済手段 入金方式 利用可能店舗数
スマホ 事前入金(銀行口座など) 133万店超

LINEPayはLINEと銀行口座があればすぐにスマホ決済が始められるため、LINEユーザーの人におすすめです

LINEのアプリ内で銀行口座を登録すると、LINE操作で銀行口座からのLINEアプリへの入金ができるようになるからです。

LINEPayの支払いはLINEアプリの操作でスマホ画面に表示したバーコードを見せるだけ。

また、LINEPayは決済額の0.5%~2%(100円あたり0.5~2円)のLINEPayボーナスがもらえます。

LINEPayボーナスの%は、マイカラーという独自システムで以下のように決まります。

表はスライドしてご覧いただけます
マイカラー ボーナスポイント付与率 条件
グリーン 100円利用あたり2ポイント 前月100,000円以上の支払いで翌月適用
ブルー 100円利用あたり1ポイント 前月50,000円以上の支払いで翌月適用
レッド 100円利用あたり0.8ポイント 前月10,000円以上の支払いで翌月適用
ホワイト 100円利用あたり0.5ポイント なし

LINEPayボーナスはLINEPayの支払いに利用することができます。

【OrigamiPay】割引クーポンが手厚いからサブとしても使える

決済手段 入金方式 利用可能店舗数
スマホ 即時払い(銀行口座)・後払い(クレジットカード) 全国145万店舗(2019末予定)

OrigamiPayはポイントサービスがない代わりに、他の電子マネーよりも割引サービスが手厚い電子マネーです

ポイントサービスにかかるコストをなくし、その分割引サービスを充実させているのです。

例えば2019年8月1日~7日には、ウエルシア薬局での買い物額が50%OFFになるクーポンが配布されていました。

割引はポイントのように貯める必要がないため、OrigamiPayはサブ電子マネーとしても大変便利な代物です。

OrigamiPayは入会金・年会費無料で、アプリストア(App Store/Google Play)でダウンロードすることができます。

アプリ起動後、手持ちの銀行口座を紐づけるとすぐに利用を開始することができます。

なお、OrigamiPayは利用と同時に銀行口座から引き落としがされる即時払い式です(クレジットカードを紐づけた後払いも可能)。

プリペイド式の事前入金の手間や後払いのポストペイ式が嫌という人にも、OrigamiPayはおすすめです。

【d払い】スマホ決済でdポイントが貯まる、使える

決済手段 入金方式 利用可能店舗数
スマホ 事前入金(ドコモ口座充当)、後払い(クレジットカードなど) 10万店超

d払いは支払い額に応じたdポイントが貯まる・使える電子マネーのため、dポイントユーザーの人におすすめです

d払いは支払い200円あたり1ポイントのdポイントが貯まり、ポイントはそのままd払いに1ポイント1円で使えるからです。

dポイントカードやドコモ関連のサービスで貯めているdポイントも、d払いに利用できます。

d払いはアプリストア(App Store/Google Play)でダウンロードでき、利用には一切のコストがかかりません。

ダウンロードしたアプリにクレジットカードを紐づければ、d払いによる支払いが可能となります。

支払いは、d払いアプリでスマホ画面上に表示したバーコードを店員の人に見せるだけなど、簡単に行えます。

dカードを組み合わるとポイントが3倍に

d払いの支払い元に設定するクレジットカードをdカードにすると、貯まるdポイントが3倍になります

dカードは100円利用あたり1dポイントが貯まるクレジットカードだからです。

d払いの支払い200円ごとに貯まる1dポイントとは別に、dカード利用分100円につき1dポイントが貯まるため、ポイントが3倍となります。

dカードは入会金・年会費無料で利用できるので、d払いを利用するなら必携の1枚です。

dカード

  • 入会金・年会費無料
  • 100円につき1dポイントが貯まる
  • ポイントは1ポイント1円でd払いの買い物に使える
  • 入会&利用で最大6,000円相当プレゼント

【nanaco】セブン&アイグループのお店でポイント優遇&割引特典が受けられる

決済手段 入金方式 利用可能店舗数
カード/スマホ 事前入金(naanco加盟店レジなど) 約46万店舗

nanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドーなどでポイント優遇や割引を受けられる電子マネーです

nanacoはセブン&アイグループ発行の電子マネーのため、nanacoの利用促進や売上増加を狙って自社系列の店舗利用を優遇しているのです。

【nanacoのポイント優遇&割引サービス例】

表はスライドしてご覧いただけます
サービス名 優待/割引内容
nanacoボーナスポイント セブンイレブンなどで期間ごとに変わる対象商品を購入すると、ボーナスのnanacoポイントがもらえる
例)ロシュ・マゼ シャルドネ 白 750ml 961円=300ポイント(2019年7月1日~9月30日)
※nanacoポイントは1ポイント=1円分のnanaco残高に移行して、nanaco加盟店の買い物に利用できます
イトーヨーカドー 8,18,28日はハッピーデー 毎月8のつく日(8日、18日、28日)は、イトーヨーカドーで「nanaco(ナナコ)」を使って買い物をすると、食料品・衣料品・住まいの品が5%OFF

また、nanacoは支払い200円ごとにnanacoポイントが1ポイント貯まります。

nanacoポイントは1ポイント1円でnanaco残高に移行でき、nanacoによる買い物に利用できます。

nanacoはセブンイレブンのレジなどでチャージ(入金)ができ、支払いはカードとスマホの両方でできます。

「nanacoで」と店員の人に支払い方法を伝え、レジ前の読み取り機にカード(スマホ)をかざすだけで支払いが完了します。

セブンカード・プラスをnanacoチャージに使うとポイント二重取りが可能

nanacoはチャージ(入金)にセブンカード・プラスのカード払いを利用すると、ポイントがWで貯まってよりお得です

セブンカード・プラスはnanacoへのチャージ200円ごとに1nanacoポイントが貯まるクレジットカードだからです。

つまり、セブンカード・プラスによるチャージとnanacoの支払いの合計で、200円ごとに2nanacoポイントが貯まるのです。

セブンカード・プラスは入会金・年会費無料で完全無料で利用できるほか、nanaco機能一体型もあるので、別にnanacoカードを持つ必要がありません。

セブンカード・プラス

  • 入会金・年会費無料
  • nanacoへのチャージで200円につき1nanacoポイント
  • nanaco機能一体型カードあり
  • 高校生を除く18歳以上なら誰でも申込み可
  • 今なら最大7,000nanacoポイントプレゼント

【WAON】イオン系列のお店でポイント高還元&割引優待が受けられる

決済手段 入金方式 利用可能店舗数
カード/スマホ 事前入金(WAON加盟店レジなど) 約47万店舗

WAONはイオン系列のお店でポイント高還元かつ割引優待が受けられるのが特徴なので、イオン系列のお店のユーザーにおすすめです

WAONを発行するイオングループは、WAONの利用促進や売上増加を狙って自社系列の店舗利用を優遇しているのです。

【WAONのポイント優遇&割引サービス例】

表はスライドしてご覧いただけます
サービス名 内容
お客様感謝デー 毎月20、30日にイオンやマックスバリュなどのイオングループ店舗でWAONを使うと5%OFF
火曜市 WAONトクトクポイント プレゼント 火曜日に北海道のイオン直営売場にて、WAONで3,000円以上の買い物をすると、100WAONポイントプレゼント
※WAONポイントは1ポイント=1円分のWAON残高に移行し、WAON加盟店での買い物に使えます

また、WAONは支払い200円ごとに1WAONポイントが貯まります。

WAONポイントは1ポイント1円でWAON残高に移行でき、WAONの買い物に利用できます。

チャージはイオンなどのWAON加盟店レジなどで行うことができます。

支払いはカードとスマホの両方に対応しています。

レジで「WAONで」と店員の人に伝え、カード(スマホ)をレジ付近の読み取り機にタッチすると、入金残高から利用額が引かれて支払い完了となります。

イオンカードセレクトをWAONチャージに使うとポイント二重取りが可能

WAONはチャージ(入金)にイオンカードセレクトを利用すると、ポイントがWで貯まってよりお得です

イオンカードセレクトはWAONへのオートチャージ200円ごとに1WAONポイントが貯まるクレジットカードだからです。

つまり、イオンカードセレクトによるオートチャージとWAONの支払いの合計で、200円ごとに2WAONポイントが貯まるのです。

オートチャージは、イオンなどでの買い物時にWAON残高が設定金額未満になると、イオン銀行の口座からWAONに自動入金される機能です。

イオンカードセレクトは入会金・年会費無料で完全無料で利用できるほか、WAON機能も付帯しているので、別にWAONカードを持つ必要がありません。

イオンカードセレクト

  • 入会金・年会費無料
  • WAONへのオートチャージで200円につき1WAONポイント
  • WAON機能付帯
  • イオン銀行のキャッシュカードとしても利用可能
  • 今なら利用額の20%をキャッシュバック

【Suica】移動も買い物もできる利便性の高さで大人気

決済手段 入金方式 利用可能店舗数
カード/スマホ 事前入金(JR東日本の駅など) 約47万店舗

Suicaは電車の移動から、コンビニやスーパーの買い物まで幅広く使える、利便性の高さが魅力の電子マネーです

SuicaはJR東日本発行の電子マネーで、JR東日本の自動改札機をタッチで通過できる機能が備わっているからです。

Suicaは25万の加盟店を抱え、セブンイレブンやイオン、ビックカメラなど多種多様なお店での買い物にも利用できます。

また、Suicaは以下9の交通系ICカードとの相互利用が可能で、全国の駅やバスの乗車にも利用できます。

相互利用が可能な交通系ICカード
  • Kitaca
  • PSAMO
  • manaca
  • TOICA
  • PiTaPa
  • ICOCA
  • はやかけん
  • nimoca
  • SUGOCA

各々の交通系ICカードの加盟店も相互利用が可能なので、Suicaで買い物できる店舗の数は47万にも上ります(PiTaPaを除く)。

SuicaはJR東日本のSuicaエリアに対応したみどりの窓口や多機能券売機で発行可能です。

無料で発行・利用が可能のため、初心者の人にもおすすめです(最初に預かり金として500円が必要)。

チャージはJR東日本の自動券売機やセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどのコンビニでも行えます。

支払いはカードとスマホの両方で可能です。

レジ前などに設置されている読み取り機にカードをタッチすると、自動で入金残高から利用額が引かれ、支払い完了となります。

JRE CARDを組み合わせると乗車でポイントが貯まる

Suicaを通勤や通学で利用するなら、Suicaの利用でポイントが貯まる、JRE CARDを組み合わせて使いましょう

JRE CARDはSuicaのチャージやJR東日本の定期購入で、1,000円ごとに15JREポイント(15円分)が貯まるのです。

JREポイントは1ポイント1円でSuica残高に移行できます。

Suicaは全国の電車やバスの乗車、セブンイレブンなど47万店での買い物に使えます。

また、JRE CARDはJR東日本以外でも利用でき、スーパーなどの通常の買い物利用でも、1,000円につき5JREポイントが貯まります。

JRE CARDの入会金は無料で年会費は500円とリーズナブルです。

また、Suica・定期券一体型が発行できるため、SuicaとJRE CARDの両方を持つ必要もありません。

Suicaを利用するほどお得になるため、毎月多額のSuica利用がある人は、JRE CARDを持つことをおすすめします。

JRE CARD

  • Suica機能付帯の電子マネー
  • Suicaへのチャージや定期券の購入でJREポイントが貯まる
  • JREポイントはSuicaの残高に移行可能
  • Suicaへのオートチャージが可能

【楽天Edy】カードで支払えて楽天スーパーポイントが貯まる、使える

決済手段 入金方式 利用可能店舗数
カード/スマホ 事前入金(コンビニなど) 約45万店舗

楽天Edyは楽天スーパーポイントが貯まる、使える電子マネーで、カードタイプが発行できるのが魅力です

カードタイプはネットで購入でき、コンビニでチャージができるため、スマホなしでも手軽に利用できるからです。

一方、同じ楽天グループが発行する楽天ペイも、楽天スーパーポイントを貯めて、使える電子マネーですが、スマホでの支払いにしか対応していません。

また、楽天ペイはデビットカードかクレジットカードが必要となるため、楽天Edyのように気軽には使えないのです。

楽天Edyは支払い200円ごとに1楽天スーパーポイントが貯まります。

ポイントは1ポイント1円で楽天市場やマクドナルドなどの楽天ポイント加盟店(約50万店)での支払いに利用できます。

楽天Edyは楽天Edy Official Shopで購入でき(300円)、メール便(送料無料)で届きます。

チャージは以下の通り、多くのコンビニでできるため、チャージの場所に困ることはありません。

楽天Edyにチャージできるコンビニ
  • スリーエフ
  • セイコーマート
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • スリーエイト
  • デイリーヤマザキ
  • ミニストップ
  • ローソン

他にもアピタやマルエツなど多数の店舗でチャージが可能です。

チャージ後は楽天Edy加盟店のレジで支払いが可能で、楽天Edyカードをレジ前のカード読み取り機にかざすだけで、支払いが完了します。

楽天カードを組み合わせるとポイントが2倍

楽天Edyはクレジットカードからのチャージも可能で、チャージに楽天カードを利用すると、ポイントが2倍になります

というのも、楽天カードは楽天Edyへのチャージ200円ごとに、1楽天スーパーポイントが貯まるからです。

楽天カードによる楽天Edyへのチャージと、楽天Edyの支払いで、各々200円ごとに1楽天スーパーポイントが貯まるのです。

楽天カードは入会金・年会費無料で利用でき、楽天Edyの機能も付帯させられるため、楽天Edyを別に持つ必要もありません。

楽天Edyを利用するなら楽天カードは必携の1枚と言えます。

楽天カード

  • 入会金・年会費無料
  • 100円利用につき1楽天スーパーポイントが貯まる
  • ポイントは楽天市場や楽天ポイント加盟店(50万店)で使える
  • 10年連続顧客満足度NO1
  • 新規入会で楽天ポイント5,000ポイントプレゼント

【iD】クレジットカードを紐づけてスムーズな支払いが可能

決済手段 入金方式 利用可能店舗数
カード/スマホ 前払い・即時払い・後払い(クレジットカードなど) 約90万店

iDは専用カードやスマホにクレジットカードを紐づけて使える電子マネーで、クレジットカードよりもスムーズな支払いが可能です

iDの支払いはレジで「iDで」と店員の人に伝え、レジ前の読み取り機にカードやスマホかざすと一瞬で完了するため、支払いがスムーズなのです。

一方、クレジットカードは暗証番号やサインの入力などの手間が発生します。

小銭のやり取りが発生する現金払いは嫌だけど、ドラッグストアなどの少額決済ではクレジットカード払いをしたくない、という人にはiDがおすすめです。

また、iDは紐づけたクレジットカードが支払い元となるため、利用額の支払いはクレジットカード会社に準じて後払いとなります。

クレジットカードが支払い元となるため、ポイントも利用額に応じて貯まります。

他にもiDはプリペイドカードやデビットカードを紐づけることもでき、プリペイド式、即時払い式の支払いも可能です。

また、Apple PayやGoogle PayでiDを使うこともできるので、スマホでiDの支払いをすることもできます。

iD利用なら大手コンビニで還元率2.5%の三井住友VISAクラシックカードがおすすめ

iDはコンビニなどの少額決済がスムーズになるのが魅力なので、大手コンビニで最高還元率となる三井住友VISAクラシックカードが相性抜群です

三井住友VISAクラシックカードはセブンイレブン・ファミリーマート、ローソンではポイントが5倍になるからです。

通常は1,000円利用ごとに1ポイント(5円相当)が貯まり(還元率0.5%)、大手コンビニでは5ポイント(25円相当)が貯まるのです(還元率2.5%)。

ポイントは三井住友VISAクラシックカードのiD利用額からの割引(キャッシュバック)に利用できます。

三井住友VISAクラシックカードはiD一体型のクレジットカードとiD専用カード(クレジットカードと分離したタイプ)を発行できます。

また、Apple PayやGoogle PayでのiD利用に対応しているため、スマホによる支払いも可能です。

三井住友VISAクラシックカード

  • iD利用可能
  • 1,000円につき5ポイント(5円相当)プレゼント
  • 大手コンビニでポイント5倍
  • ポイントはiD利用額の割引に利用可能
  • ネット入会で初年度年会費無料

使う電子マネーの種類は3つの基準で選ぶ

電子マネーは乱立状態で数が多いため、まずは利用する電子マネーの種類を選ぶことをおすすめします。

電子マネーは種類によって、支払い方法や支払い手段などが異なってくるので、あなたにとって都合の良い種類に絞り込むことができるのです。

ここでは電子マネーの種類の選び方として3つの基準を紹介します。

電子マネーを選びに悩む人は参考にしてください。

いつも利用する店舗から選ぶ

いつも利用しているお店の系列会社が発行する電子マネーがあれば、その電子マネーがあなたにとって最もお得になる可能性が高いです

というのも、電子マネーの発行会社は自社グループの売上増加を狙い、系列店舗での利用を優遇するからです。

例えば、イオングループ発行の電子マネー「WAON」はイオングループのお店ではポイント2倍となっています。

通常、WANOは200円支払いごとに1WAONポイントが貯まりますが、イオングループなら2WAONポイント貯まるのです。

いつも利用するお店の系列会社が発行する電子マネーを、まずはチェックしてみましょう。

電子マネーの系列店舗利用の優遇例

表はスライドしてご覧いただけます
電子マネー 優遇内容 発行元
WAON イオングループのお店でポイント2倍 イオングループ
nanaco 8のつく日はイトーヨーカドーで5%OFF セブン&アイグループ
ユニコカード 9のつく日はアピタ・ピアゴで5%OFF ユニー・ファミリーマートグループ

支払い手段から選ぶ

電子マネーにはカードとスマホの2つの支払い手段があるため、支払い手段から選ぶ電子マネーを絞ることもできます

カードとスマホとでは、以下のように特徴や利用メリットに違いがあるためです。

表はスライドしてご覧いただけます
支払い手段 概要 メリット 電子マネー例
カード 支払う電子マネー名を伝え、カードをレジ前の読み取り機にかざして支払いを行う スマホの操作が不要
カード読み取り機にかざすだけですぐに支払いが完了する
nanaco
WAON
Suica
スマホ 支払う電子マネー名を伝え、スマホをレジ前の読み取り機にかざす
支払う電子マネー名を伝え、専用アプリでスマホ画面上に表示したバーコードを提示する
など
スマホ一台で支払いができる 楽天ペイ
LINEPay
PayPay
ポストペイ式 スマホやカードで支払いを行った際、紐づけたクレジットカードから支払いが行われる クレジットカード会社への後払いとなるため、残高を気にせずに利用できる iD
楽天Pay
d払い

カードを持つのが面倒な人はスマホで、ITが苦手な人はカードで支払いをすることをおすすめします。

支払い方法から選ぶ

電子マネーの支払い方法は大きく分けて3種類あり、各々メリットが異なるため、支払い方法から選ぶ電子マネーを絞ることもできます

電子マネーの支払い方法にはプリペイド式・即時払い式・ポストペイ式の3つがあり、各々の概要とメリットは以下の通りです。

表はスライドしてご覧いただけます
支払い方法 概要 メリット 電子マネー例
プリペイド式 コンビニのレジやクレジットカードでチャージ(入金)し、入金残高の範囲でカードやスマホで支払いをする 事前に入金が必要なため、使いすぎの心配がない Suica
LINEPay
PayPay
即時払い式 スマホやカードで支払いを行った際、紐づけた銀行口座から利用額が引き落とされる 銀行口座の残高がある限りは入金不要で使い続けられる iD
QUICPay
OrigamiPay
ポストペイ式 スマホやカードで支払いを行った際、紐づけたクレジットカードから支払いが行われる クレジットカード会社への後払いとなるため、残高を気にせずに利用できる iD
楽天Pay
d払い

いつの時点で現金を支払うかで電子マネーを決めたいなら、支払い方法で電子マネーを絞り込むのがおすすめです。

電子マネーを利用するメリット3つ

電子マネーには現金にはないメリットがいくつもあります。

ここでは電子マネーのメリットである以下の3点を紹介していきます。

小銭のやり取りが発生しないからスムーズな決済ができる

電子マネーはカードやスマホで決済を行うため、小銭のやり取りが発生しない分スムーズな決済が可能です

電子マネーはお金のやり取りを決済前後にまとめて行うため、都度の現金のやり取りが不要なのです。

例えば、楽天Edyは事前にコンビニなどで現金を入金し、入金残高の範囲でカード払いができる電子マネーです。

また、iDなどのポストペイ式なら、一ヶ月分の利用額を後日まとめて銀行口座から引き落とす形になります。

小銭のやり取りは時間がかかりるし、レジに並ぶ人を待たせるのは気分が悪い、という人には電子マネーは便利なツールとなります。

決済額に応じたポイントが貯まり、節約が可能

電子マネーは決済額に応じたポイントが貯まるため、節約志向の人は現金よりも電子マネーを利用すべきです

電子マネーで貯まるポイントはそのままその電子マネーの買い物に使えるため、買い物額の節約に繋がるからです。

例えば、nanacoは200円利用ごとに1ポイントのnanacoポイントが貯まります。

nanacoポイントは1ポイント1円でnanacoの残高に移行することができ、nanacoの買い物に使えるのです。

電子マネーは使える場所が限られていますが、楽天Edyやnanacoのように全国約50万店舗で利用可能なものも少なくありません。

普段利用しているお店が採用している電子マネーがあるなら、その電子マネーで買い物をするのがお得です。

盗難・紛失時も利用停止&新規カードへの残高移行が可能

現金よりも盗難・紛失時にお金が戻ってくる可能性が高い点も、電子マネー利用のメリットです

電子マネーは発行元への連絡ですぐに利用を停止でき、かつ再発行カードに旧カードの残高を移行できるからです。

つまり、盗難・紛失時から利用停止時点までで悪用されない限りは残高は戻ってくるのです。

財布を落とした時のために現金を少なく持ち歩いている人は、電子マネーを利用することで、より安全に自分のお金を守ることができます。

おすすめの電子マネーの記事一覧

ポイント還元率の高いおすすめ電子マネー&効率的なポイントの貯め方使い方

2019/07/09

この記事を読む

おすすめのアプリ型電子マネーを紹介-メリットや使い方も解説-

2019/07/08

この記事を読む

おすすめ電子マネー×チャージ用最強クレジットカード6選

2019/06/27

この記事を読む

コンビニ主要5社別!最も還元率が高いおすすめ電子マネーを紹介

2019/06/21

この記事を読む

スマホ決済できる電子マネーの選び方とおすすめを紹介

2019/06/17

この記事を読む

記事一覧

おすすめの電子マネー