お金の参考書 クレジットカード

学生が海外で持っていくと得をするクレジットカード5選

今や海外でクレジットカードは必需品です。

便利なサービスが利用できるほか、ホテルやレンタカーではカードの提示を求められることもあります。

この記事では、海外向けクレジットカードの選び方と海外旅行保険やキャッシュレス診療、海外キャッシングなどが利用できる学生に人気のカードについてご紹介します。

海外ではクレカが必須

クレジットカードは、海外で多額の現金を持ち歩く必要がなく、足りない分は海外キャッシングで現地のATMで引き出すことができるという安心と利便性を兼ね備えているカードです。

クレジットカードによっては海外旅行保険や空港ラウンジの利用、日本語の旅行サポートなど海外旅行に便利なサービスを受けられるものもあります。

また、クレジットカードは海外で信用の証として扱われるため、身分証明書かわりに利用されることがあります。特にホテルやレンタカーは、クレジットカードの提示が求められことが多いため、海外では必須アイテムといえます。

海外で利用できるデビットカードやプリペイドカードもありますが、どちらも事前にお金を口座に入れておかなければいけない点で利便性が低いです。また、デビットカードやプリペイドカードは、クレジットカードのように盗難や紛失時に不正使用された場合の補償なショッピング保険などのもしもの際の補償が基本的についていないので、クレジットカートの方がより安心して利用できます。

海外旅行で持っていると得をするクレカベスト5

海外ではクレジットカードが信用の証であり、持っていると付帯保険や海外キャッシングなども利用できて非常に便利です。ここでは、数ある学生向けクレジットカードの中から、海外旅行に強いおすすめのクレジットカード5枚を厳選。年会費無料なのに、高還元のポイントやキャッシュバックが付き、しかも海外旅行保険も付帯し、持っているだけでお得になるカードばかりです。

学生専用ライフカード

ライフカード

海外旅行保険が自動付帯する人気のクレジットカードです。海外で利用すると5%のキャッシュバックが付き、日本語サポートも充実しているため、海外旅行が好きな学生におすすめのカードと言えます。誕生月はポイント3倍

年会費無料
国際ブランドVISA、Master、JCB
【海外旅行保険】自動付帯
死亡・後遺障害最高2,000万円
ケガの治療最高200万円
病気の治療最高200万円
携行品損害最高20万円(免責金額3,000円)
賠償責任最高2,000万円
救援者費用最高200万円
キャッシュレス診療
ショッピング保険
盗難・紛失補償紛失や盗難の届日から60日まで遡って不正使用による損害を全額補償
海外からの日本語対応コールサービス
海外キャッシング可 
限度額:~10万円
年利息:15.0%
発行期間3営業日~1週間
ポイント還元率0.5%~1.0%(年間利用額に応じる)
1,000円の利用につき1~5ポイント
1ポイント=5円相当

セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード

通常は年会費3,000円(税別)が必要ですが、25才までは無料です。
海外旅行保険の補償額も高く、空港ラウンジの利用など空港サービスが充実。即日発行が可能ですので、旅行まで時間がないという時に便利です。

年会費税別3,000円(25歳までは無料)
国際ブランドアメックス
【海外旅行保険】自動付帯
死亡・後遺障害最高3,000万円
ケガの治療最高300万円
病気の治療最高300万円
携行品損害最高30万円(1品につき最高10万円、免責金額3,000円)
賠償責任最高3,000万円
救援者費用最高200万円
キャッシュレス診療
ショッピング保険最高100万円
盗難・紛失補償紛失や盗難の届日から61日まで遡って不正使用による損害を全額補償
海外からの日本語対応コールサービス
海外キャッシング可 
限度額:未成年の場合は5~30万円
20歳以上の場合は0~90万円
年利息:18.0%
発行期間即日~約1週間
ポイント還元率0.5%
1,000円の利用につき1ポイント
1ポイント=5円相当

エポスカード

マルイが発行するエポスカードは、海外旅行保険が自動付帯でしかも即日発行が可能です。年4回、マルイ店舗での10%割引や種類豊富なカードデザインなど、魅力も満載で、年会費無料カードの中でも人気の高いカードです。

年会費無料
国際ブランドVISA
【海外旅行保険】自動付帯
死亡・後遺障害最高500万円
ケガの治療最高200万円1事故の限度額)
病気の治療最高270万円(1疾病の限度額)
携行品損害最高20万円(1旅行・保険期間中の限度額、免責3,000円)
賠償責任2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
キャッシュレス診療
ショッピング保険最高10万円~400万円(増額サービス利用時最大)
盗難・紛失補償紛失や盗難の届日から61日まで遡って不正使用による損害を全額補償
海外からの日本語対応コールサービス
海外キャッシング可 
限度額:0~申込者による
年利息:18.0%
発行期間即日~1週間
ポイント還元率0.5%
200円の利用につき1ポイント
1ポイント=1円相当

JCB EIT(エイト)

JCBカードの中でもポイント還元率が1%と高く、年会費が永久無料のカードです。リボ払い専用カードとなるため、手数料を安くするには繰り上げ返済などを上手く利用する必要があります。リボ払いは初回に限り手数料無料。

年会費無料
国際ブランドJCB
【海外旅行保険】自動付帯
死亡・後遺障害最高2,000万円
ケガの治療最高100万円
病気の治療最高100万円
携行品損害最高20万円(1旅行・保険期間中の最大100万円、免責3,000円)
賠償責任最高2,000万円
救援者費用最高100万円
キャッシュレス診療
ショッピング保険最高100万円
盗難・紛失補償紛失や盗難の届日から60日まで遡って不正使用による損害を全額補償
海外からの日本語対応コールサービス
海外キャッシング不可
発行期間3営業日~10日
ポイント還元率1.0%
1,000円の利用につき2ポイント
1ポイント=1円相当

MUFG イニシャルカード

MUFGイニシャルカードは29歳以下の若者専用カード。入会後3ヵ月間はポイント3倍や海外保険が自動付帯など、スペックも充実しており、最短翌営業日に発行可能です。大手メガバングが発行していてステータス性も高めです。

年会費無料
(卒業後2年目から税別1,250円)
※前年度20万円以上のショッピング利用・WEB明細チェックの登録で年会費無料
国際ブランドVISA、Master、JCB、アメックス
【海外旅行保険】自動付帯
死亡・後遺障害最高2,000万円
ケガの治療最高200万円
病気の治療最高200万円
携行品損害最高20万円(1旅行・保険期間中の最大100万円、免責3,000円)
賠償責任最高2,000万円
救援者費用最高200万円
キャッシュレス診療
※初年度は無償保証、ただし、2年度以降、カードの年間利用期間額20万円以下の場合、死亡・後遺障害補償金額100万円、治療補償20万円など補償額が落ちるので注意
ショッピング保険最高100万円
盗難・紛失補償紛失や盗難の届日から60日まで遡って不正使用による損害を一部または全額補償
海外からの日本語対応コールサービス
海外キャッシング可 
利息14.95%~17.95%
発行期間翌営業日~2週間
ポイント還元率0.5%
1,000円の利用につき1ポイント
1ポイント=4~5円相当

海外旅行にもっていくべきクレカの選ぶポイント

海外旅行向けのクレジットカードを選ぶ際は、海外での利用を考えて、利便性と安全性の点から、以下の6つのポイントに注意する必要があります。

チェック項目

  • 海外旅行保険が付いているか
  • 滞在国に普及している国際ブランドであるか
  • もしもしの時の海外サポートが充実しているか
  • 海外ATMで現地通貨が引き出せるか(海外キャッシング)
  • 年会費無料であるか
  • 即日~1週間内で発行してもらえるか

これらのポイントを見ながら、次で詳しく見ていきます。

海外旅行保険が付いているか

海外旅行保険の補償には、「死亡・後遺障害」「傷害治療費用」「疾病治療費用」「賠償責任」「救援者費用」「携行品損害」という種類があり、カードによってそれぞれ限度額が決まっています。

海外では治療費が想像以上に高い場合があり、保険では死亡・後遺障害の補償額よりケガや疾病の治療補償の方が重要です。

たとえば盲腸の手術の場合、アメリカではおよそ160~210万円、フランスでは80万円程度かかります。一日あたりの病院の部屋代は、相部屋でも、アメリカなら162,400円、フランスなら81,200円なんていう統計もありますので、海外旅行に治療補償は必須と言えるでしょう。

携行品損害も重要

海外旅行で、カメラやパソコン・携帯電話などの携行品が壊れた場合や盗難にあった場合、携行品損害として対応してくれます(免責3000円が必要)。

例えば、2年前に3万円で買ったカメラを盗まれた場合、その時価額を補償してくれます。カメラの時価が1万円とすれば、免責3000円が引いて、保険から7000円がおりる計算となります。

1旅行20万円まで、1品10万円までなどの条件はありますが利用価値が高い補償です。

病院で治療費を立て替えなくてもいいキャッシュレス診療がとっても便利

クレジットカードによっては病院で治療代を立て替える必要のないキャッシュレス診療が付帯しています。莫大な治療費をカード会社が直接払ってくれるので、とても便利です。

ただし、キャッシュレス診療はカード会社を通して現地の提携病院の予約を取るため、診察まで時間がかかる場合があります。

複数のカードを持てば、補償額も合算されるのでより心強い

実は、クレジットカードに付帯している補償額は合算が可能です(死亡補償は除く)。

年会費無料カード1枚だけでは海外旅行保険の内容に不安という方は、海外旅行保険が自動付帯した複数のクレジットカードを持つことで費用をかけずに補償額をupできます。例えば、治療補償200万円の学生専用ライフカードと治療補償300万円のセゾンブルーアメックスカードの2枚持ちをすれば、最高で500万円までの治療補償が受けられる計算となります。

【注意点】

  • 意外な盲点!自動付帯と利用付帯

    保険を選ぶ場合、自動付帯と利用付帯のどちらかを確認しておきましょう。自動付帯ではカードを所持しているだけで保険が適用されますが、利用付帯では旅行の交通費やツアー代金などをそのカードで支払わなければ適用されません。

    複数の海外保険付きクレジットカードを所持して補償額を合算して使いたい場合、どちらも利用付帯だった場合は片方の補償しか適用されないため、どちらかは自動付帯保険のカードを選ぶ必要があります。

  • 海外旅行保険の補償期間は90日間、3カ月以上の留学には別途保険加入が必要

    海外旅行保険の補償期間は一般的に90日以内の旅行に限られます。そのため、90日以上の旅行や長期留学などの場合は別途旅行保険に入る必要があります。その場合、クレジットカードによっては有料で旅行保険をプラスできるものもありますし、海外旅行保険を扱うインターネットサイトから別途申し込んでみてもよいでしょう。

    ただし、一年で何度旅行しても1度の旅行が90日以内であれば全ての期間が補償の対象となります。

滞在国に普及している国際ブランドを選ぶ

JCBを除いた4つの国際ブランドは全てアメリカ発祥の企業です。

VISAとMasterはシェア率が飛び抜けて高く、ほぼ世界中で利用可能ですので、この2ブランドを選べば間違いないです。

JCBは日本発祥の企業であり、国内に加盟店舗を多く持っています。海外ではなじみの薄いブランドですが、最近ではハワイや香港、台湾等で加盟店舗を増やしています。また、JCBは、アメックスやダイナースはと提携しており、アメックスとダイナーズの加盟店でも利用できます。

 2015年取引シェア率※全体の利用者数どこの国に強い?
VISA56%23億人世界中
Master26%9億7,500万人アメリカ、ヨーロッパ圏
JCB2.8%9,563万人日本、ハワイ、香港、韓国、シンガポール、タイなど
アメックス7.3%1億990万人アメリカ
ダイナーズ2.2%未公表アメリカ
※ザ・ニルソン・レポートの「グローバル・カード・レポート2015」を参照

もしもしの時の海外サポートが充実している

言葉がわからない国に旅行へ行く場合、日本語対応サービスが利用できればちょっとした時に相談できて非常に心強いですね。カードによっては海外コールセンターを用意しており、観光案内からレストランの予約まで日本語で対応してくれます。

また、海外コールセンターは、事故やパスポートの紛失、日本語で対応可能な病院の予約、トラブルの際に現地警察や保険会社などの案内など緊急時にも利用可能できるので、海外で日本語による電話サポートのあるカード会社を選ぶようにしましょう。

カードの盗難&紛失時の対応や補償

カードを不正利用された場合は、カードの紛失や盗難の届け日から、約60日まで遡ってカード会社の規定により損害額が補償されます。

JCBカードやエポスカードなどは海外で緊急カードの即時発行サービスを利用することもできますが、一般カードでは10,000円ほどの手数料がかかる場合が多いです。

海外ATMで現地通貨が引き出せる(海外キャッシング)

海外キャッシングを利用すると、現地で両替するより手数料は安く抑えられる場合があります。

例えば、台湾旅行に行き、1万台湾ドル両替するとします。

台湾の両替所で両替した場合、基本レートに3~8%の為替手数料に、場所によっては30~100台湾ドルの両替手数料が加算されます。

基本レート1台湾ドル=3.61円とした場合、両替レートは1台湾ドルあたり3.71~3.89円となり、1万台湾ドルの両替に37,100~38,900円必要となります。

これに、108~361円程度の為替手数料がかかるので、最終的にかかった手数料は、1,108円~3,161円です。

一方、海外キャッシングの場合、為替手数料や両替手数料もなく、純粋のキャッシングの手数料とカードによってはATM手数料がかかってきます

年利率18%で台湾のATMから1万台湾ドルを引き落とし、25日後に返済できれば金利の合計は36,100円×0.049%(1日の利率)×25日=442円です。

ATM手数料216円を加えても海外キャッシングにかかった手数料は658円で、台湾国内での両替より450~2,503円安くなることがわかります。

両替の金額が多ければ手数料はさらに増えるので、現地通貨を両替する際は海外キャッシングを利用するのもおすすめです。

年会費無料である

学生や若者向けのクレジットカードは在学中無料が基本となっています。

卒業と同時に一般カードへ移行されるカードも多いですが、年会費も手ごろであるため、そのままでも十分利用価値があります。

卒業後に新たにカードを作ると、学生の頃と比べると審査も難しくなるため、カードを継続すると面倒がありません。

 即日~1週間内で発行してもらえる

場合によって発行まで2~3週間ほどかかるクレジットカードも多い中、即日発行可能なカードなら海外旅行の出発日が迫っていても問題ありません。

即日発行には一般的に「自動審査の通過」「店頭受け取り」が必要となります。なかには、オンライン申し込みが必要というケースも存在します。

基本的に、銀行系カードであれば営業日のみ即日発行してくれますが、流通系カードであれば土日でも対応してくれます。ただし、15時以降に申し込んだ場合、審査次第では発行が翌日になってしまう場合もあるので要注意です。

まとめ

学生が年会費無料で使えてサービスが充実しているクレジットカードはたくさんあります。補償金額や国際ブランド、ポイント還元率などを十分に考慮する必要があります。

学生の場合は卒業後に年会費がかかるクレジットカードもあるため、その後も同じカードを継続させるかどうか事前に考えておきましょう。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

未分類

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション