クレジットカードの作り方

初めてクレジットカードを作ることを考えているあなたは以下のような疑問や不安を抱えていませんか?

  • クレジットカードって何をどう選べばいいの?
  • カードの作成って何からどう始めたらいいの?

誰しもカードを初めて作る時にはこのような疑問や不安を抱えるものです。

今回はそんな初めてカードを作ろうと考えているあなたのために、クレジットカードの作り方を徹底解説していきます。

自分にピッタリのクレジットカードの見つけ方から、実際のカードの作り方までをイチから丁寧に説明していきます

なお、今回紹介するおすすめのクレジットカードは以下の通りなので、手っ取り早くおすすめのカードを知りたいという人は気になるものからチェックしてみてください。

おすすめのクレジットカード

カード選びで失敗したくない人向けのおすすめクレジットカード3選

まずはカード初心者の人に向けて、スペックやサービスのバランスが良いおすすめのクレジットカードを3枚紹介していきます。

VIASOカード

  • 年会費無料
  • ポイント還元率0.5%
  • ポイントは1ポイント1円でオートキャッシュバック
  • 携帯・プロバイダ・ETC料金はポイント2倍
  • 最高10,000円還元の入会キャンペーン実施中

VIASOカードを申し込む

VIASOカードは年会費無料ポイント還元率0.5%(100円利用につき0.5円相当のポイント付与)のクレジットカードです。

貯まったポイントは1ポイント1円で銀行口座にオートキャッシュバック(現金として振り込まれること)されるので、通常のクレジットカードのようにポイントの利用先を考えたり、ポイント利用の手続きをとる必要がないのが大きなメリットです。

今なら10,000円相当のポイントがプレゼントされる入会キャンペーンもやっているので、「現金が欲しい!」と思っているあなたにおすすめのカードです。

三井住友VISAクラシックカード

  • ポイント還元率0.5%
  • 大手コンビニの利用ならポイント5倍
  • マクドナルドの利用でポイント5倍
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯
  • 年会費1,250円

三井住友VISAクラシックカードを申し込む

三井住友VISAクラシックカードは年会費1,250円(税抜)でポイント還元率は0.5%(1,000円利用で5円相当のポイント付与)のクレジットカードです。

年会費有料でポイント還元率は平均的な数値ですが、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの利用でポイントが5倍になるので、コンビニをよく利用する人にとっては俄然お得なカードです。

例えば、コンビニで毎月3万円利用した場合は年間で9,000円相当のポイントになります。

36,0000(3万円×12ヶ月) × 0,025(ポイント還元率0.5%×5倍) = 9,000円

ポイントはdポイントなどの他社ポイントやAmazonギフト券などの様々な商品と交換できます。

また、三井住友VISAプリペイドへのチャージも利用できるので、クレジットカードと同じようにVISA加盟店での買い物にも利用できるので、用途に困ることはありません。

楽天カード

  • 年会費無料
  • ポイント還元率1%の高還元カード
  • 楽天市場でポイント3倍
  • マクドナルドやツルハドラッグなどの楽天ポイント加盟店でポイント最大3倍
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯

楽天カードを申し込む

楽天カードは年会費無料ポイント還元率が常時1%(100円利用につき1楽天スーパーポイント付与)の高還元カードです。

さらに楽天市場のお買い物ではポイントが3倍、デイリーヤマザキやツルハドラッグ、マクドナルドなどの楽天ポイント加盟店での利用ならポイントが最大で3倍貯まります。

貯まった楽天スーパーポイントは1ポイント1円で楽天市場の買い物で利用できるほか、楽天ポイント加盟店でのお買い物でも利用することができます。

年会費などのコストをかけずにポイントで得をしたい人には楽天カードをおすすめします。

初心者のためのカード選びの3つのコツ

ここではカード初心者の人がクレジットカードを選ぶ時のコツとして、以下の3点を紹介していきます。

何れも初めてクレジットカードを選ぶうえでは重要になるポイントなので、自分でカードを選びたいカード初心者の人はしっかりと目を通しておくことをオススメします。

初めてのカードを持つ人はVISAかMasterCardを選ぶのがオススメ

クレジットカードを申し込むタイミングでカードに搭載する国際ブランド(VISAやJCBなどのマーク)を選ぶことになりますが、初めての1枚は利用可能店舗数の多いVISAかMasterCardのクレジットカードを選択することをおすすめします

というのも、国際ブランドごとに利用可能店舗数に大きな差があり、VISAやMasterCardは利用できるのにJCBやAMERICAN EXPRESSでは利用できないお店が多数あるためです。

具体的に利用可能な店舗数の違いは以下の通りです。

国際ブランド名 利用可能店舗数(世界)
VISA、MasterCard 約3,810万店
JCB、DinersClub、AMRICAN EXPRESS 約2,300万店

もちろん、JCBやAMERICAN EXPRESS、DinersClubも独自の優待サービスを展開しているので魅力的ではあります。

しかし、カードは支払いに使えることが最重要なので、まずは加盟店数の多いVISAやMasterCardのクレジットカードを作ることをおすすめします。

最初の1枚目は付帯サービスがシンプルな年会費無料カードを選ぶ

初めてクレジットカードに申し込む人は付帯サービスがシンプルな年会費無料カードを選択することをおすすめします

たしかに年会費が高いカードの方がより付帯サービスが充実していますが、最初からコスト(年会費)をかけて選んだカードの付帯サービスが自分にとって本当に必要なものかどうかを、カード初心者の人が判断するのは難しいからです。

例えば、年会費無料の楽天カードと年会費有料のアメリカン・エキスプレス・カードでは年会費と付帯サービスが以下のように異なります。

楽天カード アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 無料 12,000円
主な付帯サービス ・最高2,000万円の海外旅行傷害保険 ・手荷物無料宅配サービス―海外旅行の際、自宅と空港間でスーツケースを無料宅配
・空港ラウンジ無料サービス―国内外29の空港ラウンジ無料利用サービス
・最高5,000万円の海外旅行傷害保険
・空港VIPラウンジ年会費が無料―世界1,200ヶ所の空港VIPラウンジを利用できるサービスの年会費が無料
・海外用レンタル携帯電話優待―海外用レンタル携帯電話のレンタル料と通話料を割引

上記を見て、アメリカン・エキスプレス・カードが1万2000円の年会費を支払ってまで手にするべきカードかどうかを判断するのは、初心者の人には難しいのではないでしょうか?

クレジットカードは使いながら欲しいサービスに気づいて乗り換えていくものなので、最初は年会費というコストをかけずに付帯サービスのシンプルなカードを利用して、欲しいサービスに気づいてからカードを乗り換えていく方がより合理的です。

最初の1枚目は年会費の払い損を起こさない年会費無料カードを選ぶようにしましょう。

ちなみに年会費無料のおすすめカードは楽天カードです。

楽天カードはポイント還元率が1%と高いカードですが、付帯サービスをシンプルにすることで年会費無料を実現しているので、カード初心者の人にピッタリのカードとなっています。

楽天カード

  • 年会費無料
  • ポイント還元率1%の高還元カード
  • 楽天市場でポイント3倍
  • マクドナルドやツルハドラッグなどの楽天ポイント加盟店でポイント最大3倍
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯

楽天カードを申し込む

大切なのはポイント!1枚目こそ節約効果の高い高還元カードを選ぶ

クレジットカードはポイント還元率の高いカードほどお得なので、最初の1枚目はポイント還元率の高いカードを選ぶことをおすすめします

というのも、ポイント還元率は利用金額に対して円換算でどれだけのポイントがもらえるのかを表す指標であるため、ポイント還元率が高いカードの方が、同じ利用額でも現金換算でより高いポイントをもらえるからです。

例えば、毎年の利用額が1,000,000円の場合、ポイント還元率0.5%のライフカードなら5000円分のポイントが貯まるところ、ポイント還元率1%の楽天カードなら10,000円分のポイントが貯まります。

ただし、ポイント還元率が高くても年会費が高いカードもありますから、必ず年会費を考慮に入れつつカードを選ぶようにしましょう。

ちなみにカード初心者の人におすすめのポイント高還元カードは楽天カードです。

楽天カードは年会費無料なのにポイント還元率1%と高還元なためです。

100円利用につき1ポイント貯まる楽天スーパーポイントは、1ポイント1円で楽天市場のお買い物に使えます。

また、ツルハドラッグやデイリーヤマザキ、マクドナルドといった楽天ポイント加盟店でも1ポイント1円で利用することができます。

貯まったポイントは1ポイント1円で楽天市場や楽天ポイント加盟店(マクドナルド、デイリーヤマザキなど)の買い物などに利用できます。

楽天カード

  • 年会費無料
  • ポイント還元率1%の高還元カード
  • 楽天市場でポイント3倍
  • マクドナルドやツルハドラッグなどの楽天ポイント加盟店でポイント最大3倍
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯

楽天カードを申し込む

クレジットカードの申込み前に申込み資格を確認しよう

クレジットカードはカード会社が定めるそのカードの年齢や年収の基準(申込み資格)をクリアしないと作ることができないので、欲しいカードが決まったらまずは自分がそのカードの申込み資格を満たしているかどうかを確認しましょう。

というのも、カード会社はクレジットカードごとに客層のレベルに合わせた付帯サービスを用意しているので、年収などが想定する客層のレベルに満たない人は審査に通しようがないため、敢えて最初から申込み資格を提示しているのです。

例えば、一流ホテル・旅館の宿泊予約サービスの優待や空港ラウンジの無料利用サービスが付帯した三井住友VISAゴールドカードは、申込み資格を「原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」と定めています。

つまり、三井住友VISAゴールドカードレベルのサービスを受けるためには最低でも30歳のサラリーマンレベルの年収が必要ということです。

このようにクレジットカードには各々申込み資格が公式サイトに明示されているので、まずはカード申込み前に必ず確認するようにしましょう。

クレジットカードの作り方-4つのステップで簡単作成-

クレジットカードはカード会社の企業努力で簡単になったため、今では4つのステップで簡単に作ることができます。

というのも、カードは申込みの手間が煩雑だと消費者から選ばれなくなっているので、カード会社は可能な限り申込者の手間を省こうとしているため、かつてほどカードの申込みは難しくなくなっているのです。

具体的にはカード申込みは以下の3ステップででき、申込者がやるべきことはカードの申込みに必要なものの準備とカードの申込み(ネット/郵送/店頭)だけです。

次からはそれぞれのステップについて詳しく解説していくので、一通り読めば各ステップでやるべきことが明確になります。

01.必要なものの準備-カード申込みに必要なものは4つ

クレジットカードを申し込む際にはカード会社より以下の4点の内、いくつかの提出が求められるため、カード会社からの求めに応じる形で各々用意をする必要があります

というのも、クレジットカードの作成段階では様々な形で法律の制限が絡んでくるため、申込み内容によってカード会社はあなたの身分や年収を正式な書類で確認しないといけないからです。

カード申込みに必要となる可能性があるもの
  • 本人確認書類
  • 銀行口座
  • 銀行印
  • 収入証明書類

本人確認書類は犯罪収益移転防止法により必ずカード会社に提出する必要があり、以下のような書類が必要となります。

カード申込みに必要な本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 国民年金手帳
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 住民基本台帳カード(氏名、住居、生年月日の記載のあるもの)
  • 旅券(パスポート)

銀行口座もカード利用代金の引き落とし口座を設定するために必ず必要となります。

また、作るカードによっては銀行口座を開設する時に利用した銀行印が必要になります。

カード申込みの際にキャッシング機能を希望する場合は、希望上限金額(希望キャッシング枠)や他社借入額によっては以下の収入証明書類が必要になる場合もあります。

カード申込みに必要な本人確認書類
  • 源泉徴収票
  • 給与支払明細書(直近連続2ヵ月分)
  • 特別徴収税額の通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 年金通知書
  • 年金証書

キャッシング機能とは?クレジットカードでお金を借りられる機能。コンビニや銀行のATMにカードを入れると借入をすることができる。

これらの収入証明書類は貸金業法という法律により必要になるものですが、具体的には楽天カードだと以下のようなケースに引っかかると収入証明書類が必要となります。

ポイント
  • 楽天カードのキャッシング枠または借入額が50万円を超える場合
  • 楽天カードのキャッシング枠または借入額と、他社借入額の総合計が100万円を超える場合

必要なものの準備が面倒な人には銀行口座だけで作れるカードがおすすめ

クレジットカードを申し込むにあたり、銀行員や健康保険証が見当たらない場合は、それだけでカード申込みのやる気が削がれてしまいます。

しかし、世の中にはネット技術の発達により本人確認書類の提出が必要のないカードもあるため、銀行口座だけあれば作れるクレジットカードも存在します

というのも、クレジットカードをネットから申し込む際に、オンラインで銀行口座の設定ができるようになったので、その設定のタイミングで銀行口座開設時に行った本人確認の内容をクレジットカード会社の本人確認として利用できるようになったからです。

そのため、条件や選ぶカードによっては不要な銀行員や収入証明書類に加え、本人確認書類もオンライン口座設定で必要ない場合は、銀行口座だけでカードを作れるのです。

オンライン口座設定ができるカードでおすすめなのは三井住友VISAクラシックカードです。

三井住友VISAクラシックカードはオンライン口座設定に対応しており、しかも銀行員や収入証明書類の提出が不要です。

さらにカードの郵送形式は簡易書留なので、本人限定受取郵便や受取人確認サポートといったその他の郵送形式の場合に必要な本人確認書類提示の手間も省くことができます。

三井住友VISAクラシックカード

  • 銀行口座のみでカードが作れる
  • 配達時の本人確認も不要
  • ポイント還元率0.5%
  • セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンの利用ならポイント5倍
  • マクドナルドの利用でポイント5倍

三井住友VISAクラシックカードを申し込む

02.カード申込み-カードの申込み方法は3種類から選べる

クレジットカードはネットや郵送に加え店頭での申込みも可能なので、申込者は3種類の申込み方法から好きな方法で申込みをすることができます

というのも、カード会社はできる限り多様な申込み方法を用意することで、多くの人にカード入会の機会を提供したいと考えているため、同じグループ会社のお店でも申込みを可能にしているのです。

例えば、イオン銀行が発行するイオンカードはイオンの店内でも申込みが可能です。

ネットと郵送での申込みはカードの公式サイトから可能で、店頭での申込みは必要なものを持って直接カード申込みを受け付けている店舗へ行けば申込み可能です。

ただし、カード会社の多くは店舗での申込みを受け付けていないので、直接店舗でカードを申込みたい人は、エポスカードなどの提携店舗でのカード申込み受付を行っているカードを申し込むようにしましょう

エポスカード

  • ネットと店頭で申込み可能
  • 最短即日でのカード受取りが可能
  • 年会費無料
  • 全国10,000店舗で優待が受けられる
  • 年会費無料のゴールドカードへのランクアップあり

カードの申込みは簡単でお得なネット申込みがオススメ

クレジットカードにはネット申込み、郵送申込み、店頭申込みの3通りの申込み方法がありますが、最もおすすめなのは最も簡単なネット申込みです

というのも、ネット申込みはネットだけで申込みが完結するため、書類の郵送が必要な郵送申込みやお店に足を運ぶ必要のある店頭申込みよりも手間が必要ないからです。

また、ネット申込みはカード会社にとってもメリットの大きい方法で、書類受け取りの手間やお店にスタッフを配置するために発生するコストがかかりません。

カード会社はコストが浮いた分、ネット申込みによる新規入会者に対する入会キャンペーンの特典(ポイントやマイルのプレゼント)を厚くする傾向があります

そのため、カードの申込み段階でも得をしたいのであればネット申込みがおすすめです。

03.カード審査&カード受け取り-受け取りは本人限定で本人確認書類が必要な場合も

クレジットカードの郵送形式には様々あるため、場合によってはカード受け取りの際に以下のような条件が付くことがあります

  • 申込者本人のみ受取可
  • 本人確認書類の提示が必要

通常、クレジットカードは郵送で配達される形で申込者の自宅に届きますが、その形式はカードによって異なります。

クレジットカードの郵送形式は以下の3通りあります。

カードの申込み方法
  • 本人限定受取郵便(特定事項伝達型)
  • 受取人確認サポート
  • 簡易書留

以下ではそれぞれのカードの受け取り方を解説していますので、カード受け取り時に慌てないためにも簡単に目を通しておくことをおすすめします。

本人限定受取郵便(特定事項伝達型)

本人限定受取郵便(特定事項伝達型)は本人限定で受け取りが可能で、受け取りの際には以下の本人確認書類1点の提示が必要になります。

有効な本人確認書類
  • 運転免許証
  • 日本国旅券(パスポート)
  • 個人番号カード
  • 健康保険証

※上記以外の本人確認書類は郵便局の公式サイト「本人限定受取郵便 本人確認書類としてご利用可能なもの」で確認できます。

ちなみに本人限定受取郵便(特定事項伝達型)の場合、カードが近くの郵便局に届くと到着通知書が自宅宛に届きます。

その後、到着通知書の案内に従って折り返しの電話をすると、配達での受け取りか郵便窓口での受け取りを選択することもできます。

この時、直接郵便局に取りに行きたい人は窓口での受け取りを選択しましょう。

ただし、郵便窓口で受け取る場合は本人確認書類に加えて到着通知書の提示も必要になるので、忘れずに持参するようにしましょう。

受取人確認サポート

受取人確認サポートは佐川急便の配達形式の1つで、受け取りは本人のみで、配達時には以下の公的証書1点の提示が必要になります。

有効な公的証書
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • パスポート※加えて公共料金の請求書が必要
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

簡易書留

簡易書留は家族でも受け取りが可能な郵送形式で本人確認書類や公的証書の提示も必要ありません

最も簡単に受け取ることができる郵送形式なので、簡易書留での郵送を条件にカードを探すのもアリです。

簡易書留でカードを受け取りたい人にオススメなのは三井住友VISAクラシックカードです。

三井住友VISAクラシックカードは郵送形式が簡易書留なので、配達時の本人確認書類の提示が必要ありません。

三井住友VISAクラシックカード

  • 簡易書留の郵送なので受け取りが楽
  • ポイント還元率0.5%
  • 大手コンビニでポイント5倍
  • マクドナルドでポイント5倍
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯

三井住友VISAクラシックカードを申し込む

これをやると審査落ち-カード申込みでやってはいけないこと4つ-

ここではクレジットカードの申込みでやってはいけないことを4点紹介していきます。

何れも審査落ちにつながるので、絶対にやらないようにしましょう。

01.短期間にたくさんのカードを申し込まない

1ヶ月に3枚以上のカードを申し込むなどの「多重申込み」を行うと、カード会社から「お金に困っている人」と認識されてしまうため、審査における評価が低くなってしまいます

というのも、クレジットカードの申込み記録は全カード会社に共有されているため、カード会社は申込み履歴がたくさんある申込者に対して「お金に困っているから必死にたくさんのカードに申し込んでいるのでは?」と疑ってしまうからです。

なぜ、申込み履歴が全カード会社に共有されるかというと、個人に対する過剰な貸付を防止するための法律がある関係で、個人信用情報機関という組織がカード会社から消費者のクレジットカードの申込み履歴を収集し、それを全カード会社に提供しているからです。

カードの申込み履歴は6ヶ月で個人信用情報機関から削除されるため、クレジットカードを申し込むのは6ヶ月に1回にするようにしましょう

02.虚偽申告をしない

カード会社の審査は申込者の誠実さを重視しているので、カード申込みで虚偽申告をすると100%審査落ちします

というのも、クレジットカードはカード会社のお金をいつでも自由に使えるカードなので、利用者に信頼がないと発行されないものであるからです。

カード会社は申込者の自己申告の情報を元に、資力(Capacity)、資産(Capital)、性格(Character)の3つ(それぞれの頭文字にちなみ3Cと呼ばれています)を軸に申込者の信用力を判断します。

そのため、カード会社は虚偽申告をするような人は性格に難ありとして厳しく対応するため、虚偽申告者は必ず審査落ちになります。

クレジットカードの契約は信頼ありきで成り立つので、くれぐれも年収や住所、勤続年数などで嘘をつかないようにしましょう。

03.最初からゴールドカードやプラチナカードに申し込まない

クレジットカードの審査の際には、クレジットヒストリーという個人のクレジットやローンなどの信用取引の利用履歴(利用や返済などに関する履歴)が重視されます。

初めてカードに申し込む人はこのクレジットヒストリーに返済の記録がない可能性があるため、ゴールドカードなどのランクの高いカードに申し込むと審査落ちする可能性が高いです。

というのも、ゴールドカードなどのランクの高いカードはサービスの質や機能が高く設定されているカードで年会費が高いため、申込者が過去に滞りなく支払いを行った記録がないと、信用力に疑いありとされて発行に至らないからです。

具体的には、クレジットヒストリーには毎月のクレジットやローンの支払いが滞りなく行われたかどうかの記録が24ヶ月分保存されており、カード会社はこの記録を重視しているため、過去24ヶ月間にクレジットやローンの返済履歴がなければ、クレジットヒストリーは実質ないことになります。

そのため過去24ヶ間にクレジットやローンの返済を行っていない人は、まずはクレジットヒストリーがなくても審査に通りやすい年会費無料カードを申し込むようにしましょう。

クレジットカードを利用することでクレジットヒストリーの記録は蓄積されていくので、2年程度年会費無料カードを使いこめばゴールドカードの審査にも通るようになるはずです。

年会費無料カードでおすめなのは楽天カードです。

楽天カードは途上与信(カード発行後に行われる審査)を重視したカードであるため、入会審査(カード申込時に行われる審査)は比較的ハードルが低く設定されています。

具体的には年収10万円でも審査通過した人がいるほどです(その代わり入会後に支払い遅延をたびたび起こすなどするとカードを強制解約されやすいので注意が必要です)。

ポイント還元率1%と高還元なので、カードの利用で大きな得ができる点もメリットなので、クレジットヒストリーを作るカードとしては最適です。

楽天カード

  • 入会審査のハードルが低い
  • 年会費無料
  • ポイント還元率1%の高還元カード
  • 楽天市場でポイント3倍
  • マクドナルドやツルハドラッグなどの楽天ポイント加盟店でポイント最大3倍

楽天カードを申し込む

04.記入ミスを防ぐためにうろ覚えで申込みフォームを入力しない

カードの申込みページで申込みフォームに入力する際、うろ覚えの情報を入力してそれが間違いだったりすると、審査落ちする可能性があります

というのも、カードの申込みフォームの入力内容はすべて自己申告であるため、カード会社は入力の間違いがただのケアレスミスなのか悪質な虚偽情報なのかを判断することができないからです。

カード会社は日々多くのカード申込みを受け付けているため、それが間違いかどうかを確認する暇がない場合はリスク回避のために入力内容の間違いを悪質な虚偽申告として扱う可能性があります。

クレジットカードは利用者がカード会社のお金を使って買い物や借金をするカードなので、利用者とカード会社双方の信頼がなければ成立しないため、悪質な虚偽申告をした人は審査に通過することはありません。

例えば、年収を入力する欄で、本当の年収は400万円なのに「だいたい300万円くらいだったかな」とうろ覚えで入力すると、審査に落ちてしまう場合があるので、申込みフォームには決してうろ覚えの情報を入力しないようにしましょう。

カード審査の通過率がアップする2つのコツ

クレジットカードは申込み後のカード会社による審査に合格すると発行されますが、この審査の通過率を上げるコツがあるのをご存じでしょうか?

ここではカード審査の通過率を上げるための2つのコツを紹介していきます。

01.通系・ネット系カードに申し込む

流通系・ネット系カードと呼ばれる、お店やネットで小売り業を営む会社が発行するクレジットカードは審査基準が低いため、これらのカードに申し込むことで審査通過率が上がります

というのも、流通・ネット系カードは自社の店舗の売上増加を狙って発行されているので、自社のお店で少額でも買い物をしてくれる人ならカード発行の対象となるため、年収の低い人でも発行できるのです。

例えばイオン銀行はイオンカードを発行していますが、イオンカードはイオングループのお店の売上増加を狙って発行されます。

イオンカードはイオンでの利用でポイントが2倍になるなどの優遇措置が取られていいますが、これはイオンの利用を促進して売上を増加させるために行われているものです。

通常のクレジットカードは年会費や分割払い(利用額を数か月に分けて支払う支払い方法)利用時の手数料といった利用者の支払い能力に大きく依存した収益を目的として発行されるため、流通系・ネット系カードよりもシビアな審査が申込者に対して行われます。

しかし、流通系・ネット系カードはそうした利益を大きな目的としておらず、むしろポイントカードのような自社店舗の利用促進目当てで発行されるので審査基準が低くなるのです。

流通系・ネット系カードは年収100万円程度でも審査通過するものもあるので、低年収のあなたにおすすめですが、なかでも特におすすめなのが楽天カードです。

楽天カードは楽天市場の利用促進のために発行されるネット系カードなので審査基準は低く、年収10万円でも通過したとの報告もあるくらいなので、低年収の人におすすめです。

また、年会費無料でポイント還元率も常時1%とコストパフォーマンスの高いカードとなっている点もおすすめの理由です。

楽天カード

  • 審査基準の低いネット系カード
  • 年会費無料
  • ポイント還元率1%の高還元カード
  • 楽天市場でポイント3倍
  • マクドナルドやツルハドラッグなどの楽天ポイント加盟店でポイント最大3倍

楽天カードを申し込む

02.入会キャンペーンを行っているカードに申し込む

ポイントやマイルのプレゼントを行う入会キャンペーンを実施しているクレジットカードは顧客獲得に積極的なため、審査に通りやすいです。

というのも、入会キャンペーンでプレゼントするポイントやマイル分の費用はカード会社負担しているため、それだけの費用を負担してでもカード会社は顧客が欲しいと考えているからです。

顧客獲得に積極的であれば、審査基準が通常より低く設定されている可能性が高いと推測できるので、入会キャンペーン開催中のカードは審査に通りやすいと考えられるのです。

現在入会キャンペーンが行われているクレジットカードのなかでおすすめなのはVIASOカードです。

VIASOカードは現在10,000円相当のポイントがプレゼントされる入会キャンペーンを開催しています

VIASOカードのポイントは1ポイントあたり1円を銀行口座にキャッシュバックしてくれるので、現金10,000円を入手しているのと変わりありません。

これだけの負担をしているということは、VIASOカードは現在顧客獲得のためにハードルを下げていると考えられます。

そのため、審査通過率を上げたいと考えている人にVIASOカードはおすすめです。

VIASOカード

  • 最高10,000円還元の入会キャンペーン実施中
  • 年会費無料
  • ポイント還元率0.5%
  • ポイントは1ポイント1円でオートキャッシュバック
  • 携帯・プロバイダ・ETC料金はポイント2倍

VIASOカードを申し込む

今日明日でにもカードが欲しい急ぎの人には即日発行カードがおすすめ

今日明日にでもカードが欲しい人急ぎの人は、最短で申込日に受取可能な即日発行カードを申し込みましょう>

というのも、通常のクレジットカードは申込みから郵送でカードが到着するまで数日~1ヶ月近くの期間がかかるため、利用予定が間近に迫っている人はその利用日にカード配達が間に合わない可能性もあるからです。

具体例をいくつか挙げてみましょう。

カード名 カード配達までにかかる時間
三井住友VISAクラシックカード 約1週間
JALカード 約4週間
ライフカード 約2~3週間

アコムのACマスターカードなら全国600台以上のむじくんでカード受け取りが可能なように、即日発行カードは自分が近くのカード会社提携店舗に取りに行く代わりに、申し込んだその日の内にカード受け取りが可能なので、急いでいる人にはおすすめです。

クレジットカードの即日発行の詳しい話とおすすめの即日発行カードについては以下の記事で丁寧に紹介しています。

即日発行カードが気になる人はぜひ参考にしてください。

合わせて読みたい

クレジットカードの作り方の記事一覧

ブラックでも作れるクレジットカードはあるのかを徹底解説!

2019/04/23

この記事を読む

VISAのクレジットカードの作り方とおすすめカードを紹介

2019/05/15

この記事を読む

入会キャンペーンがお得なクレジットカードを徹底解説!

2019/03/25

この記事を読む

クレジットカードを作る時に必要なものは3種類!用意できない場合の対処法も解説

2019/03/08

この記事を読む

日本で作れるブラックカードとその作り方を紹介!

2019/02/14

この記事を読む

ネットでクレジットカードを作る方法を解説!

2019/02/12

この記事を読む

アメックスカードの作り方!審査基準からカード入手までを易しく解説!

2019/02/04

この記事を読む

初めてのクレジットカードで失敗しないカード選びから利用方法までを解説

2019/01/25

この記事を読む

クレジットカードの申し込み方法を初心者でも分かるように徹底解説!

2017/04/13

この記事を読む

即日発行できるおすすめのクレジットカードを紹介!作り方や審査のコツも解説

2017/01/07

この記事を読む

記事一覧

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの作り方