お金の参考書 クレジットカード

将来高ステータスカードが欲しい学生が作るべきクレジットカード

ステータス

世の中にはポイントカード、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードなどのカードがあふれていて、まさにカード時代と言ってもいいかもしれませんね。でも、クレジットカードだけは誰でも作れるというカードではありません。

日本では少し勘違いされていて、クレジットカードは「お金がないときに使うカード」というイメージを持っている人もいますが、安定した収入がなければクレジットカードは発行されません。

海外では特にクレジットカードが信用を表していると考えます。ステータスの高いクレジットカードほど入会が難しいのです。

日本のクレジットカード会社は学生を優遇しているので、比較的簡単にクレジットカードを作ることができます。最初に作るクレジットカード次第で、今後楽にステータスの高いカードを持つことだって可能なのです。

クレジットカードを作るのであれば今から将来を考えて、よりステータスの高いクレジットカードを選んでみませんか?

クレジットカードのステータスとは?

クレジットカードのステータスとは具体的に何のことを言っているのでしょうか?
世界で初めてクレジットカードを発行したと言われているダイナースクラブは、世界にもステータスの高いクレジットカードを発行しています。ステータスの高いクレジットカードは下記の条件で表すことができます。

❶発行しているクレジットカード会社の歴史が古い
❷誰でも作れるわけではない(審査基準が高い)
❸高い年会費を気にしないほど支払い能力がある(高収入)

こうした基準を満たしたクレジットカードをステータスの高いクレジットカードと言うことができます。では、具体的にはどんなクレジットカードがあるのでしょうか?

銀行系クレジットカードが日本ではステータスが高い

銀行系

日本では銀行系クレジットカード会社のステータスが高いと言われています。

JCBや三井住友カードは代表的な銀行系クレジットカード会社で、半世紀を超える歴史を持っています。
発行するクレジットカードの審査基準も高く、歴史も古いので、ステータスは高いと言えるでしょう。

三菱UFJニコスも銀行系ですが、母体となっているのは旧日本信販で信販系のクレジットカード会社(ショッピングクレジットを取り扱う信販会社)です。

銀行系のUFJカードとMCカードと合併してできたため銀行系となりましたが、ブランドの「MUFG」は比較的新しいブランドであまりステータスの高さは感じないでしょう。
ステータスの高さはこれから築き上げるブランドです。

最高峰のクレジットカードとは?

トップクラス

ステータスの高いクレジットカードは単純に入会が難しいクレジットカードと考えていいでしょう。

一般カードに比べると年会費も高く(年税別10000円など)、審査基準も高いのでステータスは高いと言えますが、あくまで一般カードとの比較です。
ゴールドカードよりもステータスの高いプラチナカードも存在します。

プラチナカードは基本的に入会申込すらできないクレジットカードです。

ゴールド会員として実績を積んで、クレジットカード会社から招待状を受け取るというのが一般的な入会方法です。
実績を積むというのはゴールドカードを利用して、支払いをきちんとするということを継続するということ。
そうして招待状を受け取ると晴れてプラチナカードを手にすることができるのです。

プラチナカードは日本のプロパーカード(提携企業がなくクレジットカード会社だけで発行しているクレジットカード)としてはJCBの「ザ・クラス」三井住友カードの「プラチナカード」しかありません。それ以外は国際ブランドと提携して発行する提携カードのプラチナカードです。ステータスの高い発行会社のオリジナルであるプロパーカードのほうがステータスは高くなります。

さて、それでは最もステータスが高いクレジットカードはどれかというと、アメリカン・エキスプレスの「センチュリオン」ダイナースクラブの「プレミアムカード」です。

これらは通称ブラックカードと呼ばれている究極の高ステータスカードで、会員の入会が制限されているともいわれているので、現在会員募集しているかどうかすら定かではありません。
ですが将来はこうした最高峰のクレジットカードを目指すのもありですよ!

ステータスカードを持つための条件

ステータスカード

ステータスカードをゴールドカード以上とすれば、残念ながら学生はすぐには作ることはできません。

本格的なゴールドカードは20歳以上の入会条件というケースもありますが、実際には収入がない学生には発行されることはありません。

ゴールドカードの入会基準は30歳以上、年収500万円が標準です。
当然、ゴールド会員であることが条件の一つとなるプラチナカードも作ることはできません。

ステータスの高いクレジットカードは人を選びます。クレジットカードを作るのに必要なのは支払能力ですが、高ステータスカードほど求められる年収は高くなるのです。
ステータスカードを目指すのであれば、一般カードからスタートして実績を積み重ねてゴールドカードまでたどり着きましょう。

もちろん支払い遅延は絶対にしないという気持ちでないとゴールドカードは手に入りません。

将来ステータスカードを持ちたい学生に知っておいて欲しいクレジットカード

ここでは将来ステータスカードを持ちたい学生さんにぜひ知っておいて欲しいカードを紹介します。

※ちなみにダイナースクラブやアメリカン・エキスプレスが発行するクレジットカードはステータスは高いですが、学生ではプロパーカードを取得できません。そのためこれらのクレジットカードを目指すのであれば、まずは社会人として高収入を目指しましょう。

学生限定で発行ができるカード【三井住友VISAデビュープラスカード(学生)】

おすすめポイント
  • 初年度年会費無料!翌年度も前年1回以上利用していれば無料!
  • 最短3営業日で発行!
  • 最高100万円のショッピング補償!
  • プライムゴールドカードへの自動ランクアップ!
  • ポイントは通常カードの2倍!

クレジットカードにはゴールドカードまで自動的にランクアップしていくものがあります。

例えば、三井住友VISAデビュープラスカード(学生)もその1つ。

三井住友VISAデビュープラスカード(学生)は学生のうちから申し込みができるクレジットカードですが、学生専用カードと違って卒業しても一般カードには切り替わりません。

そのまま三井住友VISAデビュープラスカードとして利用できます。

そして三井住友VISAデビュープラスカードは26歳以降の最初の更新で20代向けのゴールドカードであるプライムゴールドカードに自動ランクアップします。

またプライムゴールドカードは満30歳になった後、最初のカード更新時よりゴールドカードにランクアップします。(ただし、何れのランクアップ時にも審査はあります)

このようなカードもあるよ、という点で、ぜひ三井住友VISAデビュープラスカード(学生)の存在を覚えておくことをオススメします。

JCB CARD EXTAGE(カードエクステージ)

jcbエクステージカード

・年会費·············· カード更新まで無料

・入会基準············ 18歳~29歳までの大学生、大学院生、短大生、専門学校生、高専4、5年生。未成年は親の同意が必要。

・ポイント············ ポイント還元率は0.5%が標準。入会後3か月間はポイント3倍、それ以降は常にポイント1.5倍。

・付帯保険············ 海外旅行傷害保険最大2000万円の補償額。ショッピング保険100万円。

・カード更新········· 5年後の最初の更新で「JCB一般カード」に切り替わる。

プロパーカードであり、銀行系クレジットカード会社が発行している、という点でステータスの高いJCB一般カード(ORIGINAL SERIES)。

このカードは意外にも学生でも申し込むことのできるカードです。

しかし、年会費が1,250円(税別)かかるところが痛いところです。

学生にとっては1000円の出費だって辛いものがありますよね。

そこで知っておきたいのがJCB CARD EXTAGEです。

JCB CARD EXTAGEも三井住友VISAデビュープラスカード(学生)と同じ学生から申し込みができるエスカレーター方式のクレジットカードです。

JCB CARD EXTAGEは初回更新時(5年後)に自動的にJCB一般カード(ORIGINAL SERIES)へ切り替えとなります。

しかもJCB CARD EXTAGEの年会費は無料!

つまり、学生の間は年会費無料のJCB CARD EXTAGEを使って、卒業後はJCB一般カード(ORIGINAL SERIES)を使う、なんて持ち方ができるのがこのJCB CARD EXTAGEです。

ただ、三井住友カードと違うのは最初の更新で一般カードに切り替わり、それ以上自動で切り替わることがない点です。

ゴールドカードを手にしたいのであれば、一般カードを使って実績を積むことが必要です。

JCBゴールドカードの入会基準は20歳以上となっているので、三井住友カードより早くゴールドカードを手にすることが可能です。

そのため、最高峰のプラチナカード「ザ・クラス」に到達する可能性へもそれだけ早く近づけますね。

JCBと三井住友カードはどちらがおすすめか

日本のクレジットカード会社としてはJCBと三井住友カードがステータス面で双璧と言えるでしょう。日本ではJCBカード会員が圧倒的に多いですが、国際カードブランドしてはVISAのほうが海外ではメジャーです。海外での利用頻度が高い人には三井住友カードがおすすめです。

もちろんJCBカードも海外利用に不便はなく、国内ではトップクラスのステータスの高さがあります。国内で利用できる加盟店の数は三井住友VISAカードに引けを取りません。この二社のクレジットカードに関しては、どちらを選んでも損をするということはありません。
ゴールドカードを手にしてからも、どちらもプラチナカードという最高峰のプレミアムカードを目標にすることができますよ!


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション