専業主婦も発行可能!主婦のクレジットカード審査とおすすめカード

急な支出や予想もできない事件のとき、やりくりを助けてくれるのがクレジットカーのカード払いですよね。

その関門となるのがクレジットカード会社の審査ですが、自分自身の収入を持たない専業主婦、そしてパートの少ない収入しかない主婦でも審査に通ることは可能です。

しかも、夫に知られないまま手続き進めることだってできるんです。

今回は、主婦の方が審査を通過してクレジットカードを入手する方法を、解説いたします!

主婦も「収入があるかどうか」が審査の決め手

主婦に限らず、クレジットカード審査のポイントは「安定した収入があるか」どうかです。
そしてこの観点で考えると、いわゆる「主婦」は2種類のタイプに分かれることになります。

  • 専業主婦:自らは収入を得ずに配偶者の収入だけで生活している、純粋な専業主婦
  • 兼業主婦:配偶者の収入を補うなどのために、パートやアルバイトで自らも収入がある主婦

「安定した収入」が争点となるのですから、クレジットカード発行会社にとってみれば、この両者では審査基準が異なります。

当然、収入がない専業主婦よりも、多少であろうが収入がある兼業主婦の方が、審査通過は容易になります。

審査が優しいクレジットカード会社であれば、パートやアルバイトで収入があるというだけでカード発行してくれる可能性が高いです。

それではもっと細かく、兼業主婦と専業主婦のクレジットカード審査について、解説していきましょう。

兼業主婦のクレジットカード審査

審査通過自体は容易だが、利用限度額は高くない

前述のように兼業主婦がクレジットカード審査に通過するのは、さほど困難なことではありません。
ですが兼業主婦の「安定した収入」は、配偶者の補助的な金額であるとすれば、さほど多くありませんよね。

ですから、クレジットカード入手に成功したとしても、その利用限度額は収入の大きさに比例するので、一般的な収入の人よりも低く設定されてしまいます。

もしより高い利用限度額が欲しい場合は、働き方をパートやアルバイトから契約社員や派遣社員に変えるという手もあります。

クレジットカード発行会社は審査申込者の属性を判断するときに、パートやアルバイトよりも契約社員・派遣社員の方をよりポジティブにスコアリングすると言われているからです。

兼業主婦なのに審査に通らない、その理由は…?

中には、兼業主婦で過去にクレジットカード審査に申し込んだが落ちてしまった経験があるという人もいるかもしれません。

そういう場合は、個人信用情報(金融機関が共有している、個人の信用力についての情報)に問題があることが多いです。

過去にクレジットカード支払い延滞や債務整理や自己破産のような、お金の貸し借りを円滑に行えなかった経験があったのではないでしょうか。
その場合には、ご自身の信用力でクレジットカードを持つのはあきらめた方が良いでしょう。

どうしてもクレジットカードを持つ必要があるのであれば、ご主人名義のクレジットカード契約で、家族カードを申し込むことを検討してはいかがでしょうか。
ただしこの場合、契約者であるご主人にカードの使いみちは筒抜けですし、限度額や口座も共有のものになります。

専業主婦のクレジットカード審査

専業主婦の審査通過は、兼業主婦よりはハードルが高くなります。

配偶者の信用力で、専業主婦でもカードが持てる

とはいえ、専業主婦ではクレジットカードが持てないのかというと、そんなことはありません。

というのも、自身には「安定した収入」がないものの、配偶者に「安定した収入」があるのであれば、そこを審査の対象にしてもらえるからです。

ただし、ということは、専業主婦がクレジットカードに申し込むと、配偶者の収入などが審査対象になるということです。

それゆえ、ご主人の収入によって利用限度枠が左右されますし、過去に支払いを延滞することが多かったなどご主人のクレジットカードヒストリーが良くない場合は、審査に落ちてしまうことも考えられます。

夫にクレジットカード申込を知られたくない場合の注意点

配偶者の信用力でクレジットカード審査を受けるとなると、気になるのは申し込みの事実が夫に知られてしまうかどうかですよね。
中には事情があって、知られたくない人もいるでしょう。

まず、カード会社の中にはカード発行のために収入のある配偶者の同意を求めるところもあります。
こうなると、夫に知られないわけにはいきませんよね。

知られたくないのであれば、配偶者の同意を必要としないカードに申し込みましょう。

また、クレジットカードにキャッシング枠を付加すると、配偶者に必ず確認されます。
というのも、現金を借りるキャッシング機能だけをとってみると、消費者金融のカードローンと変わりないため、貸金業法という貸金業者のための法律が適用されるからです。夫に知られたくないのであれば、キャッシング枠は諦めましょう。

さらに、ショッピング枠が大きくなりすぎると、配偶者へ確認される可能性が高まるので注意しましょう。

あくまでもクレジットカードの支払は配偶者の収入からなされるわけですから、利用枠が大きくなると支払可能見込額の調査が行われ、配偶者へ連絡されてしまうのです。
申込時のショッピング利用額は、30万円以下にしておくのが無難でしょう。

なお、クレジットカード審査時には必ず電話で在籍確認が行われます。
会社員や公務員のように雇用主がある人は勤務先企業にこの電話がかかってくるのですが、専業主婦に勤務先はありません。
在籍確認電話は自宅にかかってきますので、夫に知られたくない場合には注意しておきましょう。

審査に通過する可能性を上げるためにすべきこと4つ

兼業主婦でも専業主婦でも、クレジットカード審査に申し込みをするのであれば、落ちてしまう可能性は少しでも小さくしたいですよね。

審査通過の可能性を高めることができる、ちょっとした心がけを紹介しましょう。

キャッシング枠は0にする

先ほども触れましたが、クレジットカードという1枚のカードでも、適用される法律は1つではありません。

ショッピングで使うクレジット機能には割賦販売法、そして現金を借りるキャッシング機能には貸金業法が適用されるのです。

そして、後者の貸金業法では総量規制とよばれる、「借入可能額の上限は年収の3分の1」といった規制が存在します。
このために、収入証明書類の提出が必要になったり、専業主婦の場合には配偶者の同意が必要となったりするのですね。

クレジットカード入手のみが目的であるのであれば、キャッシング枠は0にする、すなわちキャッシング機能は付けないにこしたことはありません。

申込書には固定電話の番号を記載する

カード発行会社は審査時に、申込者のステータスをスコアリングしています。
賃貸住宅よりは持ち家、非正規雇用者よりは正社員や公務員の方が高得点になる、というように、連絡先は携帯電話よりも固定電話の方が高得点になるのです。

住居や雇用形態はすぐには変えられませんが、固定電話を敷いているのに携帯電話の番号を記入してしまって低く評価されては損ですよね。

固定電話に加入しているのであれば、申込書にはその電話番号を記入しましょう。

申込時に嘘をつかない

審査時には、申し込んだ人の「信用力」が総合的に評価されます。
いくら高く評価されたいからといって、住所や職業、連絡先や収入を偽ってはいけません。

申込書の記載内容はカード会社が調査しますから、ウソがバレる可能性は常にあります。
真実を記載していれば審査通過する人でも、偽りを述べているというそれだけのことで、信用力を疑われ、一発アウトとなってしまう可能性もあるのです。
ですから、申込書への虚偽記載はやめましょう。

また、誤字脱字のないように、丁寧に記入することも大切です。

複数のクレジットカード審査に短期間に申し込まない

審査通過するかどうか自信がない、かといってできるだけ早くクレジットカードを手に入れたい…。
だからといって、複数のクレジットカード審査に申し込むのはNGです。
「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」とはいかないのです。

というのも、カード審査への申込みも個人信用情報機関(個人の信用情報を管理している機関)に登録され、国内すべての金融機関が照会することができるのです。
ようするに、あなたが同時に複数社に申し込んでいることは、カード会社には筒抜けなのです。
そしてそのことは、決してポジティブには評価されません。

審査への申し込みは必ず1社のみ、落ちてしまったとしても次のカード会社への審査申込みには十分な期間を空けて臨みましょう。

主婦の方も審査に通過しやすいおすすめクレジットカード

それでは最後に、主婦でも審査に通過しやすいおすすめのクレジットカードを3つご紹介しましょう。

おすすめする条件として、3つのカードとも次の2点を満たしていることを初めに断っておきます。

  • 主婦でも申し込める(高校生を除く18歳以上なら誰でも申し込める。配偶者に知られることはない)ことを公式にうたっていること
  • オプションを付けない限り入会金無料・年会費無料であること

そしてそのうえでさらに、魅力的な特典が付帯しているのが、次の3つのカードなのです!

自動キャッシュバックでポイントが無駄なく使える【VIASOカード】

VIASOカード

ショッピングでの利用でポイントがたまるというのはどのクレジットカードでも見られることですが、三菱UFJニコスのVIASOカードの特長は、1000ポイント(=1000円)たまると自動的にキャッシュバックされることです。

ポイントをためたのに使えず、有効期限が過ぎてしまった…なんてことはなくなりますね。

さらにオンラインショッピングを利用するときには、特設の「VIASO eショップ」を経由することで、お得にポイントがたまります。

例えば楽天市場でのお買い物の場合、カード利用の0.5%分プラスeショップ経由の1.0%分の計1.5%のVIASOポイント、さらに楽天ポイントが1.0%もらえるわけですから、合計ポイント還元率は2.5%になるわけです!

女性にうれしい特典がぎゅっと詰まった楽天ピンクカード

楽天ピンクカード

楽天市場でのお買い物に、貯めた楽天スーパーポイントを使えるという楽天カードの機能はそのままで、有料ではあるものの女性にうれしい以下のサービスを得ることができるのが魅力です。

  • 楽天グループの優待(月額324円):楽天トラベルの国内宿泊予約で1000円OFF、楽天SHOWTIMEで全品20%OFFなどの割引やポイントサービスが受けられます。
  • ライフスタイル応援(月額324円):フィットネスのCurves入会金が66%OFF、TOHOシネマズのチケットが300円OFFなど、多彩なサービスの割引や優待が得られます。
  • 女性のための保険:女性特定疾病補償(月額30円~)、ケガの補償(月額240円)、携行品損害補償(月額280円)、個人賠償責任事故補償(月額200円)。以上4種の保険にお手軽に加入できます。

最短即日カード発行!エポスカード

エポスカード

マルイ店舗で受け取るなら、最短で即日のカード受け取りができるのが最も特筆すべき長所でしょう。

他にも、飲食店や遊園地、カラオケや美容院、レンタカーやツアーなどの割引が無料で得られる特典があります。

主婦でもクレカ保有の可能性は十分にある!

自身の収入がある兼業主婦と収入のない専業主婦では多少の違いはありますが、どちらの場合もクレジットカードの審査を通過してカードを保有することは決して難しいことではありません。もちろん夫に知られずに、です!

ただしキャッシング枠やショッピング枠など、この記事で述べたようないくつかのポイントについては注意しましょう。