Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)

 

yahoo-jcb-black

Yahoo!JAPANカードの
おすすめポイント

Tカード一体型のクレジットカードで、Tポイントの二重取りができる!

年会費無料ながら、充実の補償

使い勝手の良いTポイントはウエルシアで使うのが最もお得!

年会費 通常ポイント 付帯保険 国際ブランド
 

無料

100円→1P

(1P=1円相当)

ショッピングガード保険、プラチナ補償(オプション) VISA、MasterCard、JCB

Tポイントを貯めるならば、Yahoo!JAPANカードは最強のカード

数ある共通ポイントの中で、加盟者数や加盟店数で群を抜いているのが「Tポイント」。

そんなTポイントを効率的に貯めたいなら、ワイジェイカードが発行する「Yahoo!JAPANカード」がおススメです。

地味ながらお得に貯めやすいYahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカードは、税込100円の利用ごとにTポイントが1ポイント貯まり、還元率は1%となります。

もちろん、公共料金の支払いなどでもしっかりクレジットポイントが貯まります。

「税込」というのが地味ながら大きなメリットです。

クレジットカードポイントではなくTカード提示で獲得できるポイントですが、コンビニのスリーエフやレンタルDVDのTSUTAYAでは、200円ごとに1ポイント貯まりますが、これらはいずれも「税抜」です。

Yahoo!JAPANカードは利用ごとに1%の還元ポイントではなく、合計利用金額の1%還元となっているので、Tポイント付与の取りこぼしも多くありません。

Tポイントが直接貯まるカードではなく、独自ポイントをTポイントに移行できる還元率が1.5%のクレカとしては「エクストリームカード」などがあります。

ただし、条件付き年会費無料のカードで、年30万円以上の利用という結構厳しい条件です。

しかも、Tポイントへの移行手続きをしなければなりませんので、結構面倒です。

それに比べれば、Yahoo!JAPANカードは無条件年会費無料で1%の高還元カードなのですから、コストも一切かかりません。

Tポイントの貯まる店舗は数知れず!

Yahoo!JAPANカードでクレジット決済をすると、100円=1ポイントのTポイントが貯まりますが、Tポイント加盟店ではそれに加えて、クレカ決済をしなくてもTカード提示によるTポイントも獲得できます。

もちろん、加盟店でYahoo!JAPANカード決済をすれば、両方のTポイントを獲得できます。

以下にその代表的な店舗を紹介しましょう。

【主なTポイント加盟店】

TSUTAYA エネオス 東京無線 コンフォートホテル
東急ホテルズ オートバックス カメラのキタムラ アート引越センター
アルペン ゴルフ5 ソフトバンク ソフトバンクホークス
ファミリーマート スリーエフ マルエツ ウエルシア
三越 伊勢丹 ジョイフル本田 ガスト
吉野家 ドトール 牛角 洋服の青山

その他にも、Tポイントを貯める店舗はまだまだたくさんあります。

Yahoo!ショッピングとLOHACOはさらに貯まる

Yahoo!JAPANカードを使い倒したい店舗が、YahooショッピングとLOHACO。

この両店舗でお買い物をすると、還元率は常に3%となります。

最近ではYahoo!ショッピングの利便性やお得度も増してきましたので、利用しない手はありません。

ネットにさえつながっていれば、パソコンでもスマホでも関係ないのが嬉しいですね。

しかもこの3%分のポイントは、全部「期間固定ポイント」(ポイントの有効期間が獲得ポイントによって異なり、決まった提携先でのみ利用可能)ではなく「通常のTポイント」(ポイントの有効期間が最終利用日から1年間で、全ての提携先で利用可能)です。

さらに、毎月5の付く日は、この両店舗でYahoo!JAPANカードで決済をすると、ポイント還元率が驚異の8%に!

利用しない手はありませんね。

Tモールを経由させよう

普通にネットショッピングをしてもお得なYahoo!JAPANカードですが、「Tモール」というポイントモール経由で買い物をすると、さらにポイントがもらえます。

しかも、Tモールに参加しているお店の数が多いのです。

【Tモールの主な参加店舗と付与されるTポイント】

店舗名 付与Tポイント 店舗名 付与Tポイント
ヤフオク! 200円→1P Yahoo!ショッピング 200円→1P
ジャパネットたかた 200円→6P LOHACO 200円→4P
ZOZOTOWN 200円→1P セシール 200円→2P
ポンパレモール 200円→1P 大丸松坂屋 200円→3P
ふるさと納税サイト「さとふる」 162P ニッセン 200円→3P
セブンネットショッピング 200円→3P Joshin 200円→2P
アイリスプラザ 200円→3P 爽快ドラッグ 200円→2P

ショッピング利用以外にも、Tモールでは以下のように、ホームページ上で付与ポイントを貯められます。

・資料請求や見積もり申込

・買取

・ゲーム:すごろく、ガチャ

・CM動画の視聴

・アプリインストール

nanacoチャージで税金を払ってもTポイントが貯まる?

そして、Yahoo!JAPANカードは税金を支払ってもTポイントが貯まります。

正確に言うと、以下のような方法で納税をするとTポイントが貯まります。

①「JCBブランドのYahoo!JAPANカード」と「nanacoカード」を用意する

②Yahoo!JAPANカードを使ってnanacoカードに電子マネーチャージする→1%還元

③バーコードが印刷されている納税書をセブンイレブンに持っていく

④nanacoカードで税金を納める

ここで注意したいデメリットは2点。

・JCBブランドのYahoo!JAPANカードを使う(Visaカード、MasterCardはポイント付与対象外)

・nanacoカードで支払っても、nanacoポイントは貯まらない

それでも、普段は現金払いの自動車税などの税金を、間接的にはありますがYahoo!JAPANカードで支払えるのは大きいですね。

ポイント付与率も、リクルートポイント(リクルートカード)の1.2%には負けますが、楽天スーパーポイント(楽天カード)とは互角です。

ちなみに、まだ利用できる店舗は少ないですが、Yahoo!JAPANカードにチャージして使える電子マネー「Tマネー」もあります。

年会費無料なのに補償が充実している

Yahoo!JAPANカードは、年会費が完全無料です。

ETCカードの入会費はかかりませんが、年会費は税別500円です。

家族カードも発行手数料、年会費無料でできますが、Tポイントの貯まり方に違いが出てきます。

・クレジットカード利用で貯まったTポイント→本会員カードに合算

・Tカード提示で貯まったTポイント→それぞれの家族カードにたまる

家族カードやETCカード利用代金は本会員カードにまとめて請求が来ます。

利便性の高いショッピングガード保険

Yahoo!JAPANカードで購入した商品が破損や盗難、火災などの憂き目にあった場合、購入日から90日以内であれば補償してくれます。

国内のみならず、海外で購入した商品も対象です。

ただし、以下のような注意点があります。

・税込1万円以上の商品が対象

・補償限度額は100万円

・自己負担金が3000円

・小切手や手形、自転車や自動車、携帯電話にノートパソコン、入れ歯にコンタクトレンズ、動物に植物、宝石に美術品などは対象外

とはいえ、これらはほとんどのショッピング補償に共通していることです。

「プラチナ補償」はかなり充実しています!

月額税別500円必要となりますが、Yahoo!JAPANカードには他にも「プラチナ補償」という保険があります。

その内容がかなり充実しているのです。

【プラチナ補償の内容】

補償名 補償金額
旅行イベントキャンセル補償金 チケット購入金額もしくはキャンセル料金
返品補償金 購入金額の半分
宅配郵送事故補償金 購入金額の9割
破損補償金 購入金額の9割
盗難補償金 購入金額の6割
修理補償金 修理費用全額(保証書あり)、半分(保証書なし)
電子デバイス災害補償金 購入価格もしくは修理費用
地震被災生活お見舞い金 避難所生活時の物品購入金額
ネット売買トラブルお見舞い金 弁護士費用
個人情報漏洩過失責任お見舞い金 損害賠償額
交通事故お見舞金 入院1日3000円

補償金額は年間10万円を上限とします。

なお、プラチナ補償に加入しているとYahoo!ショッピングやLOHACO利用金額に応じて、毎月最大Tポイントが100ポイントポイントアップします。

獲得ポイントの使い勝手もよい

貯まったTポイントの使い勝手も非常に良いです。

TSUTAYAやエネオス、ガストやファミリーマートなどの店舗では、1P=1円の換算で商品購入やサービス利用に使えます。

リアル店舗のみならず、Yahoo!ショッピングやヤフオク!などでも1P=1円の換算で利用可能です。

陸マイラーにとっては、ANAのマイルと手数料無料でポイント交換できるのも嬉しいところ。

Tポイント500P→250マイルに交換できます。

ウエルシアならば1.5倍で使える!

おすすめポイントは、関東を中心にして展開するドラッグストア「ウエルシア」。

その理由は毎月20日のみ、200ポイント以上のTポイントを使うと、1.5倍の買い物ができるからです。

200P→300円分、500P→750円分、1000P→1500円分と、Tポイントを使えば使うほど、お得分が増えていきます。