卒業間近でも学生なら学生専用クレジットカードを作るべき?

一般カードと比べて、学生専用カードは年会費が低く抑えられており、さらにポイントサービスや特典、補償も充実しています。

学生身分のうちの特権ともいうべき学生専用カードですが、もう大学生活も終わりにさしかかった時期に、卒業旅行などで海外旅行に行くタイミングでクレジットカードを申し込もう、と初めて考える人も少なくありません。

しかし、卒業間近の時期に学生専用カードを申込みして、審査の結果落とされることはないのでしょうか?

ここでは、卒業間近にカードを申し込む学生さんの疑問にこたえつつ、社会人間近でも申し込めるおすすめカードを紹介します。

卒業間近の学生におすすめのクレジットカード

まず最初に卒業間近の学生におすすめのクレジットカードを紹介します。その後でそのカードをオススメする理由などについて書いていきたいと思います。

ここでオススメするカードはズバリ三井住友VISAデビュープラスカードです。

学生限定!三井住友VISAデビュープラス

三井住友VISAデビュープラスカードは25歳以下の学生限定で「最短3営業日」で発行可能なカードです。

年会費は実質無料(年1回の利用で翌年度無料)となっています。

ポイント還元率が常に2%で入会後3ヶ月間は5%の超高還元カードです。

三井住友のポイントは1,000円で1ポイントなのですが、楽天ポイントやヨドバシカメラのポイントに交換すると

「三井住友1ポイント=楽天・ヨドバシカメラポイント、5ポイント」なので1ポイントが5円相当に!

200ポイント以上からクレジットカード代金に充当することができ、その場合は1ポイント=3円としてキャッシュバックされます。

満18歳以上満25歳以下の学生であればどなたでも三井住友VISAデビュープラスカードの作成が可能です。

卒業後はゴールドカードへランクアップして使用する事ができます。

社会人になってから三井住友VISAゴールドカードに直接申し込もうとしたら、年収やカード利用実績、その他カード代金の返済能力があるかどうか見極める個人信用情報がないと審査に通りません。

ステータスの高いクレジットカードを持つ事で同級生や会社の同期に差を付ける事ができますよ!

入会3ヶ月間は三井住友一般カードに比べポイント5倍に

入会後3ヶ月間はポイントの還元率が5倍(2.5%)になるという入会特典があります。

卒業旅行や就活、引越しなど何かと費用が掛かってくる時期にカードを発行する事でポイントをどんどん貯めていく事ができます。

ちなみに、三井住友VISAが運営している「ポイントUPモール」を経由してAmazonや楽天市場、H.I.Sを利用すると獲得ポイントが最大20倍になります。

卒業間近でも学生専用クレジットカードに申し込むべき?

「卒業間近じゃそもそも申し込めないのでは?」

「それならば、はじめから一般カードを申し込んだ方がいいんじゃない?」

と考える人も多いと思います。

学生専用カードにするべきか、一般社会人向けカードにするべきか悩む人の疑問に、ここでは答えていきます。

審査が通りにくくなったりしないのか?

学生専用カードは、一般カードよりも入会審査基準が低くなっています。

そもそも、学生は勉強が本業であり、カード会社としても学生に多くの収入を望んではいません。

ですが学生専用カードの利用者が、卒業して一般カードに切り替われば、優良な顧客となる可能性もあります。

だから学生のうちに「囲い込み」をしておくわけです。

では、卒業間近に学生専用カード申込をして、かえって審査が厳しくなったりしないのでしょうか。

卒業後に一般カードへの切り替えがなく、学生専用カードが終わっても代替のカードが用意されていない学生専用カードの場合、確かに審査が通りにくくなる傾向はあるようです。

しかし、卒業後に一般カードに切り替わる学生専用カード(学生専用ライフカードなど)は、審査に関して心配する必要はないでしょう。

卒業間近に学生専用カードに申込み、卒業後に一般カードに切り替わったらすぐに解約、という人はあまりいませんからね。

卒業間近であっても、一般カードの優良顧客になる可能性は十分にありますので、カード会社としても普通の学生と同じような審査基準となるでしょう。

卒業間近だと申し込めない学生専用カードもある

本当の卒業間近、3月中旬くらいに学生専用カードを申し込んでも、審査すらしてもらえないケースがあります。

たとえば「ANA JCBカード(学生用)」の申込は、卒業予定年の3月中旬のカード申込受付分をもって終了、とホームページに明記されています。

ポイントアップ期間だけ集中的にカード利用をして、期間終了後に解約されたのではカード会社にはさほどメリットがないという理由で、入会審査で落とされる可能性もあるのです。

学生専用カードは卒業後どうなるのか?

学生専用カードは、大学生や専門学校生、短大生や大学院生の卒業後はどうなるのでしょうか。

以下に、代表的な学生カードの卒業後の対応について、以下の表で見ていきます。

三井住友VISAデビュープラス 学生専用
ライフカード
ANA JCB
カード学生用
明治大学カード
カード切替 26歳までなし 切替 切替 切替
限定特典 26歳まで継続 なくなる なくなる なくなる
継続審査 あり なし あり なし

多くの学生専用カードは、卒業後送付される一般カードに切り替えられます。

ただし「三井住友VISAデビュープラスカード」は、厳密に言うと新社会人向けも含めた18歳~25歳の若者向けカードです。

よって、卒業という区切りは、継続や切替の際にはさほど重視されません。

卒業間近の学生は、卒業後のことも考えたクレジットカード選びを

学生専用カードはどのカードも確かにお得なのですが、その分同じカード会社の一般カードは見劣りがしてしまいます。

卒業後に見劣りがする一般カードに切り替えされるくらいなら、別のカード会社のお得な一般カードに申し込もうとも考えますが、卒業してからでは審査が学生のときよりも厳しくなってしまいます。

卒業間近の学生さんがカード選びをする際は、卒業後に切り替えられる一般カードのスペックや、卒業後のカード継続によるカードのステータスアップも考えて選ぶようにしましょう。


関連記事

記事一覧

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの作り方