お金の参考書 クレジットカード

Suicaユーザーの学生が選ぶべきクレジットカード「ビュー・スイカカード」を紹介!

学生の中には、「クレジットカードとSuicaがどっちも必要」という方は多いと思います。

電車やバス通学の方にとってSuicaは欠かせない存在ですし、ネットでの買い物や海外旅行をする機会の多い大学生にとっては、クレジットカードも必須アイテムですからね。

でも、「カードを何枚も持ちたくない」という人が多いのも事実。

あまりカードを持ちすぎると財布がかさばりますし、なにより使い分けが面倒です。

そんな方におすすめなのが、「Suica機能がついたクレジットカード」

中でもご紹介したいのが「ビュー・スイカカード」です。

このカードがあれば、お買い物も駅の改札も1枚で済みますよ。

今回はそんなビュー・スイカカードの特徴やメリットについてまとめます!

クレジットカードとSuicaが1つになった「ビュー・スイカカード」とは?

ほとんどの学生の方は、通学にバスや電車などの交通機関を使っているはずです。

そういう方は当然、Suicaを持っているでしょう。

中には、「Suicaとクレジットカード、両方持っている」という方も多いのではないでしょうか?

そういう場合は、ぜひSuicaとクレジットカードの機能がひとつになった「ビュー・スイカカード」の導入をおすすめします。

2つの機能がひとつのカードで済むので、「カードを何枚も持ちたくない」という学生は必見ですよ。

Suica付きクレジットカード「ビュー・スイカカードカード」はこんなに便利でお得!

ビュー・スイカカードがあれば、クレジットカードとSuicaカードを両方持たなくて済みます。

カードを複数持ちたくない学生にとって、とてもありがたいですよね。

しかし、ビュー・スイカカードのメリットはそれだけではありません。

ビュー・スイカカードには他にも、

・オートチャージ機能
・電子マネーに交換できるポイントが貯まる
・国内・海外旅行傷害保険付き

などのメリットがあります。順番に見ていきましょう!

オートチャージ機能

ビュースイカカードには、便利なオートチャージ機能があります。

オートチャージ機能とは、自動改札機にタッチするだけで、Suicaへのチャージができる機能のこと。

Suicaの最低残額を設定しておくと、その残高を下回った時に、自動的にチャージが行われるシステムです。

チャージの方法は、「改札をくぐるだけ」なので文字通りオートチャージですね。

これなら、もう残高不足の心配もありません。

電子マネーに交換できるポイントが貯まる

「電子マネーに交換できるポイントが貯まる」というのも、ビュー・スイカカードのメリットです。

通常の公共料金の支払いや普通のお買い物の支払いでは、「1,000円につき2ポイント(5円相当)」が貯まります。

また、定期券の購入やオートチャージでお支払した場合は、なんとポイント3倍に。

1,000円分のチャージで、15円分のポイントが獲得できますよ。

定期の購入やオートチャージは頻繁に行うものですから、普通に使っているだけでお得にポイントが貯まるオトクなカードです。
※定期券の購入にポイント3倍が適用されるのは、JR東日本のみどりの窓口や券売機で購入した場合のみ

参考までに、1年間ビュー・スイカカードを使った場合、どのくらいポイントが貯まるのかを、シミュレーションしてみましょう。

例えば、30,000円の3ヶ月定期を年に2回購入、その他、お買い物や食事などで月に2万円をカードで支払ったと仮定してみます。

すると、1年間で貯まるポイントは以下、

金額 獲得ポイント
定期代(ポイント3倍) 60,000円(年) 360ポイント(900円分)
通常カード支払い 240,000円(年) 200ポイント(500円分)
ボーナスポイント 100ポイント(250円分)
合計 300,000円 660ポイント(1,650円分)

となります。

ボーナスポイントとは、利用額に応じて付与されるポイントのこと。

ビュー・スイカカードでは、年間利用額が30万円、70万円、100万円、150万円になると、それぞれ「100ポイント」、「400ポイント」、「600ポイント」、「1,000ポイント」が付与されます。

表を見てもわかるように、普通にお買い物や定期を購入しているだけで、1,650円分もポイントが貯まるんですね。

貯まったポイントは、Suica(電子マネー)に交換が可能。

また、「ビックカメラSuicaカード」、「JALカードSuica」を利用している場合は、それぞれビックポイント、マイルなど提携ポイントに交換もできます。

他には、びゅう商品券やルミネ商品券への引き換えも可能です。

例えば、上記の例で貯まったポイントを、全て電子マネーに交換したとします。

電子マネーは交通費のみならず、コンビニやスーパーでも使えるので、お菓子を買うなり、普段買えない食材を買ったり、ちょっとした贅沢に使うのもいいですね。

国内・海外旅行傷害保険付き

ビュー・スイカカードは「国内・海外旅行傷害保険」も充実しています。

具体的な保険の内容を、以下の表で見てみましょう。

保険の種類 担保内容 保険金額
国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高1,000万円
入院 3,000円/日
手術 入院保険金日額の10倍または5倍
通院 2,000円/日
海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 50万円限度
疾病治療費用 50万円限度

きっぷや旅行商品をビューカードで購入すると、国内旅行傷害保険が適用されます。

また、海外に行く際には、自動的に海外旅行傷害保険がセットに。

ゼミ合宿や夏休みなど、旅行に行く機会の多い学生の方には、魅力的なサービスです。

すでにSuica定期券を持っていてもビュー・スイカカードを作った後に残高や定期券情報を引き継げる!

また、ビュー・スイカカードには「定期券機能」も付いているので、通学にもぴったりです。

でも、中には「すでにSuica定期券を持っている」という方もいるでしょう。

そういう場合でも、ビュー・スイカカードを作った後に残高や定期券情報を引き継げるので安心です。

Suicaの残高や定期券情報を引き継ぐには、新規作成するビュー・スイカカードに「定期券機能」が付いていることが前提となります。

Suicaの残高を引き継ぐ方法

Suicaの残高をビュー・スイカカードへ引き継ぐには、お手持ちのSuicaが「My Suica(記名式)」か「Suica定期券」である必要があります。

何も書かれていない通常のSuicaは、残高の引き継ぎができないので注意しましょう。

もし通常のSuicaの場合は、みどりの窓口などで、残高の払い戻しをしてもらうことが必要です。

残高から手数料(220円)を引かれた額に、デポジット(500円)が足された額が返金されます。

残高をビュー・スイカカードへ引き継ぐには、JRの駅に設置されている「多機能券売機」を利用しましょう。

画面の支持に従って操作すれば、お手持ちのビュー・スイカカードへ残高を引き継ぐことが可能です。

Suicaの定期券情報を引き継ぐ方法

また、定期券情報の引き継ぎに関しても、同様に多機能券売機を使って行います。

定期券情報を移行した後、返却されるのはビュー・スイカカードのみ。使っていたSuica定期は回収され、デポジットの500円が返却されます。

デポジットは取り忘れないようにしましょう。

すでにSuicaを持っていたとしても、そこからSuica付きビューカードに切り替えることは不可

補足ですが、もしすでにSuicaを持っていたとしても、そこからSuica付きビューカードに切り替えることは出来ません。

新たに定期券機能付きビューカードを発行し、手持ちのSuicaについては払い戻しなどをする必要があります。

ビュー・スイカカードカードなら年会費が当面無料になるモバイルSuica!

モバイルSuicaとは、JR東日本が提供するSuica機能を搭載したアプリのこと。

モバイルSuicaを使えば、スマホがSuicaの代わりをしてくれるというものです。

実は、ビューカードでモバイルSuicaに登録すると、モバイルSuicaの年会費が当面無料になります。(通常は税込1,030円)

学生は収入が少ないので、少しでもお得に使うなら、ビューカードを検討するのがいいですね。

ここで大抵の方は「Apple Payじゃダメなの?」という疑問を持つはず。

Apple payでも改札を通過することはできますが、Apple Payが持っているのは「Suicaの基本的な機能」のみ

Suicaグリーン券/モバイルSuica特急券の購入やオートチャージ機能は、モバイルSuicaでしか使えません。

簡単に言うならば、Apple Payの上位互換がモバイルSuicaということです。

まとめ

ビュー・スイカカードの特徴やメリットについてまとめました。

ビュー・スイカカードを学生が持つメリットをおさらいすると、

・定期券の購入でポイントが貯まるのでお得
・オートチャージ機能で残高不足の心配なし
・国内・海外旅行傷害保険も充実しているので、旅行に行く際も安心

というもの。

ほとんどの学生は定期券を買うはずですから、ビュー・スイカカードはかなり魅力的ですね。

Suica機能の付いているクレジットカードには他にも、ルミネでの買い物が5%オフになる「ルミネカード」などがあります。

申し込みする前に、色々なSuica付きカードを見比べてみてください!


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション