お金の参考書 クレジットカード

一度落ちたクレジットカード審査、期間を開けないと次の審査は通らない!

こんな悩みの人にぴったり
  • クレジットカードの審査に一度落ちてしまった人
  • クレジットカードの審査に落ちた理由を知りたい人

「クレジットカードの審査に一度落ちてしまった場合、次はどのタイミングで申し込めば良いのか?」

この疑問に対する当編集部の結論としては「半年待つ」というものになります。

というのもクレジットカードの審査に落ちた記録は金融機関に半年間共有される仕組みがるので、審査に落ちた人はその期間「審査落ちの人」という烙印を押されてしまうので、審査に落ちやすくなるからです。

なので、クレジットカードの審査に落ちた人には半年間待つことをオススメします。しかし、「ただ待てば良い」というわけではありません

そもそも審査に落ちた人は最初にクレジットカードの審査に落ちてしまった原因があって審査落ちをしているので、待っている間にそれを潰す必要があるのです。

そこで今回はクレジットカードの審査に落ちてしまった人向けに次のことを解説していきます。

1⃣一度カード審査に落ちた場合に半年間待った方が良い理由
2⃣クレジットカードの審査に落ちてしまう理由とその対処法

ぜひ本記事を通して念願のクレジットカードを入手して貰えればなと思います。

一度カード審査に落ちた場合、いつ再申込みできる?

ここではカード審査に落ちたら、「再申込みまでの時間はどれくらい待てば良いのか?」ということを中心にその理由等を解説していきます。

一度カード審査に落ちたら半年間待った方が良い理由

クレジットカード会社は審査する際に、個人信用情報機関に個人のクレジットカードやローンの利用履歴がわかる信用情報を照会します。

個人信用情報機関とは?
加盟する会社によって登録された個人の信用情報(経済的信用度を測るための取引情報等)を管理、提供等する機関。管理されている情報は加盟する会社によって確認することが可能。金融機関の情報共有用を可能にする機関という側面がある。

こちらの個人信用情報には、過去6か月のクレジットカードの申込み情報も以下のように記録されます。

こちらの申込情報にはキャッシングや携帯電話端末のローンも記録されるので、過去6カ月間にどのようなクレカやキャッシング・ローンを申し込んだのか一目でわかるようになっています。

さらに、カード申込み後に審査が通った場合には、こちらの個人信用情報に成約情報が新たに登録されます。こちらの成約情報がない場合、カード審査に落ちたことを意味します

☟カード審査に通ったことを示す成約情報

こちらの個人信用情報は各カード会社で共有され、カード審査に落ちたことは全カード会社に知られることになります

そしてカードの申込情報がありながら成約情報がなかったということは、申込者に何らかの問題があって支払い能力がないということの証明となります。

この状態がある限り新規カードを申し込んでも審査通過率は低いです。

カード会社によっては、この個人信用情報に審査落ちの形跡があるだけで、自動的に審査を通過させない精査システムを採用しているところもあります。

最後にカードを申し込んでから6ヶ月待とう

しかし、逆をいえば個人信用情報からこの申込情報がなくなれば、再申し込みをしたカード発行会社に審査落ちの事実が知られなくなります。

したがって次のカード審査でマイナス要因が消え、クレカを発行してもらえる可能性もあがるのです。つまり、再申込みのタイミングとしては、最後にカードを申し込んでから6か月後となります。

6カ月後といっても、実際に申込情報が個人信用情報から消えるのは申し込んだ月から6カ月後の月の1日からとなります。

例えば、最終のカード申込み日が6月12日とすれば、12月1日に申込情報が個人信用情報から削除されることになります。この場合、12月1日以降、新規カードの再申込みをすれば審査通過率もぐっとアップします。

ただ待つだけではダメです

ただし、ただ半年待ったからといって、その後カードに申し込めば必ずクレジットカードを入手できるわけではありません。

むしろ、そもそもあなたが最初にクレジットカードに落ちてしまった原因があるので、それを潰さないことにはクレジットカードの入手は難しいでしょう。

カードに落ちるのにはいくつかの原因があり、その何れかに該当すればカードの審査通過率は下がってしまいます。

そこで次はカードの審査に落ちる理由を探り、それを解決する方法について解説していきたいと思います。

タイミングを測って再申込みしても、審査落ちの理由を解決しなければ意味なし!

個人信用情報からクレジットカードの申込情報が抹消されたのを確認してから、新規カードに再申込みしたとはいえ、結局のところ、そもそもの審査落ちした理由が解決されなければ、またカード審査に落ちてしまいます

次の再申込みで希望のクレジットカードを確実に手にいれるために、再申込みのタイミングももちろん重要ですが、審査落ちした原因をさぐり、解決していくことが最重要課題となってきます。

この対策をおこたると、次の再申込みでもまずクレジットカードは発行されません。そのためにも、次の3つのステップを踏んで、カード審査対策を行ってから、再申込みをします。

1.審査落ちの原因を調べる

2.審査落ちの原因が見つかったら、それを潰す

3.最後にカードに落ちた時から半年間経っていれば新規にカードを申し込む

しかし、いきなり「審査落ちの原因を調べる」や「審査落ちの原因を潰す」と言われてもどうすれば良いのか分かりませんよね

次からは上記の疑問に答えていきます。

審査落ちの原因の調べ方とその潰し方

クレジットカードの審査に落ちてしまった人は次の2つをどうクリアすれば良いのでしょうか?

1⃣クレジットカードの審査に落ちた原因はどう調べれば良いのか?
2⃣審査に落ちた原因をどうやって潰せば良いのか?

ここからはこれらの疑問を解決していきたいと思います。

実は、審査に落ちる原因にはいくつかのパターンがあり、審査に落ちてしまった原因を探るには、このいくつかのパターンを順に見ていき、その中で当てはまるものがないかを考えれば良いのです。

そして当てはまるパターンがあった場合は、それに対して必要な対策を取ることで審査に落ちた原因を潰すことができます。

しかし、ここで皆さんの中にはいくつかの疑問が浮かぶはずです。それは次のようなものではないでしょうか?

●審査に落ちる原因のパターンはどこで調べれば良いのか?
●審査に落ちる原因のパターン毎の対策方法はどこで調べれば良いのか?

これはもっともな意見です。しかし、こうした疑問は実は以下に掲載している記事を参照して頂ければ解決します。

この記事にはクレジットカードの審査に落ちるパターンとそのパターン毎の対策方法を紹介しています。

合わせて読みたい

ぜひこちらを読んで頂き、ご自身の抱える問題を見つけ、それを解決するために動いて頂けたらと思います。

まとめ

では、これまでの内容をおさらいしましょう。まずカードの審査に落ちたら、一旦半年間はカードの申込みを止めましょう。この半年間にクレジットカードに申し込んでも審査通過率は低いからです。

また、ただ半年間待つだけではダメです。クレジットカードの審査に落ちる理由というのは上記だけではありません。あなたがクレジットカードに最初に落ちてしまったそもそもの原因があるはずなのです。

それを潰さない限りはクレジットカードの発行確率は低いままで、ずっとクレジットカードを作れないままになってしまう可能性もあります。

なので、上記で紹介した記事を参考に、自分がカードの審査に落ちてしまったそもそもの原因を探り、それを潰してカードの発行確率を上げて貰えればと思います。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション