スマホ決済できる電子マネーの選び方とおすすめを紹介

ペイペイやLINEPayといったスマホで入金から支払いまでをキャッシュレスに行えるスマホ決済タイプの電子マネーに興味を持っている人は多いでしょう。

しかし、いざ始めようにもどの電子マネーを選んでどのように利用すればよいのかわからない、と思っている人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな人のためにスマホ決済タイプの電子マネーの選び方やおすすめの電子マネー、スマホ決済を始めるまでのプロセスを紹介していきます。

なお、今回紹介するおすすめのスマホ決済タイプの電子マネーは次の3つなので、手っ取り早くおすすめの電子マネーを知りたい人は気になるものからタップ(クリック)して確認してみてください。

スマホ決済が可能な電子マネーは3種類ある

分類するとスマホ決済が可能な電子マネーは3種類あります。

以下ではスマホ決済可能な3種類の電子マネーの特徴やメリットについて詳しく紹介していくので、これからスマホ決済を始めたいと思っている人は参考にしてみてください。

【QRコード型モバイル電子マネー】アプリだけでチャージから支払いもできる手軽な電子マネー

電子マネーを利用するのにできるだけ手間をかけたくない人には、電子マネーの発行、チャージ、支払いまでがアプリで完結する QRコード型モバイル電子マネーがおすすめです

というのも、スマホ決済可能な電子マネーの多くは「Suica」などのカード型電子マネーの情報をスマホに入れて利用するタイプのものになるので、カードを作る手間が発生してしまうからです。

例えば、GooglePayなどのおサイフケータイもスマホでチャージと支払いが可能ですが、利用するためにはJR東日本の駅の券売機で発行した「Suica」などが必要になります。

その点、 QRコード型モバイル電子マネーはスマホでアプリをダウンロードし、アプリ内から利用者登録を行えばすぐに利用を開始することができます。

チャージ(入金)はアプリ内から銀行口座やクレジットカードを登録すると、その場でできるので、銀行に足を運ぶような手間もありません。

とにかくスマホ決済に手間をかけたくない人は、以下のようなQRコード型モバイル電子マネーの利用をおすすめします。

主なQRコード型モバイル電子マネー一覧
  • ペイペイ(ソフトバンク/ヤフー)
  • 楽天ペイ(楽天)
  • OrigamiPay(Origami)
  • LINEPay(LINE)

【ICカード型電子マネー】特定の店舗でポイント還元率が優遇される

セブン&アイの「nanaco」やJR東日本の「Suica」などのICカード型電子マネーは、特定の店舗でポイント還元率が優遇されるメリットがある電子マネーです

というのも、ICカード型電子マネーはセブン&アイなどの小売業者やJR東日本などの鉄道会社が自社やグループ会社の売上を促進するために発行するものであるため、自社や関連会社のお店の利用時にはポイント還元率を優遇するようなポイントサービスを展開しているのです。

例えば、nanacoは加盟店の利用で200円ごとに1nanacoポイントが貯まりますが、セブンイレブンなどのセブン&アイグループの店舗では2倍の2ポイントが貯まります。

nanacoポイントは1ポイントあたり1nanaco(1円相当)に移行することができ、nanaco加盟店のお買い物に利用できます。

ICカード型電子マネーは文字通りカードタイプのものが多いですが、メジャーなものであればApple PayやGoogle Payといったおサイフケータイサービスでスマホ決済が可能です。

例えば、Apple PayでSuicaを利用する場合は、iPhoneのウォレットアプリを起動してSuicaを追加する操作を行うことで、カード情報をスマホに取り込むことができます。

これにより以後スマホ決済にSuicaを利用できるようになります。

<スマホ決済対応電子マネー一覧>

表はスライドしてご覧いただけます
電子マネーの種類 GooglePay ApplePay
Suica
nanaco ×
WAON ×
Suica
楽天Edy ×

後払いも可能なチャージ不要の電子マネー【ポストペイ型電子マネー】

電子マネーには事前入金を忘れたり残高以上のお買い物をうっかりしてしまった際に、残高不足で決済ができないという弱点がありますが、決済後に利用代金を支払うポストペイ型電子マネーならそのような心配は不要です

というのも、ポストペイ型電子マネーは専用アプリに自分のクレジットカードの情報を登録し、そのクレジットカードを支払い元としてスマホで決済をできるようにするものだからです。

つまり、ポストペイ型電子マネーで支払いを行うと、アプリ内に登録されたクレジットカードにより支払いが行われ、利用代金はクレジットカードの利用代金引き落とし日に、カード会社によって銀行口座から引き落とされるのです。

※通常、クレジットカードの利用代金は利用月の翌月にカード会社に登録した銀行口座から引き落とされます。

普段利用しているクレジットカードがある場合はポストペイ型電子マネーを利用することをおすすめします。

ちなみにポストペイ型電子マネーはクレジットカード以外にもプリペイドカードを登録することもできますが、プリペイドカードの場合は事前に入金しないと利用ができないので、ポストペイ型電子マネーに登録して支払いを行っても後払いはできません。

主なポストペイ型電子マネー一覧
  • iD(ドコモ)
  • QUIQPay(JCB)

スマホ決済初心者ならQRコード型モバイル電子マネーがおすすめ

これからスマホ決済を始める人には、電子マネーのなかで最もポイントやキャッシュバックの還元率が高いQRコード型モバイル電子マネーをおすすめします

というのも、QRコード型モバイル電子マネーはまだ電子マネーとしては新しく、現在各社が競って普及に努めているため、ポイントやキャッシュバックによる還元率が高く設定されているものが多いのです。

例えば、主なQRコード型モバイル電子マネー、ICカード型電子マネー、ポストペイ型電子マネーの還元率を比較してみると以下の通りになります。

表はスライドしてご覧いただけます
電子マネー名 電子マネー種類 ポイントorキャッシュバック内容
ペイペイ QRコード型 利用額100円あたり3円のキャッシュバック
LINEPay QRコード型 利用額100円あたり3.5円~5円分のLINEポイント付与
※変動幅は前月の利用額によるもの
nanaco ICカード型 利用額200円あたり1nanacoポイント(1円相当)付与
※セブン&アイグループ店舗なら100円につき1ポイント
Suica ICカード型 一部店舗のみ利用額200円あたり1JREポイント(1円相当)付与
※アキュアなどJR東日本関連の一部サービスなら100円利用あたり1ポイント
iD ポストペイ型 なし
QUIQPay ポストペイ型 なし

QRコード型電子マネーはアプリのダウンロードとアプリ内での利用登録で始めることができる手軽さもウリなので、スマホ決済初心者の人でも簡単に始めることができます。

スマホ決済におすすめの電子マネー3選

ここではスマホ1台でチャージ(入金)から支払いまでのスマホ決済が可能なおすすめの電子マネーを3つ紹介していきます。

【ペイペイ】100円利用あたり3円がキャッシュバックされる

ペイペイはペイペイ残高(ペイペイにチャージしたお金の名前)100円利用あたり3円のキャッシュバックを受け取れる高還元のQRコード型モバイル電子マネーです

というのも、電子マネーやクレジットカードは高還元なものでも1%程度が限界ですが、ペイペイはその3倍の還元率を実現しているからです。

ペイペイのキャッシュバックはペイペイ残高としてアプリ内に還元されるため、そのままお買い物に利用できます。

ペイペイはApp Storeなどでダウンロードし、アプリ起動時の利用登録が完了するとすぐに利用を開始できます。

入会金・年会費は無料でコストも一切かかりませんし、今なら新規登録のプレゼントとしてペイペイ残高が500円分貰えます

チャージはアプリ内で銀行口座かクレジットカード(ヤフーカードのみ)を登録することで可能となり、支払いもアプリで表示したQRコードを店員の人に提示するだけで行うことができます。

※チャージではなくペイペイ経由のクレジットカード払い(後払い)ならヤフーカード以外のクレジットカードも対応していますが、キャッシュバックは100円利用あたり0.5円にまで落ちてしまいます。

ヤフーカードチャージならさらに還元率アップ
ヤフーカード

  • ペイペイチャージに利用できる
  • ペイペイチャージで100円利用につきTポイントが1ポイント貯まる
  • Tポイントはファミリーマートなどのお買い物に1ポイント1円で使える
  • Tポイント加盟店ならカード提示分のTポイントも貯まる
  • 入会金・年会費無料

ヤフーカードを申し込む

ペイペイ残高へのチャージは銀行口座よりもチャージ金額に応じた分のTポイントが貯まるヤフーカードから行った方がお得です

というのも、ヤフーカードでペイペイにチャージすると100円利用につきTポイントが1ポイント貯まるのです。

そのため、ヤフーカードを利用してペイペイにチャージすると、ヤフーカードのTポイントとペイペイ利用の3%キャッシュバックの二重取りができます

Tポイントは1ポイント1円でファミリーマートやヤフーショッピングなどの支払いに利用できます。

入会金・年会費は無料なので、ペイペイを利用するなら合わせてヤフーカードに申し込むことをおすすめします。

【楽天ペイ】楽天スーパーポイントが1ポイント1円で支払いに使える

楽天ペイは共通ポイントの楽天スーパーポイント(1ポイント1円)で支払いができるため、楽天市場や全国に約20万店舗ある楽天ポイント加盟店(マクドナルド、ダイコクドラッグなど)をよく利用する人におすすめです

というのも、楽天市場のお買い物100円につき1ポイント(要楽天会員登録)、楽天ポイント加盟店なら100円もしくは200円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まるからです。

また、楽天ペイの支払いでも200円につき1ポイントが貯まります。

例えば、マクドナルド(100円利用につき1ポイント)で600円分の支払いを楽天ペイで行うと、楽天ペイの支払いによるポイント3ポイントと楽天ポイント加盟店での支払いによるポイント6ポイントが貯まります。

貯まったポイント9ポイントは次回のマクドナルドやデイリーヤマザキ、出光サービスステーションなどの楽天ポイント加盟店での支払いに1ポイント1円で利用することができます。

楽天ペイの支払いは楽天ペイアプリに表示したQRコードなどで行うことができ、ポイント以外ではスマホを経由したクレジットカード払いが可能です。

ちなみに、入会キャンペーンのプレゼントなどで付与される、利用先が楽天市場などの楽天サービスに限定された期間限定ポイントも、楽天ペイ経由ならコンビニなどの街の買い物で利用できます。

楽天カードなら楽天スーパーポイントの3重取りが可能

楽天Payは楽天Payの支払いによるポイント、楽天市場や楽天ポイント加盟店での支払いによるポイントに加え、楽天カード経由による支払いで楽天スーパーポイントの3重取りを実現することができます

というのも、楽天Payは登録した楽天カードによるクレジットカード払いが可能なため、楽天カードの支払いによるポイントを貯めることができるからです。

楽天カードは入会金・年会費無料で100円利用につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まるクレジットカードです。

カード維持や利用に一切のコストがかからないのに、楽天ペイ利用によるポイント還元率がアップする1枚なので、楽天ペイの利用者は絶対に持っておくべき1枚です。

楽天カード

  • 楽天Pay決済に利用できる
  • 入会金・年会費無料
  • 100円利用につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まる
  • 楽天市場でポイント3倍
  • マクドナルドやツルハドラッグなどの楽天ポイント加盟店でポイント最大3倍

楽天カードを申し込む

【LINEPay】チャージから支払いまですべての作業がLINEアプリ内で完結する

LINEPayはLINEアプリ内でスマホ決済に必要なすべての作業が行えるので、LINEがすでにスマホに入っている人はすぐに利用を開始できます

というのも、LINE内のウォレットページを開きチャージ用の銀行口座を登録すれば、LINEアプリ内からのチャージが可能となるので、その瞬間からコンビニのレジなどでスマホ決済が可能となるからです。

チャージは銀行口座のほかにもクレジットカードなどで行うことができ、LINEアプリ以外ではコンビニでも行うことができます(セブンATMなど)。

支払いはLINEアプリの操作でスマホ画面上に表示したQRコードを店員に見せるか、お店に設置されたQRコードを読み取ることで行えます。

また、LINEPayはQRコードで支払いを行うと、100円あたり3ポイントのLINEポイント(1ポイント1円相当)が付与され、さらに前月の利用実績に応じて翌月に適用されるマイカラーというランクに応じたボーナスポイントも付与されます。

表はスライドしてご覧いただけます
マイカラー ボーナスポイント付与率 条件
グリーン 100円利用あたり2ポイント 前月100,000円以上の支払いで翌月適用
ブルー 100円利用あたり1ポイント 前月50,000円以上の支払いで翌月適用
レッド 100円利用あたり0.8ポイント 前月10,000円以上の支払いで翌月適用
ホワイト 100円利用あたり0.5ポイント なし

LINEポイントはPontaポイントなどの共通ポイントやスターバックスのeギフトなどの商品との交換、LINEスタンプの購入などに利用できます。

また、LINEモバイル利用者の人はLINEモバイルの料金支払いに利用することも可能です。

スマホで電子マネーを使うまでの流れを紹介

ここでは具体的に電子マネーを利用してスマホ決済を始める流れを紹介します。

ゼロからスマホ決済を始めるまでの流れは以下の通りになります。

以下ではそれぞれのステップについて詳しく解説していますので、スマホ決済の始め方がよくわからない人は参考にしてみてください。

STEP1:公式サイトやお店で電子マネーの申込みをする

電子マネーでスマホ決済を行うには、利用したい電子マネーを発行する必要があるので、申込みの手続きを行わなければなりません

現金を入金することで利用者のIDにその分の価値を紐づけたものが電子マネーであるため、そのID発行のために個人情報が必要となるからです。

ただし、クレジットカードのように年収や勤務先などの細かい個人情報は求められず、氏名や連絡先といった簡単な入力内容のみで申込みは完了します。

「nanaco」などのICカード型電子マネーは公式サイトや店舗(Suicaの場合はみどりの窓口など)などで申し込むことができ、ペイペイなどのQRコード型モバイル電子マネーはApp Storeなどでダウンロードしたアプリ内で申込み(利用登録手続き)を行うことができます。

STEP2:スマホへの電子マネー情報や銀行口座などの登録を行う

スマホ決済はあくまでも支払いのツールでありお金ではないため、お金の捻出口として入金済みの電子マネーや現金の入った銀行口座などが必要となります

スマホ決済はスマホを経由する形で電子マネーや銀行口座にあるお金を、お店側へと移動させる支払い手段となるからです。

nanacoなどのICカード型電子マネーやiDなどのポストペイ型の電子マネーの場合はGoogle PayやApple Payといったおサイフケータイで利用するため、アプリにカード情報を入れる必要があります。

例えば、SuicaをApple Payで利用する場合はiPhoneのウォレットアプリを起動し、Suicaのカード情報を入力するとカード情報の取り込みが完了します。

QRコード型モバイル電子マネーの場合はアプリ内の操作で銀行口座の口座番号やクレジットカード番号を入力することで、アプリ操作によるチャージが可能となります。

STEP3:電子マネーに入金(チャージ)する

作ったばかりの電子マネーにはお金が入っていないので、チャージ(入金)が必要となりますが、チャージは好きな時にお買い物感覚でできるので、銀行口座にお金を取りに行くよりも簡単です

というのも、チャージは近所のセブンイレブンのセブン銀行ATMやファミリーマートのFamiポートなどでできるほか、自宅で銀行口座やクレジットカードの登録をすると、ボタン1つでチャージができるようになるからです。

例えば、ペイペイやLINEPayはアプリ内で登録した銀行口座やクレジットカードからボタン1つでチャージが可能ですし、ICカード型電子マネーのnaancoであれば、セブンイレブンのレジやnanacoモバイルアプリ(Google Playでダウンロード可能)内の操作でクレジットカードからのチャージが行えます。

詳細なチャージ方法については各電子マネーの公式サイトに詳しく紹介されているため、記載の手順に従えば簡単にできるので、難しく考える必要はありません。

電子マネーへのチャージ(入金)をクレジットカードにするとクレジットカードのポイントも付く

銀行口座からの入金やコンビニ決済などのチャージ方法はチャージしても何も付与されませんが、クレジットカードの入金ならカード利用額に応じたポイントが付与されます

というのも、クレジットカード会社は自社のカード利用促進のために、現金と同じ価値を持つ独自ポイントを利用額に対する一定の割合でカード利用者に還元しているからです。

例えば、高還元で有名な楽天カードはカード利用100円につき楽天スーパーポイント1ポイントをカード利用者に付与しています。

楽天スーパーポイントは1ポイント1円で楽天市場やデイリーヤマザキなどの楽天ポイント加盟店で買い物に利用できます。

電子マネーの利用で節約をしたい人はチャージ方法としてクレジットカードを検討してみることをおすすめします。

STEP4:電子マネーをお店で利用する

チャージが行われた電子マネーはスマホ決済に利用でき、支払いはスマホを読み取り機にかざしたり、アプリに表示したQRコードを提示するだけで完了するので、小銭の用意やお釣りの受け取りが発生しません

というのも、読み取り機とスマホの間でデータのやり取りが行われ、自動的に電子マネーの残高がお店側へ移行して支払いが完了となるからです。

例えば、LINEPayにチャージした残高をローソンで利用する場合、店員の人に「LINEPayで支払います」と伝えると読み取り機を用意してくれるので、LINEアプリでQRコードを表示します。

QRコードはLINEアプリ画面下のウォレットをタップし、コード支払いを選んでパスコードを入力するだけで表示ができます。

店員の人が読み取り機をスマホにかざしてくれたら支払いは完了になります。

このようにスマホ決済では財布、紙幣、小銭、カードの類を持つ必要性が無くなるメリットと、支払い時に人を待たせるデメリットがなくなるので、ストレスフリーな支払いが実現可能です。


関連記事

記事一覧

おすすめの電子マネー