お金の参考書 クレジットカード

ブランド力の高いクレジットカードを持ちたい学生におすすめのカード

2016.09.26

クレジットカードには国際ブランドと呼ばれるカードブランドがあります。

VISA、JCB、マスターカード、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブが代表的なクレジットカードの国際ブランドです。国際ブランドにはそれぞれ特長がありますが、ブランド力が高いクレジットカードを選ぶと将来にわたって長く利用することができます。

しかし学生という立場では作ることができないブランドもあります。ステータスの高いダイナースクラブの発行するクレジットカードは学生では申込することはできません。ブランド力のあるクレジットカードは使える加盟店舗数が多く、知名度も高いです。

今回はブランド力が高いクレジットカードについての解説と、学生でも持てるブランド力の高いカードについて紹介します。

クレジットカードの種類が持ち主の印象を決める?

クレジットカードのブランドにはそれぞれイメージがあり、クレジットカードによって持っている人のイメージ、印象などが違って見えることもあります。

例えばステータスの高いダイナースクラブカードを持っている人は、大企業の役員、医師や弁護士といった富裕層のイメージを持たれるでしょう。実際には普通のサラリーマンかもしれませんが、ダイナースクラブカードの審査が厳しいことを知っている人が見ればそうしたイメージになるのです。

カードブランドのイメージ

VISAやマスターカード、JCBといったカードブランドは世界的に見ても最も普及しているカードブランドなので、こうしたブランドのカードを持っている人は一般的で、特別な印象は持たれないでしょう。逆に、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブといったブランドは高級なブランドと知られているので、富裕層のイメージを与えます。

カードブランドに対してイメージを持つ人は自分でクレジットカードを使っている人であって、クレジットカードを使っていない人にとっては特にブランド別のイメージは持たれないかもしれませんね。

しかし、加盟店(カードで買い物をするお店)はクレジットカードの取り扱いをしているので、高級ブランドのカードで決済すれば得意客にしたいと考えて、少し愛想をよくするかもしれません。

また女性を食事に誘って高級なブランドの、しかもゴールドカードやプラチナカードで支払いをしたら、女性はさりげなく確認して一目置いてくれるでしょう。逆に会社の上司が部下におごったときに、普通のクレジットカードで決済しているのを見たら少しがっかりする人もいるかもしれません。

これらのイメージはそれほど大きなものではありませんが、社会人になってクレジットカードを友人、知人、同僚の前で使う機会が増えると、自分でもクレジットカードのブランドが気になってくるようになります。その時のために学生時代からどんなイメージのカードブランドが自分に合っているのか考えてみるのもいいかもしれないですね。

カードブランドでクレジットカードを選ぶ

クレジットカードを「ポイント還元率が高いカード」、「マイルが貯まりやすいカード」などの基準で選ぶように「ブランドイメージの良いカード」という基準で考えてみましょう。

例えばVISAブランドは海外では最も普及しているブランドなので庶民的なイメージがありますが、日本国内ではステータスが高いというイメージも加わっています。日本ではVISAと言えば三井住友カードのイメージがあるので、銀行系クレジットカードのステータスの高さがイメージに反映しているのです。

アメリカン・エキスプレス国内外で高級ブランドのイメージがあります。ダイナースクラブと違い提携カードも豊富にあるので、学生でも作ることができるアメリカン・エキスプレスブランドのクレジットカードもあります。

このように学生でも作れるカードの中にはステータスの高さを感じさせるブランドのクレジットカードもあるので、選択方法のひとつにしてみるのもいいでしょう。

学生でも作れるブランド力の高いクレジットカード

最後に学生でも作ることができるおすすめのクレジットカードをご紹介します。いずれのカードもブランド力が高くサービスも充実しています。

なお、どのクレジットカードも未成年が申し込む場合は親権者の承諾が必ず必要となります。また、クレジットカード入会の対象となる学生とは4年制大学生、短大生、専門学校生、大学院生、高専4,5年生です。

■セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカード

クレディセゾンとアメリカン・エキスプレスの提携カード。初年度は年会費無料、次年度は税別1000円ですが、年1回のカード決済で無料になるので、実質的に年会費無料カードになり得ます。

ポイントプログラムは有効期限がない「永久不滅ポイント」。ポイントの有効期限切れを気にすることなく長く利用できます。

またカードショッピングの海外利用はポイントが2倍になるのでお得です。ただし、年会費実質無料なので海外旅行傷害保険は付帯されていません。

カードデザインはアメリカン・エキスプレス特有の古代ローマの戦士をイメージしたもので高級感があふれています。

アメリカン・エキスプレスのサービスとしては国内外で優待サービスを受けられる「アメリカン・エキスプレス・セレクト」、インターネットの不正利用を補償する「オンライン・プロテクション」が提供されています。

■三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

初年度年会費無料、次年度は税別1250円の年会費ですが、年1回のカード利用で年会費無料。ポイントはいつでも2倍(還元率1%)、入会後3か月間はポイント5倍(還元率2.5%)とさらにお得です。ただし海外旅行保険はありません。

26歳以降のカード更新時にプライムゴールドカードまたはクラシックカードに切り替えられ、その更新時に500ポイントがプレゼントされます。

三井住友VISAカードは高級感のあるカードデザインに統一されていて、一般カードもゴールドカードもデザイン的にはほとんど同じです。

特に国内では銀行系クレジットカードとしてのステータスもあるので、学生が利用しても大人っぽいイメージになるでしょう。なお、20歳以上の場合、親権者の同意がなければカード利用限度額は最低の10万円となります(同意有は30万円)。

クレジットカードの選択方法としてのカードブランド

学生がクレジットカードを選ぶときはやはりサービスを重視して、ネットショッピングでポイントが貯まる特典や、海外旅行向けサービスを目的にクレジットカードを選んでしまいます。もちろんそれらも選択方法としては間違っていませんが、サービスに加えてさらにカードブランドも意識すると選択の幅が広がります。

ステータスやブランド力の高いカードはそれなりにサービスも充実していることが多いので、むしろカードブランド力で選ぶという方法もあります。クレジットカードは学生時代だけでなく社会人になってからも使い続けるものなので、自分が求めているイメージがあるブランドを選ぶのも一つの方法です。


関連記事

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション