初心者でもわかる電子マネーの仕組み

電子マネーの利用を検討している人の中には、以下の悩みから利用をためらっている人が多いのではないでしょうか?

・電子マネーの仕組みが分からないから怖くて利用に踏み切れない
・無料で使えてポイントが付くなんて、裏がありそうで怖い

今回は以上のような悩みを抱えるあなたに向けて、電子マネーの仕組みを徹底解説します。

電子マネーが無料で使えてポイント還元がある理由や、電子マネーの安全性などを分かりやすく紹介していきます。

電子マネーの仕組み~現金なしで支払いができる理由~

電子マネーはカードやスマホをレジの読み取り機にかざす、スマホアプリで画面上に表示したバーコードを店員の人に提示する、などの方法で支払いができるツールで、現金不要のスムーズな決済が可能です

現金不要で決済ができるのは、カードやスマホで支払いをする時とは、別の形やタイミングで現金の支払いをするからで、具体的には以下のような方法になります。

①コンビニのレジで現金を渡し、レジ前の読み取り機に電子マネーをかざして入金
②電子マネーの専用アプリに登録したクレジットカードから、電子マネーに入金
③電子マネー決済時、その電子マネーに登録したクレジットカードから支払い
④電子マネー決済時、その電子マネーに登録した銀行口座残高から支払い

電子マネーは現金の支払いの形やタイミングによって、大きく3種類に分かれます。

次は電子マネーの種類ごとの決済の仕組みや、種類ごとのおすすめの電子マネーを紹介していきます。

電子マネーは現金の支払いタイミングによって3種類に分かれる

電子マネーは現金の支払いタイミングによって以下の3種類に分かれており、各々特徴やメリット・デメリットが異なります。

ここではそれぞれの種類について解説しつつ、種類ごとのおすすめの電子マネーも紹介していきます。

【プリペイド式】入金したカードやスマホで支払いを行う

プリペイド式は事前に現金を入金し、入金額の範囲で支払いが可能な電子マネーのため、後払いのクレジットカードのように、利用後に返済不能に陥る可能性がないのがメリットです

クレジットカードはカード会社が契約時に決めた限度額の範囲ならいくらでも使えてしまうため、現在の手持ちの現金以上の利用をしてしまい、支払いができなくなるケースがあるからです。

例えば、電子マネーの「WAON」は事前にイオンのレジ等でチャージ(入金)作業を行い、その入金した範囲内でWOANによる支払いができます。

一方で、イオンカードのようなクレジットカードは、カードで支払った翌月に銀行口座からカード利用額が引き落とされる仕組みです。

お金の利用の計画性に自信が無い人には、プリペイド式がおすすめです。

プリペイド式の電子マネーでおすすめなのは以下の3つです。

【Suica】全国の電車やバスの移動から47万以上の店舗での買い物に利用できる

Suicaは全国の駅やバスの運賃支払いから、47万以上の店舗での買い物に利用できる電子マネーで、移動と買い物の両方に対応している利便性が特徴となっています

SuicaはJR東日本の駅改札通過機能を持つ交通系ICカードで、かつ交通系ICカード全国相互利用サービスにより、以下10の交通系ICカードと相互に機能と加盟店の開放を行っているため、全国での移動や買い物に利用できます。

相互利用が可能な交通系ICカード
  • PASMO
  • Kitaca
  • manaca
  • TOICA
  • PiTaPa
  • ICOCA
  • はやかけん
  • nimoca
  • SUGOCA

例えば、SuicaでもICOCAエリアのJR西日本やmanacaエリアの名鉄バスが利用できるほか、SUGOCA加盟店のアミュプラザ小倉での買い物も可能です。

SuicaはSuicaエリア内にあるJR東日本の駅の多機能券売機、みどりの窓口で購入でき、最初に預り金として500円が必要なだけなので、実質利用料は無料となります(預かり金はカード返却時に返金)。

チャージは駅の自動券売機やセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどのコンビニでも可能で、支払いは駅改札や加盟店レジの読み取り機にカードをかざすだけでできます。

チャージはクレジットカードのJRE CARDでも可能で、JRE CARDでチャージをした場合は、1,000円につき15円相当のポイントが貯まるため、生活費の節約が可能となります(15JREポイント)。

というのも、JREポイントは1ポイント1円でSuicaの残額に移行できるため、コンビニやスーパーなどのSuica加盟店で買い物に利用したり、電車やバスの運賃にできるからです。

また、JR東日本の定期購入でも1,000円につき15ポイント、その他JR東日本以外でのクレジットカードの買い物でも1,000円につき5ポイント貯まります。

JRE CARDはSuica機能付帯のためSuicaが別途不要なのに加え、預り金も不要なのでSuicaよりも持ちやすくなっています。

年会費は477円かかりますが、初年度の年会費は無料となっています。

JRE CARD

  • 駅ビルの利用で最高3.5%還元
  • Suicaへのチャージや定期券の購入で1.5%ポイント還元
  • Suicaへのオートチャージが可能
  • 初年度年会費無料

【楽天Edy】65万の加盟店で利用可能で楽天スーパーポイントが貯まる

楽天EdyはコンビニでEdyカードにチャージすれば、レジの読み取り機にかざすだけで支払いができる手軽さと、65万の加盟店で支払いに使える利便性が大きな魅力の電子マネーです

nanacoやWAONといったカードにチャージして支払いを行う電子マネー(カードタイプ)のなかでは、楽天Edyの加盟店数は群を抜いており、2位のWAONと比べても15万もの差があります。

プリペイド式電子マネー(カードタイプ)の加盟店数ランキング
  • 1位 楽天Edy(65万店)
  • 2位 WAON(50万店)
  • 3位 nanaco(50万店)
  • 4位 Suica(47万店)

楽天Edyを運営する楽天はIT企業のため、nanaco(セブン&アイ)やWAON(イオン)などの流通系企業運営の電子マネーのように、ライバル関係にある企業の店舗を加盟店に取り込めない、というしがらみがないのです。

例えば、WAONを発行するイオンはミニストップを傘下に抱えているため、nanacoを発行するセブン&アイのセブンイレブンは加盟店にありませんが、楽天Edyならセブンイレブンでもミニストップでも利用が可能です。

また、楽天Edyは支払い200円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天スーパーポイントは1ポイント1円で、楽天市場やマクドナルド、デイリーヤマザキなどの約50万の楽天ポイント加盟店の買い物に使えます。

楽天Edyは楽天Edyオフィシャルショップで購入でき(発行費300円/送料無料)、年会費は無料なので、入手後は無料で使い続けられます。

楽天Edyを利用するなら楽天Edyの機能が付帯したクレジットカード、楽天カード(入会金・年会費無料)を利用すれば、ポイントが2倍貯まるようになります。

というのも、楽天Edyは楽天カードからのチャージに対応しており、楽天カードから楽天Edyへのチャージなら、200円ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント貯まるのです。

楽天Edyでの支払い200円ごとに貯まる1ポイントとは別に貯まるポイントなので、貯まるポイントが2倍になります。

楽天Edyを利用するなら楽天カードは必ず所有しておくことをおすすめします。

楽天カード

  • 入会金・年会費無料
  • 楽天Edyへのチャージ200円ごとに1楽天スーパーポイントが貯まる
  • 楽天スーパーポイントは1ポイント1円で楽天ペイの支払いに使える
  • 楽天市場でのクレジットカードで決済でポイント3%還元

【PayPay】銀行口座があればスマホ一台で入金から支払いが完結

PayPayは銀行口座があれば、すぐに大手コンビニや家電量販店など、100万店超のPayPay加盟店でスマホ決済ができるため、電子マネー初心者の人におすすめです

というのも、PayPayはアプリストアでダウンロードすれば、アプリ内で登録した銀行口座から入金が可能となり、かつ入金額の範囲でスマホによるQRコード決済が可能となるからです。

QRコード決済とは、アプリの操作でスマホ画面に表示したバーコードリーダーを、店員の人がリーダーで読み取ることで支払いができる仕組みのことです。

また、PayPayは利用額の1.5%がキャッシュバックされ、キャッシュバックされた金額はそのままPayPayの買い物に利用ができます。

PayPayはダウンロード無料でかつ年会費も無料となっているため、安心して利用ができる点もメリットです。

【ポストペイ式】カードやスマホで支払いをすると登録したクレジットカードから支払いが行われる

ポストペイ式電子マネーは電子マネーとなるカードやアプリにクレジットカードを登録して、カード払いを行う決済手段なので、チャージ不要なのがメリットです

というのも、ポストペイ式電子マネーは決済時に登録のクレジットカードから支払いが行われ、利用額は後日カード会社により銀行口座から引き落とされるからです。

人気のポストペイ式電子マネーでおすすめのものは、iDと楽天ペイです。

以下では、上記2つの電子マネーを詳しく紹介していきます。

【iD(ポストペイ式)】全国90万以上のお店でスピーディな後払いが可能

iDはカードによるスピーディな電子マネー決済と、登録したクレジットカードによる後払いはもちろんのこと、全国90万以上の店舗で使えるため、利便性が高くおすすめです

というのも、他のカードで支払いをする電子マネーの利用可能店舗数が、多くとも60万店舗程度のなか、iDは90万店舗という圧倒的に多い利用可能店舗数を誇っているからです。

カードで支払いをする電子マネーの利用可能店舗数
  • 1位 iD(90万店)
  • 2位 楽天Edy(65万店)
  • 3位 WAON(50万店)
  • 同3位 nanaco(50万店)
  • 5位 Suica(47万店)

iDを発行する大手携帯キャリアのNTTドコモは、WAONを発行するイオンのように小売店を経営するライバル企業がいないため、加盟店を他の電子マネーより多く取り込めるのです。

例えばWAONには、イオンのライバルであるセブン&アイの運営するセブンイレブンが加盟店として存在しないため、利用は不可能ですが、iDならイオン系列のミニストップとセブンイレブンの両方で利用できます。

iDの支払いは、iD加盟店のお店のレジで「iDで」と伝え、カードをレジ前の読み取り機にかざすだけで、一瞬で支払いが完了します。

支払い完了後は、クレジットカード払いとなり、翌月の銀行口座引き落としによる支払いとなるため、iDの利用にはiD対応のクレジットカードが必要です。

iD利用でおすすめなのは、大手コンビニの利用でポイントが通常の5倍(ポイント還元率2.5%)になる、三井住友VISAクラシックカードです。

というのも、iDは少額決済かつ、急ぎの用事で利用することの多いコンビニで特に重宝するため、コンビニで超高還元のポイント還元率を実現できる三井住友VISAクラシックカードはうってつけなのです。

具体的には、三井住友VISAクラシックカードは通常1,000円利用につき1ポイント(5円相当)貯まるところ、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンでは5ポイント(25円相当)貯まります。

クレジットカードのポイント還元率は、通常0.5%~1%なので、三井住友VISAクラシックカードは、コンビニの利用では絶対に欠かせない必携カードと言えます。

なお、ポイントは1ポイント5円でiD利用額からの値引きに利用できるほか、Amazonギフト券との交換や三井住友VISAプリペイドへのチャージなど、多様な形に利用することができます。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード
  • 初年度年会費無料
  • 大手コンビニでポイント5倍(ポイント還元率2.5%)
  • ポイントはiD利用額から値引きに利用可能
  • 最短翌営業日発行

【楽天ペイ】楽天スーパーポイントの還元率1.5%を実現できるスマホ決済アプリ

楽天ペイは楽天が運営するポストペイ式のQRコード決済アプリで、スマホ一台でクレジットカードの後払いができ、かつ普通にクレジットカードを利用するよりもポイントが貯まるお得なアプリです

というのも、楽天ペイはアプリでの決済200円ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント(1円相当)貯まり、加えてクレジットカード利用分のポイントも貯まるからです。

通常、クレジットカードは利用額の0.5%~1%(0.5円~1円)分の金額をポイントとして利用者に還元するので、楽天ペイと合わせると1.5%もの高還元を実現できるのです。

楽天スーパーポイントは1ポイント1円で楽天ペイの支払いに利用できますし、クレジットカードのポイントもAmazonギフト券や利用額(請求額)からの値引きなどに使えるため、節約効果が高いです。

楽天ペイはアプリストア(App Store/Google Play)で無料ダウンロードが可能で、年会費等の手数料は一切かかりません。

アプリ内でクレジットカードを登録すれば、アプリ起動後の画面を店員の人にスキャンしてもらうだけで支払いができるようになります。

利用するクレジットカードは楽天ペイと同じ楽天スーパーポイントが貯まる楽天カードがおすすめです。

というのも、楽天カードはポイント還元率1%の高還元カードなのに加え、貯まるポイントは楽天ペイと同じ楽天スーパーポイントだからです。

同じポイントならそれぞれで利用方法を検討する必要がありませんし、楽天スーパーポイントは1ポイント1円で楽天ペイの支払いに使えるため、楽天ペイと相性が良いです。

楽天カードは入会金・年会費無料で利用できるため、利用するのにかかる手数料等は一切ありません(申込みは下記のボタンから可能です)。

楽天カード

  • 入会金・年会費無料
  • ポイント還元率1%の高還元カード
  • ポイントは楽天ペイの買い物に使える
  • 楽天市場での楽天カード決済でポイント3倍
バーチャルカードのKyashを組み合わせると還元率3.5%が実現

楽天ペイは楽天カードとバーチャルカードのKyash(利用額の2.5%キャッシュバック)を組み合わせて利用すれば、ポイントとキャッシュバックで3.5%の還元率を実現することができます。

というのも、楽天ペイの支払いにはKyashを利用することができ、そのKyashのチャージに楽天カードを利用することで、ポイント&キャッシュの三重取りが可能となるのです。

※バーチャルカードはプリペイドカードの一種で、ネット上でのみ利用可能なものを指します。

Kyashは入会金・年会費無料で、アプリストア(App Store/Google Play)でダウンロードすればすぐに始めらます。

【即時払い式】カードやスマホで支払いをすると登録した銀行口座から即時に利用額が引かれる

即時払い式は、利用と同時に登録の銀行口座から引き落としが行われる電子マネーのため、以下のメリットがあります

1.プリペイド式電子マネーのようなチャージ(入金)が不要
2.クレジットカード払いのような後払いをしなくても良い

というのも、銀行口座の残高がある限りは入金作業は不要となるため、給与振り込み口座を利用すれば、基本的にチャージは不要となるからです。

また、利用と同時の銀行口座引き落としなので、残高不足時には決済不可能となるので、クレジットカードのような後払いにはならないのです。

現在、即時払い式が可能なものはほとんどありませんが、カード決済にはiD、スマホ決済にはOrigami Payが対応しています。

以下では上記2つの電子マネーを詳しく紹介していきます。

【iD(デビット式)】全国90万以上の店舗でSMBCデビットを利用した即時払いができる

iDはレジ前の読み取り機にカードをかざすだけで支払いが瞬時に終わり、利用額の支払いは登録したクレジットカードなどから行われますが、デビットカードを登録することもできるため、即時払いが可能です。

というのも、デビットカードの支払いは、そのデビットカードに付帯するキャッシュカードの銀行口座残高から、決済と同時に即時引き落とし、という形で行われるからです。

iDはポストペイ式電子マネーと認識されるほど、登録可能なクレジットカードは多いですが、一方でデビットカードはSMBCデビットにしか対応していません。

しかし、SMBCデビットは安心の三井住友銀行が発行・運営していますし、利用額の0.25%がキャッシュバックされる特典付きのため、おすすめです。

iDはカードで支払いができる電子マネーとしては断トツに利用可能店舗数が多く、90万店舗で利用可能なため(2位は楽天Edyの65万店)、利便性の点でもおすすめです。

また、iD、SMCBデビットを含めて、入会金や年会費は無料で、利用には一切の手数料がかからないため、安心して利用することができます。

【Origami Pay】即時払い式のスマホ決済が可能&お得なクーポンが豊富

Origami Payはスマホによる即時払いが可能なQRコード決済アプリで、かつアプリ内で取得、利用が可能な割引クーポンが豊富に用意されているのが魅力です

というのも、Origami Payはアプリに銀行口座を登録すれば、決済時にその口座残高から引き落としが行われる決済手段を採用しているからです。

また、割引クーポンが豊富なのは、Origami Payにポイント還元やキャッシュバックのサービスがなく、その分クーポンの充実を重視する路線を採用しているからです。

現在、Origami Payはローソンやロフト、AOKIなど、全国の多種多様な店舗で3%OFFになるキャンペーンを開催しているほか、過去にはウエルシアの買い物50%OFFなどのクーポンが発行しています。

ポイントサービスと違い、クーポンは貯める必要なく、すぐに利用できるため、サブの電子マネーとしてOrigami Payをスマホに入れておくと、節約効果が高くなります。

Origami Payは入会金・年会費等は一切かからず無料で利用でき、アプリストア(App Store/Google Play)でダウンロードして手持ちの銀行口座を登録すれば、すぐに利用を開始できます。

電子マネーが無料で使える仕組み

電子マネーはすべて年会費無料で利用できるため、利用や維持にかかる費用は一切かかりません

電子マネーは利用を受け付けた店舗からの手数料(加盟店手数料)で収益をあげるビジネスなので、電子マネーの利用者側には負担がほとんどかからないのです。

発行する電子マネーによっては300円程度の発行手数料がかかりますが、その後は無料で利用ができます。

【電子マネーの発行手数料と年会費】

表はスライドしてご覧いただけます
名称 発行手数料/年会費
nanaco(カード) 300円/無料
WAON(カード) 300円/無料
楽天Edy(カード) 300円/無料
Suica(カード) 無料(預かり金500円が必要)/無料
楽天ペイ 無料/無料
PayPay 無料/無料
LINE Pay 無料/無料

ちなみに店舗が加盟店手数料を払ってまで電子マネーの支払いを受け付けるのは、新たな顧客獲得に繋がるからです。

消費者の中にはポイントが付くメリットを得たいがために、極力電子マネーで買い物をしたい人もいます。

店舗はそうした消費者を顧客として獲得し、売上を伸ばしたいと意図して、電子マネーの支払いを導入するのです。


関連記事

記事一覧

おすすめの電子マネー