お金の参考書 クレジットカード

クレジットカード審査の流れと手順を知ろう!

2017.02.17

お金にまつわる申込みや契約には、審査が欠かせません。
誰でも審査は緊張するものですが、初めてクレジットカードに申し込む人は、流れや手順を経験していない分、余計に不安に感じるでしょう。

クレジットカードの基本的な手順は、「申込」「審査」「審査結果発表」「カード発送」で、ゴールドカードやプラチナカードであっても、基本的な流れは変わりありません。

それぞれの流れの中における注意点さえしっかりと押さえておけば、審査突破も難しくはありません。
一連の審査の中で、延滞をせずに正しくカードを使う利用者だと印象付けることが重要です。

今回は申し込みからカード発送までの流れを具体的に見ていくとともに、それぞれの手順で押さえるべきポイントを紹介しましょう。

申し込み前から申し込みまでの手順

自分のほしいカードを決める

まずは、入会申し込みしたいカードを決めましょう。
クレジットカードに求めること、審査に通りそうなカードなど、様々な条件を比較してカードを決めていきます。

ここでは、カード選びのコツやおすすめカードを、ケース別で紹介していきます。

学生は学生特権を生かそう

学生が他の申込者と異なるのは、収入が安定していない点、そして「学生」であるという点です。
収入が安定していない分、ステータスの高いカードはなかなか持てませんが、学生の特権を最大限に生かすカード選びもできます。

高校生はカードを持つことができず、大学生でも未成年は親権者の同意が必要です。

「楽天カード」(楽天PINKカードも含む)は、学生でも審査に通ったとの口コミが多数あります。
その他、「イオンカード」など流通系のカードは比較的審査が甘いので、おすすめです。

学生の特権を生かすなら、学生専用カードを申し込むのも手です。
学生専用カードは利用限度額が少なく、特にキャッシング枠は付いていない場合が多いです。

三井住友カードでは、「三井住友VISAクラシックカード」「三井住友VISAデビュープラスカード」に学生カードの設定があり、ステータスの高い会社のカードを持てるチャンスです。
学生専用カードには、一般カードにはない特典があるものが、以下のように数多くあります。

カード名 特典内容
学生専用ライフカード ・海外ショッピング利用キャッシュバック
・携帯料金でギフト券を抽選プレゼント
三井住友VISAデビュープラスカード
(学生)
・ポイント還元率1%(一般カードの2倍)
・ゴールドカードへの自動ランクアップも
三井住友VISAアミティエカード
(学生)
・自転車保険に無料で加入
・携帯電話料金ポイント2倍など

専業主婦は流通系カードがおススメ

専業主婦の場合、自分が申込条件に該当しているかどうかが鍵です。
申込条件の中に「本人に継続安定した収入がある」とあれば、申込できませんが、「配偶者に継続安定した収入がある」とあれば申し込み可能です。

働いている主婦はカード会社から電話がかかってくる場合もありますが、専業主婦は自宅や配偶者の勤務先に電話確認が来ることがありません。

専業主婦におすすめなのは、流通系のカードです。
以下におすすめカードとおすすめポイントをまとめましたので、ご覧ください。

カード名 おすすめポイント
イオンカードセレクト ・イオン銀行普通預金金利がアップ

・割引やポイントアップの機会が豊富

・多く使えばゴールドへの招待も

楽天PINKカード ・充実保険に割安で加入できる

・楽天ポイント加盟店でポイントアップ

・もちろん楽天でもポイントが貯まる

ウォルマートカード ・最短即日発行も可能
・西友ならいつも3%オフ

初めてカードを持つ人は、審査の通りやすさを重視

クレジットカード初心者の方は、審査の通りやすさを重視してカード選びをしましょう。

口コミサイトの記事を見て、審査の通りやすさや評判などをチェックしておきます。
その上でおすすめなクレジットカードは、以下のようになっています。

カード名 おすすめポイント
エポスカード ・割引や優待が豊富にある
・流通系カード
・海外旅行傷害保険が自動付帯
楽天カード ・発行しやすさはトップクラス
・頻繁に行なわれるキャンペーン
・どこでも1%の還元率
ライフカード ・誕生月は還元率2.5%
・信販系で発行しやすい

申込方法はいろいろある

ほしいカードが決まったら、いよいよ申し込みです。
申込方法は、カードによって複数用意されています。

現在の主流はオンライン申し込み

現在主流となっているのが、WEB申込みです。

カードの公式サイトにアクセスをして、申込フォームに必要事項を入力したら送信します。
ネットからの申し込みは24時間365日受け付けており、カード発行までの時間が短縮できるメリットがあります。

また、オンライン入会申込み限定のキャンペーンを行なっているカード会社もあります。

店頭申込はスピード発行も可能

スーパーマーケットなどの小売店で、「カード入会デスク」を見かけたことはありませんか?
特に流通系のクレジットカードでは、店頭で申し込みを受け付けていることが多いです。
本人確認書類は後日必要となるので、その場で書類を持っていなくても申し込めます。

その場で簡易的な審査を行ない、「仮カード」を発行してくれる場合もあります。
利用は限定されますが、お得なサービスをすぐに利用できますよ。

確実なカード申込手続きは郵送

郵送での申し込みが可能なクレジットカードもあります。
入会申込書が店頭のリーフレットにある場合、入会申込書請求の場合があります。

郵送での申し込みの際には、本人確認書類のコピーを同封します。
確実な申込をしたいなら、郵送での申し込みもおすすめです。

申し込みに必要なものは?

カードを申し込む際には、申込書以外に以下のようなものが必要となります。

本人確認書類のコピー

運転免許証(運転経歴証明書)、健康保険証、パスポート、個人番号カードなどが有効な本人確認資料とされています。

運転免許証は、記載事項に変更がある場合にはその旨を記載した裏面の提出も忘れないでください。
パスポートは、写真があるページと住所を記載するページを提出します。
個人番号カードを提出する際には、番号部分を隠すなどの加工を施してください。

支払い口座

クレジットカードは口座振替が基本ですので、支払い口座は必須です。

普通預金口座であれば、どの金融機関でも基本的には問題ありませんが、金融機関によってオンライン口座振替サービスができる場合もあり、迅速な発行につながります。
銀行口座を証明するため、キャッシュカードもしくは通帳を用意しておきましょう。

印鑑

印鑑は認印や実印ではなく、「銀行印」を用意しておきましょう。
支払口座開設の時に使った印鑑を「銀行印」と呼び、支払い口座登録の際に必要となります。

親権者の同意(未成年の場合)

未成年がカード申し込みをする際には、親権者の同意が必要となります。

働いて収入があっても、成人していなければ親権者の同意が必要ですが、逆に、学生であっても成人していれば親権者の同意は必要ありません。

いよいよ審査!自動審査を突破しよう!

申込完了後は、申し込み情報をもとに審査が始まります(申し込み確認の電話がある場合も)。

自動審査では、「3C」が重視されます。
3Cとは、「Character」(申し込み者の性格)、「Capital」(財産)、「Capacity」(返済能力)の頭文字をとったものであり、最も重要なのが「返済能力」です。

まず行われる自動審査の流れは、以下のようになっています。

申込書から社内ブラックかどうかを確認

申込内容をチェックするといっても、ここでは申込書の誤字脱字ではなく、「社内ブラック」のチェックを行ないます。
社内ブラックとは、カード発行会社が社内情報として持っているお客様情報のことで、滞納や債務整理などを自社のカードで行なった場合、社内ブラックに登録されます。

後述する信用情報機関の異動情報は、期間が経てば消滅しますが、社内ブラックの情報は半永久的に残ります。
カード会社では、専用の端末に申込書に記載された氏名や住所、生年月日などを入力していくと、該当する人物の情報が表示されるのですが、もし社内ブラックだと分かれば、その時点で審査落ちです。

「スコアリング」で申込者に点数をつける

専用端末では、社内ブラックの有無だけではなく「スコアリング」も行なえます。
スコアリングとは、申込者の個人情報から点数付けをしていくことで、基準点に達しているかで合否の判断を行なうものです。

スコアリングによる点数付けの方法や合格基準はカード会社によって異なりますが、大まかに以下のようになっています。

属性 点数が低い可能性 高得点の可能性
勤続年数 1年未満 長いほど良い
勤務先 零細企業 大企業・官公庁
収入 100万円以下だと厳しい 600万円以上あると高得点
職業 無職・アルバイト 公務員・医師・弁護士
電話番号 携帯のみ 固定+携帯
借入 返済能力以上の借金 住宅ローン・自動車ローンあり
年齢 20代 60代以上
住宅の状況 賃貸 持家
居住年数 1年未満 長いほど良い
家族構成 一人暮らし 親と同居
婚姻状態 未婚 既婚

信用機関で異動情報をチェックする

信用情報に記載されている情報は?

社内での自動審査が完了すると、今度は個人信用情報機関の情報をもとに異動情報のチェックなどが行われます。
ローンやクレジットカードを利用すると、その契約内容や利用状況、返済状況などの「信用情報」が記録として残りますが、信用情報を管理しているのが「信用情報機関」です。

信用情報には、以下のような情報が記載されています。

申込時 契約時 返済時
記録されている情報 ・個人情報

・申込日

・申込先

・商品の種類

・契約日

・契約商品の内容

・契約金額

・支払回数

・返済日

・残高

・返済予定日

・完済日

ネガティブな「異動情報」も記載されている

信用情報の中でも、ネガティブな情報のことを「異動情報」(金融事故情報とも)と呼び、延滞情報や債務整理、強制解約などが該当します。

ちなみに、異動情報に登録されることを俗に「ブラックリスト入りする」と言い、ブラックリスト入りしている間はもちろんクレジットカードの審査にほぼ通りません。

ただし、異動情報は社内ブラックとは異なり、ある程度の期間が経過すると消滅します。

異動情報の内容や信用情報機関(日本には3社ある)によって、以下のように期間が異なります。

延滞 強制解約 債務整理
延滞解消から1年~5年 発生日から最長5年間 発生日から5年~10年間

ここまでが「自動審査」ですが、インターネット申込者をスコアリング審査すると、10秒程度で審査が完了し、スピード発行を重視するカード会社、申込者と既に他の取引があるカード会社は、自動審査の結果をもって審査を終了して、カード発行をする場合もあります。

自動審査突破後は手動審査

自動審査を無事に突破しても、その後に手動審査が控えているカード会社も少なくありません。

担当者による手動審査

手書きの申込書は手動審査

インターネットの申し込みではなく、手書きの申込書を審査する際には、手動審査が行われます。
手書きならではの問題として、コンピュータでは判読できない文字、誤字脱字などがありますが、手動審査では文字の判読や誤字脱字とともに、文字が丁寧に書かれているかもチェックします。

3Cの「Character」(申込者の性格)を判断するためとも言われており、丁寧に書くほどプラス評価です。

手動審査で審査通過率アップの可能性も

インターネットで申し込める環境があるにもかかわらず、あえて申込書を取り寄せて手書きで出す人もいます。
自動審査では当落線上にいそうな人は、給与明細書や源泉徴収票を任意で提出する、どうしてもカードを発行したい思いを一筆したためることで、審査を優位に進められたという口コミもあります。

最後の関門は「在籍確認」

ここまで来たら、審査通過まであと一息、審査の最終関門は「在籍確認」です。
「在籍確認」とは、申込書に記載された勤務先に実際に働いているかを確認する目的で、カード会社の担当者が実際に職場に電話で確認をすることです。

消費者金融会社では必須の在籍確認ですが、これまでの審査で信用力十分と判断されれば、在籍確認を行なわない場合もあります。

こんなとき在籍確認はどうなる?

・申込者本人が不在の場合
勤務実態を確認できればいいので、会社の同僚が「○○はただいま外出中です」とでも言ってくれればOKです。

・派遣社員の場合
勤務先に派遣先を書くと、派遣先のスタッフが申込者の氏名を把握していないこともあるので、派遣元(派遣会社)を記載するようにしましょう。

・在籍確認の電話に誰も出られない場合
夜の仕事や事務所に誰もいないことが多い職場の場合、あらかじめ源泉徴収票や給与明細などを提出しておきましょう。

・在籍確認の電話時間を希望する場合
これはケースバイケースで、申し込みの際にその旨を伝えておき、指定時間に電話がかかってくればラッキーです。

審査の結果発表

審査通過の場合

審査に無事に通過した場合には、封書やメールで連絡があった上で、本人限受取定郵便でカードが郵送されてきます(アコムACマスターカードは無人契約機で発行手続き可能)。

カードが届いたら、まずはカード裏面のサイン欄に署名をしましょう。
サインしていない状態でカードの不正利用や盗難などがあっても、カード会社は補償してくれません。

続いて、カードの利用限度額と有効期限を確認しましょう
利用限度額にはショッピング枠とキャッシング枠が記載されています。
ギリギリ審査通過の場合、限度額は低めに設定されています。

カードが送られてきた封筒には会員規約が同封されていますので、保管しておきましょう。

審査落ちの場合

審査落ちした場合でも、審査結果の連絡は必ずあります。
郵送が多いですが、最近ではメールで審査結果を伝えるところもあります。

カード会社に問い合わせても、新措置の理由は教えてくれません。

アピールも忘れずに審査突破を目指そう

クレジットカードを持つには、申し込まなければなりませんが、それだけでは十分ではありません。

「自分は延滞せずにきちんと利用する人だ」とアピールすることも重要です。
そのためには、あらかじめ収入証明書類を送付して返済能力をアピール、カードを持ちたい思いをしたためてアピール、申込書を丁寧に書いて誠実さをアピールするなどが有効です。

アピールをしっかりとした上で、行なうべきことを確実に行なえば審査突破も夢ではありません。


関連記事

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション