クレジットカードの審査落ちを防ぐクレヒスの作り方

  • ・「過去の支払い延滞や審査落ちは、いつまで心配すれば良いの?」
  • ・「審査が不安なので、自分のクレヒスの状態を知りたい」
  • ・「クレヒスの傷となる原因には何があるの?」

クレヒス(クレジットカードの申し込み状況や利用内容の履歴)について、上記のような悩みを抱えている人も、多いのではないでしょうか。

自己破産や債務整理といった金融事故だけでなく、小さな支払い延滞やポイ活のためのクレカの多重申し込みなども、クレヒスに傷をつける原因となります。

ただしクレヒスには悪いものだけでなく良いものもあり、良いクレヒスは審査通過のために最も重要な要素です。

この記事では、クレヒスの傷となる原因や回復期間、自分のクレヒスの確認方法に加え、良いクレヒスを作る方法を徹底解説していきます。

記事を読み終わる頃には、クレヒスについての理解が深まり、審査に通りやすいクレヒスが作れるようになりますので、ぜひ参考にしてください。

クレヒスに傷をつける5つの原因

クレヒスに傷(悪いクレヒス)があると、クレジットカード会社から信頼性を疑われ、審査落ちの可能性が高くなります。

クレヒスの傷が原因でいわゆるブラックリスト入りの状態となり、住宅ローンの審査に通らないというケースもあるのです。

ここでは、クレヒスに傷をつける5つの原因について説明していきます。

支払い延滞(クレジットカード利用代金・携帯端末の分割払い)

クレジットカードの利用代金の支払いや携帯端末の分割払いの延滞は、クレヒスに傷をつける原因となります。

1日でも支払い延滞を起こした記録は信用情報機関に記録され、2~3ヶ月の延滞は金融事故(ブラックリスト入り)扱いとなるからです。

クレヒスに影響を与える支払い延滞には、以下のようなものがあります。

  • ・クレジットカードの利用代金の支払い
  • ・携帯電話端末の分割払いの支払い
  • ・奨学金の支払い
  • (日本学生支援機構:JASSOの貸与型奨学金を借りている場合)
  • ・公共料金、家賃の支払い
  • (クレジットカード払いをしている場合)

2ヶ月以内の支払い延滞

1日の支払い延滞でも、その事実は信用情報機関に記録されてしまいますが、すぐに支払いを行えば金融事故扱いとなる事はありません。

ただし、2ヶ月以内の延滞であっても1年間に3回程度の延滞を繰り返すと、金融事故(ブラックリスト入り)扱いとなる場合があります。

何回の遅れまでなら許されるのかというのは、クレジットカードのグレードやカード会社によって異なります。

過去2年間の支払い状況は信用情報機関に記録されるため、延滞をしてから2年以上経過するまで、新規申し込みをしない方が無難です。

2~3ヶ月以上の支払い延滞

クレジットカードやローンの支払いを2ヶ月~3ヶ月以上延滞すると、金融事故(ブラックリスト入りの状態)として信用情報機関に記録されます。

支払い延滞を起こすと、返済完了日から5年間は信用情報機関に金融事故の記録が残り、クレジットカードの審査に不利となります。

多くのクレジットカード会社が加盟するCICの支払い延滞の定義は「61日以上または3ヶ月以上」、JICCでは「3ヶ月以上」です。

CICの定義する「61日以上または3ヶ月以上の延滞」とは、61日か3ヶ月のどちらかを超えた時点で、金融事故(ブラックリスト入り)扱いとなる事を意味します。

「延滞期間が61日を越えていても3ヶ月を越えていなければ問題ない」訳ではないため、注意が必要です。

【61日以上の支払い延滞が記録される機関】

信用情報機関記録期間(返済完了日から)
CIC5年
JICC1年
KSC5年

任意整理・自己破産

債務整理(自己破産など)は金融事故扱いとなり、クレヒスに大きな傷をつける他、クレジットカードが強制解約となる可能性もあります。

金融事故を起こした記録は、問題の解消後も最低5年間は信用情報機関で保有され、その間はクレジットカード会社からの信用を得る事が難しくなるからです。

債務整理の情報が保有される期間は、信用情報機関によって異なります。

【債務整理情報の登録機関】
※登録期間は、問題解消後からカウント

信用情報機関自己破産任意整理個人再生
CIC5年登録なし登録なし
JICC5年5年5年
KSC10年登録なし10年

クレカの多重申し込み・短期間での解約

  • ・「ポイントサイトの成果報酬目的のため、クレジットカードを複数枚発行してしまった」
  • ・「1年以内でほとんどのクレジットカードを解約してしまった」

ポイ活が話題となり、上記のような状況にある人もいるのではないでしょうか。

クレジットカードの保有枚数に制限はありませんが、短期間に複数枚を発行し、すぐに解約する事はクレヒスに傷をつける原因となります。

多重申し込み

短期間に複数(1ヶ月に2~3枚程度)のクレジットカードに申し込む「多重申し込み」は、クレヒスに傷をつける原因となります。

多重申し込みをすると、クレジットカード会社に自己破産などの「お金に困っている」状態を疑われてしまうからです。

クレジットカードの申し込みに関する記録は、6ヶ月間信用情報機関で保管され、その後は抹消されると言われています。

ただし、一度申し込みをしたクレジットカード会社には6ヶ月以降も審査落ちの情報が残り続けます。

多重申し込みをしてしまった人は、6ヶ月間を開けてから新たなクレジットカード会社のカードに申し込みをしましょう。

短期間でのクレジットカードの解約

短期間でのクレジットカードの解約も、クレヒスに傷をつけると言われています。

短期間での解約は、特典目的の入会と見なされ、クレジットカード会社にとってはメリットがないからです。

短期間でいくつものクレジットカードを解約した記録は、クレジットカード解約後も5年間、信用情報機関で保管されます。

多重申し込みをした場合の記録は6ヶ月で抹消されますが、短期解約時は5年間情報が残ってしまうのです。

特典を目当てに多くのクレジットカードに申し込み、すぐに解約してしまう事のないよう、注意しましょう。

審査落ちを繰り返している

どうしてもクレジットカードが作りたいからと、一度審査に落ちた後も、別のクレジットカードに申し込みをしていませんか。

クレジットカードの審査に落ちたという事実は、新たなクレジットカードの審査でもマイナスとなる場合があります。

他社であっても、クレジットカードの申し込みや審査落ちの記録は信用情報機関を通じて共有されているからです。

クレジットカードが欲しいために、ダメ元で審査通過が厳しそうなクレジットカードに申し込みをするのは避けましょう。

審査落ち後の回復期間や注意点については、【審査落ち後の回復には6ヶ月、金融事故は問題解消後も5~10年が必要】を参照してください。

キャッシング残債が多い・換金性の高い高額商品の購入

キャッシング残債が多い

キャッシングの残債が多いと、新たなクレジットカードの審査に通りにくくなります。

クレジットカードのキャッシング額やカードローン借入れ額の総額は、年収の1/3を超えてはいけないと法律(総量規制)で定められているからです。

総量規制についての詳細は、日本貸付業協会の公式サイト【お借入れは年収の3分の1まで】を参照してください。

キャッシング機能はなるべく利用せず、クレジットカードは1回払いで支払う事をオススメします。

換金性の高い高額商品の購入

大量のギフト券や高級時計など、換金性の高い高額商品の購入履歴は、クレジットカードの審査時にあまりよい印象を与えません。

換金性の高い商品の購入は「クレジットカードの現金化」(クレジットカードで購入したものを転売して現金化する事)を疑われる可能性があるからです。

実際にクレジットカードの現金化を行うと、クレジットカードの利用規約に抵触し、カードは利用停止となります。

とくにキャッシング利用を使い切っている場合は、高額商品の購入により、クレジットカード会社に不信感を持たせるため、注意が必要です。

審査落ち後の回復には6ヶ月、金融事故は問題解決後も5~10年間が必要

「審査落ちや金融事故によるクレヒスの傷は、いつまで審査に影響を与えるの?」と不安な人も多いかと思います。

クレジットカードの審査に落ちてしまった後は6ヶ月、金融事故は問題を解消後5~10年間は、次の申し込みを控えましょう。

クレジットカードの審査落ちの記録は6ヶ月間、金融事故を起こした記録は、問題を解消してから最低5~10年間クレヒスとして残ってしまうからです。

審査落ちや、金融事故の記録が信用情報機関に残っている間は、新たな審査に通過できる可能性が低くなります。

審査落ち

審査落ちの記録は6ヶ月間、信用情報機関で保管され、その後は抹消されると言われています。

各クレジットカード会社は信用情報機関を通じて、申込者の審査結果などの情報を共有しています。

そのため、審査落ち後6ヶ月以内に他のクレジットカードに申し込んでも、再び審査落ちをする可能性が高くなるのです。

なお6ヶ月を過ぎても、一度審査に落ちたクレジットカード会社には審査落ちの記録が残り続けます。

審査に落ちてしまった場合は、6ヶ月間を開けてから新たなクレジットカード会社のカードに申し込みをしましょう。

金融事故

金融事故(ブラックリスト入り)の記録は、問題を解消してから5~10年間は信用情報機関で保管され、その後は抹消されると言われています。

金融事故情報の抹消までにかかる正確な期間は、事故内容や金融機関によって異なります。

【金融事故情報が抹消されるまでにかかる期間】
※登録機関は問題の解消後からカウント

事故情報CICJICCKSC
61日以上の延滞5年1年5年
強制解約登録なし5年5年
自己破産5年5年10年
任意整理登録なし5年5年
個人再生登録なし5年10年

金融事故情報の抹消までにかかる期間は、事故発生後からではなく、事故問題の解消後からカウントされるため、注意が必要です。

  • (例)CICに加盟するクレジットカード会社で61日以上の支払い延滞をし、2年で完済した場合
  • 7年間は信用情報機関に金融事故の記録が残る事になります。

    (返済期間2年+信用情報機関での事故情報の保管期間5年)

自分のクレヒスの内容は信用情報機関に問い合わせができる

「過去の支払い延滞などから自分のクレヒスが不安なので、審査前に問題がないか確認したい」という人もいるのではないでしょうか。

信用情報機関に開示請求をすると、自分のクレヒスの内容が確認できます。

クレヒスを確認する事で、過去の支払い延滞や自己破産の記録が今も信用情報機関に残っているかがわかるのです。

信用情報機関には3種類あり、異なる金融機関が加盟している

信用情報機関には以下の3社があり、それぞれに異なる会員(金融機関など)が加盟しています。

各信用情報機関に加盟している主な会員は、以下の通りです。

【信用情報機関と主な会員】

信用情報機関主な会員
CICクレジットカード会社・携帯電話会社
信販会社・保険会社・消費者金融会社など
JICCクレジットカード会社・消費者金融会社
保証会社・信販会社・リース会社など
KSC銀行・銀行系クレジットカード会社・協同組合など

※楽天銀行やソニー銀行などのネットバンクは、JICC・KSCの両方に加盟

各信用情報機関に登録された支払い延滞や金融事故情報(ブラックリスト情報)は、上記3つの機関で共有されています。

各クレジットカード会社は、自分の加盟している信用情報機関を通して、他のクレジットカード会社が保有する情報の参照ができるのです。

支払い延滞や金融事故など、1つのクレジットカード会社で信用を失うと、別の会社でも信頼が得られず審査落ちをする可能性が高くなりますので、注意しましょう。

また、クレジットカード会社や消費者金融会社が加盟するCICとJICC間では、総借入額や借残高についても情報を共有しています。

信用情報機関で開示できる情報

最も多くのクレジットカード会社が加盟している信用情報機関(CIC)で開示できる主な情報は、以下です。

1.申し込み情報(保有期間は6ヶ月間)

クレジットカード申し込み時に登録。
申し込み者の支払い能力の調査のために照会される。

本人識別情報
 氏名、生年月日、電話番号など

申込内容に関する情報
 商品名、契約予定額、支払予定回数、
 照会会社など

2.クレジット情報(保有期間は契約期間中および契約終了後5年間)

クレジットカード契約締結後に登録。
クレジットカード会社と締結した契約内容や支払い状況を表す情報。

本人識別情報
 氏名、生年月日、電話番号、勤務先、
 勤務先電話番号など

契約内容に関する情報
 契約日、契約の種類
 (本人契約/保証人契約)、商品名、
 支払回数、契約額、限度額、
 契約終了予定日など

支払い情報に関する情報
 残債額、請求額、入金額、入金履歴、
 異動有無、異動発生日、延滞解消日など

割賦販売法対象商品の支払い状況に関する情報
 割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無など

貸金業法対象商品の支払い状況に関する情報
 確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無など

3.利用記録(保有期間は利用日より6ヶ月間)

クレジットカード利用途上で登録。
クレジットカード会社が顧客の支払い能力を照会した事実を表す情報。

本人識別情報
 氏名、生年月日、電話番号など

利用した事実に関する情報
 利用日、利用目的、利用会社名など

信用情報を開示し、身に覚えのない記録や事実と異なる登録がある場合は、信用情報機関を通して、クレジットカード会社(信用情報の登録元)に調査を依頼する事ができます。

調査の結果、事実と異なる登録があった場合は、クレジットカード会社が内容を修正します。

信用情報開示に必要なもの

信用情報開示を行うには、以下3点が必要です。

  • ・登録情報開示申込書
  • ・発行手数料(500円~1,000円)
  • ・本人確認書類(身分証明書)

本人確認書類は、以下のいずれか1点を用意しましょう。

  • ・運転免許証
  • ・運転経歴証明書
  • ・マイナンバーカード(個人番号カード)
  • ・パスポート
  • ・写真付き住民基本台帳カード
  • ・各種障がい者手帳
  • ・在留カード
  • ・特別永住者証明書

上記の用意が難しい場合は、以下から2点を用意してください。

  • ・各種健康保険証
  • ・各種年金手帳
  • ・住民票(本籍地・個人番号の記載がない、作成日より3ヶ月以内の原本)
  • ・戸籍謄本、もしくは戸籍抄本(作成日より3ヶ月以内の原本)
  • ・印鑑登録証明書(作成日より3ヶ月以内の原本)

信用情報開示請求の方法

各信用情報機関に登録されている信用情報は、以下の方法で開示請求ができます。

信用情報機関信用情報の開示請求方法
CIC・インターネット
 ※クレジットカード払いのみ
・郵送(手数料1,000円)
・窓口(手数料 500円)
JICC・インターネット
 ※「スマートフォン開示受付サービスアプリ」のダウンロードが必要
・郵送(手数料1,000円)
・窓口(手数料 500円)
KSC・郵送のみ(手数料1,000円)

個人信用情報開示報告書の見方

画像引用元:CIC公式サイト【信用情報開示報告書の見方】

信用情報の開示請求を行い、報告書を受け取った後は、どのように自分の情報を判断すればよいのでしょうか。

最も多くのクレジットカード会社が加盟するCICの個人信用情報開示報告書を参考に、クレヒスの確認方法を説明します。

個人信用情報開示報告書で特にチェックすべき項目は、以下の2つです。

「入金状況」

入金状況欄には、クレジットカード会社やローン会社への返済履歴(過去24ヶ月分)が記載されています。

入金状況欄に「$」の記載があれば、該当月の支払いが問題なく行われている証拠です。

良いクレヒスを積み上げられている証拠の一つとなるのが、入金状況欄に「$」が多く並んでいる状態なのです。

一方「A」や「P」が3つ以上並んでいる場合は、金融事故(いわゆるブラックリスト)として情報が記録されている可能性があります。

【入金状況に記入される記号の種類と意味】

記号記号の意味
$マーク請求通りに支払いが行われた
Aマーク入金が行われた
Pマーク請求額の一部だけ支払われた
Rマーク契約者の事情とは無関係の理由で入金がなかった
Bマーク契約者以外から支払われた
Cマーク入金されていないがその理由がわからない
-マーククレジットカードの利用がなかった
  (請求も入金もなかった)
空欄クレジットカードの利用がなかった
  (クレジットカードの会社などから情報の更新がなかった)

「お支払いの状況」(異動情報の有無)

「返済状況(異動発生日)」欄に「異動」と記載されている場合は、金融事故を起こし、いわゆるブラックリスト入りをしている状態です。

一度記載された異動情報は、事故問題を解消した後も最低5年間は信用情報機関で保管されます。

異動情報がいつまで信用情報機関に残るのか、正確な日付は「保有期限」に記載されています。

保有期限を過ぎると金融事故情報は抹消されますが、それまではクレジットカードやローンの審査に通らない可能性が高くなります。

金融事故の内容や、どのくらいの間情報が保管されるかについては【金融事故】を参照してください。

なお、「3.1終了状況」に以下のいずれかが記載されている場合も、金融事故としてブラックリスト入りしている状況となります。

  • ・貸し倒れ
  • ・本人以外弁済
  • ・法定免責

毎月の固定費をクレカ払いする事が良いクレヒス作りの近道

「良いクレヒスを作っておきたいけど、実際何をすれば良いの?」という人も多いのではないでしょうか。

良いクレヒスを作る1番の近道は、毎月発生する公共料金などの固定費をクレジットカード決済で支払う事です。

支払いの延滞をせず、毎月一定の金額をしっかり払い続ける事が、良いクレヒス作りに最も重要だからです。

毎月必ず支払いが発生する公共料金や固定費をクレジットカードで延滞なく支払い、利用回数を増やす事で、良いクレヒスを積み重ねる事ができます。

クレジットカード決済で支払いができる公共料金や固定費には、以下のようなものがあります。

  • ・電気・ガス・水道・新聞・NHK受信料
  • ・携帯料金・国民年金保険・固定資産税
  • ・インターネット通信料・自動車保険料

 
クレジットカードの引き落とし口座は、給与口座など常に十分な金額が入っている口座を指定しましょう。

給与口座のように毎月一定の金額が入金される口座であれば、万が一引き落とし日を忘れてしまっても、支払い延滞となる可能性が低いからです。

うっかり支払い期日を忘れてしまった、期日は認識していたが、クレジットカードの引き落とし専用口座にお金が入っていなかった、との理由で支払い延滞をしてしまう人は多くいます。

1日でも支払い延滞をした事実は、信用情報機関に記録されクレヒスに傷をつける原因となるため、注意が必要です。

良いクレヒスとは支払い延滞や金融事故の記録がない状態

良いクレヒスとは、支払い延滞や金融事故がなくクレジットカード審査に通りやすい個人の信用情報の事です。

良いクレヒスを作っておくと、以下のようなメリットがあります。

  • ・クレジットカードの審査に通りやすくなる
  • ・クレジットカードの利用限度額が引き上げられやすくなる
  • ・ゴールドカードやプラチナカードの審査に通りやすくなる
  • ・住宅ローンの審査に通りやすくなる

良いクレヒスはクレジットカード審査だけでなく、将来の住宅ローンなどの審査時にも有利に働くのです。

良いクレヒスを作る方法

公共料金などの固定費をクレジットカードで支払う以外にも、良いクレヒスを作る方法はあります。

支払いを延滞しない

1日も延滞せず支払いを行う事が、良いクレヒス作りに最も重要です。

クレジットカードの支払い情報は、最低でも5年間は信用情報機関に保存され、クレジットカードの審査時などに必ずチェックされる重要項目です。

支払い延滞を起さないために、スマホで支払い予定日をスケジュール登録したり、給与口座を引き落とし口座に指定しておく事をオススメします。

スーパーやコンビニの買い物でクレジットカードを利用する

日々の買い物をクレジットカード決済にする事で、クレジットカードの利用額は大幅に上がり、良いクレヒスを作る事ができます。

クレジットカード会社の収入源は、クレジットカード利用時に発生する手数料です。

1回の利用額が少額でも、定期的にクレジットカードを利用している会員は、その後の利用回数や利用金額の増加が期待できます。

定期的にクレジットカードを利用し、支払い延滞を起さない事で、クレジットカード会社から将来の優良顧客の可能性を見込まれ、審査にも通りやすくなるのです。

なお、少額をクレジットカードで支払う事には、抵抗のある人も多いかもしれません。

しかし、コンビニやスーパーでは一定金額以下の買い物はサイン不要で決済ができます。(サインレス決済)

スーパーでは3万円以内、コンビニでは1万円以内でサインレス決済が可能です。

現金の支払いに比べ決済スピードも早く、かつクレジットカードのポイントも貯まるので、日々の買い物でのクレジットカード利用をオススメします。

30代以上・クレヒスなしのスーパーホワイトは、審査不利の可能性も

これまでに一度もクレジットカードを持った事がない人は、自分のクレヒスに問題はないと感じているかもしれません。

しかし30代以上でクレヒスが全くないというのは、逆に金融機関から信用性を疑われてしまう場合があります。

クレヒスが全くない状態は、過去に自己破産などの金融事故を起こした人と区別がつかず、クレジットカード会社に過去の金融事故を疑われやすくなるからです。

金融事故を起した記録は、問題解消後5年~10年が経つと信用情報機関から抹消されると言われています。

これまで一度もクレジットカードを作った事がないためにクレヒスが全くない人と、金融事故の解消後5年~10年が経ってクレヒスの情報が抹消された人では、信用情報機関のデータ上、見分けがつきません。

社会に出てある程度の年数が経っている30代以降になると、クレヒスが全くない事で過去の金融事故を疑われ、クレジットカードの審査に通らない可能性があるのです。

クレヒスをゼロから作る方法

30代以上でクレヒスが全くないという人は、まず以下の方法でクレヒスを積み上げる事から始めましょう。

クレヒスが全くない人でも作れるクレジットカードを作る

クレジットカードを持っていない場合は、クレヒスのない人でも簡単に入会できるクレジットカードを作り、良いクレヒスを積み上げる事がオススメです。

ACマスターカードは、クレヒスが全くない人でも作りやすいクレジットカードです。

ACマスターカード

過去に金融事故や支払い延滞があった、30代以降に初めてクレジットカードを申し込むという人でも、ACマスターカードなら審査に通る可能性があります。

ACマスターカードは、他のクレジットカード会社とは異なる独自の基準で審査を行っているため、他社での審査落ちに関わらず、申し込み時に安定した年収があれば審査に通る余地があるのです。

審査が不安な人は、3秒診断を行いクレジットカードの申し込み前に発行可否を確認する事もできます。

審査時間は最短30分、最短即日発行も可能なため、すぐにクレジットカードが必要な人にもオススメです。

  • 独自の審査基準で、他社のカードに審査落ちした人でも発行の可能性あり
  • 審査時間は最短30分、最短即日発行が可能
  • 年会費は永年無料、維持費をかけずに良いクレヒスを積み上げられる

携帯電話端末の支払いを分割払いで支払う

携帯電話端末の分割払いを延滞なく支払う事も、良いクレヒスを作りに繋がります。

大手携帯電話会社も信用情報機関(CIC)に加盟しており、携帯電話端末の分割払いの記録は信用情報機関に保管されるからです。

携帯電話の本体代金を分割払いで支払う事は、ローンを組んでいるのと同じ状態です。

支払いを延滞せず、毎月しっかり支払いを行った事実は信用情報機関に記録され、良いクレヒスとなります。

最上天晴

株式会社GV・メデイアディレクター、クレジットカード・電子マネーの専門家。早稲田大学卒業後、日之出出版、扶桑社、主婦の友社で20年に渡り、雑誌・書籍の編集に携わる。2012年に主婦の友社を退社し、株式会社GVのメディアディレクターに就任。 2018年にまねーぶを立ち上げ、現在まねーぶの運営責任者と編集長を務めている。


関連記事

記事一覧

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの作り方