お金の参考書 クレジットカード

クレジットカードの審査方法から対策まで丸わかり

初めてクレジットカードを申し込む際、一番気になるのは審査ですよね?

「クレジットカードの審査はどうやって行われる?」「審査の判断基準は?」「審査決定はすぐ届くの?」「審査に通るためには何をすればよい?」など、ここではクレジットカードの審査にまつわる基本の質問に、Q&A方式でお答えします!

クレジットカードの審査ってどうやって行われるの?

「クレジット」という名の通り、カード会社と申込者の間には信用関係が成立します。

クレジットカード会社にとっては、利用者に代わるにお金を支払うことになるので、「この人はちゃんと信用できる人か」ということをしっかりと審査せねばなりません。審査する際は、以下の3つの方法を経て、審査が行われます。

1,申し込み内容の精査
2,個人信用情報機関のクレジットヒストリーを照会
3,人による判断

即日発行のカードや自動審査を行っているカード会社は3の工程なしで行うところも増えてきました。1と2の審査の際に何か問題があった場合は、カード会社が申込者に電話をして在籍確認を行い、3の判断に委ねられる場合もあります。

次では、この3つの方法を詳しく解説していきます。

1.申し込み内容の精査

申込用紙に記入した項目を点数化し、判断基準の一つにします。

この方法は、「スコアリング」とも呼ばれ、申込者の年齢や年収や雇用形態や勤続年数、持ち家の有無、家族構成など、各カード会社が独自に設定した基準で数値化さ、総合得点がはじき出されます。

各カードによって基準点が決まっており、その基準点を達していれば合格、達していなければ不合格となります。

採点方法としては、収入が100万以下なら〇点、200~300万円なら〇点、300~400万円なら〇点のように、年収や勤続年数は高ければ高いほど数値も高くなり、賃貸より持ち家、携帯電話より固定電話、一人暮らしより家族と同居など、高年齢より若年齢などより有利となる条件もあります。

ただし、職業や勤務形態、年齢や環境によって、スコアリング方法も異なってきます。

収入ゼロの専業主婦であっても配偶者に安定した収入があればそれがプラス判定となる場合もあり、逆に年収は高くとも、事業を立ち上げて間もない自営業者は安定性でマイナス判定となる場合もあります。

最近はコンピューターの発達により、このスコアリングは機械で行われるようになりました。自動的にスコアリングが瞬時で行われるので、申し込み後5分後に審査の結果通知メールが届く場合もあります。

2.個人信用情報機関のクレジットヒストリーを照会

カード会社は、申込者の信用度をチェックするために、審査時に申込者の書いた申込内容とともに、個人信用情報機関が管理する個人信用情報記録にアクセスし、申込者の現在の借り入れ・返済状況、金融事故の有無、過去6か月のカード申し込み状況などを照会します。

この個人信用情報に、3か月以上の未払いや自己破産・債務整理等の金融事故情報があれば、まず審査落ちは確実となります。

個人信用情報機関には、以下の3つの組織があり、この3つの組織は、それぞれ独立していますが、CRINとFINEという2つのネットワークで、信用情報を共有しています。CRINでは主に延滞情報を、FINEでは顧客の総借入残高を共有しています。

そのため、どのカード会社であっても、申込み者の過去のカードやカードローンの利用・支払い履歴、自己破産や債務整理などの金融事故情報を、個人信用情報機関に照会できるようになっています。

個人信用情報機関の名称 主な加盟会社
CIC(株式会社シー・アイ・シー) 信販会社やクレジットカード会社
JICC(株式会社日本信用情報機構) 信販会社、消費者金融会社、流通・銀行・メーカー系カード会社・金融機関
全国銀行個人信用情報センター 金融機関

3か月以上の未払いであれば2~5年間、自己破産などの金融事故情報は5~10年記録が残りますので、その間のカード審査は非常に不利となります。こちらの個人信用情報は、本人のものであれば各個人情報機関より有料で開示してもらえます。

3.人による判断

合格基準のグレーゾーンにあったり、申込用紙に書かれた内容と個人情報記録に差違が見られた場合に、カード会社の審査部によって判定が行われることもあります。

例えば、申込内容に書かれた住所と、個人信用情報に登録されている住所が異なる場合、場合によって電話による在籍確認が行われる場合もあります。

それが間違いであれば問題ではありませんが、例えば他社からの借入金があるにも関わらず借入金はないと申込用紙に書くなど、明らかな虚偽が判明した場合、それが審査落ちの原因となる場合もありますので、申込用紙には正しい情報を記入するようにしましょう。


審査の判断基準は?

カード審査の際、主に下記の3つの要素が、申込内容や個人信用情報から判断されます。

カード審査の判断基準

  • Capacity (資力)
  • Character(性格
  • Capital(資産)

それぞれについて解説していきます。

① Capacity (資力)

資力、つまり申込者の年収や勤続形態、勤続年数、会社の規模、現在の借入金など情報をもとにして、申込者がどれだけ安定した収入があるかを測ります。

勤務形態は、アルバイトやパート、派遣社員など非正規雇用よりも公務員や正社員の正規雇用の方が点数は高く、年収高いほど、勤続年数は長いほど高評価となります。


反対に借入金が多く、借入れている場所が多いほど(基準として3社以上)、低評価となります。


②Character(性格)

申込者が遅滞なくしっかりと返済したかを測ります。これは申込者の過去2年間の返済状況を見て判断されます。

過去2年間の返済状況、すなわちクレジットヒストリーは、個人信用情報機関に記録されており、全く遅滞なく返済がなされていればプラス評価、遅滞があれば遅滞回数や遅滞されている期間によってマイナス評価となります。

3か月以上の遅滞は、個人信用情報記録に「異動」という文字が表示され、審査落ちする大きな原因の一つとなります。また、クレジットヒストリーが全くない「ホワイト」の場合も、返済能力が判断できないという点で、マイナス評価となる場合もあります。

「ホワイト」の状態が20代の若年層なら問題はありませんが、30代以降の中高年層であれば話は変わってきます。

この「ホワイト」状態にある人の中には、現金主義でクレジットカードやローンを一度も利用したことがない人いる一方で、過去に金融事故を起こしてクレジットカードが作れずにクレヒスがない人もいます。

どちらかが判断できない状況でカード会社も懸念されるリスクをさけたいために、審査に落とす場合もあるのです。

30代以降の「ホワイト」であれば、審査難易度の低いACマスターカードなどの消費者金融系やエポスカードなどの流通系カードを狙うと、審査に通過する可能性も高くなります

審査が不安な方でも大丈夫【ACマスターカード】

おすすめポイント
  • 年会費無料
  • 独自の審査基準でカードを発行する
  • WEBで発行可能か3秒診断ができる
  • 利用金額の0.25%を自動キャッシュバック
  • 支払い方法を柔軟に調整できる
最短即日発行&受取が可能なクレジットカード【エポスカード】

おすすめポイント
  • 年会費無料!
  • 審査に通りやすいと噂のカード!
  • ETCカードの年会費も無料!
  • 海外旅行傷害保険つき!
  • レストランやカフェ、美容院などが優待価格でオトクに利用できる!


③Capital(資産)

担保となる不動産を所有しているかを判定します。単に持ち家があるだけではなく、居住年数が高ければ、高評価となります。賃貸であったとしても1年以上の居住年数であればプラス評価となります。

独身者ならば賃貸で一人暮らしより家族と同居の方が評価は高くなりなります。

審査期間はどのくらい?

エポスカードやセゾンカード、ACアコムマスターカードなど即日発行をうたっているカードの審査は、電話確認が行われてから、早ければ5~30分程度で審査通知がくる場合もありますが、通常は1週間前後となります。

審査通知はほとんどの場合、メールで行われます。カードセンターでカードを受け取る場合には、その審査通知も必要となってくるので、審査通知は消去せずに保存しておくようにしましょう。審査期間と手に届くまでの時間は異なるので注意が必要です。

例えば、楽天カードはホームページに最短で3営業日で発行と書かれてありますが、実際には審査が通り発行されるまでの期間が3営業日であって、実際にクレジットカードが郵送されて手元に届くまで1週間から2週間程度かかります。

また、アメリカンエキスプレスのプロパーカードなどステータスの高いカードやANAやJALなどの航空系カードの場合、申し込んでから手元に届くまで3~4週間程度かかる場合もありますので、海外旅行の予定がありクレジットカードを作りたい場合などは早め早めに申し込んでおくとよいでしょう

審査落ちの原因とは?

審査落ちの原因は主に下記の4つの原因が考えられます。一つずつ見ていきましょう。

①信用情報に金融事故(3回以上の延滞・債務整理など)の情報がある

一番わかりやすいケースといえます。個人信用情報に金融事故記録があるということは、いわゆるブラックリスト入りの状態であるということです。

個人信用情報にこの金融事故記録がある限り、新規クレジットカードの発行はほぼ不可能と考えた方がよいでしょう。金融事故情報の保存期間は、以下の通り、個人信用情報機関によって異なります。

CIC JICC 全国銀行個人信用情報センター
3カ月以上の延滞 完済から5年 完済から1年 完済から5年
債務整理 完済から5年 5年 登録なし
自己破産 5年 5年 10年
代位弁済 5年 5年 5年

これらの金融事故情報がある限り、カード審査にパスすることは不可能ですので、ひたすら金融事故情報が消去されるまで待つしか仕方ありません。


②過去のクレジット利用履歴が全くない

前述した通り、今までクレジットカードやローンを利用したことがなく、過去にクレジットの利用履歴(クレジットヒストリー=クレヒス)がない場合も審査落ちの原因となりえます。

20代なら問題はありませんが、30代以降で初めてクレジットカードを作りたい場合は、先ほど紹介した審査難易度の低いACマスターカードなどの消費者金融系又はエポスカードなどの流通系カードを申し込んだり、カードを申し込む前に携帯電話を割賦契約で購入しクレヒスを作ったりするなど「ホワイト対策」をする必要があります。

③多重申込をしている

個人信用情報機関には、過去6か月のカード申し込み情報も記録されています。短期間で複数のクレカを申し込みする「多重申し込み」をしていると、金策に焦っているという印象をカード会社に与え、審査落ちに直結する可能性もあります。

直近の6か月で一回でもカードを申し込んだ場合、前の申込日から最低でも6か月は期間をあけて、次のカードを申し込むようにしましょう。

④他社で限度額いっぱいに借入をしている

クレジットカードのキャッシング枠は、貸金業法の総量規制によって年収の3分の1までと規定されているため、すでに他社での借入額が収入の3分の1を超えていたり、限度額ギリギリであったりすると審査に通過できません。

また、借りたところが複数(2社以上)ある場合や、すでにあるクレジットカードで限度額いっぱいのキャッシングをしている場合もカード審査に影響を与えます。

クレカのキャッシング枠、消費者金融や銀行カードローンなどの借入額を今一度確認して、その合計が年収の3分の1以上でないかをチェックし、限度額がギリギリであれば総借入金の半分程度清算をしてから、クレジットカードを申し込むようにしましょう。


➄自分にあったステータスカードを選んでいなかった

一般カードによっても、流通系カードなら年収100万円程度でも大丈夫ですが、銀行系カードの場合、一般的に最低年収は200万円程度(学生や主婦向けカードは除く)と言われています。

さらにそれがゴールドカードともなると、年収は300万円以上が基準となり、プラチナ、ブラックカードとステータスがあがるごとに審査の年収基準も上がっていきます。

審査落ちの原因の一つとして、年収基準を満たしていなかったということも考えられます。初めての申込やパート・アルバイトまた派遣社員で年収が不安定な場合は、審査難易度の低い消費者系や流通系カードを選ぶなど、自分に合ったカードを見つけるのも大切です。

また、ゴールドカード以上のステータスカードはそれなりの信頼を必要とするので、最初は一般カードに入会し、そこでカード会社と信頼関係を築いてから次のステップであるゴールドカードに進むようにしましょう。


カード審査に通るには何をすべき?

初めてクレジットカードを申し込む人もいれば、年収の少なさからカードが発行できるかどうか不安な人もいるでしょう。そんな不安を解消するためにも、ちょっとしたクレジットカード審査対策があるので、ぜひ実践してみてください。

その1 消費者金融系又は流通系カードを選ぶ

クレジットカードとひとえにいっても、系統によって、下記のように審査難易度が変わってきます。

銀行系>航空系>信販系>流通系>消費者金融系

そのため、初めてクレジットカードを申し込む場合や収入や勤続形態(パート・アルバイト)などで審査が厳しいと考えられる場合には、先ほど紹介したエポスカードなどの流通系やACマスターカードなどの消費者金融系カードを選ぶと問題ないでしょう。

その2 申込用紙でスコアを増やす

申込用紙は必須項目以外でも任意項目を全て埋めることで、スコアの得点につながる場合もあります。記入できるところはできるだけ記入するようにしましょう。また、勤務年数は最低1年ほしいところです。

パートやアルバイトなどで働きだして、まだ~10か月程度であるならば、勤続年数は「1年」と申告しても、許容範囲です。勤続年数が1年以上あればより点数も高くなります。このちょっぴり上乗せは、年収の面でも可能です。

例えば、実際には90万円しかない場合、「100万円」、年収が180万円の場合、「200万円」と書いてもOKです。

居住年数においても持ち家や賃貸に関わらず、同じ場所に長く定住しているほど、点数は高くなります。2年7カ月程度住んでいれば、居住年数を3年としても問題はありません。

ただし、年収や勤続年数、居住年数の上乗せは最大2割程度に留めるようにしましょう。

その3 キャッシング枠は0円に

キャッシング枠は「貸金業法」の範囲に入り、他社からの借り入れを含め、年収の1/3までしか設定できないようになっています。

他社からの借り入れがある場合や年収が少ない場合、新規カードにキャッシング枠自体をつけられない可能性も高くなり、そのためカード審査で落とされるケースも出てきます。

キャッシング枠は、クレジットカード取得後に増額することも可能なので、申込時にキャッシング枠は「0円」とした方が無難です。

その4 前のカード申し込みから6カ月あけてから申し込む

前述の「多重申し込み」を避けるための手段です。前の申込日から6か月を過ぎれば、個人信用情報機関にカード申込記録は消去されるので、その後に再申し込みをすれば審査通過の可能性もグンと高くなります。

まとめ

この記事では、クレジットカードの審査について基本的な情報をお伝えしました。主婦やパート、学生、過去に金融事故を起こした人など、置かれている状況によっても審査対策は異なってきます。より具体的な審査対策を実践するためにも、「関連記事」にあるそれぞれの審査対策をご覧ください。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション