ブラックリスト入りか不安な人でも発行できるクレジットカード

ブラックリストに入っている状態でも発行できる可能性のあるカードが存在します。

ブラックリストの状態では、一般カードを申し込んでも発行できません。
カードを作ろうと思うなら、独自審査を設けているクレジットカード会社に発行を申し込むことで審査に通る可能性が高くなります。

ブラック入りしている人がクレジットカードを作る方法

ブラックリストに入ってしまっているとクレジットカードを作るのは難しいというのが現実です。

ブラックリストに入っているということは、クレジットカードの支払いを延滞するなどの金融事故を起こしたことがあって信用力が低い状態です。

一般的なクレジットカード会社の審査基準は満たせなくなってしまいますから、カードの審査にはまず通りません。

審査の基準が一般カードとは違い、独自の審査基準を設けているクレジットカードであれば、ブラックリストに入ってしまっている人でもカードを発行してもらえる可能性があります。

審査に自信がないけど、とにかくカードが欲しい人は、独自審査のカードを狙う

クレジットカードの申し込みをすると、クレジットカード会社は必ず申請者が過去に金融事故を起こしていないかどうか、個人信用情報機関に照会をかけます。

その結果、ブラックリストに入ってしまっていることが判明すると審査に落ちてしまいます。

銀行や信販系などのカード会社の審査では過去の金融事故が非常に重く見られるため、ブラックリストに入っているとそれだけで審査の通過は難しくなります。

独自審査をしているTカードプラスは、現在の収入で返済能力があるかどうかを判断する傾向があるので、カードが欲しい人は狙い目です。

独自審査のカード狙うなら【Tカードプラス】
  • 年会費無料
  • 審査が不安な人向け
  • 信頼のマスターカード

Tカードプラスならブラックリストに入ってしまっていても、他のクレジットカード会社とは審査の基準が違っています。

消費者金融系のTカードプラスの審査では、過去の金融事故よりも「現在の支払い能力」を重視。

そのため、ブラックリストに入っていても現在の支払い能力はあるという方はTプラスカードなら発行してもらえる可能性があります。

また、他のカードの審査に落ちた人もTカードプラスなら、発行の可能性があります。

  • 現在収入があれば、審査に通る可能性あり
  • 最短30分の審査でマスターカードが手に入る
  • Tポイントを効率良く貯められる

借金が手に負えない時は自己破産をする

借金などを滞納、延滞していて返済が難しくなったなら、弁護士を通して自己破産の申請をするというのも選択肢の一つです。

自己破産とは税金などの非免責債権以外のすべての借金を帳消しにできる手続きです。

自己破産するためには裁判所に破産申立書を提出して免責許可をもらう必要があります。

自己破産の手続きを始めた後は、債権者は給料の差し押さえなどの強制執行ができなくなりますので生活を再建しやすくなります。

ただ、自己破産の手続きにも費用は必要です。例えば弁護士に依頼するのであれば費用は20万円から30万円ほどは必要になります。

自己破産まで考える方は手持ちのお金をほとんど返済に回してしまっている場合が多いので、まとまった額のお金を用意するのは難しいでしょう。

法テラス(日本司法支援センター)を利用すれば無料で相談に乗ってもらうことができますし、弁護士費用を法テラスに立て替えてもらって、自己破産が完了して生活が軌道に乗ってから分割払いで費用を返済していくことが可能です。

自己破産した場合は10年待たなければいけない

通常なら金融事故を起こしてしまったとしても、個人信用情報機関に事故情報が記録されているのは5年から10年程度です。

ただし、自己破産の情報は10年保存されますので、自己破産した後は最低10年待たないと新しくカードを作ることは難しくなります。

ブラックだと思ったらWeb診断を利用してみる

クレジットカードの審査に落ちてしまいブラックリスト入りになっているか不安があるという場合、「ACマスターカードのWeb3秒診断」を利用してみることをおススメします。

ACマスターカードのWeb3秒診断は、消費者金融大手アコムが提供しているサービスで、カード発行が可能かどうかの仮審査を短時間で受けられるというものです。

診断のやり方はとても簡単で、年齢、年収、他社借り入れ状況を入力するだけで、カードの発行が可能かどうかの仮審査をしてくれます。

仮審査の結果、下の画像のように「お借入できる可能性が高いです」という結果が出てきた場合、本審査を受けてカードが発行される可能性があるので、そのままカードの申し込みができます。

3秒診断では、年齢が70歳以上である場合や、本人に収入がない場合はカードの発行はできないという結果になりますし、残念ながらカードの発行が難しいという結果が出ることもあります。

ブラック入りだと思ってもしていないケースがある

クレジットカードのショッピングやキャッシングの返済、携帯料金の支払いなどを延滞してしまった場合でも、たった一度返済を遅らせたくらいではブラックリストに入ってしまうことはありません。

ただし、支払いを3ヶ月以上延滞させたり、1ヶ月や2ヶ月の延滞を1年間に3回程度など短期間に何度も繰り返したりすればブラックリストに入ってしまう恐れがあります。

その他、電気料金などの公共料金や税金の支払いを忘れて督促状が来てしまい、慌てて支払いをした場合なども、個人信用情報機関は公共料金や税金などとは関わりがありませんのでブラックリスト入りの心配はいりません。

少しでも審査通過の確率を上げるコツ

少しでも審査に通る可能性を上げるために次に挙げるような対策を行ってください。

自己破産するほどでなければ収入を得る

クレジットカード会社はカードの発行申請を受けた時、申込者の返済能力を見ます。カード会社の信用を得るためには、安定した給与を得られる職に就くことが重要です。
収入の額や勤務先の規模と安定度、他社での借り入れ状況などを総合的に見て返済能力が高いとクレジットカード会社に判断してもらえれば、それだけ審査に通る可能性が高まります。

現在ブラックリストに入ってしまっている方は、まずは滞納している分の返済をすべて完了させなければいけません。返済を完了させた時点から5年から10年が経過するとブラックリストから抜けることができて信用情報を回復させられるようになります。

キャッシング枠は利用しない

貸金業法が定める総量規制によって、個人が借り入れできる総額は年収の三分の一以下に制限されています。

キャッシング枠を利用しているとこの制限に引っかかってしまうことでカードの審査に落ちてしまう危険がありますので、極力キャッシング枠は使わないようにした方が無難です。

どうしてもキャッシング枠があった方がいいということであれば、カードを発行してもらってから後で審査を受けて付けることもできますので、まずカードの発行を目指すのであればキャッシング枠は外して申請することをお勧めします。

デビットカードであれば発行の審査なし!

デビットカードは銀行口座の残高やあらかじめカードにチャージした金額の範囲内で買い物ができるようになっていますので、カード会社から見れば、デビットカードでのショッピングはカードの利用額を返してもらえなくなるリスクがありません。

そのため、デビットカードの発行にはクレジットカードのような審査がなく、ブラックリストに入っている人でも作れるようになっています。

利便性の高いデビットカードとしてバンドルカードをご紹介します。

バンドルカード

スマートフォンにインストールするアプリの形態をとる「バーチャルカード」と、実体のあるプラスチックカードが発行される「リアルカード」の2種類があります。

スマホからアプリをダウンロードすればすぐに利用でき、審査・年齢制限もないのが特徴です。

バーチャルカードではインターネット上のオンライン決済のみが利用可能ですが、300円を支払ってリアルカードを発行してもらうことで実店舗での決済にも対応できます。

バンドルカードは事前にチャージした金額の範囲で使用できるようになっている、プリペイド方式のVISAクレジットカードです。

コンビニやネットバンキングからバンドルカードに入金する事でクレジットカードと同様に使用する事ができます。

チャージ方法はコンビニやビットコインなどが用意されており、先にチャージするか、あとから使用分をチャージするかを選択可能です。

【バンドルカードの利用上限金額】

月間のチャージ上限金額 12万円
トータルのチャージ上限金額 100万円
1回のチャージ上限金額 3万円
残高上限金額 10万円

※トータルのチャージ金額が100万円を超えた場合、バンドルカードは再発行する必要があるので注意してください。


関連記事

記事一覧

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの作り方