【無職の方も持てるクレジットカード】審査通過のポイントとは?

お財布が底をついて、急な支出に対応できない…。

そんな事態は誰にだってあり得ますよね。
そんなときに私たちの助けになってくれるのが、クレジットカードです。
クレジットカードがお財布の中に入っていれば、支払いを翌月以降に繰り越したり、分割払いやリボルビング払いで毎月の支払額を抑えたりすることができますよね。

そんな便利なクレジットカード、無職の身だからといって諦めていませんか?

クレジットカード契約にも審査はありますが、現在職を持たないあなたも、その審査を通過できる可能性があります。

この記事では、無職の人がクレジットカード審査を通過する方法について、解説いたします!

審査に通る無職、通らない無職はどう違う?

誤解のないようにはじめにきっぱりと断っておきますが、「安定した収入がない人(=無職の人)」は原則としてクレジットカード審査には通りません。

ですが、このときの「無職」には主婦や学生、年金生活者の状態は含まれません。

そもそもクレジットカード申し込み者の職業選択欄には、

  • 会社員・公務員
  • 自営業パート・アルバイト
  • 学生
  • 主婦(主夫)
  • 年金生活者

などの項目があり、このどれかに該当する場合には、十分審査に通過する可能性があるのです!

学生や専業主婦は収入なしでも審査に通る可能性がある

たしかに学生や主婦には収入はありません。

でも、学生は卒業後には定職に就き安定した収入を得られる見込みがあるわけですし、両親など保護者が学費などを負担しているからこそ学生の身分で居られるわけです。

ですから、利用限度額こそ少額になるものの、たとえアルバイトなどをしておらず収入がゼロでも、審査通過はそう難しくありません。
(保護者がローンを延滞していたり自己破産したりしている場合には、そうもいきませんが。)

また専業主婦は配偶者に安定した収入があるからこそ収入ゼロでも生活ができるわけですよね。
この配偶者の収入が「安定した収入」だと認定されるため、クレジットカード審査に通過しやすいのです。

預貯金があってもダメ?審査通過の条件とは

学生でも主婦でもなければ、収入ゼロでクレジットカード審査を通過することはかなり困難になります。
というのも、繰り返しになりますが、クレジットカード会社は「安定した収入」を求めているからです。

反対に言えば、「安定した収入」がなければ、クレジットカード審査申込時にどれだけ資産があったとしても、落ちてしまう可能性があるのです。

収入として証明できる「所得」が必要

「安定した収入」とみなされるためには、税制上の「所得」があることを証明できなければなりません。

例えば、以下のような理由で預貯金があったとしても、無職なら審査通過は難しいと考えられます。

①親族から遺産相続した

「相続」は「所得」とはみなされないので、「安定した収入」とは見なされません。
ただし、相続財産がアパートやマンション、駐車場などの不動産で安定した運用益が得られる場合は、それが「所得」となりますので、話は違ってきます。

②消費者金融や銀行カードローンで融資を受けた

これも、「所得」ではありませんよね。
むしろ借金をして返済が滞っているのであれば、審査で一気に不利になります。

③宝くじで当選した

この場合も、あまり知られていませんが、宝くじの当選金は所得税の対象外です。
というのも、宝くじやtotoの当選金は法律で明確に「非課税所得」であると見なされているのですね。
確定申告が不要で課税されないのはうれしいですが、そのために収入として証明できません。
ですから、クレジットカード審査においては役に立たないのです。

④競馬で配当金を得た

この場合については、実は「所得」として証明できます。
競馬の配当金は先ほどの「非課税所得」ではありません。
ですが、実際問題として競馬で得た年間利益を計上して、確定申告する人はまずいないでしょう。
ほとんどの人は申告せず、つまり所得税を納税していません。

もし申告・納税していれば、クレジットカード審査ではそれを収入として扱ってもらうこともできるのですが、こういった理由で、実際には「所得」として証明できない場合が圧倒的に多いのです。

預貯金や一時的な収入は、審査ではプラスにならない

いかがでしょうか?
大切なのは「安定した収入」すなわち課税対象になる「所得」の有無なのです。

さきほどの①~④以外にも、友人から借りた、拾った、両親などから贈与を受けたなどの一時的な所得があったからといって、また預貯金額が多いからといって、それがクレジットカード審査で有利に働くということは考えられません。

無職の方がクレジットカードを発行するためにできること

それでは、現在無職でも審査を通過しクレジットカード発行するには、どのようなことができるのでしょうか?

実は、就職して正社員になる、という選択肢以外にもクレジットカードをもつ道が開ける可能性はあるのです。

家族カードを発行する

家族カードとは、両親などの家族名義のクレジットカードのことです。
家族がすでに所持しているクレジットカード契約について、カードだけもう1枚作ってもらうことによって自分が手に入れるということですね。

家族カードであれば、自分の状態は関係なくカード名義人である家族の情報だけが必要になるので、無職でもカードを持つことができます。
ただし、あくまでも自分名義のクレジットカードではないので、以下のような窮屈さは我慢しなければなりません。

  • カード名義人である家族の口座を使用させてもらうことになり、本契約の限度額内でしか使用できない。
  • カード名義人である家族に、カードの使いみちが明らかになる。
  • カード名義人である家族の一存で、家族カードの使用が停止してしまったり、契約解消されてしまったりする可能性がある。

それでは本人名義のカードは作れないのか?というと、自身のステータスを「無職」でなくしてしまい作成する、という方法もあります。

派遣会社に登録し「派遣社員」になる

派遣会社に登録しさえすれば、クレジットカード審査申込時に、「無職」ではなく「派遣社員」と記入することができます。
これだけで、審査通過に一歩近づきますね。

ですが、たったそれだけのことで契約してくれるほど、クレジット会社は甘くありません。
重要なのは「安定した収入」なのです。
そう見なされるためには、一般的な生活をするのに必要だと思われるお金、すなわち少なくとも年収200万円くらいは稼いでおく(と見なされる)ことが必要でしょう。

年収200万円といえば、月収にすると約17万円になります。
派遣社員になってお仕事をもらえれば、月末にはお給料と一緒に給与明細を受け取ることもできますね。
これがれっきとした「安定した収入」の証明書類になります。
ひとまず1か月がんばって働いて、月17万円程度の収入を得れば、クレジットカード取得がぐっと近くなります。

なお、17万円は難しいという人でも、実家やローンを完済した持ち家に居住しているのであれば、生活に必要な収入は200万円よりも少ないと見なされるので、そのことも申込時に併せて申告すると良いでしょう。

WEBライターなどの仕事を始めてみる

「クラウドソーシング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

最近登場したお仕事のかたちで、お仕事を斡旋するサイトに登録すれば、WEBライティングやWEBサイト作成、イラストやロゴ作成などのお仕事をネット上で受注することができます。
ちょっとした時間に手軽に仕事を始められるため、主婦や会社員の副収入源としても人気が高まってきています。

そしての収入は「個人事業主所得」となるので、クレジットカード審査の申し込み時には「無職」ではなく「自営業者」と記入することができるのです。

とはいえ「自営業者」の審査基準自体も厳しく、開業から1年以上だったり月数十万円以上の売り上げだったりが必要なこともあります。
ですが、それでも「無職」より通りやすいことには違いないので、試してみる価値はあるでしょう。

虚偽の申告はNO!

ここまでお読みになって、申込書類の職業欄や年収欄などにウソを書いてはいけないのかと疑問を持った方もおられるかもしれませんね。

虚偽の申告は絶対におすすめできません。

というのも、虚偽の申請であったことが明らかになると個人信用情報機関(ローンやクレジットカード等の契約情報を管理し、記録している機関)に事故情報として登録され、いわゆるブラックリスト扱いになるのです。

そしてその情報は6か月の間消えない、つまりクレジットカード審査はおろかあらゆる金融機関の審査に通らないのです。
(もちろん見込年収額と実際の年収額に多少のずれがでることは仕方ないので、誤差として許容されます)

クレジットカード発行会社は、勤務先に電話をかけて在籍確認するなど入念に調査を行っています。
詳しく調査を行わないクレジットカード会社で虚偽申請でも審査通過したという例もあるにはありますが、上記のようにバレたときのリスクは高いのです。

無職でもデビットカードなら審査なく発行できる

「無職」でクレジットカードの審査には通りそうもないが、オンラインショッピングなどのためにどうしてもカード利用したいという人には、デビットカードがおすすめです。

デビットカードとは、銀行口座から即時決済されるカードのことで、つまりカードを使うとき銀行口座にその分の預金が無ければ使用できないというものです。

すなわちデビットカードの使用時にはカード会社への借金は発生しないので、審査なしでデビットカード発行が可能なのです。

またデビットカードには、使用時には利子はつかない、利用者の身の丈を超える買い物を抑えられるという長所もあります。

「安定した収入」があるとみなしてもらうことが重要!

クレジットカード会社の審査を通過するためには「安定した収入」があることが必要で、預貯金や一時的な収入は評価されません。
ただし、学生や主婦の場合は、家族のステータスが評価されて審査通過することもあります。

「無職」の人は「安定した収入」がないので厳しいですが、派遣会社に登録して「派遣社員」になったり、クラウドソーシングサイトに登録して「自営業者」になったりすることで、審査通過の可能性が高まります。
また、家族名義のクレジットカード「家族カード」やクレジット機能のない「デビットカード」なら、無職で収入が無くても発行してもらえる可能性があります。