アコムACマスターカード

アコムACマスターカード  

消費者金融会社のアコムが発行する「アコムACマスターカード」は、他のクレジットカードにある、「カードを使うとポイントが貯まる」「海外旅行保険の付帯」といったサービスがありません。他のクレカと比べると魅力に乏しいかもしれません。

しかし、アコムACマスターカードはクレジットカードの中で最も審査難易度が低いとも言われており、さらに申込方法も多様で即日発行も可能と、他のカード審査で落ちた方やすぐにカード利用をしたい方向けのカードといえるでしょう。

ただし、リボ払い専用であったり、少々クセのあるカードであることは確かです。

今回はアコムACマスターカードの基本情報はもちろん、気になる審査基準や申込方法、返済方法などについて徹底的に解説します。

アコムACマスターカードの基本情報・スペックまとめ

アコムACマスターカードの基本情報を下の表にまとめました。

申込資格 20歳~69歳の安定収入のある方
年会費 無料
国際ブランド mastercard
ショッピング手数料 年率10%~14.6%
限度額 300万円(キャッシングとの合計800万円)
家族カード なし
ETCカード なし
海外旅行傷害保険 なし
ショッピング保険 なし
ポイントの付与 なし

申込資格は比較的幅広い

20歳~69歳で安定収入のある方でしたら申し込み可能なので、パートやアルバイト、自営業や派遣社員も申し込めます。

学生もアルバイトなどで継続収入があれば申し込めますが、年金生活者や生活保護受給者、専業主婦は申し込めません。

年会費はなし

新規発行手数料、年会費は一切かかりません。
利用しない限りは一切の支出がないカードです。

国際ブランドはマスターカードのみ

国際ブランドはマスターカードのみです。VISA・JCBは選べませんが、世界中のマスターカード加盟店で利用可能ですし、日本国内でも多くの店舗で使えますので、問題ないでしょう。

アコムACマスターカードは「ショッピング専用のカード」「キャッシング機能もついたカード」の2種類ありますが、キャッシング機能付きのカードを選べば、海外キャッシングもできます。

手数料はショッピングで年10~14.6%

アコムACマスターカードはリボ払い専用カードで、ショッピング利用した際には、年10%~14.6%の金利が発生します。
他のクレジットカードのリボ払い手数料と比較すると、若干低金利です。

限度額は結構多い

ショッピング枠で最高300万円の利用枠があり、審査によって限度額が設定されます。
ただし、ショッピング枠とキャッシング限度額の「いずれか高い方の金額」が、カードの利用上限金額となります。

例えばショッピング限度額が35万円、キャッシング枠が15万円の場合、カードの利用上限は35万円となります。
利用パターンごとの残り金額の利用方法は、以下のようになります。

ショッピング利用 キャッシング利用 残り限度額 利用可能額
20万円 5万円 10万円 ショッピング、キャッシングのいずれでも利用可能
10万円 10万円 15万円 ショッピング15万円

キャッシング5万円

0円 15万円 20万円 ショッピング20万円のみ

付帯カードはなし

アコムACマスターカードは、本人以外の家族に発行される「家族カード」、有料道路をキャッシュレスで通行できる「ETCカード」を追加することができません。

付帯保険もなし

アコムACマスターカードには、海外旅行の際のけがや病気を補償してくれる「海外旅行傷害保険」、カードで購入した商品の破損や盗難を補償してくれる「ショッピング保険」が付帯していません。

アコムACマスターカードの審査基準

アコムACマスターカードへの申込を検討している人の中には、「他のカード審査で落ちたけど、アコムのカード審査なら通るのだろうか?」と思っている人も少なくないでしょう。

そこでここでは、アコムACマスターカードの審査基準を、様々な観点から紹介していきます。

仕事さえしていれば審査通過の可能性は十分にある

他のカード審査に申し込んだ場合、審査に通る条件として一定期間の勤続年数(最低半年)が必要となります。

一方のアコムACマスターカードの場合、申込時点で仕事をしていれば「勤続1か月未満」だろうと審査に通る可能性があります。

仕事の形態も、正社員だけでなくアルバイトやパート、派遣や契約社員はもちろん、日雇いや内職の人でも「仕事」とみなされ申し込みが可能です。

ただし、自営業に関しては店舗のホームページ、屋号、収入証明書類などの提出が必要です。

年収に関しては他のカードと異なる事情が

他社借入額が年収の3分の1以上だと審査落ち

通常のクレジットカードであれば、キャッシング枠を希望しなければ年収が少ない人でも審査に通ることは可能です。
ただし、アコムACマスターカードは年収に関する事情が少し異なります。

このカードは

・ショッピング専用カード
・キャッシングと兼用カード

の2タイプがありますが、メインは「キャッシングと兼用カード」です。

あくまでもキャッシングがメインで、ショッピングはおまけに過ぎず、実際にショッピング専用カードが発行されるのは、まれなケースのようです。

よって多くの場合、キャッシングの審査を通過しないとその先のショッピングの審査に進めません。キャッシングと年収にかかわる審査基準をクリアしなければならないのです。

また、キャッシングと年収に関連する決まりとして、返済能力確保のため年収の3分の1以上の借入(消費者金融やクレジットカードのキャッシング)ができない「総量規制」というものがあります。

裏を返せば、「年収の3分の1以上の借入があるとそれ以上の借入ができない」ということです。
借入ができないとなると、キャッシングの審査を通過できません。
アコムACマスターカードのショッピング専用カードが発行されるケースは非常にまれですので、この場合、カード発行はほぼ不可能です。

年収30万円未満も審査落ち

アコムACマスターカードの最低限度額は10万円ですので、その3倍である30万円の年収がなければなりません。
よって、年収30万円以下の人は審査落ちとなってしまいます。

アコムが保証会社の銀行系カードローン利用と他社借入利用額の合計が年収以上だと、審査落ち

アコムは自分で貸付を行なうだけでなく、一部の銀行カードローン(「三菱東京UFJ銀行」「じぶん銀行」「セブン銀行」など)の保証会社をしています。
保証会社は利用者が返済できなくなった時の代位弁済を行なったり、自ら審査を行なったりもします。

例えば、年収450万円の人が三菱東京UFJ銀行カードローンから400万円(銀行カードローンは総量規制の対象外)、他の消費者金融系から100万円を借りていたとしましょう。
合計の借入金額は500万円となり、年収を上回っているため、アコムACマスターカードの発行はできません。

年収の半分以上を他のカードショッピングで使っていると、審査落ちの可能性も

アコムACマスターカードの審査傾向として、年収の半分以上を他のクレジットカードのショッピング枠で利用していると、審査に落ちやすくなります。

クレヒスとアコムACマスターカードの関係

アコムACマスターカードの審査では、「クレヒス」も重要です。
クレヒスとはクレジットヒストリーの略で、日本語では「信用履歴」とも呼ばれます。
個人のクレジットカードやローンの利用記録のことを「信用情報」と呼び、その積み重ねがクレヒスです。

カード申し込みをすると、アコムが個人信用情報機関会社に申込者の個人情報を請求し、クレヒスをチェックします。

事故情報があると審査落ち

信用情報の中に「事故情報」(異動情報)があると、まずカードは発行してもらえません。
事故情報は、長期延滞、債務整理、強制解約などの問題が発生すると記録されます。
問題の種類によって、最長10年間記録は残り続けます。

他社借入件数が多くても審査落ち

信用情報から他社借入件数も分かります。
そして、他社借入件数(クレジットカードのキャッシング、消費者金融)が一定件数(おおむね5件)以上ですと、審査落ちする可能性が高くなります。

「3秒診断」である程度の判断はできる

アコムのホームページには、「3秒診断」の機能があります。
サイトの左上部に「3秒診断」のボタンがありますので、そこをクリックするとページにジャンプします。

・年齢
・性別
・独身既婚
・他社の借入件数・合計金額

を入力すれば、

    「ご融資可能と思われます」
    「お客さまの入力情報では、お借入可能か判断できませんでした」

のいずれかの診断が下されます。

アコムACマスターカードの作り方

アコムACマスターカードには、様々なつくり方があります。
ここでは、申込方法別に流れを紹介しましょう。

24時間365日申し込める「ネット」

インターネット(PC、携帯電話、スマホ)から申し込めば24時間365日申し込めます。

①今すぐ「お申し込み」ボタンから申し込む
②アコムからメールもしくは電話で連絡がある
③本人確認書類を提出(アップロード、スマホ、ファックスのいずれかの方法)
④審査通過後、「契約手続きのお願い」のメールが届く
⑤同意すれば契約完了
⑥即日発行を希望の場合は対応する「むじんくん」へ行く(最短翌日にはカード発送)

面倒な手間がない「電話」

電話から申し込めば、面倒な書類の記入やホームページ上での入力もありません。

①アコムのフリーコールに電話、その場で審査を行なう
②最寄りの店舗窓口、むじんくんで契約すると、その場でカード発行
ファックス契約の場合は、ファックス専用契約書類一式をホームページ、もしくはセブンイレブンのマルチコピー機から取り出す

その場でカード発行してくれる「店舗窓口・むじんくん」

アコムの店舗窓口やむじんくん(自動契約機)では、その場で申し込み~カード発行まで完了させられます。

①本人確認書類を持って最寄りの店舗窓口・むじんくんへ行く
②担当者(むじんくんは音声ガイダンス)に従ってください
③審査完了後、その場で契約となってカードが発行される

契約を確実にするなら「郵送」

契約事はしっかり行いたい、そんな方は「郵送」がおすすめです。

①フリーコールに電話をして、返送される書類に必要事項を記入の上で返送する
②審査結果の電話連絡がある
③契約書とカードが郵送されるので、会員ログインもしくは電話で受領手続きすれば、カード利用可能に

審査回答時間は申込方法によって異なる

審査を通過しないと、カードの即日発行はできません。
審査回答時間は、申込方法によって以下のように異なりますので、注意しましょう。

申込方法 審査回答可能時間
インターネット 9時~21時
店舗 平日9時30分~18時(一部~19時)
むじんくん 8時~22時(一部~21時)
電話 24時間365日

即日発行をしてもらうためには「むじんくん」でカード発行

アコムでカードの即日発行をしてもらうためには、「アコムACマスターカード発行」に対応したむじんくん以外ではカード発行してもらえません。
一般的なむじんくんの営業時間は8時~22時までで、一部むじんくんはカード発行に対応していません。

むじんくんでの申し込みはもちろん、電話、インターネット、店舗で申し込んでも、むじんくんでクレジットカードを発行してもらえます。
確実なカード発行のため、営業終了1時間前までにはむじんくんに行くようにしましょう。
その際には、本人確認書類を忘れないでください。

アコムACマスターカードの支払方法

アコムACマスターカードには、5種類の返済方法(支払い方法)があります。
一般的なクレジットカードの支払い方法は、口座振替のみなのと比べると、かなり支払い方法のバリエーションが豊富です。

インターネット返済

金融機関のインターネットバンキングを利用して返済します。
24時間365日返済可能で、しかも手数料が無料です。
ただし、アコムが対応している金融機関のインターネットバンキングでなければなりません。

提携ATM

提携先の金融機関ATMやコンビニATMで返済します。
コンビニATMならほぼ24時間365日返済可能ですが、返済額によって108円~216円の手数料が発生します。

アコム店舗窓口・アコムATM

営業時間の範囲内で、アコムの店舗窓口やATMから返済ができます。
窓口ならば相談しながら返済できますし、店舗併設のATMは24時間利用可能です。
いずれの場合も、手数料がかかりません。

振込

アコム指定の銀行口座に振り込むことで返済をします。
会員ログインの上、振込入金口座を確認してください。
どこから振り込んでも構いませんが、金融機関によって返済額と関係なく別途振込手数料がかかります。

口座振替

利用者の銀行口座から自動引き落としをすることで、返済期日を気にせずに返済できます。
引き落としの際、手数料はかかりませんが、一部対応していない金融機関があります。

リボ払い専用カードだが、手数料ゼロにする方法も

アコムACマスターカードはリボ払い専用カードですので、「1回で」と支払いの際に言っても自動的にリボ払いになってしまいます。

リボ払いには手数料がかかります。ACマスターカードをショッピングで利用すると、カード利用金額に応じて年10%~14.6%の金利が発生します。
また、利用明細書が郵送されませんので、利用残高の把握には注意してください。

実質1回払いにすれば利息はゼロに

しかし、できればリボ払いの利息は支払いたくないもの。
そこで、リボ払いの利息をゼロにする方法を紹介しましょう。

①利用金額以上の返済額を設定する

毎回のリボルビング払い返済額は自分で自由に設定できますので、カード利用金額以上の返済額を設定しましょう。
そうすれば支払いが1回で終わるため、手数料を支払うことなく返済を終えることができます。

②翌月6日の支払期日までに完済する

アコムACマスターカードは、「毎月20日締め、翌月6日払い」で、支払日までに完済していればリボ払いの利息は発生しません。

まとめ

以上で見てきたように、アコムACマスターカードは少し特殊なカードであり、他のクレジットカードにあるような特典はありません。しかし、通常のクレジットカードの審査に落ちてしまったという人や、通常のクレジットカードに通る自信がないけれど、すぐにカードを発行したい、という人は試してみるべきクレジットカードです。

まずはアコムACマスターカードを少額ずつでも定期的に使い、毎月確実に返済していくことでコツコツとクレヒスを積み上げていきましょう。