お金の参考書 クレジットカード

楽天カードはポイント還元率1%!楽天市場なら還元率3%!

楽天カード

  • 通常の買い物ポイント還元率1%、楽天市場での利用で3%と高還元
  • 年会費無料
  • リアルからネットまでポイントが幅広く使える
  • 最高2,000万円までの海外旅行保険が利用付帯
  • バイトや主婦、学生でも発行しやすい
  • マイルがたまる
  • 盗難補償
  • キャッシング
  • 家族カード
  • 年会費無料
  • 高還元
  • 海外旅行保険
  • 学生可能
  • ETCカード
年会費 初年度:無料
2年以降:無料
国際ブランド VISA、Master、JCB、AMEX
ポイント還元率 1%~
電子マネー機能 楽天Edy
Apple Pay 対応あり
お届け期間 1週間程度
申込資格 楽天会員に登録済みで高校生を除く満18歳以上の安定した収入がある方
※高校生は除く
家族カード あり/無料
ETCカード あり/発行手数料無料・年会費500円(税別)

CMでバンバン放送されている「楽天カード」を見て、気にしている人も多いでしょう。CMやってるし楽天のカードだから良いものかもしれない、と思っている方も多いかもしれませんね。

しかし、楽天カードが自分に合うかどうかは別物です。楽天カードが自分に合うかどうかは、年会費、ポイント還元率、使えるサービス、付帯する補償はもちろん、審査難易度や審査スピードなど、様々な観点から分析することが重要です。

今回は、楽天カードに興味がある方や発行を検討している方に向けて、楽天カードの特徴を紹介していきます。そして、皆さんに楽天カードが自分向きかどうかを判断して頂ければと思います。

年会費は永年無料で安心!

まず、楽天カードは新規発行手数料、年会費とも無料です。

クレジットカードには年会費有料のカードや年1回以上カードショッピングをしないと年会費が発生する「実質年会費無料カード」もありますが、楽天カードは1回もカードショッピングしなくても年会費が発生しません。

本会員はもちろん、家族会員の楽天カードも新規発行手数料、年会費とも無料で、本会員カード1枚につき、最高5枚まで家族カードの発行ができます。

また、楽天カードには電子マネー「楽天Edy」、ポイントカード「楽天ポイントカード」の機能も搭載されています。

2枚目の本会員カードも無料発行が可能!

しかも、楽天カードは2枚目の本会員カードを無料で発行できます。つまり、VISAとJCBの2枚持ちが可能ということです。

「とりあえず世界中で使いやすいVISAカードを1枚目に持っておいて、優待が充実したJCBも2枚目として持っておきたい」、というような考えを持っている人には嬉しい機能ですね。

もちろん、別のカードを申し込むことでも2枚持ちは可能ですが、「別にカードを申し込むのは面倒」という方には楽天カードはおすすめですよ。

支払日は月末締め・翌月27日払い

楽天カードの支払いは、「月末締め・翌月27日払い」です。クレジットカードは口座にお金が不足していて引き落としができなかった場合、遅延損害金(延滞料金)等のデメリットを被ることになります。

しかし、毎月25日が給料日の人は、27日時点で口座にお金がたっぷりと入っているはずですから、楽天カードの引落前に口座の残高を気にする必要がありません。

国際ブランドはVISA/MasterCard/JCB/AMEXの4種類から選択可能!

楽天カードの国際ブランドには、VISA・MasterCard・JCB・AMEXの4種類があり、それぞれ以下のような特徴があります。

VISA 国内外で広く使えるカード
MasterCard VISA同様国内外で広く使えるカード
JCB VISA.MasterCardほど使えるお店は多くはないが、優待が充実している
AMEX VISA.MasterCardほど使えるお店は多くはないが、優待が充実している

基本的に1枚目はVISAやMasterCardといった世界中で使いやすい国際ブランドを選択するのが良いでしょう。

その後、楽天カードの2枚目を発行したり別のカードに申し込む際には、優待の内容を見つつJCBやAMEXを選択するのがおすすめです。またディズニーデザインのカードなどはJCBでしか発行されていないので、そうした視点から選ぶのもアリですね。

ちなみに楽天カードのAMEXブランドは年会費永年無料で持つことができるのが嬉しい点ですが、他の国際ブランドでは可能な海外キャッシングができませんし、現時点では楽天カードのみ対象外の優待があったりしますので、選ぶ際には注意しましょう。

楽天カードのポイント還元率は1%と高還元

楽天カードは、毎月月末までのカード利用総額100円(税込)につき、楽天スーパーポイントが1ポイント付与されます。1ポイント=1円の価値がありますので、楽天カードのポイント還元率は1%です。

他の人気カードのポイント還元率と比較すると、以下の通りです。

カード名 還元率
三井住友VISAクラシックカード 0.5%
JCB一般カード 0.5%
イオンカードセレクト 0.5%
エポスカード 0.5%
セゾンカードインターナショナル 0.5%
楽天カード 1%
ヤフーカード 1%
リクルートカード 1.2%

還元率0.5%の人気カードが多い中、1%の楽天カードは高還元率といえます。しかも、毎月の利用総額100円(税込)ごとに1ポイントというのが地味にお得で、切り捨て部分がほとんどありません*1。

*1カードによってはお会計毎のポイント付与だったり、月の利用総額に対する計算でも2000円毎にポイント付与だったりするものがあります。

お会計毎のポイント付与だと99円の買い物を3回してもポイントが付きませんが、楽天カードの場合は2ポイント付きます。

また、毎月の利用総額に対してポイントを付与するカードでも、2000円毎のポイント付与だったりすると、利用額が11,999円の時には1,999円分の損をすることになります。

ポイントの有効期限は実質無期限!

楽天スーパーポイントには、「通常ポイント」「期間限定ポイント」の2種類があり、それぞれ以下のような違いがあります。

種類 付与条件 有効期限
通常ポイント 通常利用で付与 最後にポイントを獲得した月を含めた1年間
期間限定ポイント キャンペーンなどで付与 ポイントによって異なる

楽天カードを普通に利用していて貯まるポイントは通常ポイントで、有効期限内に1度でもポイントが増えればその都度延長されますので、実質無期限のポイントといえます。

SPUでポイント倍率が最大で毎日15倍に!

楽天スーパーポイントには、「SPU」(スーパーポイントアップ)というポイントプログラムがあります。以下のサービスの条件をクリアするごとに、楽天市場を利用した際のポイント付与率がアップします。

条件 倍率
①楽天カードを使い楽天市場利用 +2
②楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードを使い楽天市場利用 +2
③楽天銀行口座より楽天カード利用代金を引落 +1
④楽天市場アプリで買物 +1
⑤楽天証券で月1回500円以上のポイント投資 +1
⑥楽天モバイルで通話SIM利用 +2
⑦楽天TVでNBAまたはパリーグ加入 +1
⑧楽天ブランドアベニューで月1回以上買物 +1
⑨楽天ブックス・koboで月合計2000円以上買物 +1
⑩楽天トラベルで対象期間・対象サービスの利用 +1
⑪楽天ビューティーを月1回1500円以上利用 +1

例えば、②④⑥の条件を満たし、倍率+5の状態で楽天市場にて10万円の買い物をすると、通常の1000ポイントに加えて+5倍分の5000ポイントが付与されます。

ただし、獲得できるポイントには期間限定ポイントが含まれますので、ポイントの有効期限には注意しましょう。

ポイントカードとしても使える

楽天カードにはポイントカード機能(楽天ポイントカード)も搭載されています。楽天ポイントカード加盟店で、楽天カードを提示し、「ポイントを貯めて下さい」と言えば、楽天スーパーポイントが貯まります。

もちろん、楽天カードの支払い分も貯まるので、ポイントは倍になります。楽天スーパーポイントが貯まるお店を幾つか紹介すると、次のようになります。

店舗名 付与率 店舗名 付与率
マクドナルド 100円(税込)→1P ビックカメラ 税込価格の5%
ミスタードーナツ 100円(税込)→1P ジョーシン 200円(税別)→1P
デイリーヤマザキ 100円(税別)→1P 引越しは日通 100円(税別)→2P
松坂屋 100円(税別)→1P ホワイト急便 100円(税別)→1P
ツルハドラッグ 200円(税別)→1P 出光 2L→1P
ライトオン 100円(税別)→1P 紳士服コナカ 100円(税別)→1P

ポイントカード提示で貯まる楽天スーパーポイントは「通常ポイント」ですので、実質無期限となりポイント失効のリスクがほぼありません。

さらに、クレジットカード決済に対応している楽天ポイントカード加盟店であれば、ポイントカード提示による楽天ポイント獲得だけでなく、楽天カード決済による楽天スーパーポイントも獲得でき、ポイント二重取りもできます。(一部カード決済分とカード提示分の二重取りが不可能なお店があります)

貯まったポイントはリアル店舗でもネットでも使えて便利!

貯まった楽天スーパーポイントは、基本的に1ポイント=1円で利用可能です。

ただし、楽天スーパーポイントには通常ポイントと期間限定ポイントの2種類があり、ポイントの種類によって利用・交換可能なサービスが以下のように異なります。

交換先 通常ポイント 期間限定ポイント
楽天グループ内サービス
(楽天市場・楽天トラベルなど)
ANAマイル(2P→1マイル) ×
楽天Edy ×
楽天銀行デビットカードの支払い ×
楽天証券での投資 ×
楽天Kドリームス内で
デルカへのチャージ
×
楽天ポイント加盟店
楽天ペイ加盟店

期間限定ポイントは、ポイントの有効期間が短いだけでなく、ポイントの使い道も大きく制限されています。

ただし、総括をするなら楽天スーパーポイントは基本使い道に困ることはありません。ネットの場合は楽天市場で利用できるわけですから、まず不便はしないでしょうし、リアルでも多種多様な店舗でポイントを利用することができます。

というのも、期間限定ポイントを含む楽天スーパーポイントは楽天ポイントカード加盟店で利用可能だからです。主な楽天ポイントカード加盟店は以下の通りです。

・デイリーヤマザキ
マクドナルド
・くら寿司
・プロント
・ペッパーランチ
・大丸
ツルハドラッグ
・紳士服コナカ
ビックカメラ
・ジョーシン
・出光
・ビューホテルズ
・Jネットレンタカー

ジャンルも多岐に渡っており、よく見かける庶民的なお店もあるので、楽天スーパーポイントを使うチャンスは多いです。

また、楽天ペイとは、楽天が手掛けるスマホ決済サービスで、スマホに表示されたバーコードやQRコードを読み取るだけで、決済が可能です。主な楽天ペイ加盟店は、以下の通りです。

ローソン
・和民
・ピザーラ
・AOKI
ライトオン
・マックハウス
メガネスーパー
・ANAP
・アート引越センター
・自遊空間

楽天カードの海外旅行傷害保険は利用付帯で最大2000万円

楽天カードには、利用付帯で最大2000万円の海外旅行傷害保険が付帯しています。

楽天カードの海外旅行傷害保険が付帯する条件

「利用付帯」とは、楽天カードで以下の支払いをした場合に限って、海外旅行傷害保険が付帯する条件です。

・海外航空券
・海外パッケージツアー
・自宅→出発空港までの交通費(電車・バス・タクシー・国内線など公共交通機関)

全額を支払う必要はなく、対象の支払いに一部でも楽天カードを利用すれば、海外旅行傷害保険は付帯します。

また、本カード会員だけでなく家族カード会員も同様の補償を受けられます。海外旅行傷害保険の対象期間は、日本出国後から3か月後の24時までです。

楽天カードの海外旅行傷害保険の補償内容

楽天カードの海外旅行傷害保険の補償内容は、以下の通りです。

補償内容 上限金額
傷害死亡・後遺障害 2000万円
疾病治療 200万円
賠償責任 2000万円(免責なし)
救援者費用 200万円(会員資格期間中の通算)
携行品損害 20万円(免責3000円。1個・1組・1対あたり10万円)※会員資格期間中の総限度額

ただ、海外へ行くのであれば、この金額では全く足りない場合があります。非常に稀なケースですがハワイで4,000万近くの医療費がかかった事例もあるので、クレジットカードの海外旅行傷害保険じゃ焼石に水なこともあるのです。

実際、外務省のホームページにも次のような記載があります。

実際に、ある海外旅行保険会社によると、ここ5年間で扱った日本人医療費の最高額は、病気でハワイにある病院のICUで治療を受けたケースで3800万円だったそうですが
海外邦人事件簿|Vol.64 旅先で入院したら医療費が嵩む

しかし、海外旅行傷害保険は補償額の合算が可能となっていますので、決して楽天カードの海外旅行傷害保険が無駄になることはありません。つまり

①カードの海外旅行傷害保険の補償額+カードの海外旅行傷害保険の補償額
②カードの海外旅行傷害保険の補償額+保険会社の海外旅行保険
※一部合算不可

といった形で、補償額を手厚くしたり、カードじゃ足りない部分の補償だけを保険会社のオーダーメイドの保険で補ったりすることができます。

ちなみに保険会社の海外旅行保険でオーダーメイドが可能なものには「T@biho」(タビホ)なんかがりますね。

海外旅行に行く際はこの楽天カードに加えて他のクレジットカードを持ったり、或いは有料ですが保険会社の海外旅行保険を利用すればパーフェクトでしょう。

ちなみに保険に入らずに海外旅行には絶対行かないようにしましょう。ふとした瞬間に経済的な破滅を迎える可能性がありますからね。

楽天カードの審査は厳しい?緩い?

非常にメリットの多い楽天カードですが、当然審査に通らないと持つことができません。では楽天カードの審査は厳しいのかどうかが気になるところですね。次は楽天カードの審査について解説をしていきたいと思います。

申込条件は緩い

カードは審査以前に申込条件をクリアしないと申込みすらできませんが、楽天カードの申込条件は「高校生を除く満18歳以上」です。

なので、高校生を除く満18歳以上であれば、大学生や専門学校生、パートやアルバイトはもちろんのこと、専業主婦(夫)や高齢者でも申込みできます(未成年は親権者の同意が必要)。

入会審査もさほど厳しくない

申込条件だけでなく、楽天カードは入会審査もさほど厳しくありません。事実、ツイッターを見ると、こんな人でも楽天カードを作れたという報告があります。



楽天カードが通りやすいのは結構有名な話かもしれないので、もしかしたら皆さんの中にも既にご存知だった方もいるかもしれませんね。

でも、一体何故楽天カードは審査が緩い(と言われている)のでしょう?これ、恐らくは楽天カードの戦略が次のようになっているからです。

【楽天カードの審査比重】
途上与信>入会審査

入会審査が入会の可否を決める審査なのに対し、途上与信というのは、カード契約中にカード会社が行なう審査のことです。信用情報(個人の借入額・支払状況等を記録した情報)の照会を行なうことで審査を行ないます。

そして楽天カードはこの途上与信を頻繁に行ないます。つまり恐らくですが、楽天カードは広い間口を設けて、利用者の利用状況を見て会員を選別するスタンスを取っているのです。

例が良くないかもしれませんが、アメリカの大学のように入るよりも卒業する方が難しいのと同じですね。

ちなみにカードの利用状況次第ではカードの強制解約もありますので、楽天カードを利用する場合は途上与信を意識してルールを守った利用をするようにしましょう。

審査のスピードは速い?遅い?

楽天カードの審査のスピードは速いです。ツイッターでは、以下のような口コミ情報があります。

また、実際にカードが手元に届くのも、申込から1週間程度なので、かなりスピーディーです。

楽天カードが向いていない人

ここまで楽天カードのメリットや機能を紹介してきましたが、楽天カードも完璧なカードではありません。(限りなく完璧には近いですが)

当然特定のサービスでは他のクレジットカードよりも劣っていたりもしますし、他のカードには有って楽天カードにはないサービスや機能もあります。

そして、そうした理由から楽天カードに向いていない人がいるのもまた事実です。そこで、ここでは楽天カードに向いていない人がどんな人なのかを解説していきましょう。

クレジットカードに高いステータス性を求める人

三井住友VISAカードのような銀行系カードや、JCB一般カードなどのプロパーカードと比較して、楽天カードのステータスはさほど高くありません

楽天カード所有者には「庶民的でお得感を気にする人」というイメージがあり、ステータスとは対極のカードです。なのでステータスを重視する人にはあまりおすすめできるカードではありません。

ただしステータスカードは大抵機能やサービス面で大した魅力が無いことが多いです。やはりステータスが無いカードの方がその分を何かで取り返そうとするので、サービスが充実しているイメージがあります。

ETCカードを年会費無料で使いたい人

楽天カードはETCカードを追加カードとして持つことができ、車のETC車載器にETCカードを挿入すれば、小銭も必要なくスムーズに料金所を通過できます。

またETCカードを利用することでクレジットカードのポイントが付いたり、ETCマイレージや深夜割引といった形でお得を享受することもできます。

しかし、楽天カードのETCカードは年会費540円(税込)がかかります。

ETCカードを無料で発行・利用できるカードも結構ある中での年会費有料なので、ETCカードの年会費をどうしても無料にしたい人には楽天カードはおすすめできません。

楽天関連のサービスをあまり使わない人

説明したように、SPUというプログラムは、楽天サービスを頻繁に使う人がよりお得をするものです。楽天カードもSPUの条件に組み込まれているため、楽天関連のサービスをあまり使わない人には極上の旨味はありません。

ただし、楽天カードは楽天関連サービス以外の利用でも還元率1%でポイントの使い道がかなり幅広いので、楽天関連のサービスを利用しなくても十分高スペックではあります。

でも、もし「俺(私)はYahoo!ショッピング派だ!」という人がいれば、その人はヤフーカードを検討した方が良いでしょう。

合わせて読みたい

ショッピング保険が欲しい人

当該カードで購入した商品が、盗難・紛失・破損などの被害に遭った際、カード会社が被害額を補償してくれるサービスを、「ショッピング保険」といいます。

しかし、楽天カードにはショッピング保険が付帯していません。なので、どうしてもショッピング保険が欲しい人には楽天カードはおすすめできません。

まとめ

楽天カードはポイント還元率が高く、さらにその使い道も幅広いので万人にオススメできるクレジットカードです。有名なせいか、何かと悪評を流す人がいますが、間違いなくお得さではトップクラスに入ってきます。

また楽天市場ではポイント還元率がアップするので、よく楽天市場を利用する人は間違いなく入手しておいた方が良いです。

ただし、ステータスは低く、ビジネスマンが後輩にお酒を奢る時とかに使うと少し恥ずかしい思いをするかもしれませんので、そういった意味ではこのカードは避けるべきでしょう。

もし、楽天カードとステータスを秤にかけて悩んでいるのであれば、ステータス用のカードは別に用意した方が良いです。ステータスとスペックは両立しない傾向があるので、使い分けた方が良いでしょう。

皆さんが楽天カードを入手し、生活をグッとお得にされることを望みます。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション