お金の参考書 クレジットカード

学生もクレジットカードの限度額は引き上げられる?

引き上げ

クレジットカードは無制限に使えるわけではなく、限度額の範囲内でしか利用できません。

限度額は「極度額」「利用枠」とも呼ばれますが、どれも「クレジットカードで1ヶ月のうちに自由に使える額」のことです。

学生が発行するクレジットカードは、結論から言うと限度額はさほど多くありません。

今回はクレジットカードの限度額と引き上げ方法、学生におすすめのクレジットカードとその限度額をいくつか紹介します。

学生のクレジットカードは限度額が少ない

クレジットカードの限度額とは、お買い物に利用可能な「ショッピング枠」と、お金を借りることができる「キャッシング枠」の合計金額を差すのが一般的です。

他のカードと学生のクレジットカードを比較

クレジットカード会社によって、またはゴールドカードやプラチナカードなどステータスカードか一般カードかによっても、限度額は変わってきます。

一概には言えませんが、カード別の限度額の相場は、以下のようになっています。

一般カード 30~100万円
ゴールドカード 100万円~
学生カード 10~30万円

学生カードは他のカードに比べて限度額が少ないのが分かります。

また、学生カードにキャッシング枠が設定されることもほとんどありません。

クレジットカードの限度額を上げる2つの方法

限度額の少なさに悩む学生も少なくありません。

では、カードの限度額を上げるためにはどうすればいいのでしょうか?

カード会社が限度額を上げるのを待つ

カード会社は、コンスタントな利用実績のある人に対して、限度額を上げてもっと利用してもらおうと考えています。

限度額を上げる最も基本的な方法が、「カード会社が限度額を上げるのを待つ」ですが、ただ待っていても簡単には上がりません。

継続的に利用するだけではなく、毎月どれだけ利用したか、どんなお店で利用したかも重要です。

現在の限度額では足らない人は限度額を上げてもらいやすいので、毎月限度額近くまで利用してしっかり返済することが大切です。

さらに、支払いの遅延がないこと、そして入会してから最低半年は経過していることが条件です。

カード会社に限度額引き上げの申請をする

しかし、悠長に引き上げを待っていられない方もいるでしょう。

そんなときには、カードの限度額の引き上げをカード会社に申請することも可能です。

三井住友VISAクラシックカードや三井住友VISAデビュープラス、三井住友VISAプライムゴールドカードが人気の三井住友カード株式会社は、以下のような条件でカードの限度額引き上げ申請を受け付けています。

申込対象者 満20歳以上の本会員、インターネットで申し込み可能
学生の場合 書面で申し込み、25歳未満は親権者の署名が必要
未成年の社会人 電話で資料請求の上、書面で申し込み、親権者の署名が必要
審査 1~2週間程度、書面にて回答
引き上げ単位 10万円単位

特に、卒業旅行などで海外旅行に行く際には、盗難や紛失の被害を少なくするためにも、現金を少なくして極力カード払いすることが求められます。

現地で限度額が足りなくなってしまっては、意味がありません。

そこで、一時的にカードの限度額を上げることも、以下の条件で可能です。

申込対象者 満20歳以上の本会員、インターネットで申し込み可能
電話申し込みのみ

(これ以外は

ネットでも可)

未成年や学生の方

一時的に引き上げして、それが終了してまもなくの方

引上げ中に金額や期間変更を希望の方

審査 即時引き上げか、審査される場合もある
引き上げ単位 1万円単位
保護者の同意 未成年及び学生は必要
対象外となるもの 海外からの留学生、リボ払いや分割払い分の限度額

繰り上げ返済で限度額を復活させる

一時的に限度額を引き上げたい場合、繰り上げ返済をして限度額を復活させる方法もあります。

例えば、限度額が30万円のクレカがあったとして、20万円利用しているとしましょう。

限度額の残りは10万円ですが、生活費で15万円必要な時、5万円繰り上げ返済するのも手です。

そうすれば、5万円分の限度額が復活し、15万円利用できます。

ドコモユーザーの学生向けクレジットカード「dカード」

d-card

ここからは、学生におすすめのクレジットカードとその限度額などについて紹介していきましょう。

まずはドコモが発行するクレジットカード「dカード」です。

基本スペックは、以下のようになっています。

年会費 税別1250円(初年度無料、年1回利用で翌年以降も無料)
国際ブランド VISA、マスター
利用限度額 10~80万円
ポイント還元率 1%
付帯保険 ショッピング保険、カード紛失盗難保険
申込対象者 18歳以上

本人名義の口座を設定

Iモードまたはspモードが利用可能な携帯電話

付帯サービス特典が充実

「dカード」は、海外旅行保険こそ付帯していないものの、付帯サービスが充実しています。

ショッピング保険

カードで購入した品物が万が一盗難や破損などの被害に遭った場合、購入日から90日間はその被害額を年間最高100万円まで補償してくれます。

国内カード利用で購入した品物に関しては、リボ払いか3回以上の分割払いでなければなりませんが、海外利用で購入した品物に関しては、1回払いや2回払いでも補償されます。

dカードケータイ補償

dカード利用者の携帯端末が購入から1年以内に偶然の事故によって紛失や盗難、修理不能の被害に遭って、ドコモショップで新しい端末と交換する際、購入費用の一部を補償してくれます。

上限は1万円です。

魅力的なポイントプログラム

dカードは、100円利用ごとにdポイントが1ポイント貯まります。

クレジットカードの支払いによってつくカード利用ポイント以外に、以下の特約店では別にポイントが付くのです。

100円→さらに1P ENEOS、JAL、タワーレコード、紀伊国屋書店など
100円→さらに2P JTB、東急ホテルズ
100円→さらに3P サカイ引越センター、オリックスレンタカー

リアル店舗のみならず、ネットショッピングでもポイントUPモールを利用すれば、dポイントがさらに貯まります。

店舗 上乗せされるポイント率
Yahoo!ショッピング 0.5%
楽天市場 0.5%
Amazon 0.5%
Apple Store 0.5%
ベルメゾン 1%

さらに、マクドナルドやローソンを利用すると、3%オフになり、お得です。

学生でも安心して作れるクレジットカードのような「楽天銀行デビットカード」

rakuten-card

次に紹介するのは、楽天カードではなく楽天銀行が発行する「楽天銀行デビットカード」です。

デビットカードとは、銀行口座の残高の範囲で利用できるカードのこと。

使い勝手は、普通のクレジットカードと何ら変わりがありませんが、残高がなければショッピング利用できませんので、使い過ぎの心配がなく、サブカードとしても戦力になります。

「口座残高=限度額」ですので、考えようによっては限度額を思いのままにできるというメリットがりますね。

基本スペックは以下のようになっています。

年会費 年会費無料(JCB)、1029円(VISA)
国際ブランド VISA、JCB
申込対象者 16歳以上
ポイント還元 100円→1ポイント(JCB)、1000円→2ポイント(VISA)
チャージ モバイルSuica(還元率1%)
補償 盗難補償

楽天カードには新たに「楽天ポイントカード」機能が追加されましたが、楽天銀行デビットカードにはそれがありません。

審査がない

審査がさほど厳しくないと言われている楽天カードでさえ、審査はあります。

しかし、楽天銀行デビットカードは審査自体がありません。

さらに、16歳から申し込めますので、大学生はもちろん、収入のない高校生や専門学校生でもカード入会が可能です。

ができます。

JCBはデビットカードでは破格の還元率1%

デビットカードを発行するカード会社は増えてきていますが、ポイント付与に関してはさほど魅力的ではありません。

ポイントが0.3%分でも付けばまだいい方(楽天銀行VISAデビットカードは0.2%)で、中にはポイントがつかないデビットカードもあります。

そんな中、楽天銀行デビットカードJCBカードは、破格の楽天スーパーポイント還元率1%を実現しているのです。

限度額が少ない代わりに審査に通りやすいのが学生のクレジットカード

いかがでしょうか。

学生がクレジットカードを持とうとすると、どうしても限度額が少なくなります。

だからといって、無理に限度額の多いカードに申し込んでも、学生では審査に通るのも簡単ではありません。

限度額が少ないからこそ、収入の少ない学生でもクレジットカードを発行できるとも考えられます。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

未分類

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション