学生のためのクレジットカード作り方マニュアル

学生のうちにクレジットカードを作ることに反対する人もいるかもしれません。でも、社会人になって初めてクレジットカードを使うよりは、学生の時から使い慣れたほうが、早いうちに金銭感覚が身についたり、学生限定のお得なカードを手に入れられたりと、有利になることが多いのです。

日本ではまだクレジットカードを借金と考える人もいますが、欧米ではクレジットカードは信用を示すものです。

実際、信用がない人には日本でもクレジットカードは発行されません。また、学生カードには一般カードにはないメリットもたくさんあります。

一生の中で学生時代にしか利用することができない学生カードを活用してみましょう!

ここでは学生カードの作り方から、おすすめのクレジットカードまで学生カードのすべてをご紹介します。

学生のうちは審査に通りやすい

学生カードの対象者は高校生を除く18歳以上で、4年制大学生、短大生、専門学校生、工業高専4,5年生、大学院生となっています。研究生や聴講生、語学学校生といった国に認可されていない学校の生徒は対象外です。

(これは学生として申し込みができないということで、18歳以上でアルバイトをしていれば申し込み可能なクレジットカードもあります。)

学生カードにも審査がありますが、社会人の審査に比べると格段に通りやすくなっています。

学生が審査を通りやすいのはなぜ?

クレジットカード会社がカード会員として欲しいのは、ショッピングの利用率が高い層です。具体的には若年層、女性層、富裕層といった客層ですが、学生もその中に含まれています。クレジットカード会社にはなるべく若いときにカード利用してもらい、長くカード会員になってもらいたいという思いがあります。

そのため、収入がない学生でも親の援助を前提として、クレジットカードを発行しています。

クレジットカードの基本機能はどのカードでも変わりはありませんし、一度カードのメリットを知ってしまえば、ほとんど解約することはありません。こうした理由からクレジットカード会社は学生のカード会員を歓迎しているのです。

学生申し込みには、基本的に親の同意が必要

法律上、クレジットカードの申し込みは契約行為となります。そのため未成年の申し込みには必ず親の同意が必要です。

もし親の同意なしで未成年がクレジットカードを利用すれば、親はそれを取り消すことができます。取り消した時点でカードの支払いがあっても学生や親には請求することができなくなるのです。

しかし、20歳以上であれば法律上は親の承諾は不要ですが、20歳以上でも親の承諾がなければ申込できないクレジットカードと、親の承諾が不要なクレジットカードがあるので、申込前によく確認しましょう。(三井住友カードや楽天カードなどは親の承諾は不要です)

ただし、20歳以上でも親に内緒でクレジットカードを作ることはおすすめできません。

親の承諾がない場合はカード利用枠が制限されるクレジットカードもあります。

特に親の仕送りだけで生活している学生は、親にきちんと話をしてからクレジットカードを申込しましょう。

アルバイト先も記載した方がベター

学生であれば特にアルバイトをしていなくても審査は通る可能性は高いですが、カード利用枠はアルバイトをしているほうが高くなる可能性があります。そのためアルバイト先の内容を記載しておくことは、審査にはプラスになるでしょう。

クレジットカードの審査では実際に勤務しているかどうかを確認する「在籍確認」があります。アルバイト先に電話がかかるので事前にアルバイト先の上司などに伝えておくと審査がスムーズになります。

学生が審査に落ちるケース

学生に限らず過去にクレジット利用があり支払いを遅延していれば、クレジットカードの審査では却下されます。しかし、学生申し込みの場合は、初めての申し込みがほとんどなのでこうしたケースはまれでしょう。しかし、未成年の場合は親の支払い状況が影響する可能性はあります。

未成年の申し込みでは親の承諾が必要ですが、これは未成年の行動はすべて親が責任を負うことになるからです。つまり実質的に親がクレジットカードを申込するのと同じなので、親の支払い状況が悪ければ却下されることがあるのです。

この場合は、20歳になるまでカード申込は待ったほうがいいでしょう。

学生カードは高スペック!

学生が申込できるクレジットカードには、一般カードと学生専用カードがあります。どちらに申込してもクレジットカードのショッピング機能は同じですが、サービス面では大きな違いがあります。

学生が申込できる一般カード

同じ一般カードでも学生が申込できないクレジットカードもあります。クレジットカード会社のホームページで申込条件を確認すれば、学生は対象外といった記載があるので、学生が申込できるかどうかがわかります。

一方、カード利用枠が「5万円~」または「10万円~」となっている場合は学生が対象となるので覚えておきましょう。

学生専用カードをおすすめする理由

なぜ一般カードでも学生が申込できるのに、クレジットカード会社はわざわざ学生専用カードを発行しているのでしょうか。それは一般カードよりも学生カードにメリットを与えることで、解約されずに長く使ってもらおうという意図があるからです。

学生カードは社会人になると一般カードに切り替わるので、社会人になって収入が増えてからも自社カードを利用してもらいたいということなのです。

そのため学生カードでは、一般カードが年会費有料でも在学中は年会費無料で利用できます。また、海外留学や旅行の機会も多いため、海外旅行傷害保険といったサービスも充実していて、中には海外利用の5%をキャッシュバックする学生カードもあります。こうしたメリットは在学中に限られるので、一般カードよりは学生専用カードへの入会をおすすめします。

カード作成の流れ

それでは具体的にどのようにクレジットカードを申込したらいいのかを解説していきます。

インターネット申込

紙のクレジットカード申込書に記載して郵送するという方法もありますが、郵送時間の節約や手間を考えるとインターネットで申込する方法がおすすめです。ただし、インターネット申込の場合20歳以上に限られるので注意しましょう。

作りたいカードの公式ホームページには必ずインターネット申込ができるページがあります。そこでカード会員規約や個人情報の取り扱いについて承諾をしてから、申込フォーマットに進み必要事項を入力して申し込みをします。

クレジットカードは銀行からの自動引き落としが原則なので、口座振替依頼書に記載、捺印して郵送する必要がありますが、最近ではインターネット上で手続きが完了できる場合があります。金融機関が限られますが、銀行にこだわりがなければ対象の銀行口座を作っておくといいでしょう。

必要書類としては学生証のコピー、未成年の場合は親の同意を示すサインがあります。どちらも申し込み後にクレジットカード会社から送られてくる用紙に親のサインやコピーを添付して返送します。

クレジットカード申込から手元に届くまで

通常、クレジットカード申込からカードが実際に届くまで1週間は余裕を見ておく必要があります。クレジットカードは簡易書留で発行されるので、地域によっては2~3日かかることもあります。インターネット申込では申込書送付にかかる時間が省略できるので、紙の申込書より手元に届く時間が短くなるのがメリットです。

クレジットカードによっては営業店やクレジットカウンターで直接クレジットカードを受け取ることができますが、全国どこにでも受け取れる場所があるわけではないので、余裕を持って申込をしましょう。

学生カード以外の選択肢

学生カード以外にもクレジットカードを利用する方法があります。また、キャッシュレスで買い物ができるカードはクレジットカード以外にもあります。それらの方法と学生カードの違いを解説します。

家族カードを選択するメリット・デメリット

学生カード以外では親のクレジットカードの家族カードを作るという方法があります。家族カードを利用した請求は親のクレジットカードに対して行われます。つまり家族カード会員は全く支払いをする必要はないのです。その代わり家族カードで何を購入したのかは親に筒抜けになってしまいます。

カードの利用歴を親に知られたくないのであれば、自分でクレジットカードを作って利用しましょう。そのほうが社会人になる前に支払い観念が身につくのでおすすめです。

デビットカードを選択するメリット・デメリット

クレジットカードと同じようにキャッシュレスで買い物できるのがデビットカードです。デビットカードは銀行のキャッシュカードですが、加盟店で買い物もできるしくみがあります。利用代金は口座残高の範囲内で買い物と同時に引き落としされるので、使いすぎる心配はありません。VISA付きのデビットカードもあるので、クレジットカードと同じように世界中のVISA加盟店で利用できます。

しかし、デビットカードにはクレジットカードのようなポイントサービスや海外旅行傷害保険といった付帯保険はありません。ショッピング以外のサービスも利用しようと思っている場合はクレジットカードのほうが便利です。

学生がクレジットカードを作るときの注意点

学生がクレジットカードを作るときは、未成年の場合は必ず親の承諾を得てサインをもらいましょう。これを忘れるとクレジットカードが発行されません。20歳以上はサイン不要ですが、親にはクレジットカードを作ることは話しておくほうがいいでしょう。クレジットカードを利用して買い物をすることは、内緒にするようなことではありません。むしろ社会人になる前に社会勉強ができると考えましょう。

また、クレジットカードを申し込む前に学生の申し込みが可能かどうかをよく確かめておきましょう。申し込み資格がないのにカード申込すると、審査以前に却下されてしまいます。クレジットカード審査では直近の申込件数もチェックしています。短期間に何度も申し込むと、クレジットカード会社は、申込に計画性がなく支払い観念も低いと判断して却下することもあります。確実に申し込み資格があり、サービス面でもお得な学生専用カードを作るのが賢明です。

学生におすすめのクレジットカード

それでは学生のおすすめのクレジットカードをご紹介しましょう。どのクレジットカードもお得なサービスがあるので自分に合ったカードを選びましょう。

学生専用ライフカード

life-jcb

ライフの一般カードは年会費無料にすると海外旅行傷害保険が付帯されません。しかし学生専用ライフカードは年会費無料の上に海外旅行傷害保険も付帯されます。カードブランドもJCB、VISA、マスターカードの中から選ぶことができます。学生専用ライフカードで最もお得なサービスは海外利用の5%がキャッシュバックされるサービスです。

このサービスは実際に海外旅行先での買い物に限られ、ネットショッピングは対象とならないので注意しましょう。また、携帯電話やスマートフォンをカード決済にすると毎月抽選でAmazonギフト券500円が当たります。海外旅行の予定がある学生におすすめのクレジットカードです。

三井住友VISAデビュープラスカード(学生)

debutplus

三井住友VISAカードには一般向けのクラシックカードもありますが、おすすめは三井住友VISAデビュープラスカード(学生)です。年会費初年度無料、年に1回でも利用すると次年度も年会費無料となります。ポイントはいつでも2倍(還元率1%)で、入会後3か月間はさらにポイント5倍(還元率2.5%)になります。海外旅行傷害保険の付帯はありませんが、ポイントを貯めてお得になるクレジットカードです。

VISAブランドでは国内はもちろん海外でも加盟店が多いブランドで、幅広い利用ができます。注意点は20歳以上で親の同意がない場合はカード利用枠が10万円になることです。親の承諾を取っていれば30万円という利用枠になるので、使い道の幅も広がります。

楽天カード

rakuten-silver

楽天カードは一般カードですが、カード利用枠は5万円から設定されているので、もちろん学生でも申し込みが可能です。ブランドもJCB、VISA、マスターカードから選べます。海外旅行傷害保険の付帯もあります。

楽天カードの特長は楽天スーパーポイントを貯めやすいという点です。どこの加盟店でも還元率1%ですが、楽天市場の利用ではショッピングポイント1%が付くので常に2%の還元率となります。また、スーパーポイントアッププログラム(エントリー不要)でポイントは最低でも4倍、最大7倍になります。ポイントは1ポイント1円で楽天市場での買い物に利用できます。楽天市場を利用する学生には必須のクレジットカードです。

学生カードは学生時代でなければ利用できないお得なクレジットカード

学生カードは学生に優しいクレジットカードです。在学中は年会費無料で利用ができ、一般カードにはないサービスが満載です。クレジットカード会社は学生を優遇しているので、審査も不安なく申し込みができます。学生時代でなければ利用することができない学生カードは今申込するしかありません。

クレジットカードを利用してきちんと支払いをすることで、社会人としての常識や支払い観念も自然に身に付きます。まだ、クレジットカードを利用していない学生はこの機会に学生カードを作ってみましょう。