ポイント還元率の高いおすすめ電子マネー&効率的なポイントの貯め方使い方

「どうせ電子マネーを使うならポイントやキャッシュバック還元で最も得するものを使いたい」

これから電子マネーを使おうと思っている人の多くは、上記のような願望を抱えているのではないでしょうか?

今回はそのような人に向けて、ポイントやキャッシュバックの還元率が高い電子マネーを紹介していきます

また、ちょっとした工夫でポイント還元率(キャッシュバック率)を上げる方法についても紹介していきます。

本記事を読めば、すぐに最もお得な形で電子マネーライフを始めることができます。

高還元のおすすめ電子マネー

電子マネーは支払い額に応じたポイントが貯まる!

電子マネーは支払い額に応じたポイントが貯まる分、現金よりもお得です

というのも、電子マネーの支払いで付与されるポイントは、1ポイント1円などの形でその電子マネーの支払いに使えるからです。

平均的な電子マネーは200円あたり1ポイントが貯まり、1ポイント1円でその電子マネーの買い物に使えます。

ポイント高還元のおすすめ電子マネー5選

ここではポイント還元率やキャッシュバック率が高いおすすめ電子マネーを5つ紹介していきます。

また、それぞれの電子マネーでより還元率を上げる方法についても解説しているので、節約効果を重視して電子マネーを使いたい人は参考にしてください。

高還元のおすすめ電子マネー

【PayPay】クレカ不要で100円利用あたり1.5円のキャッシュバック

手数料 利用店舗数
無料 100万店以上
還元率 支払い方法
1.5% スマホ

PayPayは銀行口座だけで利用できるスマホ決済型の電子マネーのため、気軽に高還元を受けたいあなたにおすすめです

というのも、PayPayは、アプリ操作で登録の銀行口座からチャージした残高で買い物をするだけで、100円利用あたり1.5円のキャッシュバックを受けられるからです。

PayPayはスマホのアプリストア(App Store/Google Play)から無料でダウンロードすることができ、発行手数料や年会費は無料です。

PayPayのダウンロードはこちらから

【楽天ペイ】最大3.5%還元の超高還元が実現可能

手数料 利用店舗数
無料 120万店以上
還元率 支払い方法
0.5% スマホ

「楽天ペイ」は、クレジットカードの「楽天カード」と、チャージ式のアプリ型電子マネー「Kyash」を合わせて使うと、3.5%の超高還元となります

というのも、楽天ペイは、登録したクレジットカードなどから支払いを行う、アプリ型の電子マネーだからです。

楽天ペイ(0.5%還元)には、Kyash(2%還元)を登録することができ、Kyashのチャージを楽天カード(1%還元)のカード払いで行うことで、合計3.5%の還元率となるのです。

【Kyash】

楽天ペイと楽天カードで還元されるのは楽天スーパーポイントで、Kyashの還元はキャッシュバックとなります。

何れも楽天ペイの支払いに使うことができるため、実質的にはキャッシュバックとなります。

楽天ペイ、Kyashはアプリストア(App Store/Google Play)で無料でダウンロードでき、利用は無料です。

また、楽天カードも入会金・年会費無料で、手数料などは一切かかりません。

【楽天カード】ポイント還元率1%で楽天市場ならポイント3倍

対応電子マネー

R Edy
年会費 ポイント還元率 マイル還元率
無料 1.0%~3.0% 0.5%~1.5%
発行日数 海外旅行傷害保険 ETC年会費
7営業日程度 最高2,000万円 500円(税別)
楽天カードはポイント還元率1%の高還元カードで、かつ楽天市場でポイント3倍となる、楽天ユーザー必携のカードです

貯まるポイントは楽天スーパーポイントで、楽天市場や楽天ペイの支払いに使えます。

また、今なら新規入会&利用で5,000円相当の楽天スーパーポイントがプレゼントされます(2019年10月31日現在)

楽天市場で欲しい商品がある人は、今が入会のチャンスです。

  • ポイント還元率1%
  • 楽天市場でポイント3倍
  • 5,000円分のポイントプレゼント

【Suica】電車の移動から買い物まで幅広く使えて1.5%の高還元も可能

手数料 利用店舗数
500円(預り金) 47万店以上
還元率 支払い方法
0% カード/スマホ

Suicaは電車の移動と買い物の両方に使え、かつポイント還元率1.5%の高還元も可能なため、電車移動の多い人におすすめです

というのも、Suicaはチャージ式の電子マネーで、クレジットカードのJRE CARDからチャージすると、1.5%の高還元でポイントが貯まるからです。

具体的には1,000円チャージあたり15JREポイントが貯まり、ポイントは1ポイントSuica1円分に移行できます。

JRE CARDは年会費477円とリーズナブルで、かつSuica機能が付いている>ので、別途Suicaカードを持つ必要もありません。

【JRE CARD】Suicaのチャージで1.5%の高還元カード

対応電子マネー

Suica
年会費 ポイント還元率 マイル還元率
477円(税別) 0.5%~3.5%
発行日数 海外旅行傷害保険 ETC年会費
7営業日程度 最高500万円 477円(税別)
JRE CARDはSuicaのチャージでポイント還元率1.5%の高還元となるため(通常0.5%還元)、Suicaユーザーのあなたにおすすめです

JRE CARDで貯まるポイントはJREポイントで、Suicaのチャージ残高に移行できます。

また、今なら期間限定で、5,000円相当のポイントがプレゼントされるキャンペーンも実施されています(2020年1月31日までに申し込んだ人が対象)。

  • Suicaチャージで1.5%還元
  • 駅ビルで3.5%の超高還元
  • 5,000円相当のポイントプレゼント

【QUICPay】かざすだけのスピード決済と1%の高還元が可能

手数料 利用店舗数
無料 不明
還元率 支払い方法
0% カード/スマホ

QUICPayは読み取り機にかざすだけのスピード決済ができ、かつポイント高還元も可能なため、支払いの利便性と高還元の両方を求める人におすすめです

というのも、QUICPayの支払いは登録のクレジットカードから行われるため、設定するカードによってはポイント高還元が可能なのです。

QUICPayでポイント高還元を求めるなら「JCB CARD W」がおすすめです。

「JCB CARD W」は年会費無料でポイント還元率1%と高還元だからです。

クレジットカードの平均的な還元率は0.5%なので、JCB CARD Wは平均の2倍近くのポイントが貯まることになります。

貯まったポイントは、30万店舗で使えるギフトカード、「JCBプレモ」のチャージなどに利用できます。

【JCB CARD W】年会費無料でポイント還元率1%の高還元カード

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 マイル還元率
無料 1.0% 0.6%
発行日数 海外旅行傷害保険 ETC年会費
1週間程度 最高2,000万円 無料
JCB CARD Wは年会費無料で、常にポイント2倍の高還元カードなので(ポイント還元率1%)、万人におすすめのクレジットカードです

貯まったポイントは、全国30万店で使えるギフトカード、「JCBプレモ」のチャージなどに利用できます。

今なら新規入会で、ポイント還元率が最大30倍になります(2019年12月31日まで)。

また、JCB CARD Wでスマホ決済(Google Pay/Apple Pay)を利用すれば、利用額の20%がキャッシュバック(最大10,000円まで)されます(2019年12月15日まで)。

さらに、14,000円のキャッシュバックキャンペーンも行われているので(2019年3月31日まで)、JCB CARD Wに入会するなら今がチャンスです。

  • スマホ決済で20%キャッシュバック
  • 新規入会でポイント最大30倍
  • 14,000円のキャッシュバック

【LINEPay】LINEアプリで支払い&キャッシュバック率最大2%

手数料 利用店舗数
無料 100万店以上
還元率 支払い方法
0.5~2%(前月利用額で変動) スマホ

LINE PayはLINEアプリで支払いができ、かつ最大で利用額の2%がキャッシュバックされるため、LINEユーザーの人におすすめです

というのも、LINE Payは、LINEアプリに銀行口座を登録し、LINEアプリの操作で銀行口座からチャージをすれば、すぐに支払いに使えるからです。

また、LINE Payは利用額に応じて0.5%~2%のキャッシュバックを受けられます。

LINE Payのキャッシュバック率は前月の利用額に応じて、当月分が以下のように決まります。

キャッシュバック率 前月利用額
2% 100,000円以上
1% 50,000円以上
0.8% 10,000円以上
0.5% 0円以上

LINE PayのキャッシュバックはLINE Payのチャージ残高として付与されるため、そのままLINE Payの支払いに使えます。

LINEPayはLINEのアプリがインストールされていて、銀行口座があればすぐに使えます。

利用の登録はLINEアプリのウォレットタブの画面から行うことができます。

電子マネーはクレジットカードを使うとポイント二重取りが可能

電子マネーはクレジットカードを使うことでより高還元になります

というのも、電子マネーのチャージはクレジットカード払いで行うことができるからです。

クレジットカードは利用額に応じてポイントが貯まるため、電子マネーの利用で貯まるポイントとの二重取りが可能なのです。

クレジットカードからのチャージでポイントが貯まる主な電子マネーは以下の通りです。

電子マネー 利用カード例 還元率変化
Suica JRE CARD 0%→1.5%
nanaco セブンカード・プラス 0.5%→1%
WAON イオンカードセレクト 0.5%→1%
楽天Edy イオンカードセレクト 0.5%→1%
PayPay ヤフーカード 1.5%→2.5%
au PAY au WALLET 0.5%→1.5%

また、電子マネーには登録したクレジットカードから支払いを行うタイプものもあり、このタイプでもポイントの二重取りが可能です。

というのも、電子マネーのポイントに加え、クレジットカードの利用額のポイントも貯まるからです。

登録したクレジットカードから支払いを行える主な電子マネーは以下の通りです。

電子マネー 利用カード例 還元率変化
QUIQPay JCB CARD W 0%→1%
iD dカード 0.5%→1.5%
楽天ペイ 楽天カード 0.5%→1.5%
Origami Pay 楽天カード 0.5%→1%

関連記事

記事一覧

おすすめの電子マネー