楽天カードの審査は甘い?審査基準や審査落ちの原因を解説

「楽天カードに申込みたいけど審査が不安…」

楽天カードにこれから申し込もうと思っている人のなかにはこのような不安を抱えている人も多いでしょう。

今回は楽天カードの審査基準や審査通過のコツ、審査に落ちてしまう原因などを解説していきます。

楽天カードをより確実に入手するための参考にしてください。

楽天カード

  • 年会費無料
  • 100円利用につき楽天スーパーポイントが1ポイント(1円相当)貯まる
  • 楽天市場でポイント3倍
  • マクドナルドやツルハドラッグなどの楽天ポイント加盟店でポイント最大3倍
  • 楽天スーパーポイントは楽天市場やマクドナルドなどの楽天ポイント加盟店でお買い物に使える

楽天カードの審査が甘い3つの理由

楽天カードはクレジットカードのなかでは審査が甘い部類に入ります。

ここでは楽天カードの審査がなぜ甘いのかを解説していきます。

楽天カードはネット系カードなので年収の基準が甘い

楽天カードは審査時の年収基準が低いネット系カード(ネット企業発行のクレカのこと)なので、低年収の人でも審査通過率が高く、年収100万円もあれば十分審査通過が可能です

ネット系カードは自社ECサイト利用でのポイント還元率を優遇することで、販売を促進し、売上を増加させるために発行されるため、楽天カードは楽天市場で買い物をする人なら発行対象となるのです。

実際、年収10万円で審査通過した口コミがあるほどです。

小売業や流通業を行わない、銀行系の会社(三井住友カードなど)や信販会社(ジャックスなど)の発行するクレジットカードは、カードからの収益(分割払い手数料*1など)のみが目的となるため、審査基準はネット系カードよりも高くなります。

*1商品の代金を数か月かけて支払う分割払い利用時にかかる手数料

楽天カード

  • 年会費無料
  • 100円利用につき楽天スーパーポイントが1ポイント(1円相当)貯まる
  • 楽天市場でポイント3倍
  • マクドナルドやツルハドラッグなどの楽天ポイント加盟店でポイント最大3倍
  • 楽天スーパーポイントは楽天市場やマクドナルドなどの楽天ポイント加盟店でお買い物に使える

楽天カードは利用限度額の最低ラインを低くして入会の間口を広くしている

通常のクレジットカードの利用限度額は最低10万円~ですが、楽天カードは5万円~で発行できるので、審査基準が低いです

というのも、利用限度額の最低ラインが10万円よりも5万円の方が、よりカード会社の損失リスクが小さくなるからです。

利用限度額10万円なら利用者が10万円の買い物をして返済しない、ということがあり得ますが、楽天カードなら5万円で済みます。

そのため、楽天カードのように利用限度額を低くして発行できるカードは、申込者に対してカードを発行するハードルが低くなるのです。

楽天カード

  • 年会費無料
  • 100円利用につき楽天スーパーポイントが1ポイント(1円相当)貯まる
  • 楽天市場でポイント3倍
  • マクドナルドやツルハドラッグなどの楽天ポイント加盟店でポイント最大3倍
  • 楽天スーパーポイントは楽天市場やマクドナルドなどの楽天ポイント加盟店でお買い物に使える

楽天カードは入会キャンペーンを積極的に行っている

現在、楽天カード(株)は積極的に楽天カードの入会キャンペーンを行っているため、審査基準を甘めに設定している可能性が高いです

新規入会者へのポイントプレゼントなどの、カード会社の負担を伴う入会キャンペーンを積極的に行っているということは、それだけ顧客獲得を重視している証拠だからです。

現在、楽天カードでは入会キャンペーンで、楽天スーパーポイント5,000ポイントを新規入会者へプレゼントしています。

楽天カード

  • 年会費無料
  • 100円利用につき楽天スーパーポイントが1ポイント(1円相当)貯まる
  • 楽天市場でポイント3倍
  • マクドナルドやツルハドラッグなどの楽天ポイント加盟店でポイント最大3倍
  • 楽天スーパーポイントは楽天市場やマクドナルドなどの楽天ポイント加盟店でお買い物に使える

楽天カードの審査時間は最短で数分-筆者は12分で完了-

楽天カードの審査はコンピュータによる自動審査のため、最短では数分で完了します

というのも、楽天カードはネットからカード申込みを受け付けると、自動的にコンピュータが年収などを一定の基準で審査し、合格ラインに達していれば、すぐに発行手続きの完了メールを申込者に返すからです。

実際、筆者が楽天カードに申し込んでから発行手続き完了メールを受け取るまでの時間は12分でした。

楽天カード

  • 年会費無料
  • 100円利用につき楽天スーパーポイントが1ポイント(1円相当)貯まる
  • 楽天市場でポイント3倍
  • マクドナルドやツルハドラッグなどの楽天ポイント加盟店でポイント最大3倍
  • 楽天スーパーポイントは楽天市場やマクドナルドなどの楽天ポイント加盟店でお買い物に使える

審査時間が長いほど審査に落ちる可能性が高い

楽天カードはコンピュータによる審査で一定の基準に達している人には即座にカードを発行するため、逆に審査結果がすぐに来なければ審査落ちの可能性が高いといえます

自動審査で判断ができないということは、合否ラインのギリギリのところにいるためなので、結果としてすぐに審査通過しない場合は当落どちらにも転ぶ可能性があるからです。

審査状況が気になる人は確認を楽天カードの審査状況は、申込み完了時に送付される「お申し込み受付のお知らせ」メールに記載のリンクから確認できるので、気になる人はメールをチェックしてみましょう

楽天カードの審査は土日も行われている

楽天カードの審査はコンピュータによる自動審査のため土日も行われており、審査結果も土日に来る可能性があります

楽天カードは人件費を抑えるために申込み受付からカード審査の結果メールの送信までをコンピュータに行わせているため、社員がいない土日であっても平日と同じように審査結果が届くのです。

以下は2019年6月22日(土)に楽天カードを申し込んだ時の楽天カードからのメールです。

このように楽天カードの審査結果メールは土日でも来ることがあります。

審査前後で楽天カードからの電話はなし-審査結果もメールで届く

楽天カードの審査方法は、コンピュータによる自動審査など、人件費を抑えたものなので、在籍確認や審査結果の連絡で電話がくることは基本ありません

というのも、楽天カードの審査結果はコンピュータによるメールの自動配信ですし、勤務先確認のための在籍確認も、(株)CICなどの個人信用情報機関の登録データ※の確認で済ませているからです。

※個人信用情報機関は個人の信用取引(クレジットやローンなど)に関する情報(申込み情報/利用履歴など)を企業から収集し、提供している

ただし、クレジットカードや携帯電話本体の分割払い、カードローンなどの信用取引経験がない人は、個人信用情報機関に勤務先(申込み情報)が登録されていないので、職場への電話による在籍確認が行われる可能性があります。

楽天カードの審査に落ちる4つの原因

楽天カードの審査に落ちる原因は大きく分けて4つあります。

ここではそれらの原因を個別に解説していきますので、以下のチェックリストから自分に当てはまりそうなものを確認してみてください。

ローンやクレジットの利用履歴のないスーパーホワイトである

カード会社にとって、ローンやクレジットの利用履歴がないスーパーホワイトの人は、返済を誠実にしてくれる人かが未知数なため、審査に通しづらい対象となります

カード会社は(株)CICなどの個人信用情報機関を通じて、申込者のクレジットやローンの利用履歴を確認し、遅延のない返済履歴があるかどうかを確認するからです。

2年以内にクレジットやローンの利用経験がない人は、以下の信用取引を利用して返済を重ねていけば、審査の不利はなくなります。

  • クレジットカード
  • カードローン
  • 携帯端末の分割払い
  • ショッピングローン
  • フリーローン

おすすめはクレジットカードの「ACマスターカード」の利用です。

ACマスターカードは年収重視の独自審査で、ローンやクレジットの利用履歴がなくても審査通過しやすいからです。

ACマスターカードは年収150万円以上あれば審査通過できるので、ローンやクレジットの利用履歴がない人はまずACマスターカードで利用履歴を磨きましょう。

ACマスターカード

  • 年収重視の独自審査(目安は150万円以上)
  • 入会金・年会費無料
  • 10,000円利用あたり125円がキャッシュバック
  • 最短即日発行可能

過去に金融事故を起こした

2ヶ月以上の返済遅延など、ローンやクレジットの悪質な利用である金融事故を起こすと、その記録が(株)CICなどの個人信用情報機関に残るため、楽天カードの審査に通らなくなります

楽天カード(株)は個人信用情報機関を通じて申込者のクレジットやローンの利用履歴を確認し、その際に金融事故の記録があれば、その人を信頼できない人と認定するからです。

金融事故は以下の行為によって登録されるので、当てはまる人は楽天カードの申込みは控えましょう。

金融事故が登録される行為
  • クレジットカードの2ヶ月以上の返済遅延
  • カードローンなどのローンの2ヶ月以上の返済遅延
  • 携帯の本体代や分割購入した商品の2ヶ月以上の返済遅延
  • 自己破産、任意整理、個人再生、特定調停

金融事故を起こした人はクレジットカードの審査には通過できないので、審査不要のプリペイドカードをおすすめします

プリペイドカードはクレジットカードと同じ様にVISAやMasterCardなどの加盟店で利用できます。

プリペイドカードのおすすめは「バンドルカード」です。

バンドルカードは世界4,000万店の加盟店を持つVISA加盟店で利用できる事前入金型のプリペイドカードで、審査は不要です。

入会金、年会費は無料で、クレジットカードのような後払いができる「ポチっと」チャージ機能も付帯しています。

バンドルカード

  • 年会費無料のプリペイドカード
  • 審査不要
  • VISA加盟店で利用可能
  • 「ポチっと」チャージで後払いも可
  • チャージはコンビニや銀行ATMでできる

短期間(6ヶ月以内)にカードの連続申込みを行った

6ヶ月の短期間にクレジットカードを連続して申し込むと、楽天カード(株)からキャンペーンの特典狙いなど、本命以外の利用を疑われるため、カード審査に通過しにくくなります

カードの申込み履歴は(株)CICなどの個人信用情報機関に6ヶ月間残り、楽天カード(株)はその履歴を確認できるため、無暗に申込みをしている人かどうかを確認できるからです。

カードを何枚も短期間に取得して、キャンペーンの特典を狙うような人は、その後カードを利用してくれる可能性が低いため、楽天カード(株)に損しかもたらしません。

楽天カード(株)はそうした損を未然に防ぐために、短期間に連続してカードを申し込むような人を敬遠するのです。

楽天カードの申込みは、前回のカード申込みの履歴が個人信用情報機関から消えるまでの6ヶ月間をおいて、行うようにしましょう。

無職などで収入がない

無職などで収入がない人は、支払い能力がないことになるので、楽天カードの審査に落ちてしまいます

というのも、楽天カードも含めてクレジットカードは利用額を後日必ず支払うものなので、支払い元となる収入がなければカード発行のしようがないのです。

無職でも楽天カードが発行されたという報告も稀にありますが、そうした人は収入以外の形で支払い能力を有しています。

例えば、親の相続により莫大な預貯金がある、といった具合です。

楽天カードの申込みフォームに、任意項目で預貯金を入力する画面があるのはこのためです。

【楽天カードの申込みフォーム画面】

2枚目の楽天カードは審査なしで持てる

楽天カードは違う国際ブランドのカード(VISAやJCBなど)や、違う種類のカード(楽天ANAマイレージクラブカードなど)を追加で発行することができますが、この時には審査は行われません

というのも、2枚目のカードは1枚目と利用上限額を共有する形で発行されるため、楽天カード側が負う返済不能時の損失リスクに変わりがないからです。

例えば、1枚目の楽天カードの利用上限額が100万円だったとすれば、2枚目と合わせて100万円が利用上限額となります。

ちなみに2枚目の楽天カードは、楽天カードの公式webサービス「e-NAVI」から手続きを行うことで、入手可能です。

審査も含めてカード配達までの期間は1週間かかる

楽天カードは審査後、カードの発行と発送を経て、郵送で配達されるため、カードが届くまでには1週間程度の時間がかかります

というのも、楽天カードの公式サイトには「カードはお申込みからおよそ1週間程度でお届けとなります」と記載されているためです。

筆者は2019年6月22日(土)の申込みから、6日後の6月28日にカードが届きました。

そのため、楽天カードは使用開始まで1週間程度の余裕を見て申し込むのがおすすめです。

また、連休が重なる場合や審査状況、配送地域によっては1週間以上の時間がかかることもあるので、入手すると決めたら申込みは早め早めに行いましょう。

審査なしで楽天カードが欲しいなら楽天銀行デビットカードがおすすめ

楽天銀行デビットカードは、審査不要なのに楽天カードと同じカード決済ができるデビットカードなので、審査なしで楽天のカードを持ちたい人におすすめです

というのも、デビットカードはカード決済を行ったその場で楽天銀行の銀行口座から利用額分が引き落とされる決済方法なので、一定の信用が必要となる後払い式のクレカのような審査が不要なのです。

ただし、銀行口座の残高がなければ決済不可能になるので、その点は注意が必要です。

楽天銀行デビットカードは年会費無料で持つことができ、利用額100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります

ポイントはそのままデビットカードの買い物代金として利用できるので、利用先に困ることはありません。


関連記事

記事一覧

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの作り方