一度落ちたクレジットカード審査、期間を開けないと次の審査は通らない!

 

一度落ちてしまったクレジットカード審査。どのタイミングで再申込みをするか迷うところです。

2~3カ月たったからそろそろいいだろうとか、他のクレジットカードだったら大丈夫だろうなどと思い、再申込みしても、同じ結果になるのは目に見えています。

クレジットカードを再度申込み、それを確実に手にするためには、それなりの対策をとる必要があります。

そこで今回は、次こそ本命のクレジットカードを獲得するために、どのタイミングでどのような対策をふめばよいか、徹底的に解説します。

「急がば回れ」で着実に対策をとり、本命のクレカを目指してがんばりましょう!

一度カード審査に落ちた場合、いつ再申込みできる?

クレジットカード会社は、審査する際に個人信用情報機関に過去2年間のクレジットカードやローンの利用履歴がわかる個人信用情報を照会します。こちらの個人信用情報には、過去6か月のクレジットカードの申込み情報も以下のように記録されます。

こちらの申込情報には、キャッシングや携帯電話端末のローンも記録されるので、過去6カ月の間にどのようなクレカやキャッシング・ローンを申し込んだのか一目でわかるようになっています。
さらに、カード申込み後に審査が通った場合には、こちらの個人信用情報に成約情報が新たに登録されます。こちらの成約情報がない場合、カード審査に落ちたことを意味します。

こちらの個人信用情報は各カード会社で共有され、カード審査に落ちたことは全カード会社に知られることになります。カードの申込情報がありながら、成約情報がなかったということは、申込者に何らかの問題があって、支払い能力がないということの証明となるので、この状態がある限り、新規カードを申し込んでも間違いなく審査は通りません。

カード会社によっては、この個人信用情報に審査落ちの形跡があるだけで、自動的に審査を通過させない精査システムを採用しているところもあります。

☟カード審査に通ったことを示す成約情報

しかし、逆をいえば、個人信用情報からこの申込情報がなくなれば、再申し込みをしたカード発行会社に審査落ちの事実が知られなくなるので、次のカード審査でマイナス要因が消え、クレカを発行してもらえる可能性もあがります。

つまり、再申込みのタイミングとしては、最後にカードを申し込んでから、6か月後となります。

6カ月後といっても、実際に申込情報が個人信用情報から消えるのは、申し込んだ月から6カ月後の月の1日からとなります。

例えば、最終のカード申込み日が6月12日とすれば、12月1日に申込情報が個人信用情報から削除されることになります。
この場合、12月1日以降、新規カードの再申込みをすれば審査通過率もぐっとアップします。

タイミングを測って再申込みしても、審査落ちの理由を解決しなければ意味なし!

個人信用情報からクレジットカードの申込情報が抹消されたのを確認してから、新規カードに再申込みしたとはいえ、結局のところ、審査落ちした理由が解決されなければ、またカード審査に落ちてしまいます。

次の再申込みで希望のクレジットカードを確実に手にいれるために、再申込みのタイミングももちろん重要ですが、審査落ちした原因をさぐり、解決していくことが最重要課題となってきます。この対策をおこたると、次の再申込みでもまずクレジットカードは発行されません。

そのためにも、次の3つのステップを踏んで、カード審査対策を行ってから、再申込みをします。

審査落ちした時の
カード審査対策

①審査落ちの原因を個人情報機関で調べる。

➁審査落ちの原因となったブラック情報があれば、対策をとる

③ブラック情報が削除される必要な期間をあけてから、新規カードの再申込み

次の章ではこのやり方に分けて、詳しく説明していきます。

①審査落ちの原因を個人情報機関で調べる

クレジットカード会社が審査をするにあたって、最も注視している点が、

申込者に支払い能力があるのか

ということです。カード会社は、申込者にお金を貸すわけですから、確実に支払ってくれる相手にクレカを発行したいと考えています。

そのため、カード会社は、まず個人信用情報機関にある個人信用情報記録を照会し、審査の判断材料を集めます。個人信用情報記録には、過去2年間のカードやローンの利用・支払い履歴、延滞情報などが記載されています。

この個人信用情報には、お金を払わなかった未払い情報や、自己破産などの異動情報もしっかりと記録されています。

審査落ちの原因として、最初に考えられるのが、これらの未払い情報や自己破産などの異動情報です。

いわゆる「プラック情報」といわれるものです。

過去に未払い金や債務整理などの経験がある人は、まずはこのブラック情報を疑ってみるとよいでしょう。

しかし、最近では、「分割で購入した携帯端末の支払いを延滞していた」というような、自分でも忘れている小額の異動情報が記録される事例も増えています。

「もしかしたら、自分にもブラック情報があるかも…」と心配になった人もいるでしょう。

その場合は、個人信用情報機関に思い切って問い合わせてみましょう。実は、カード会社が審査の判断材料としている個人信用情報は、自分でも見ることができます。その場合、各個人信用情報機関から個人信用情報開示請求をせねばなりません。個人信用情報開示請求はネットや郵便、店頭で行うことができます。

詳しくは、「自分のブラック情報をチェック!個人信用情報の調べ方」の記事を参照してください。

ブラック情報があったら、審査はまず通らない

結論から言うと、ブラックリストにのるとカードの審査には間違いなく通りません。

カード会社にとって理想的なクレジットカード所有者は、遅滞なく、期限までに毎回きちんと支払いをしてくれる人だからです。
そのため、カード会社は、過去に支払いのできていない記録が残っている人に、すすんでクレジットカードを発行したいとは思いません。カード会社は、その申込者にまた未払いや延滞を繰り返すリスクがあるとみなすからです。

では、どのようなことをすると個人信用情報機関に異動(ブラック)情報として記録されてしまうのでしょうか。

ブラックリストにのる理由

  • 3カ月以上の支払い遅延がある

支払い遅延をしてしまったとしても、すぐに異動情報として個人信用情報機関に記録されるわけではありません。基準は3カ月(61日)以上です。(ただし、3カ月に満たない遅延でも回数が重なると「支払い能力に問題あり」と判断される可能性があります。)

  • 債務整理をした

債務整理というのは、借金を法的に解決することです。一般によく知られているものでは、自己破産があります。
他にも、借金の減額なども記録されます。
カード保持者が当人借金を法的に解決してもらわなければいけない状態に陥ったということは、それだけカード保持者に金銭管理能力がないとカード会社にみなされます。

  • 代位弁済に切り替わった

代位弁済とは、カード保持者がカード利用代金の返済ができず、最終的に支払えなくなった場合、支払いの請求が、保証会社や連帯保証人に切り替わることです。
そのため、過去に保証会社や連帯保証人など、本人以外が返済したことがある場合、異動情報に記録されます。
保証会社は、アパートやマンションなどの賃貸契約でも利用されます。
本人が家賃を支払えず、保証会社が代わりに支払っていたという場合にも、個人信用情報に異動記録が残ります。

【他にもこんな理由でブラックリスト入り】

  • 上にあげた3つの理由は、やむを得ない深刻なケースばかりですが、下記のような、「うっかり」ミスからもブラックリストに入る場合もあります。
    ・奨学金の返済が滞った
    ・携帯端末の支払いが遅れた
    ・公共料金の支払い滞納があった
    ・返済(もしくは支払い)用口座への入金を忘れていた
    ・支払いをクレジットカードに設定していてその支払いが滞った

 

実際に、以上のような理由から、個人信用情報記録に異動情報として残ってしまった事例が頻繁に起きています。
クレジットヒストリーに直接関連のあるクレジットカードやローン・キャッシング以外の要件でも、支払いを忘れないよう気をつけましょう。

➁審査落ちの原因となったブラック情報があれば、対策をとる

個人信用情報機関に一度載ったブラック(異動)情報を消すことはできるのか?

答えは「Yes」です。

遅延情報、債務整理、代位弁済などの異動情報、つまり金融事故情報は、一定の期間がたてば、削除されます。
なぜなら、個人信用情報機関の記録は保存する期間が決められているからです。
その期間は、三社ある個人信用情報機関及びに異動情報(ブラック情報)の内容でも異なります。異動情報の保存期間は以下の通りです

【各個人信用情報機関の異動情報保存期間】

    • CIC
      延滞:5年
      任意整理:5年
      自己破産:7年
    • JICC
      延滞:1年
      任意整理:5年
      自己破産:5年
    • 全国銀行個人信用情報センター
      延滞:5年
      任意整理:5年
      自己破産:10年

以上の期間が過ぎた記録は、自動的に削除されていき、新しい記録が追加されていきます。

つまり、支払いが滞っている分はできるだけ早く支払い、そのまま異動情報の保存期間が過ぎるのを待てば、異動情報(ブラック情報)はなくなるということです。
次では、遅延情報のあるケース、債務整理・代位弁財があるケース、二つのケース別に、ブラック情報を削除し、新規クレジットカートを発行するまでの方法を説明します。

遅延情報があるケース

基本は3ステップ。未払い金の完済⇒異動情報が削除されるまで待つ⇒新規カードの再申込み
となります。

  • ステップ1 未払い金の完済

未払金の遅延情報は時間がたてば個人信用情報記録から自動的に削除されて、新しい情報が追加されていきます。しかし、未払金を支払わずにいると「遅延」の記録がずっと 個人信用情報記録に追加され続けてしまいます。
この「遅延」の異動情報を、個人信用情報記録から消すためには、まずは未払金の支払い全てを済ませることが先決です。

  • ステップ2 異動情報が個人信用情報記録から削除されるまで待つ

未払金の清算が終わったら、異動記録が個人信用情報から削除されるまで「待つ」ことです。
個人信用情報機関2社の異動情報の保存期間は、「遅延」であれば5年とされています。

5年過ぎれば、個人情報信用機関から延滞記録が消去されるという意味ですが、これは未払金を完済してから5年となります。
つまり、未払金を完済してからも5年間は、個人信用情報に遅延情報が残るということになります。

異動(ブラック)情報が「遅延」の場合、カードの再申込みのため、最低5年間は地道に待たなければいけません。

  • ステップ3 新規カードの再申込み

新規カードを再び申し込む際、できるだけ審査条件のゆるいクレジットカードを選ぶ必要があります。審査の厳しい銀行系カードより、比較的審査の甘い流通系カードや消費者金融系カードがおすすめです。

「いや、自分は堅実な銀行系カードがほしい!」というのであれば、まずは、一度失くした信用力を回復させるためにも、カード会社に支払い能力を証明しなければなりません。

支払い能力を証明するには、良好なクレジットヒストリー(クレジットカードやローンの利用実績)を作ることが大切です。

比較的容易に借りれるカードローンや消費者金融系カードを作って、1万円でもよいので少額の借り入れを行い、毎月、しっかりと支払っていくことです。そうすることで、良好なクレヒスができあがり、カード会社にしっかりとした支払い能力をアピールできます。

良好なクレヒス作りのために、前もって消費者金融カードを作成した場合は、前述した通り、最初にクレカを申し込んだ日から最低6カ月は期間をあけて、次のクレカを申し込むようにしましょう。

債務整理・代位弁財があるケース

債務整理・代位弁財のある場合、遅延情報がある場合よりも、新規カードの発行はさらに難しくなってきます。

しかし、自己破産でも全くクレジットカードが作れないかといえば、そうでもありません。

自己破産でもクレジットカードを作れる方法があります。「遅延情報がある場合」では「削除されるまで待つ」のステップが一番重要でしたが、この債務整理・代位弁財の場合だと、「新規申込み」のステップが重要となってきます。ステップごとに詳しく紹介していきます。

  • ステップ1 異動情報が個人信用情報記録から削除されるまで待つ

こちらも、「遅延情報がある場合」と同様、個人信用情報記録から異動情報がなくなるまで、待つことが必要です。異動情報の保存期間については、前の章にある【各個人信用情報機関の異動情報保存期間】を参照にしてください。
但し、「遅延情報がある場合」に比べると、異動事故の深刻度が高いため、記録の保存期間も5~10年と長くなります。とにかく、気長に待つことです。

  • ステップ2 新規カードの再申込み

前述した通り、自己破産、任意整理などの金融事故情報記録は、個人信用情報機関において所定の期間を過ぎれば、自動的に消去されます。
しかし、各カード会社内での社内情報は半永久的に保存されます。この状態を「社内ブラック」と言います。
しかも、再申込みを考えているカード会社が、以前に支払いの遅延や自己破産などの金融事故を引き起こしたことのあるカード会社と同じグループである場合、申込者の金融事故情報はグループ会社全体で共有されます。

そのため、過去に金融事故を起こしたカード会社と、再申込みするカード会社が同じグループにある場合、再申込みを考えているクレジットカードも間違いなく審査落ちとなります
そこで、自己破産、任意整理後のクレジットカード選びには以下のポイントが重要となってきます。

・金融事故を起こしたカード会社とそのグループ会社が発行しているクレジットカードは避ける。
・金融事故情報よりも現在の収入を見て審査する、アコムACマスターカードなどの消費者金融系カードを選ぶ。
・金融事故履歴のない配偶者に、クレジットカードに加入してもらい、その家族カードを作る

※家族カード場合、自分のクレヒスに利用状況が記録されないので、クレヒス作りを考えているのであれば、消費者金融系カードがおすすめ

以上のポイントに注意して、クレジットカード選びを慎重に行い、再申込みをしてください。

ブラック情報が削除されても、審査落ちする可能性がある

ブラック情報が個人信用情報記録からなくなって一安心。そう思って、クレジットカードに申込むと、なぜかまた審査落ちしてしまう…。こんなケースもよく耳にします。
この場合、一番の原因として挙げられるのが、長期間クレジットヒストリーが何もない状態になっていることです。

例えば、個人信用情報機関から遅延の金融事故情報が削除されるのを待つため、クレジットカードでの支払いやローン契約などを全くしなかったとします。

そうすると、個人信用情報機関に記録される出来事が何もない状態になり、個人情報機関の記録に空白が続くと、カード会社は申込者の返済能力を測れなくなってしまいます。

さらに、空白の期間は、カード会社に「過去に金融事故があったのではないか?」という疑いを与えてしまいます。

カード会社の審査部もそこはプロです。個人信用情報記録にカードなどの利用履歴が一切なければ、「過去に金融事故があり、情報が削除されるのを待っている」とすぐにわかってしまいます。こうした状態をカード業界では「ホワイト」と呼ばれ、審査落ちの原因ともなりうる状態を表します。

ホワイトで審査落ちするのを避けるためにできること

ホワイトがクレジットカードの審査落ちする原因は、クレジットヒストリーが全くの空白になっているからです。

逆をいえば、クレジットヒストリーを空白にしなければよいのです。

空白にしないために、まずはクレジットカードやローンの利用実績を積むことが必要です利用実績を積むには、以下のやり方があります

・審査の易しい、アコムACマスターカードなどの消費者金融系カードに申し込んで、一回以上の買い物をし、しっかりと支払う。
金利の低いカードローンやキャッシングを申込み、最低枠を借りて、ちゃんと支払う。
・銀行系のクレジットカードを作りたい場合は、同じ銀行のデビットカードを作り、しっかりとした支払い実績を作り、銀行に支払い能力をアピールする。

以上のことを試し、この「ホワイト」状態から脱出してください。

絶対やってはいけない多重申込み

個人信用情報機関には、過去6カ月間、クレジットカードの申込情報も記録されます。期間を開けずに、新たなカードの申込をしていると、カード会社に「多重申込み」とみなされて、金策に焦っている印象を与えてしまいます。「多重申込み」とは、その名の通り、次々と新規カードを申込みすること。カード会社は、このような「多重申込み」記録のある申込者に対して、「それだけ資金に困っていて、支払い能力が低い者」と判断し、カード発行を拒否する場合も考えられます。
半年間待つのは長いように感じますが、カード発行の確実性を重視して、きちんと期間をあけるようにしましょう。

まとめ

今、自分の個人信用情報に未払い金の延滞(遅延)情報が記録されている場合でも、どうか安心してください。
その異動(ブラック)情報は、きちんと未払金の清算を終えて期間を置けば、いずれ個人信用情報から削除されます。
ですから、まずは個人信用情報機関に問い合わせて、自分の個人信用情報がどのような状態かを確認してみましょう。

そうすることで、個人信用情報からブラック情報が消えるまでどのくらい待てば良いかがはっきりと分かります。

ブラック情報が個人信用情報記録から削除されてからクレジットカードに再申込みすれば、審査を通過できる可能性も高まります。その際には、ホワイト対策に審査の甘いカードローンやクレジットカードで着実な支払実績を積んから、クレジットカードを再申し込みしてくださいね。